フォト
無料ブログはココログ

2021年2月28日 (日)

キミはだれ?

 Img_4595 今日の夕方、見たことのない犬が家の周辺というか庭でウロウロしていました。全く体毛が無く目はクリッとして、耳が顔の大きさと比較すると大き目で、ピン!と立っています。少し胴長でなんと尾っぽは子豚のようにクルンと巻いています。ゆめこも、犬種には詳しい方ですが・・・。本当に初めて見る犬種です。「後でネットで調べよう」と思い、その犬の写真を数枚撮りました。なぜか夫にもゆめこにも全く警戒せずに寄ってくるから不思議だったのです。ところが、なんとこの子はポメラニアンの”ヴィー”でした。ヴィーはデュエンさんのお姉さんランさんの飼い犬なのです。それで、夫が「さっきは家に中まで入って来てたよ」という言葉にも納得しました(笑)

 でも、この子がヴィーと気づかなかったのは夫とゆめこだけで、メイドのファーもセキュリティのイケメンのお兄さんもちゃーんとわかっていてヴィーと遊んでいました!そのことにもっと驚いたゆめこでした!左が現在のヴィーImg_4544 の画像ですが、ほとんど坊主刈りで体毛が無いような状態なので、2か所だけ修正しています(≧▽≦)

 今日は真っ赤なカーネーションとファクトリー庭にあった観葉植物の葉を組み合わせた小さな作品です。カットされて一回り小さくなって、クルンと巻いた尾っぽがはっきりわかるようになったヴィーとのコラボです(*^^*)

2021年2月27日 (土)

菜食の日

 Img_4555 ベトナムの仏教徒は、毎月、旧暦の1日と15日は、魚や肉類を一切口にしません。デュエンさんも仏教徒なので、1日と15日は菜食です。だいたい朝食は”スキティライス”といって、もち米に何かの木の実を混ぜ込んで炊いたものです。それ自体に味は付けず、グラニュー糖やライム、唐辛子入りのソイソース(醤油風調味料)を好みでかけて食べます。甘いので、黄粉のおはぎのような感じです。そして、夕食は植物性材料で作られたかまぼこ、厚揚げ、ネギなどの青菜、キノコ、それと昨日はコーンの輪切りもトッピングされたフォーでした。画像はゆめこの分ですが、夫のはこの1.5倍はありました。おまけにコーンも2つ乗っていましたよ!淡白な味付けですが、とてもボリュームがあってDscn7364 美味しかったです(´艸`*)

 【ブッダの日】ということで、今日は八重咲のユリと正式な名前は分かりませんが、ヤシ科の植物の葉です。ゆめこは時々、オクラレルカや菖蒲などの雰囲気を出した時に、ヤシ科の葉を利用します。まだまだ、いろんな材料を使ってみようと思います(^O^)/

 

2021年2月26日 (金)

肉屋さん?

 Dscn7686 一昨日は覚林寺の建物の様子やハプニングをご紹介しましたが、その帰り道で発見したユニークな看板?をご紹介します。左の画像です。首から”60K(約300円)”と書いた紙をぶら下げていましたがちゃんと写せていませんでした。残念!ベトナムでは下3つの0をKと表記することが多いです。1キロは1000だからでしょうか?はじめ見た時は「18K(18金)とか24K(純金)とかは知っていたけど、ベトナムにはこんなにたくさんの種類の金があるのか」と感心していました(笑)

 それで「ここはいったい何屋さんだろう?肉屋さんの雰囲気じゃないし・・・」と思いましたが、なんとなく面白かったので、その店で売っているものも買わずに写真だけを夫に写してもらいました。あらためて画像をよく見て分かったのですが、多分、ここはヨーグルトを取り扱っているところだと思います。というのも、ゆめこが毎朝と夕食後に食べているヨーグルトのパッケージが牛さんの後ろのドアに描かれているからです。日本で、ウイルスへの抵抗力を高めるためにヨーグルトに純粋はちみつをかけて食べていましたが、こちらでもその習慣は続けています。ちなみにこちらでは純粋はちみつではなくて、シーガルウェアハウスで販売しているオーストラリア産のマヌカハニーをかけています(^o^)

 Dscn7642 今日は、立体的な牛さんの看板というかオブジェというか・・・。の話題でしたので、どの方向から見てもOK!という風に生けた作品の画像を選びました。花材は黄色のバラ、紫色の縁どりのトルコギキョウ、スターチス・ミスティブルーです。これは1階と2階の階段の踊り場に飾りました。初めはトルコギキョウとミスティブルーだけで、リビング側(1階)を意識して生けていたのですが、2階から降りてきたときに寂しく感じたので黄色のバラを2本加えて完成しました。これで、どちらから見ても良いと思える作品です(^O^)/

2021年2月25日 (木)

マイ♡先生

 Dscn7480 テト・ホリデーが終わって、シーガルモデル・ファクトリーに活気が戻ってきました。ゆめこは、以前のようにファクトリーの流れの中には入らず、デュエンさんの部屋の隣の部屋を借りて、師範大学の教案づくりや勉強をしています。テトの前はファクトリーも休みなしの大忙しでしたが、今は通常ペースに戻っているので、かえって迷惑を掛けるのではないかと思う気持ちもありますので…(笑)

 左の画像は以前、ファクトリーの仕事をしていた時のゆめこの先生だったマイちゃん先生です。とても丁寧な仕事を手早く仕上げる名人ですし、全くの素人のゆめこにもニコニコ笑顔で、わかりやすく教えてくれました。画像はテト・ホリデーで帰宅直前のマイちゃんとのツーショットです。このポーズもマイちゃんに教えてImg_4542 もらって、生まれて初めて作った指のハートです。(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 今日は、少しだけ花を持っていき、デュエンさんの部屋に飾る花を生けました。そして、今日は可愛いマイちゃん先生の話題だったので、可愛いピンク色のトルコギキョウをガラスの花器に挿してピンクの不織布でラッピングした作品をアップします(^O^)/

2021年2月24日 (水)

覚林寺

 Dscn7684 Dscn7652 Dscn7654 今日は、一日の予定がなくなったので、以前から見学をしたかった【覚林寺(かくりんじ)】に行きました。というのも、ホーチミン師範大学の授業で、『日本の伝統宗教』という講義をする予定ですが、そのためにはベトナムの伝統宗教を勉強をする必要性を感じました。以前、観光目的でたくさんの宗教施設に行きましたが、ホーチミン市で一番古いといわれる【覚林寺】には行ったことが無かったので、半日かけて見学しました。お寺に親切なおじさんがいて、作法を教えてもらいながらの参拝でしたがとても参考になりました。門を入ってすぐ左手に大きな「七重の塔」があります。以前は最上階まで登れたそうですが、階段はクローズされていました。入口でお線香を買って火をつけてもらい、入口の観音様と建物の中のお釈迦様にお線香をあげ参拝しました。壁には、お釈迦様のご生涯「降誕、出家、成道(悟りを開かれたと))、涅槃」を表現した絵が飾られていました。ここでは、許可をいただいて撮影をしました(*^^*)

 Dscn7665 本堂は、とても古い(1744年建立)のですが、中を自由に見学することができます。堂内は薄暗く、たくさんの歴史を感じる仏様が並んでいて、とても重厚な雰囲気でした。撮影してはいけない。との注意書きはありませんでしたが、夫婦で協議の結果、撮影は遠慮させていただきました。ところで、一番驚いたエピソードを一つ。正門から入って「まずは、全部を一周してから(とても広大な敷地なので)ゆっくり見学しよう」と意見がまとまり、まずまっすぐに一番奥の建物まで進んだ時です。「ドシャッ!」という音がして、ゆめこたちの数メートル先に何かが落下しました。「えっ、何?」とよく見ると大きなマンゴーの実です。左側を見上げると巨大なマンゴーの木にたくさんの実がぶら下がっていました。我に返って写真を撮ろうと思ったら、奥からおばさんが出てきて、全くの無表情で、その実を拾うと建物の横に持っていき、何事もなかったかのように元の位置に帰っていきました。ほんのわずかな時間の出来事でしたが、後から夫婦で大爆笑!でした(≧▽≦)

2021年2月23日 (火)

アダムへ

 Img_e4524_20210223194601 Img_4516 Img_4518 ALTとして日本の子どもたちに楽しい授業を5年間もしてくれたアダム先生が、イギリスに帰国して半年以上が経ちました。楽しい思い出がたくさんありますが、今は、お互いに近況報告をしあっています。ただ7時間の時差があるImg_4509 ので(日本とは9時間)夜中だったり、早朝だったり…(笑)アダム先生もイギリスではインターネットで英会話の先生をしているそうです。とても楽しいといっていました。そして、ゆImg_4512 めこにも「ベトナムの生活はどうですか?ホームシックになっていませんか?」などと優しいメールが届いたので、ベトナムらしい画像を数枚送信しました。それをアップしようと思います(^O^)/

 ちなみにゆめこは、「アンディと一緒なので寂しくありません。こちらの家族はとても親切だし、友達も優しい人ばかりです」と返信しました。毎日、新しい気づきや発見があるので、日本を恋しく思う時間はありません。それに日本にいる子どもたちや友達とはいつでも連絡が取れるので、海外に来ているという実感が薄いというのが本音かもしれません(*´艸`*)

2021年2月22日 (月)

仕事始め

 Img_4506 Img_4503 シーガルモデル・ファクトリーの長いテトホリデー(約2週間)が終わり、今日は仕事始めでした。ほかの用事もあったので、ゆめこは今日も夫と一緒にファクトリーに出勤しました。玄関前には、テーブルに載せたお盛物があり、それにデュエンさんが持って行った紙製の馬や金の延べ棒や金の宝物、丸ごと一羽蒸しあげた鶏大きな塊の豚肉のローストが所狭しと並べられました。その後、デュエンさんにならって、ゆめこたちもお線香をあげ、ファクトリーの安全や売上向上の祈願をしました。一つ一つのお供え物の意味が知りたかったので、空き時間にPCで検索しましたが、まだ「これだ!」という決定的なところまでは行きつきません・・・。いつか、しっかり正確に分かった時にはお伝えできると思います(*^^)v

 Dscn7616 今日は、黄色や金色を基調としたお盛物の画像なので、黄色のバラを使った作品の画像にします。これもモエンさんの部屋に飾っているフラワーアレンジメントです。大きな黄色のバラのつぼみ、ピンク色のトルコギキョウ、白のスターチスで新春らしい華やかな作品に仕上げました(^O^)/

2021年2月21日 (日)

クジラ

 Photo_20210221170801 日本は真冬の嵐が過ぎ去ったようですが、こちらは暑い毎日が続いています。昨日も冷たいさとうきびジュースとココナッツジュースのことを書きましたが、今日も冷たい氷の話になるので、どうぞこのブログを読まれる場合は暖かいお部屋でお読みになることをお勧めいたします(笑)

 今はベトナムも衛生面は非常に管理されていて生野菜も果物も氷もきちんと衛生管理されていますのでそのまま口に入れても安全です。ゆめこは夫からアイス入りビールのおいしさを教えてもらったのが13年前のシンガポール旅行の時でした。それ以来、夏になるとアイス入りビールを飲んでいましたが、今はほとんどアルコールを取らなくなりました。でも、夫は相変わらずアイス入りビールを楽しんでいます。そんなある日、お店で頼んだジョッキの中の大きな氷がいつの間にかこんな形になっていました!そのままではわかりにくいので赤いラインで形をなぞっています。クジラのように見えませんか❓(^o^)

 Dscn7557 今日は氷のクジラの話題だったので、クジラのお腹のようなガラスの花器に生けた作品をご紹介します。花材は緑色のヒペリカムと白いトルコギキョウです。彩り的にちょっと静かな雰囲気だったので、カールリボンをアクセントにしてみました(*^^*)

2021年2月20日 (土)

ガオーッ❕

 Img_4467 運動不足にならないように、近くの?スーパーや花屋さんに行くときはなるべく歩いていくように心がけています。でも、毎日30度越えの暑さなので、そんな時は午前中に出かけます。それでも、ゆっくり歩けば片道30分くらいかかるので帰り道では喉が渇くので、いつもミネラルウォーターを1本持って歩くのですが、なぜか今日は夫が持ってくるのを忘れていました。

 実は数日前からゆめこは冷たーい”さとうきびジュース”が飲みたくて飲みたくて…(笑)そして今日、帰り道にいつもと違う高級住宅街をなぜか歩いて帰ることになったのですが、その一角にポツンと一軒だけ”さとうきびジュース”を売っている清潔そうなお店がありました!当然、ビッグサイズを1つ買って=ここには5000ドン約25円10000ドン50円の2種類がありましたが、ゆめこはおばさんの判断でビッグサイズになりました(笑)=飲みながら帰りました。とってもおいしかったです!が今日の画像は、ココナッツジュースです。お店によって、いろんな形で出されますが、これが出てきたときに「(。´・ω・)ん?怪獣の口?」とゆめこは思ったのですが、いかがでしょうか(*´艸`*)

 Dscn7394 ということで、怪獣の口の話題に合う作品は・・・?といくつかの画像を見ていたら、「やっぱりこれでしょう」と思ったフラワーアレンジメントの画像です。これはアスターとベロニカです。アスターを一年中栽培している次男に聞いたところ、「針(花びらが細いもの)、マカロン(お菓子のマカロンのようにまるいもの)」というタイプで、日本ではほとんど出回っていない種類だということでした。そういえば数年前の母の日に「ただ今試験的に栽培中の新種です」といいながら次男が薄い紫色の”マカロン”をプレゼントしてくれたのを思い出しました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2021年2月19日 (金)

プロじゃないので

 Img_4158 デュエンさんのお兄さんが家を買う予定の場所に片道4時間かけてドライブしたことは先月のブログでもご報告しましたが、その時に泊まったコテージのプライベートビーチから見えた朝日がとても素晴らしかったです。プロではないので、きれいな形の朝日にはなっていませんが、金色の光の道が海の上を走り、そばに手漕ぎボートで漁をしている男性のシルエットがとても『絵になっている』と自画自賛しております(*^^)v

 Dscn7562 Dscn7560 Dscn7552 そこで今日は金色ではないのですが、黄色のシンビジュームの小さな作品画像を3点、アップします。これらはテト””ウエルカム・ララワ―”でさばいた(切り落とした)シンビジュームの花だけを使ったものです。左から、これは花の根元をワイヤーでつないで固定し、その部をを”まりも”のようなテマリソウを水中に沈めてカバーしました。真ん中は、浅いデザートグラスにシンビジュームと庭にあったつる草の先が浸かる程度の水を注いでいます。右の作品は茎の短いシンビジュームを固定させるためにトルコギキョウのつぼみを茎を長くして挿し、葉で固定しています。3つとも、今日の朝日の画像とコラボできていると思いますがいかがでしょうか(*^^*)

«ブラッシング