フォト
無料ブログはココログ

2018年10月18日 (木)

実?

 Dscn7231_2彼岸花に実がつくことをはじめて知りました。しかも、こんな色のこんな大きさのもの!普通の彼岸花は花が終わると、花びらが枯れてしまった後に、かすかに膨らんだものが花があったところに残っているものしか見たことがありませんでした。ところが、通信制の高校の近くのあぜ道で、こんな紫色の茎にはっきりと実!と分かるものが付いていたので、「これは珍しいから、花材にしよう!」と思い、摘んで帰りました。学校に戻って、地元出身の管理人さんに見せたところ「それは、インドネシアかタイの彼岸花。この辺は外国の彼岸花の苗をたくさん植えているから」との事でした。それを聞いて、彼岸花が海外にある事も初めて知りました。またこの彼岸花の周辺には屋払い、紫色の蓼(タデ)がたくさん咲いていました。「蓼食う虫も好き好き」なんていわれますが、可愛らしい花ですよね(*^.^*)

 Dscn3196彼岸花の実とタデの花とススキという、秋の野草をこじんまりと生けてみました。やはり、秋の草花は、あまり自己主張しないので、もっと、大盛にした方が良かったかな?と思ってしまいます(*´v゚*)ゞ

2018年10月17日 (水)

懐かしい!

 Dscn7230夫の一日の楽しみは、仕事と畑仕事を終えて、ちょっと一息つくために糖質・プリン体・カロリー発泡酒のふたをプシュッと開けることです。それから、夕食の晩酌に続き、食後は焼酎に切り替えて、就寝直前まで、1人で飲んでいます。ゆめこは、晩酌までは時々、付き合いますが、食後はもっぱらスイーツ系です。ある日、テーブルの上に2種類のおつまみの袋があったので、よく見ると、なんと、40数年前に‟てなもんや三度笠”という番組の最後に主役の藤田まことさんが「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカ~」とポーズを決めながらこのきめ台詞を言って大爆笑を誘うのですが、まだこのクラッカーが現役である事に驚きました!!その上、夫が、しっかりポーズとセリフを決めてくれたので、観客の?ゆめこは大爆笑でした(≧∇≦)

 Dscn3192今日の花は、夫のポーズとは、全く関係がありません。今日の作品に使った紫陽花は花の色がまだ、ピンク色が鮮やかに残っていますし、葉もまだ青々としていたので驚きました、。それで、今回も初夏の紫陽花と秋のススキの組み合わせを楽しみました。今回は紫陽花にボリュームがあるので、ススキは葉だけを使用しました、また、ススキの葉は緩やかなカーブが特徴ですが、紫陽花に比べての若々しさを強調するために紫陽花の後ろに持って来たススキの葉は、できるだけまっすぐに立たせました(*゚▽゚)ノ

2018年10月16日 (火)

農業体験

 Dscn7292隣町にある通信制の高校では、『農業体験』という実習があります。年に1回行われるこの実習に参加しないと単位が修得できないので、1年生から3年生までの生徒たちが参加します。ゆめこは、ほぼ毎日、畑に行って、花作りや野菜作りなどの農作業はしていますが、米作りに携わったことは全くないので、60歳になって初めての体験です。この田んぼは、K先生が、無農薬で作った米を天日に干すという、昔ながらの自然農法でコメ作りをしているそうです。手間暇かけた分だけ甘くておいしいお米ができるそうです。楽しみですねヽ(´▽`)/

 Dscn3184今日の花は、稲刈りを終えた田んぼのあぜ道を占領しているススキと、なんと、紫陽花なのです。時々、山道などで、盛りもとっくに過ぎているのに、かすかにピンク色や紫色が残っている紫陽花の花びらを発見することがあります。今回の紫陽花も、山道で偶然、発見した薄紫色の紫陽花です。秋の主役と梅雨時の主役の花をがひとつの器の中で咲かせてみました。また、ススキの直線と紫陽花の曲線の描きだすコントラストも面白いと思いますが、いかがでしょうか(*゚▽゚)ノ

2018年10月15日 (月)

ゴキゲン♡

 Dscn3472飛行機大好きコンビのアダム先生と夫は、展示されている実機を見るために広い会場をあちこち行ったり来たりしていました。その間、ゆめこはT-4を展示している真ん前に陣取って、来場している人たちやスタッフの人達を一生懸命?観察していました。ところが、夫が「向こうでブルーインパルスのパイロットと写真撮影ができるみたいだから行ってみよう!」と誘うので、行ってみることにしました。パイロットとのツーショットは2014年にフランス空軍のアルファジェットのパイロットと一緒に写って以来なので、ちょっとワクワクしましたが、残念ながら、受付終了でした。ところが、このブルーインパルスのスタッフの方たちが快く撮影に応じてくれたので、ゆめこはとっても嬉しかったです!ありがとうございましたo(*^▽^*)o

 Dscn7285ブルーインパルスの曲技飛行と言えば、定番はこの大空いっぱいにふくらんだ♡とそれを貫くキューピットの矢ですね。その他にもたくさんのアクロバット飛行を堪能させて頂きました。目の前で繰り広げられるブルーインパルスの演技と大きな音の大迫力に圧倒されました!飛行機に詳しくないゆめこが書くとこの程度の説明しかできませんが、夫に聞くと説明が長くなって、記事をまとめられなくなるので、聞きませんヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2018年10月14日 (日)

航空祭

 Dscn3446ALT(アシスト・ランゲージ・ティチャー=英語支援講師)のアダム先生から誘われたので、航空自衛隊芦屋基地で開催された航空祭に行きました。2週間前にアダム先生から誘いのメールが来た時から、ラジコンと同じように実機も大好きな夫はとても楽しみにしていました。今朝も早くから起きて、途中のJR駅でアダム先生をピックアップしたら、基地に近い競艇場の駐車場まで行き、そこで駐車した後は、シャトルバスに乗り換えて、航空自衛隊芦屋基地まで行きました。シャトルバスの駐車場からまた、歩いて歩いて、やっと会場のゲートをくぐったところですヽ(´▽`)/

 Dscn3449アダム先生から「(ゆめこ)先生は、いつも、私のかっこよくない写真ばかりをブログにアップします(# ゚Д゚)」と、クレームがつくので、今回は厳選して、一番良いと思うアダム先生の写真をアップすることにしました。一緒に写っている実機は川崎重工製の航空自衛隊練習機T-4です。日本製の有名な飛行機とアダム先生が、かっこいいですね(v^ー゜)ヤッタネ!!

2018年10月13日 (土)

レシピ

 Dscn7170来週、実施する調理実習のテーマは‟ハロウィン”です。3年男子のT君のリクエストが「カボチャを使った料理が良いです!」ということだったので、それなら、やっぱり‟ハロウィン”でしょう!とゆめこ先生の独断で決定したレシピは、【カボチャのミートパイ・ミイラのウィンナー・収穫サラダにお化け卵のトッピング・カボチャプリン】です。これをワンディッシュにのせて、みんなで仮装パーティーで盛り上がろう!と思っています。ゆめこ先生としては、初めてのハロウィンレシピなのDscn7237
で、試行錯誤の連続で・・・、我が家で、試作をしています。ミイラのウィンナーに見えますか?目玉に使うチーズやノリのカット用の道具やサラダにトッピングするチーズの型も夫の手作りです(◎´∀`)ノ

 Dscn3155今日の花は、ただ今、我が家の靴箱の上のディスプレイにつかっているハロウィン仕様の小さな作品です。使用した花は、昨日アップしたものと同じシソ・ときめきリンダ・クジャクソウに緑色の豆が可愛いぽいんとになるシナガワハギを加えています。また、ソラナムはミニカボチャに見立てて花器の横に並べてみました。ちなみに花器は火山灰で作った軽石です(o^-^o)

2018年10月12日 (金)

この秋に・・・

 Dscn7236_2三男のガールフレンドSちゃんが、久しぶりに遊びに来ました。夫もゆめこも楽しみにしていましたので、新米の栗ご飯と急に寒くなったので、夫の特製おでんでおもてなしをしました。たくさんおしゃべりをして、楽しい時間を過ごしました。Sちゃんありがとう♡実は、ゆめこは還暦を過ぎて初めて、10月の我が家の玄関をハロウィンバージョンにしました!というのが、隣町の通信制高校で実施する、今月の調理実習のテーマが“ハロウィン”なので、気持ちを盛り上げるために『ハロウィンの飾りつけをしてみよう』と思い立ったのです。せっかくなら、Sちゃんが来る日までにしておこう!ということで・・・。なんか、この秋の初めてが集中した一日でしたヽ(´▽`)/

 Dscn3143ただ今、我が家の玄関正面に飾っているハロウィンバージョンの花です。メインはカボチャに見立てた?ソラナムです。あとは濃い紫色の小さな実がびっしりと実っている紫式部(ムラサキシキブ)と濃い紫色のシソの葉と花、やはり同じシソ科のトキメキリンダ、薄紫色のクジャクソウと、紫系統にまとめで、ハロウィンっぽさを出してみました(*゚▽゚)ノ

2018年10月11日 (木)

半年後・・・

 Dscn7135これは、夫が気まぐれで苗を買い夏ごろに植えたパパイヤの木に咲いたパパイヤの花です。当たり前ですね!買ったばかりの時の苗は15㎝くらいだったのですが、毎日、水やりのたびに確認できるほどぐんぐん伸びて、今は2m以上の大木?になっています。そして、葉の根元につぼみがついて、あんまDscn7143_2
り華やかではないというか控えめな花が咲きました。と、いうことは、もうすぐ美味しい実がなるのかな?と思って、インターネットで調べたところ、「花が咲いて半年後には実がなります」とのことでした・・・。まあ、来春のお楽しみということでo(*^▽^*)o

 Dscn3133今日の花はシンプルな洋花の三種生けです。花材はアレカヤシ、オンシジューム、ミニカーネーションです。黄色のオンシジュームを真に、グリーンのアレカヤシを副に、ピンクのミニカーネーションを体として基本の生花にしました。先月の終りのまだ、残暑が厳しい時期の作品ですが、急激に寒くなった今日にアップしたら、ちょっと、涼し気というよりも寒々しい感じになってしまいました(*´v゚*)ゞ

2018年10月10日 (水)

寂しげ

 Dscn7068大きな池の向かい側は私有地になっていて、たくさんのイチョウの木が植えてあります。その中に一本だけ、この生酢(きず)か、柚(ゆず)か、かぼすかわかりませんが、柑橘類の木が生えています。この大きな池周辺というか、この地域全体が農村地帯になっていて、平地は広大な田畑で、山間部には栗やイチジクなど実のなる木が植えられていますので、水上機大好きおじさん達は、地域の方たちの迷惑にならないように気を付けて、大きな池を使わせて頂いていますので、ゆめこも迷惑を掛けないように植物観察&採集をしています。この柑橘類も持ち主のYさん(とても面白くて話好きなおじさんです)が、取り忘れたのでしょうか?ちょっと寂し気でした(・_・)エッ....?

 Dscn3178今回の‟大きな池の秋”シリーズは今日で一旦終了しますので、今日も大きな池周辺で採れた花材だけを使いました。ススキとシナガワハギの自由花です。ススキは、これから、まだまだ、増え続けそうですが、シナガワハギはたぶん、今年は終わりです。黄色の可愛い花もこれが最後でしたし、豆も筋が濃いグレーに変わっていました。そんなポイントを生かしつつ、ススキと組み合わせて、深まりつつある大きな池のほとりの秋を再現しました(*^.^*)

2018年10月 9日 (火)

あっ、あけび!

 Dscn7186_2‟大きな池の秋”第二弾です。夫とその仲間たちが、水上飛行機を楽しんでいる間は、ゆめこはいつものように、大きな池周辺の散策を楽しみます。10月とは思えないくらい、日中は汗ばむほどの気温ですが、さすがに植物たちは、秋真っ盛りです。大きな池周辺は、たくさんの木々や植物が豊富に茂っているので、上を見たり、足元を確認したり、右、左とキョロキョロしながら回るのですが、足元に見慣れた薄紫色の殻が落ちていたので、ふと見上げると、アケビがたくさん実っていました。ゆめこは食べるよりは飾りに使うのですが、野生児の夫は、子どもの頃によく食べていたそうです(◎´∀`)ノ

 Dscn3175今日の花は、ウェーブのない普通のススキです。とは言っても、多分、二種類あると思います。学術的なススキの分類は分かりませんが、単純に見た目が違うので・・・。短くて濃い色のススキと穂が長くなる薄い色のススキは、まだ、開ききっていない蕾を採りました。ススキは、生けてもすぐにフワフワになってしまうので、こんな贅沢な生け方をしてみました。うっそうとしたススキが原のイメージですね(o^-^o)

«大きな池の薄(ススキ)