フォト
無料ブログはココログ

« 大きな池で | トップページ | ながーいですね。 »

2017年7月11日 (火)

手甲(てっこう)

 Dscn9044_2手甲脚絆(てっこうきゃはん)という四字熟語があり、その意味は「手や脚を守るために身に付けるもののこと」です。今は、ほとんど見なくなりましたが、時代劇で、ちょっと、粋な感じの旅芸人さんみたいな役の女優さんが、キモノを短めに着て、三味線を持って手甲脚絆姿で、旅をしているシーンを思い出します。この手甲は、お気に入りのメタセの杜物産館で「運転用のアームカバーにちょうどいいな!」と思って買いました。生地も涼し気なブルーの絞り柄だし、350円という価格も気に入りましたo(*^▽^*)o

 Dscn8983今日の花は、ガクアジサイとニューサイランもどき?を茶道具(さどうぐ)の建水(けんすい)に活けました。どうしても、この葉の名前がわからないので、花屋さんで聞きましたが、やはり、よくわからないらしく店のおじさんも「ニューサイランで仕入れた!」と、言っていました。正式名称はまだ、不明ですが、日本原産のガクアジサイと、とても良く似合っています。建水を花器に見立てて季節の花を飾るのもおしゃれだと思いませんか?

« 大きな池で | トップページ | ながーいですね。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手甲(てっこう):

« 大きな池で | トップページ | ながーいですね。 »