フォト
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月に作成された投稿

2017年2月28日 (火)

さをり織り

 Photo出張先の会館で〝さをり織り″の作品が展示されていました。ゆめこも小さなポーチを持っていますが、そもそも、さをり織りとは何だろう?と思い、早速、調べてみました。「さをり」とは自分の感じるままに、好きに好きに織る手織りです。織りに自己を表現するというアートとしての手織りです。アートである以上、見本もなければ、ミスや失敗というものもなく制約もありません。何を何色でどんな風に織るか、すべて織り手本人に委ねられているのです。

と、いう説明が書いてありました。だから、この作品とゆめこのポーチが織り方も素材も違う理由がわかりました!それにしても、とても魅力的な織物ですね(*^-^)

 Dscn6821個性的なさをり織りをご紹介したので、今度は、ゆめこのオリジナル作品をご紹介します。このワイングラスは本来は透明ガラスです。曇りガラスのように見えるのは、片栗粉を水で溶かして、加熱して固めたものを、グラスに入れているからです。もっと、「透明感がでて、チューリップの茎がきれいにみえるかも・・・?」と想像したのですが、結果はこの通りでした。これに懲りずに次も、挑戦してみたいと思います。でも、このチューリップは小ぶりでキュートな感じがこのグラスと合っていると思いますが、いかがでしょうか(*゚▽゚)ノ

2017年2月27日 (月)

不思議です!

 Dscn6897生け花に使うために、夫の実家近くの山で、フユイチゴの葉を採っていました。ふと気づくと、虫食いなのか、所々に穴の開いた葉を見つけて、何気なく採ったところ、ちょうどその穴に枯れたミズヒキ(たぶん)が突き刺さっていました。ミズヒキが刺さったから、穴が開いたのか、ちょうど穴の中にミズヒキが伸びてきて刺さったのかはわかりませんが、自然の造形であることは確かです。また、横に飾っているのは、ヒノキの皮です。きれいなギャザーが面白いので、採って帰りました。このギャザーもやはり自然の造形です。自然って不思議だらけですね(*^-^)

 Dscn6925フユイチゴの葉が根っこから引き抜けたので、せっかくだから、そのまま生けてみました。小菊の紫色と不思議なくらいしっくりくる緑色ですね。この画像からは見えませんが、実は、このフユイチゴの根っこには鮮やかな緑色の苔(ゼニゴケ)も一緒にくっ付いてきているのですよ(*゚▽゚)ノ

2017年2月26日 (日)

おともだち

 Dscn6880おだやかな小春日和の今日、夫の実家に行きました。夫が用事を済ませている間に、早速、植物図鑑片手に周辺散策です。一年中、自然に触れあえそうな場所に行くときは、必ずポケットサイズの植物図鑑を持ち歩いています。それまでは、ただの雑草に過ぎなかった植物の名前がわかった時はとても身近な存在になるからです。植物観察を一緒にしてくれたのは、近所に住む小学1年生の女の子です。2人で、‟ホトケノザ”や‟オオイヌノフグリ”を見つけては話が弾みましたo(*^▽^*)o

 Dscn6884その後は、もちろん、山に登って花材集めをしました。今日は予想と違って、傾斜の急なけものみちのような斜面を登ったり、小石がごろごろある小川を超えたりするコースだったので、ブーツで行ったことを後悔しました。でも、生まれて初めて、桂皮(ケイヒ・シナモン)の木を知りました。根っこを掘って、匂いを嗅ぐと本当にシナモンの香りがします。もちろん、昔は野生児だった夫が教えてくれました(*^.^*)

2017年2月25日 (土)

トルネード?

 Photo昨日の画像から、10分くらいたった時の画像です。今度は、あたりが暗くなって、この雲はまるで、竜巻のような感じになってきました。暗いので、フラッシュをたいてみたり、そのまま、撮影してみたりと、時間と競争しながら、カメラの機能と闘いながら撮影しました。でも、やはり、ぼやけた感じですが・・・。多分一番の原因はゆめこの技術力になさだと思います。でも、真っ黒い竜巻がせまって来ているような感じは出ていませんか?

 Dscn6826今日の花は、雲竜柳(ウンリュウヤナギ)を低くして、花器に描かれている雲の続きのように、低くたなびく雲のように生けてみました。花も、昨日の小菊から、濃い紫色と真っ白のトルコキキョウに変えて、雲竜柳の細い線で表現した雲の中に、ふんわりと柔らかな雲が浮かんでいるようなイメージにしてみました(*゚▽゚)ノ

2017年2月24日 (金)

火山の噴火?

  Dscn6866出張先から帰る途中で、信号待ちの車窓からふと外を見ると、真っ赤な煙が山から立ち上って、まるで火山が噴火しているように見えました。「早く撮影しないと、真っ赤な色が消えてしまう」と焦るのですが、なかなか、停車できるスペースが見つかりません!やっと見つけたコンビニエンスストアの駐車場で撮影したものですが、やはり、暗くなっていました。数分前には、空が一面赤かったと想像して下さい(◎´∀`)ノ

  Dscn6781これは、雲竜柳(ウンリュウヤナギ)で、天高く立ち昇る煙を表現した作品です。花器がたなびく雲を表現しているように見えるので、こんな風に生けてみました。はからずも、上の画像と雰囲気があっているので、この画像を選びました。ちなみに、花器の下に敷いているのは、数日前の‟由あんどブランド”のリバーシブル敷物の、もう一つの面です。ベージュに和風の小さな花柄で、楊柳の着物地です。(*^.^*)

2017年2月23日 (木)

ちゃんぽん

 Dscn6851年度末のせいなのかどうかわかりませんが、本当にこの頃は、帰宅時間が遅くなります。今の季節は、‟鍋料理”という手があるのですが、そんなに度々では飽きてしまいます。この日も、急な用事が入って、帰宅が遅くなりました。夕方になって、夫に「今夜も遅くなりそう・・・」と電話をしていましたが、間もなく夫から「ちゃんぽんと焼きそば、どっちがいい?」とのメールが届きました。即座に「ちゃんぽん!」と返信していたのですが、帰宅したら、熱々のちゃんぽんが出てきました!夫は「このちゃんぽんは、ブログ用の盛り付けじゃないからなあ」などと言いながらもしぶしぶアップに同意してくれました( ̄▽ ̄)

Dscn6375_3 おひなさまは女の子の節句なので、桃だけではなく、色々な花でおひなさまの周りを華やかに盛り上げています。三男が保育園の年長さんの時に作ったおひなさまのバックには、小ぶりのフラワーアレンジメントを飾りました。今の時期だとフラワーアレンジメントは1か月以上持ちますので、長く楽しめますよo(*^▽^*)o

2017年2月22日 (水)

梅の樹苔(ウメノキゴケ)

 Dscn6634勤務先の子どもたちが‟職場体験”であちこちの事業所にお世話になりました。ゆめこの担当事業所は保育園や幼稚園でした。これは、以前、ゆめこがまだ、うら若き乙女の時代に1年間だけ勤務した中学校が、数年前に閉校になり、現在は町立保育園になっている場所です。ちなみに閉校した中学校は夫の母校でした!職場体験で頑張っている子どもたちの応援に来た時に、この懐かしい梅の木に数輪の白梅を発見しました。ゆめこと同じだけ年を重ねた梅の木もウメノキゴケがびっしりと枝を覆って、とても貫禄がありますね(o^-^o)

 Dscn6452昨日の桃の花の生花に黄色のアイリスをくわえて、二種生けにしてみました。黄色のアイリスは初めて生けました。撮影時は固いつぼみですが、今は、外側の鮮やかな黄色い花びらとかすかに紫がかった白い内側の花びらが開いて、文字通り花盛りです。濃いピンク色の桃の花との華やかなコラボレーションで我が家の玄関を彩ってくれています(*^-^)

2017年2月21日 (火)

おひなさま

 Dscn6478三男が保育園の年長さんの時に作った時のおひまさまも、毎年、玄関に飾っています。どうやら、ショートケーキのケースに入っているみたいです。先日、三男が三年間お世話になった‟たくの先生”にお会いした時に、三男が保育園の時に作った、節分の鬼さんと、おひなさまと、5月の鯉のぼりを毎年飾っていることを伝えると、とても喜んでくれました!ちなみに、奥に見えるのはゆめこ手作りの折り紙のおひなさまですヽ(´▽`)/

 Dscn6472おひなさまの横に置いているのは、ゆめこの高校時代からの友人が作った小ぶりの花瓶です。もちろん、花材は桃の花です。敷物は、名古屋帯を着物地で、額縁に包んだ由あんどブランドのテーブルセンターです。ピンク色の小花模様の帯とベージュに純和風の花柄の布地を組み合わせて、リバーシブル仕立てのテーブルセンターにしました(*^-^)

2017年2月20日 (月)

さげもん

 Dscn6957ただ今の我が家の玄関です。4月3日まではおひなさまバージョンです。右端のてまりの横に小さなお内裏様(だいりさま)とお雛様(ひなさま)が並んで座っていますが、このおひなさまは夫のおみやげです。5年前に大分県日田市豆田町の民芸品店で買ったそうです。掌(てのひら)に乗るほどの可愛らしいものですが、とても気に入っているので、毎年、玄関に飾っています。そして、壁に2つ下がっているのがシンガポールで買ったさげもん?です。一つは女の子のお人形、もう一つはゾウさんのぬいぐるみになっています。手作りなので、一つずつ表情が違っていてとても可愛らしいです(*^-^)

 Dscn6448おひなさまと言えば、桃の花ですね。今日は、桃の花の生花です。真っすぐな枝なので、あまり腰(まがり)は付けずに、自然の枝の形を利用して、真・副・体に使っています。生けた時には固いつぼみだったのですが、今日は、濃いピンク色の花がほころび始めています(*゚▽゚)ノ

2017年2月19日 (日)

ミッフィーちゃん

 Dscn1843ミッフィーちゃんのお父さんであるディック・ブルーナさんがお亡くなりになりました。一昨年の夏のベルギー・オランダ旅行の時に、「ミッフィーの故郷に行きたい!」と無理やり同行させた夫が、とても気に入ったのがこのディック・ブルーナさんがこよなく愛して生涯を過ごされたユトレヒトの町です。これは、ユトレヒトにあるミッフィー記念館の前にある像です。昨日のニュースでは、この像の前に花束が置かれていました。また、ぜひ、訪れたい穏やかなゆったりと時間が流れているような町です。「この町のどこかにブルーナさんがいらっしゃるんだな」と思いながら歩いたことを懐かしく思い出しました。ご冥福をお祈りします。

 Dscn1851_2町を歩いていて、発見したのはこの町の人の優しさとセンスの良い店がたくさんある事でした。これは、私たちがくつろいだ親切な店員さんのいた喫茶店の隣にあるケーキ屋さんのショーウィンドウです。この、たこさんや貝殻なども、砂浜も全部お菓子でできています。とってもおしゃれなディスプレイでした!

 Dscn1871_2たった一つの心残りは、真夏にもかかわらず、大型台風が過ぎた後だったので、冬のように寒かったことです。夏服しか持って行っていなかったので、このコートはベルギーで購入し、あるだけのスカーフを巻き付け、あるだけの洋服を着こんだ姿はまるでおしゃれじゃなかったことです(^-^;

2017年2月18日 (土)

雪の中のおしゃべり

 Photoこの前、大雪が降った翌日の雪景色を見ていて、ふと「雪の中に花を活けてみたらどんな感じだろう?」と思うと、いてもたってもいられなくなったので、早速、夫の実家の裏山に行きました。頭の中でイメージているのを実際に再現しようと思っても、なかなか、思い通りにはいきませんでしたが、このラッパ水仙たちが、雪の中で仲良くおしゃべりしているように見えませんか?(*^-^)

 Photoもう一つは、バラたちのおしゃべりです。ところが、場所を探したり、足跡を付けない様に気を付けたりで、せっかくのバラたちがきれいに集合していません。ちょっと残念な作品ですが、せっかくなのでご紹介します。次回挑戦できるのは、約1年後ですので、それまでにしっかり計画を立てて、できるだけ頭に浮かんだイメージに近いものを生けてみたいと思いますo(*^▽^*)o

2017年2月17日 (金)

おやつの時間

 Dscn6593勤務先の子どもたちが、2~6人グループで様々な事業所に2日間行き、仕事をさせていただく「職場体験」がありました。病院やフレンチレストランなど、本当にたくさんの事業所が受け入れて下さったので(夫の店でも2人預かりました)、貴重な体験をすることができました。中でも人気は出身幼稚園や保育園です。先生方も成長した子どもたちを確認できるので、町内のすべての園が受け入れをして下さいました。三男の卒園した保育園に向かう途中に三男にばったり会ったので一緒に行きました。ちょうどおやつの時間になり、親子で懐かしい味のおやつ(スイートポテト)をごちそうになりましたo(*^▽^*)o

 Dscn64532月の声を聴いて、そろそろ花屋さんの店頭に桃の花が並び始めたみたいです。気の早いゆめこが1月の終わりに「桃の花はまだですか?」と聞いていたことを覚えていたおばさんが、店に入ったとたんに「桃が入っていますよ!」と声をかけてくれました。今日の花は桃の花に合う、黄色のラッパ水仙とフリージア、それと、まだつぼみの濃いピンク色の大輪のユリを個性的なシルバーの花器に生けてみました(゚▽゚*)

 

2017年2月15日 (水)

オリジナル動画 [The original vido]

Dscn6524  今日は、アダム先生が自分で作ったビデオを子どもたちに見せているところです。昨年のゴールデンウイークに今治から愛媛までのしまなみ海道を自転車で移動した時の動画と、昨年末から新年にかけて台湾~ハノイ~ホーチミンを旅行した時のものです。途中で、英語のクイズが出てきて、子どもたちは一生懸命答えていました(*^-^)

Adam teacher had a video of traveling Shimanami Kaido. The students are watching the video.  Adam teacher also had a video of traveling to Taiwan and Hanoi and Ho Chi Minh. There was a quiz in those videos. The students answered the quizzes. The students enjoyed themselves very much.(*^-^)

 Dscn6374_2ゆめこ御用達の花屋さんで、グラジオラスを見つけたので、生花にしようと思い、お店の方に2本選んでもらいました。買った時には固いつぼみだったので、よくわからなかったのですが、翌日、生けようと思って取り出すと、なんと、オレンジ色とピンク色が1本ずつになっていました。それで、生花はあきらめて、こんな風に投げ入れにしました。長い葉がアクセントになっています。

2017年2月14日 (火)

チェックしてます!I'm checking!

 Dscn6497時々、ブログに登場するアダム先生が、先月の記事にクレーム?をつけました。「変なところばかり載せないで下さい。授業中の写真を出してください」との事でした。そこで、今回はしっかり、授業で、生徒の発音チェックをしているアダム先生の写真を掲載しました(*゚▽゚)ノ

Adam teacter is studying with the students. The students are reading aloud an English textbook aloud. Adam teacher checks their English pronunciation.(*゚▽゚)ノ

  Dscn6369ポカポカしてきた春の陽気を感じさせるような盛り花を生けてみました。ピンク色のチューリップは何回も登場していますが、黄色のフリージアは初登場です。そして、どこまでも広がる大空を南天でイメージしてみました。剣山には生花を生けた残りの桜の小枝をたくさん挿して、ピンクのじゅうたんを敷き詰めてみました。

2017年2月13日 (月)

雪かき

 Dscn6415大雪が降った日と、その翌日は、我が家の外階段が雪でうもれていました。そこで、過去に大雪が積もった階段の一番上から下まで、滑り落ちたことが3回もある母親のために、三男が雪かきをしてくれました。おかげで、今回は、安心して階段の上り下りができました。夫いわく「雪のせいというよりも、おっちょこちょいな性格を直す方が先だと思うよ!」との事ですが、多分、この性格は治りそうにもありません┐(´-`)┌

 Photo今日で、この自由花シリーズは終了です。濃い紫色のデンファレ、鮮やかな黄色のオンシジューム、淡いピンク色のキンギョソウを全部飾りました。その迫力に負けない様に、鷹(今回はタカということしています)が今にも飛び立とうとするかのように翼を広げています。夫には、ライオンが獲物に飛びかかろうとしているように見えるそうですが!一つ加えたり、少しずつ省いていくことで、同じ材料を使っていても、様々な表情がでてくるので、自由花制作はとても楽しい作業ですヽ(´▽`)/

2017年2月12日 (日)

さむいよ~

 Dscn64255年前に、以前の勤務先の同僚たちと沖縄旅行をしました。その時に、買ったのがこのミニシーサーです。お土産屋さんで、色が微妙に揃っていないとのことで、確か、ワンコインで買ったと思います。我が家の外階段の一番下にある、足つきプランターの下に陣取って、小さいながらも頑張って、魔除けをしてくれています!時々「ありがとう」と言いながら洗ってあげていたのですが、この大雪で、外階段が雪に埋もれ、気づいたらこんな風に寒そうにしていました。沖縄生まれの彼らには寒さがこたえているみたいに見えました(^-^;

 Photo_2今日は、何かの木の皮というか繊維がむき出しになっているものをバックに置いてみました。これも、一応、立派な花材の一つです。こうしてみると、なんだか、鷲(わし)か鷹(たか)のような猛禽類(もうきんるい)が翼を閉じて、向こうを伺っているように見えませんか?すると、こちら側の花は小高い山のように見えてくるから不思議です。ちなみに夫はライオンの鬣(たてがみ)のように見えるそうです(*^-^)

2017年2月11日 (土)

頭上注意!

  Dscn6414久しぶりの冷え込みだったので、「氷柱(ツララ)の画像が欲しいなあ」と、思いながら帰宅すると、隣家の塀にかわいらしい小さな氷柱(ツララ)が並んでいました。上機嫌で、色々な角度から写真を撮っていると、突然‟ドドドドッと大きな音がしました。見上げると、道路を挟んだ前の家の屋根から雪が雪崩のように落ちています。思わずシャッターを何度も切りました。本当に、この辺では珍しいツララと落雪のコラボレーション画像が撮れましたw(゚o゚)w

  Photo今日の花はキンギョソウです。色は淡いピンク色ですが、背が高く、茎が太いのでかなり、ボリュームがあり、カズラや白のクルクル(ゆめこのオリジナルネーミングです)に負けていません。葉は全部取ってしまって花だけを強調してみました(*^-^)

2017年2月10日 (金)

キャリア教育講座2

 Photo航空整備士のTさんは夫の後輩になります。中学生の頃は将来の夢がなく機械いじりが好きだから工業高校を卒業し、民間企業に就職したそうです。ところが高校2年生の時に初めて飛行機に乗った時の事が忘れられず、飛行機の仕事がしたいと考えたそうです。そこで日本航空高等専門学校に入りなおして整備士になったとの事です。航空機の整備マニュアルはすべて英語で書かれているので、英語の勉強を一生懸命したことや仕事にはチームワークが大切なことなどを話してくれました。また、とても寒い日だったにもかかわらず、2人とも上着を着用せずに制服のままで、移動や講義をして下さいました。さすがに日本航空の社員ですね。プロ意識が徹底しています(*゚▽゚)ノ

 Photo_2昨日の花にデンファレをシンビジュームの足元に加えてみました。シンビジュームの花束に濃い紫色のデンファレで飾っているイメージです(*^-^)

2017年2月 9日 (木)

キャリア教育講座

 Photo_3先月末に日本航空のスタッフが2名、勤務先の子どもたちのためにキャリア講座をしてくれました。一人はグランドスタッフの女性、もう一人は整備士の男性です。グランドスタッフの女性と一緒に日本語と英語のアナウンスをしたり、身だしなみの大切さを教えてもらって、驚いたり感心したり、みんな、真剣に講話に聞き入っていました。また、彼女は自分の講義の時はもちろん、整備士の方の講義中も笑顔を絶やさず、背筋をピンと伸ばして全く姿勢を崩すことはありませんでした。やはり、接客のプロですね(*゚▽゚)ノ

 Photo_2今日は、枯れ葉と豆の皮を外して、カズラと木を細く削って、脱色し、クルクル巻きに加工した生け花用の加工品を加えてみました。クルクルの部分を長く伸ばしたり、からませたりしながら、変化を楽しみました。今日の花はオンシジュームだけです。

2017年2月 8日 (水)

まるで花屋さん

 Dscn6237ちょうど1週間前の調理実習室の様子です。翌日のフラワーアレンジメント教室の準備をしていた時の画像です。3クラス分の花の量は膨大です。小菊、スターチス、カスミソウが1本ずつ、ミニカーネーションとレザーファンが2本ずつが1人分です。レザーファン以外のすべての花を水切りして、3クラス分に分けました。いくら冷たくてもお湯を使うわけにはいかないので、身体が芯から冷えましたが、美しい花たちからエネルギーをもらって、この冬はまだ、風邪ひとつひいていません(o^-^o)

 1今日から、自由花の変化を展開していきます。部屋にいっぱい置いてある色々な材料の中から、目についたカズラや人工的な花材などを集めて、花屋さんで買った花と色々と組み合わせてみました。スタートはカズラと枯れ葉、大きな豆の皮という、茶色のベースに濃い紫色のデンファレと鮮やかな黄色のオンシジュームの組み合わせです(*゚▽゚)ノ

 

2017年2月 7日 (火)

雪が解けて・・・

 Dscn6338数日前には、ポカポカ陽気にもかかわらず、まだ雪が残っている画像をアップしましたが、今回は同じ、夫の実家のご近所さん宅では白梅が六分咲きくらいになっていました。この画像を撮影している時も、夕方の柔らかな風に乗って、優しく優雅な梅の香りが漂っていました。蝋梅(ロウバイ)の色つやや紅梅(こうばい)の華やかさも素敵ですが、やはり白梅の上品な様子が一番好きです(*^-^)

 Dscn6365♪梅は咲いたか  桜はまだかいな・・・

なんて歌を知っているといえば、年齢がばれてしまいそうですが、やはり、梅の香りが漂い始めると、つい、桜の開花を待ち遠しく思ってしまします。そこで、今日は、桜の生花です。これは寒桜(カンザクラ)という桜の種類で、カンヒザクラ(寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)ないしオオシマザクラ(大島桜)の雑種と考えられているそうです。染井吉野(ソメイヨシノ)よりこぶりですが、春の訪れを感じさせるには十分です。そこで、染井吉野(ソメイヨシノ)の生花と同じように、体奥に黒松を一枝挿しています(*゚▽゚)ノ

2017年2月 6日 (月)

煎り大豆ご飯

  Photo節分の豆まきで残ったというよりも、残した煎り大豆で味ご飯を炊いてみました。米3合に対して、煎り大豆1カップ、油揚げ1枚、ちりめんじゃこ200g、白だし大さじ3杯、塩1つまみ、醤油大さじ1杯、料理酒大さじ2杯で、炊き上げました。少し薄味に仕上げたのですが、煎り大豆もふっくら柔らかくてとても美味しかったです。もちろん、義母にも炊き立てを持って行って喜ばれました(*^-^)

  Dscn6357玄関に飾っていた、三男が保育園の時に作った鬼さんのお面は片付けて、今度は、やはり三男が作ったおひな様を飾りました。それに合わせて花も、ピンク色のチューリップやキンギョソウを使った投げ入れで、華やかさを醸し出しています。その他にネコヤナギと緑の濃いハラン(佐々木盛弘先生宅の庭に自生していたのもです)それに、幸福を招くといわれるドラセナも生けて、春を待っていますヽ(´▽`)/

2017年2月 5日 (日)

裏山で

 Dscn6312いつもの花屋さんで、面白そうな花をチョイスして支払いを済ませ、帰ろうとすると「いつも、遠いところをわざわざ買いに来て下さってありがとうございます」と、お店のおばさんに言われて「??」「あのー、隣町からですけど・・・」「えっ?そうなんですか?」「はい、そうです!」という、会話がありました。「私たちはどこに住んでいると思われてたんでしょうね?」と夫と話しながら帰りました。そして、家に帰り着いたとたん、急に遊び心が芽生えて、「実家の裏山に行こう!」と、またまた、夫を誘って、買ったばかりの花と、道具一式を持って、裏山に行き、こんな事をして、遊んでみました。上の画像は、シダが生えている場所にデンファレとオンシジュームを挿してみました。冬の山ですので、少し無理がありますが、東南アジアの風景に似ていませんか?

 Dscn6329右の画像は、倒木の形と周りの枯草の様子が気に入っている場所に三本のキンギョソウを置いてみました。淡いピンク色なのと、曇りの日の夕方だったので、ちょっと、わかりづらい画像になってしまいましたが、結構気に入った構図です。今回は、、急に思い立ったことだったので、風景を考えた花材ではありませんが、次回は、もっとよく考えて挑戦してみたいと思っています(*゚▽゚)ノ

 

2017年2月 4日 (土)

感謝を込めて♡

 Dscn6241昨日、勤務先の3年生とフラワーアレンジメント教室をしました。今回は卒業をひかえて、「今までお世話になった方に感謝の気持ちを込めて花を贈ろう!」というテーマにしました。事前学習では、自分たちのイメージしたプレゼントのイラストや感謝のメッセージなどを書きました。そして、本番の昨日は短い時間でしたが、素敵なフラワーアレンジメントを完成させました。事前に、子どもたちと同じ材料で見本を作りました(*゚▽゚)ノ

Dscn6340  そして右の画像は、ラッピングして、カードを添えた完成品です。ゆめこの場合は、いつも一番そばで応援してくれている夫に贈ることをイメージして作りました!それにしても、90人近い子どもたちがラッピングしたフラワーアレンジメントを嬉しそうに家に持って帰りましたが、それぞれの家庭ではどんなドラマがあったのでしょうか?何だかワクワクしますo(*^▽^*)o

2017年2月 3日 (金)

豆撒き

  Dscn6308三男が、やっと外出先から帰宅したので、親子で豆まきをしました。あと、1時間半で日付が変わるところでしたので、ギリギリセーフです!夫の同級生のせっちゃんからもらった、大豆を玄関から外に向けて「おにはーそとー」と元気にまきました。まいて少し残ったぶんは、有難く食べることにしました。  画像は、三男が十数年前に自分が作った鬼の面と対決しているところ?だそうです!豆をまき終わった後は、きちんと掃除機をかけていました!大人になったねo(*^▽^*)o 

Dscn6185
  濃い紫色のふちどりがアクセントになったカーネーションと白いカーネーションを組み合わせた自由花です。グリーン材は裏山で調達したものです。敷物は、カーネーションと同系色の矢羽模様のタピストリーです。和の敷物と洋の花のコラボレーションはいかがでしょうか?

2017年2月 2日 (木)

いちご大福

 Photo_2昨晩は、久しぶりに親子三人で、某統一価格(例外あり)のベルトコンベヤーにお寿司が運ばれてくるお店で、夕食をとりました。三男の高校に用事があって出かけて帰りが遅くなったからです。お寿司や茶わん蒸し、唐揚げなどでお腹がいっぱいになったので、別腹のスイーツを頼みました。ゆめこはチーズケーキでしたが、三男はいちご大福を注文しました。ベルトコンベヤーに乗って来たいちご大福はなんとこんなにかわいいお雛様大福でした(o^-^o)

 Dscn6177今日の花は、5本のネコヤナギと蝋梅(ロウバイ)とピンクのチューリップの盛り花です。おひなさまといえば、桃の花ですが、まだ、花屋さんには紅梅(こうばい)しかありませんでした。ですが、ピンク色のチューリップも何となくお雛様のイメージが浮かんでくるのは私だけでしょうか?

2017年2月 1日 (水)

ロゼット

 Photo勤務先の裏庭のあちこちでタンポポのロゼットをたくさん発見しました。‟ロゼット”という単語を使ったのは、高校生の生物の時間以来のような気がします。植物図鑑で調べると「地表面付近にあるごく短い茎と、それから出てほぼ水平に広がった多数の葉とからなる集合体」と書いてありました。その形から、八重咲きの薔薇を連想させることから、「rosette(ロゼット)」という名前がついたのだそうです。どんなことでも調べてみると、色々と意味深い発見があって面白いですね(*^-^)

 Dscn6180昨日の、アイリスのおしゃべり相手だった水仙(スイセン)を白のトルコキキョウに変えてみました。可愛い水仙(スイセン)達とのおしゃべりは楽しく賑やかな雰囲気がありましたが、白いトルコキキョウたちが相手になると、なんだか、ちょっと、大人っぽい華やかな会話が始まりました。主役のアイリスはそのままなのに、脇役の登場で、不思議なくらい雰囲気が変わります(*゚▽゚)ノ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »