フォト
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月に作成された投稿

2017年7月31日 (月)

タイタンビカス

 Photo_2実は、4年くらい前から、パイナップルのヘタの部分を育てていました。美味しいパイナップルをくれた友達が「ヘタの所を水に浸けていたら、根が出てきて、観葉植物みたいになるよ!」と教えてくれたので、その通りにしてみたのです。なぜか、グングン成長するのでその度に大きな植木鉢に植え替えていきました。春から夏は外に出し、秋から冬は室内に置き、夫婦で「小さくてもパイナップルの実がなるまで育てよう!」と頑張っていたのですが、昨年の冬は、鉢が大きくて重すぎるので、簡易ビニールハウス?で越冬したのが失敗で、根腐れしてしまいました。そこで、空席になった大きな植木鉢に、この春、タイタンビカスを植えたのですが、この日の朝、大輪の鮮やかな花を咲かせてくれましたヽ(´▽`)/

 Dscn9432今日の花は、南国ムードのタイタンビカスに合わせて、タニワタリと桔梗の二種生けです。ゆめこの大好きな東南アジアの雰囲気を醸し出す、タニワタリに、どうしても、和の雰囲気の桔梗を合わせてみたかったのですが・・・。長さや向きを何度も試行錯誤して、真・副・体のみのシンプルな作品にしました。和と洋の調和には、これからも、挑戦していこうと思います(*^.^*)

2017年7月30日 (日)

なぜか・・・?

 Dscn9457昨日は、植え替える前の準備の画像でしたが、今日は、植え替え後の画像です。どういうわけか、鉢植えの数が増えています。「ついでだから!」と、テーブルヤシやポトス・ライムが窮屈になっているので、大きな鉢に植え替えようと思いながら、つい、株分けをしてしまったりと、気の向くままにしていたら、こんなにたくさんの数になってしまいました(*´v゚*)ゞ

 Dscn9352_3今日の花は、ニューサイランとリンドウの二種生けです。先日、佐々木盛弘先生宅で、久しぶりに夕食会をしていた時に、ゆめこのブログの画像を見ながら「わしはこんな風にスッとまっすぐに伸びていくような花が好きやな!」とおっしゃって下さったことを思い出したので、先生の好きなニューサイランを使った生花に再度、挑戦しました。真、前あしらい、後ろあしらい、副、体奥と体先にニューサイランを使い、体真だけにリンドウを使ってみました(*^-^)

2017年7月29日 (土)

植え替え

 Dscn9448以前ご紹介しました、セイロンベンケイソウの根と芽がグングン大きくなってきたので、土に植える時期だと判断しました。加えて、3週間くらい前に生け花で使った、赤みの強いドラセナ・コンシンネ・トリカラー・レインボーやドラセナ・サンデリアーナに根が出てきたので、土に植えることにしました。以前もミリオンバンブーや赤と緑色のドラセナ・コンシンネ・トリカラー・レインボーも、生け花で使ったものに根が生えてきたので植えました。どちらも、順調に育っています!花屋のおばさんいわく「植物を育てるのが上手ですね!」とほめて頂いたうえに、‟金の生る木”をサービスでいただいたことも以前ブログでご紹介しました。「芸は身を助ける」という、古い言葉がありますが、これも、その言葉に該当しますか?今日の画像は、植えるものに合わせて買って来た植木鉢と、植え替える植物たちの画像です(*^.^*)

 Dscn9357ゆめこ御用達の花屋さんでヘリコニアを見つけたので、トロピカルなイメージの自由花にしようと思い、3本買いました。帰って、生ける時に、よくよく見ると、真・副・体にふさわしい3本に見えてきましたので、迷わず、生花にしてみました。出来上がりがすっきりしていて、とても気に入った作品になりました。体に使った葉が翌日から、少しずつ、枯れていき、3日目は「最高に素敵!」だと自画自賛していました(*^-^)

2017年7月28日 (金)

ジュワ~!

 Dscn9386時々、夫が生ビールを飲みたくなったら、食事を兼ねて行く焼き鳥屋さん「だぼちゃん」で、この頃、お気に入りのメニューに仲間入りしたのがこの「じゃがバター」です。アツアツの鉄板の上でジュワ~っと音を立てながら、香ばしいバターの香りを漂わせて、奥さんが店の奥から持って来てくれます。簡単に調理できそうですが、結構注文してから時間がかかるので、案外手間がかかるのかもしれませんね。バターと軽い塩味ですが、やみつきになるくらいおいしいですよ(*゚▽゚)ノ

 Dscn9351今日の花は、檜扇(ヒオウギ)の生花です。素朴な花ですが、決まりごとが二つあります。生花では、ヒオウギのみで生けます。また、出来上がりが、名前のように扇に見えるように末広がりに生けます。今回は、真の花器に行の生け方(少し広がった形で花器よりも花が外に出ます)にしてみました。

2017年7月27日 (木)

簡単朝ごはん

 Photo夏休みに入って、約1週間が経ちました。どうしても、生活が不規則になる子ども達のことが気になるので、昨年から、この時期に、子どもたちが作る「朝ごはん簡単クッキング」という、調理実習をしています。今年は22名の希望者があり、地域の方や学校職員も参加して総勢40名で、楽しく賑やかな調理実習になりました。この画像は、ゆめこのオリジナルレシピです。麵に見えるものは糸こんにゃくです。今回は白だしと醤油で味付けした和風仕上げですが、ソース味やカレー味も美味しそう!と、事前の試食会で意見が出ました。今日も、子どもたちは美味しそうに味わっていましたよ(◎´∀`)ノ

 Dscn9359ホオズキと自然薯の花の水中花第二弾です。どちらも量を増やしています。と、いうのも、プカプカ水に浮かぶ、ホオズキの実を、水中に沈めた自然薯の茎で好きな位置に置いてみようと思ったからです。ピンセットや菜箸(さいばし)を使い悪戦苦闘したのですが、なかなか思い通りの場所に落ち着いてはくれません・・・!と、思っていたのですが、こうして、画像を改めてみるとそこそこな仕上がりだったと少し、安心しました(^-^;

2017年7月25日 (火)

仲良しカモ♡

Photo_3久しぶりに、ゆめこ御用達の花屋さんに行く途中、運転中の夫が「アッ、カモの夫婦が川岸に並んでるよ!」と言いました。運転しながら、珍しいものを発見する能力は、どのようにして培われたのかいまだにわかりません。写真撮影をするために邪魔にならないところに車を停めている間にオスの方が川に入ってしまいましたが、ほほえましい光景だったので、撮影しました(*^-^)

 Photo_2我が家の外階段に、毎年、絡みつく自然薯(じねんじょ)の花が満開になったので、ホオズキと合わせて、今年初めての水中花に挑戦しました。自然薯の鮮やかな緑色の葉や蔓と白い小さな泡のような花と、オレンジ色のホオズキがそれぞれを美しさを引き立てながら、涼しげな風情を醸し出していませんか?

2017年7月24日 (月)

西郷どん(せごどん)

 262今日は、帰り道で出会った、ゆるキャラたちをご紹介します。西郷隆盛といえば江戸城無血開城、西南戦争、戊辰戦争などの歴史的な単語がたくさん出てきます.たしか、薩摩藩士(鹿児島県人)だったと思うのですが、なぜか、宮崎県延岡市の道の駅「北川はゆま」で、延岡市のゆるキャラ‟チキなん番長”と一緒に並んでいました。「宮崎に行ったら、鶏(取り)あえずチキン南蛮定食を食べなきゃ!」と同僚に言われたので、ここで、ゆめこはチキン南蛮定食を食べて満足しました。美味しかったですよ!すから、鶏(取り)あえず、今回の熟年夫婦宮崎旅行レポートは今日で終了しますo(*^▽^*)o

 261チキン南蛮は定番人気商品ですが、実は、もう一つの人気メニューが、‟シラス釜揚げ”です。地元の海で獲れたシラスを釜揚げにして、熱々のご飯にホッカホカのシラスをたっぷり乗せたものに、しょうゆベースのだしをお好みの量だけ、かけて食べます。とても、シンプルな料理ですが、本当に美味しいです。これは、夫が注文したことにして?もちろん、ゆめこも味見しました。近くに行ったら、ぜひ食べて下さい(*^-^)

2017年7月23日 (日)

灯台

 241_2242この灯台は日本で数か所しかない、中に入って見学ができる、都井岬灯台です。そして、美しさも日本有数だそうです。ちょうど、太陽が灯台の真上に来たので、「ベストショット!」と思って撮影に挑んだのですが、どうでしょうか?この灯台は昭和4年から、約90年間も海の安全を守るために明かりを灯し続けているなんてすばらしいですね(≧∇≦)

 251この画像は青島です。昔は鬼の洗濯板といって、宮崎観光の目玉だったのですが、なぜか、そんな看板はなかったような気がします・・・一昨日は、久しぶりに佐々木盛弘先生宅で、盛り上がったのですが、先生の新婚旅行先が宮崎だったことで、さらに大盛り上がりでした!本当に半世紀前は「宮崎に旅行に行った」はステイタスだったのですよ。頑張れ宮崎!!

2017年7月22日 (土)

8888

  231宮崎県旅行シリーズを書き始めたのは今月15日土曜日からですが、20日に夫が「アッ!8888になってるよ!」と教えてくれました。何となく、縁起の良い数字のような気がして、すぐに写真を撮りました。光の加減とか、向きとかが結構難しくて、何度も撮り直して、やっと、何とか数字が読める画像になりました。昨年5月にスタートして以来、ゆめこ目線での日常の出来事と生け花の作品をアップしていますが、たくさんの方々が訪問して下さるので、とても、励みになり、続けることができています。本当にありがとうございますm(_ _)m

 232ここは、蘇鉄(ソテツ)が自生できる北限の地。都井岬です。ソテツには雄花と雌花があります。ここには雄花が集中していたので夫の記念写真を撮ったのですが、何となく、「8888になったぞ!バンザーイ!」と言っている様に見えたので、この画像を合わせてみました。ちなみに蘇鉄の文字は、枯れかかった時に鉄くぎを打ちこむと蘇(よみがえ)ることに由来しているそうです(*^.^*)

2017年7月21日 (金)

おはようございます。

 211早朝に宮崎県都井岬の野生馬と、初めて出会いました。可愛い仔馬が2頭、無心に草を食(は)んでいました。最初は恐る恐るそーっと近づいて、写真を撮っていたのですが、慣れてくると、かなり近くまで寄って写真を撮ることができました。と、いうのも、繁殖期や出産時期から外れていることと、人に対しての恐怖心や警戒心がほとんどないからだと、熟年夫婦は結論付けました!あくまでも、私たちだけの見解なので、違っていたらごめんなさい。そんな夫婦の会話はともかく、とにかく可愛らしかったです。機会があれば、ぜひ、宮崎県都井岬に足を運んで下さいo(*^▽^*)o

 212_2右側の画像は、可愛い仔馬の朝食中の様子を堪能して、部屋に戻った時のものです。海側の窓を開けると、ちょうど2隻の大型船がすれ違うところでした。真っ青な海と空を背景にして行きかう、真っ白な大型船の美しさにも心を奪われました。「やっぱり、この国民宿舎に泊まってよかった!」と思った瞬間でした(*゚▽゚)ノ

2017年7月20日 (木)

ALWAYS

 Dscn9140昭和の高度成長期には、多分、大勢の人たちが国内旅行の楽しさを知ったのではないでしょうか。おそらく、その頃には、多くの人たちが利用したであろう国民宿舎を、今回の宮崎旅行の宿泊先に選びました。と、いうよりも、三連休最後に、急に訪ねても、どのホテルも満杯だったので、仕方なく…と言うのが、その時の熟年夫婦の本音です。でも、だが、しかし、という表現も昭和時代のものですね(笑)この共同トイレ、共同洗面所、共同ユニットバスの国民宿舎には、古き良き昭和をしっかり味わうことができるたくさんのアイテムが揃っていたのです。この国民宿舎のおかげで本当に心から楽しい旅行になりましたヽ(´▽`)/

 Dscn9170国民宿舎の前には、こんなバス停もありました。撮影時間は早朝午前4時30分ごろです。新聞配達のお兄さんが、バイクで新聞を配達していましたが、薄暗いバス停の前で、浴衣姿の熟年夫婦が、野生馬を発見したと言っては騒ぎ、おもしろいバス停があると言っては、はしゃいでいたので、ちょっと引いていました(o^-^o)

2017年7月19日 (水)

カメラ目線

 Photo河川敷のラジコン飛行場にはもちろん、近くにもコンビニエンスストアやジュースの自動販売機はありません。そこで、都城市に入ったらすぐにコンビニエンスストアを探して、必要なものを買います。その日も、保冷バッグに入れるための氷やお茶などを買い込んで店を出ました。車に乗ろうとしたら、何やら隣のホロ付きトラックが、とても騒がしいのです。よく見ると、元気な仔牛が繋がれているのを嫌がって紐を振りほどこうとしていたのです。そこで、「ちょっと写真を撮らせてね!」と言ってカメラを向けると動きを止めてカメラの方を向きます。3回カメラを向けたのですが、そのたびに彼?はしっかりカメラ目線になるのです。その中でも、一番可愛らしい表情の画像を選びましたo(*^▽^*)o

 2かくれんぼ第2弾です。今度はモンシロチョウが1頭、この画像のどこかにいますよ。探してみて下さい!

2017年7月18日 (火)

♪タバコはこくぶー♬

Photo_3 ♪花は霧島ー🎶で始まる、鹿児島おはら節でも歌われている様に、宮崎県都城市から鹿児島県志布志市に入ったとたんに、広大なタバコ畑が広がっていました。思わず、口をついて出たのが♪タバコはこくぶー♬のおはら節でした。平成の現代は、世界中で嫌煙活動が広がり、愛煙家には肩身が狭いご時世だそうですが、こんな風に畑いっぱいに茂っている大きなタバコの葉を見るとなぜか、楽しくなって鼻歌を歌い出したのでした(^^♪

 Photo_5鹿児島県名物、美味しいものはたくさんありますが、タバコ畑を通り過ぎると、濃い緑色のハート型の葉が地面を覆いつくしている、広い畑が広がっていました。なぜか、運転をしている夫が「あっ、サツマイモ畑だ!」と大きな声で教えてくれました。すぐに、車を停車してもらって、タバコ畑同様、いろんな角度から写真を撮影しました。そういえば、この近くのスーパーマーケットで冷凍焼きイモが売られていました。地元のサツマイモなのでしょうね。とても、美味しそうでしたよo(*^▽^*)o

2017年7月17日 (月)

ジュゴンブロック

 Photo_2今日は‟海の日”です。土曜日から一泊二日で都城に行って帰る予定だったのですが、「せっかくの三連休なので、もう一泊どこかで遊んで帰ろう!」との夫の提案で、ちょっと足を延ばしたので、熟年夫婦のミニ旅行を画像と一緒にご紹介しようと決めました!ところが、昨晩、急きょ決めた宿泊先は、なんと、昭和を彷彿とさせる‟国民宿舎”で、もちろん、インターネットのケーブルもフリーWi-Fiもありません。というわけで、昨日はブログアップができなかったのです。ところで、これは、夫たちがラジコン飛行機の研修会をしている大淀川河川敷の反対側に並べてあった使用前の根固めジュゴンブロックというものです。何となく形が人魚姫のモデルになったジュゴンに似ていますよね(・_・)エッ....?

 Dscn9106夫たちがラジコン談義に花を咲かせている時は、ゆめこの自由時間です。というよりも、研修会参加者から会費徴収し、ラジコン保険の有効期限を確認するという受付けの仕事と、集合写真&スナップ写真を数枚撮影する以外は、ほとんど自由時間なのですが・・・!そんな時の楽しみは、野の花や昆虫の面白い画像を探すことです。これは、カラスウリの花です。我ながら、きれいに撮れたと満足しています(*^-^)

2017年7月15日 (土)

かくれんぼ

Photo_2  久しぶりに、宮崎県都城市に来ています。もちろん、夫と仲間たちが主催するラジコン模型飛行機の研修会のアシスタントとしてです。今年は、三男の進学準備などがあって、まだ、海外旅行をしていません。とは言いながら、来月早々、出国する予定ですが・・・!そのようなわけで、いつもはしぶしぶ❓アシスタントをしていたのですが、今回は、この小旅行にとてもワクワクしています!今日も早速、可愛らしくて、おもしろい画像を数枚撮影することができたので、ご紹介します。今日はアカタテハのかくれんぼです。どこかに1頭、アカタテハが隠れていますが、わかりましたかwink

2017年7月14日 (金)

山芋の花

 Dscn9043ワシャワシャと乱雑に交差しているハート型の葉の隙間から、小さなスイートコーンのような白いツブツブが見えるでしょうか?実は、これが自然薯(じねんじょ)=本山芋(ほんやまいも)の花です。初めて、発見した時には、この白い粒は花のつぼみだと信じて、毎日、水やりをしながら「どんな花が咲くんだろう?」と楽しみにしていました。ところが、どのつぼみ?も1週間もすると段々茶色っぽくなって枯れてしまったのです。遅ればせながら調べてみると、その白い粒自体が花だったことが判明しました!でも、そうやって、改めて見てみると、可愛らしい花に見えてくるから人間の心理って面白いですね(*^.^*)

 Dscn8904今日は、スターチス・ミスティブルーを主役に緑と赤の2種類のヒペリカム、小さく丸めたキフゲットウを生けてみました。ゆめこがまだ、独身だった頃、よく日帰り旅行や、ミュージカルやお芝居を一緒に鑑賞に行っては、夜更けまでお酒を飲んで、語り合っていた仲良しのMさんが誕生日に大きなスターチス・ミスティブルーだけの花束をプレゼントしてくれたことがあります。すごくうれしく、彼女のセンスの良さに改めて感心した出来事でした。ちなみに花言葉は‟驚き”です(*^▽^*)o

 

2017年7月13日 (木)

波照間島

 Dscn9069仲良しのI美さんが、二泊三日で、沖縄県石垣島に行っていたらしく、近頃、お疲れ気味のゆめこには八重山みんさー織の御守を買ってきてくれました。通勤用のバッグにつけた途端になんか元気が出てきました!また、夫には日本最南端の波照間島(はてるまじま)に渡りここでしか売っていない泡盛を買ってきてくれました。アルコール大好きな夫は大喜びでしたが、アルコールが苦手なI美さんは、サイダーで割った泡盛を一気飲みし、朝まで気絶していたというお土産話までついて来たので大笑いでした(o^-^o)

 Dscn9039今日の花は、盛りだくさんですね。ピンク色のカサブランカ、モンステラ、紫色のリアトリス、そして、一番のお気に入りは、真っ赤なドラセナ・コンシンネです。今日の暑さにも負けない独特の色の組み合わせは、やはり、大好きな東南アジアの雰囲気になっていますヽ(´▽`)/

2017年7月12日 (水)

ながーいですね。

 Dscn9047昨日、家の冷蔵庫に、たくさんのお惣菜やお弁当や煮物が入っていました。夫の姉が、近くの道の駅で買ってきてくれたそうです。学期末なので、毎晩帰りが遅く、ゆっくり調理ができないゆめことしては、温めるだけで食べられるので大助かりです。熟年夫婦二人で温めなおした総菜とお弁当を美味しくいただきました。そして、今日、野菜室を開けてビックリ!こんなにながーいのっぽキュウリがドーンと横たわっていました。多分というか、間違いなく夫の実家でなったキュウリです!あんまりおもしろいので、ありったけの発泡酒の缶を縦に並べて長さ比べをしてみました(*^.^*)

 Dscn9040_2今日の花は、黄色のガーベラと紫色のリアトリスが背比べをしているような画像を選びました。このガラスの器は仲良しの友達からもらったものですが、花器自身が個性的なだけに、花材選びも生け方もなかなか思うように仕上がりません!この夏には、なんとか、満足できる作品作りをしてみたいと思います(*´v゚*)ゞ

2017年7月11日 (火)

手甲(てっこう)

 Dscn9044_2手甲脚絆(てっこうきゃはん)という四字熟語があり、その意味は「手や脚を守るために身に付けるもののこと」です。今は、ほとんど見なくなりましたが、時代劇で、ちょっと、粋な感じの旅芸人さんみたいな役の女優さんが、キモノを短めに着て、三味線を持って手甲脚絆姿で、旅をしているシーンを思い出します。この手甲は、お気に入りのメタセの杜物産館で「運転用のアームカバーにちょうどいいな!」と思って買いました。生地も涼し気なブルーの絞り柄だし、350円という価格も気に入りましたo(*^▽^*)o

 Dscn8983今日の花は、ガクアジサイとニューサイランもどき?を茶道具(さどうぐ)の建水(けんすい)に活けました。どうしても、この葉の名前がわからないので、花屋さんで聞きましたが、やはり、よくわからないらしく店のおじさんも「ニューサイランで仕入れた!」と、言っていました。正式名称はまだ、不明ですが、日本原産のガクアジサイと、とても良く似合っています。建水を花器に見立てて季節の花を飾るのもおしゃれだと思いませんか?

2017年7月10日 (月)

大きな池で

 Dscn1242画像のストックが残り少なくなってきたので、夫の画像をいろいろ見ていたら、先日、夫とその仲間たちが大きな池で飛ばしていたらしい水上ラジコン飛行機の画像が見つかりました。多分、その日は、ゆめこも一緒だったと思うのですが、植物観察に忙しかったので、誰が、どんな水上機を飛ばしていたのか知りませんでした。でも、黄色い機体が優雅に水のラインを作って今にも飛び立ちそうにしている姿はとても涼し気ですね(*^-^)

 Dscn9033今日の花は、ピンク色のカサブランカとモンステラの二種生けです。カサブランカはとちゅうの葉を全部取り除いて、すっきりとまっすぐに活け、足元に短めにモンステラを2枚、カサブランカの茎を囲むようにしてみました。涼やかな仕上がりになったと思いますがいかがですか(*゚ー゚*)

2017年7月 9日 (日)

お友達感?

 Dscn9001メタセの杜物産館で買い物しての帰り道に、久しぶりに‟ヤギさんの家”の横を通りました。いました!いました!ヤギさんが、初対面の時には、トコトコ近づいてきたのに、今回は、全く見向きもせずに黙々と草を食んでいます。「こんにちは!」と声をかけてもダメでした。あきらめかけた時に、夫が車のドアをバタンと閉めました。そのとたん、ビックリして、こちらを向いた瞬間のヤギさんの顔です。夫いわく「とても、お友達感のある顔だね!」ふ~ん、そんな表現があるんだな!と感心したゆめこでした(*^-^)

 Dscn8877_2ヤギさんが出てきたので、何かの動物のような雰囲気がある植物で作った、自由花の画像を選びました。大きなヘリコニアを買ったのですが、この両側にある、棒状の茎が無いと重くて花を支えることができません。それならば、いっそ、この茎もデザインの一つにして、後はダイナミックな猛禽類のような花材を組み合わせましたヽ(´▽`)/

2017年7月 8日 (土)

ありがとうございます!

Dscn7395_2  今回の福岡・大分両県で、発生した水害におきまして、本当にたくさんの方々からお見舞いのお電話やメールをいただきました。心から感謝申し上げます。フランスのエステラや留学先の三男からもいち早く、安否確認がありました。また、日本中の友人や知り合いからも温かいメッセージをいただき、お返事を送るのが精いっぱいで、感謝の気持ちをうまくお伝えできていないことを申し訳なく思っております。おかげさまで、我が家も離れて暮らす家族も、私のお気に入りの夫の実家の裏山も、勤務先のこども達も、深刻な被害を受けることはありませんでした。ただ、いつも、通っていた山道や、心を豊かにしてくれる山や川が姿を変え、多くの方々が被害にあわれたことを思うと胸が痛みます。何かの形で、私たちが頂いた皆様の真心を私たちにできる方法で、被害に合われた方々への支援にかえさせていただきたいと思います。皆様、本当に、ありがとうございましたm(_ _)m

2017年7月 7日 (金)

芋羊羹(いもようかん)

 Dscn9022先月の中旬に、三男が、留学に必要な就学エントリービザを東京の大使館に受け取りに行きました。申請の翌日しか受け取れないので、東京に2泊しましたが、そこは、今時の若者らしくあちこち見学したみたいです。「これ、おみやげ。明日までに食べて」と芋羊羹を一箱、差し出しました。帰宅は深夜です。「どうやって、明日までに一箱の芋羊羹を食べつくせるわけ?」と思いながらも、ありがたく頂戴しました!翌日、小分けしてラップして冷凍し、一切れずつ解凍して楽しみながらいただいております(o^-^o)

 Dscn8974昨日のガクアジサイをリンドウに変えて、変化の少ない真っすぐの葉を一枚だけ結んでみました。こんな風に変化を付けられるくらい柔らかい葉なので、やはり、ニューサイランとは別物ですね。なかなか、名前が、判明しませんが、ボチボチ、探していくのも楽しみですね(*´v゚*)ゞ

2017年7月 6日 (木)

トマトピザ

 Dscn9013なぜか、ピザ作りにアダム先生も参加しました!子どもたちと若くてチャーミングな英語科の先生たちも一緒なので、アダム先生はいつもより、張り切っていましたよ!限られた時間なので、ピザクラストは既製品ですが、刻んだロースハム、スライスしたピーマンと、自分たちで育てて収穫したミニトマトをトッピングした上に山盛りのチーズをのせてオーブンで焼きました。焼き立てのアツアツをみんなで「美味しい美味しい」と時間いっぱいお腹いっぱいになるまで食べました。とても、しあわせな笑顔でしたよo(*^▽^*)o

 Dscn8976今日はガクアジサイとニューサイラン?の二種生けです。ニューサイランの一種なのかなと思いますが、まだ、本当の名前がわかりませんが、緑と黄色のストライプが涼し気な表情を見せてくれます。また、濃い紫のガクアジサイは日本の固有種で、花ことばは「謙虚」です。丸い手毬のようなホンアジサイは、ガクアジサイをヨーロッパで品種改良されて、逆輸入されたものだそうです。初夏を感じて下さい(*^-^)

2017年7月 5日 (水)

トマトの収穫

 Dscn8914_2サンスベリアの新芽を一番先に発見したT君が、自分で育てたミニトマトを収穫しているところです。みんなが育てたトマトは、全部で30個くらいになりました。「このトマトで何を作ろうか?」とみんなで話し合い、サラダ、冷製パスタ、ピザと候補が上がりましたが、結局はピザを作ることにしました。特製ピザ作りの画像は、また、次の機会にアップしますヽ(´▽`)/

 Dscn8967_2このグラジオラスを花屋さんで見つけた時には、少々悩みました。実は、隣のバケツには柔らかなオレンジ色の、ちょっと小柄なグラジオラスがあったからです。とても優しい色で、魅力的だったのですが、結局、珍しいピンク色だったので、こちらを選んでみました。太くて、頑丈な茎ですが、先に行くほどに緩やかな曲線を描いていて、全体的には柔らかな感じに仕上がったと思いますが、いかがでしょうか?濃いピンク色と葉の緑色が映えるように、黒い水盤に生けてみました(*^-^)

2017年7月 4日 (火)

新芽です!

 Dscn8942ゆめこの勤務先にある2つの教室では、昨年4月からサンスベリアとポトス、今年4月からカランコエの観葉植物を栽培しています。そして今年5月からは、ミニトマトの苗も栽培しています。その植物たちに水やりをするのは2階の教室では3年生のT君です。昨年の教室では、観葉植物の成長があまり良くなかったのですが、今年はT君の成長に合わせたかのようにグングン大きく元気に繁殖しています!このサンスベリアの新芽を発見したのもT君でした(*゚▽゚)ノ

 Dscn8908今日の花は、ダークレッドのヒペリカムと山芋の蔓の組み合わせです。ヒペリカムと言えば、さわやかなライトグリーンや淡いベビーピンク、鮮やかなチェリーピンクが一般的ですが、もっと、時間が経つとこんな風に大人っぽい赤ワインのような色もあります。鮮やかな黄色の花器に山芋の新芽と組み合わせて、ちょっと大人な雰囲気で生けてみました(*^-^)

2017年7月 3日 (月)

何ですか?

 Dscn9003_2日曜日に、お気に入りの物産館‟メタセの杜”に行って、新鮮な魚介類や野菜を買いました。ここに来た帰り道は、いつも、色々な道を通って帰ることにしています。初めての帰り道はレンゲ畑が広がっていました。2回目は人懐こいヤギさんが、カメラを向けるとトコトコ歩いて近寄ってきました。そして、今回は偶然、牛舎の横を通りました。40~50頭くらいのホルスタインが餌を食べていたので、近づいていくと、向こうを向いていたこの牛が急にこちらを向いて、カメラ目線をサービスしてくれました(*゚▽゚)ノ

 Dscn8979花屋さんに一本だけ忘れられたように残っていた竜胆(リンドウ)を買いました。リンドウと言えば伊藤左千夫の小説「野菊の墓」に登場する、政夫と民子の会話を思い出します。相手の事をリンドウと野菊に例えてそれぞれに「その花が好きだ」言うことでお互いに淡い恋心を伝え合う美しいシーンです。今回は、小さな水盤に苔の生えた小石と一緒に活けて、野菊の墓のイメージにしてみました(*^-^)

2017年7月 2日 (日)

三者三様

 Dscn9004_2夫の実家の庭にある小さな菜園には、ゴーヤとキュウリが、次々と大きくなっています。キュウリの苗の方が、少し早く植えたせいか、行くたびに1本ずつもらって帰れるくらいの大きさになっていますが、ゴーヤはやっと1本だけ食べられるくらいの大きさになっていました。そして今日は、キュウリを3本収穫しました。ところが、同じ苗に育ったキュウリが、それぞれに個性的なので、面白くて写真を撮りました。中くらいの大きさのキュウリが一般的な大きさだと思います。本当に三者三様ですね(*゚▽゚)ノ

 Dscn8984_2今日は、お花屋さんのおじさんが勧めてくれたセット売りの花を生けました。「これは、いい匂いがするし、緑がきれいだから、これがいいよ!」と言いながら店の奥から出てこられたので、「それなら」と1セット買いました。緑のきれいな良い香りのグリーンはローズゼラニウムです。あとは濃い紫色のデンファレとゴッドセフィアーナです。個性的な花材なので、黄色の自由花用の個性的な花器に生けてみました。その間、ずっと、ローズゼラニウムのさわやかな香りが漂っていました(*^-^)

2017年7月 1日 (土)

おしゃれなパラソル

 Dscn8924今日は、梅雨の晴れ間!と言うよりも、真夏日!!と言いたくなるほどの暑い一日でした。夕方になってもなかなか室内の温度が下がらないので、今年初めて、エアコンのドライスイッチをオンにしました。と、書いたら驚かれるかもしれませんが、この辺は、結構、真夏でも、夕方になると涼しい風が吹き込んでくるので、エアコンはいらない日が多くあるのです。「雨の日はおしゃれな傘で気分を明るくしましょう!」とよく言われますが、6月の我が家の玄関では、こんなおしゃれなパラソルが気分を明るくしてくれていましたo(*^▽^*)o

 Dscn88917月になったので、涼やかさを演出してくれる、真っ白な花菖蒲(ハナショウブ)の生花の画像をアップしました。これは、固いつぼみを生けた次の日の画像です。画像を比べてみると、緑一色のつぼみの時よりも、花が開いた方が涼しげな雰囲気があったので、こちらを選びました(*゚▽゚)ノ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter