フォト
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月に作成された投稿

2017年8月31日 (木)

花畑

 Dscn9966義母が「もう、畑を作るのは大変だから、奥の二つは好きに使っていいよ!」と言ってくれました!この頃は、「自分で育てた花やグリーンを使って、花を生けたいな」という、気持ちが日増しに強くなっていたので、とてもうれしかったです!夏休みの最終日の今日は、仕事を終えるとすぐに作業着に着替えて、まっすぐに夫と実家の畑に行きました。夕方の風はとても心地よいのですが、ゆめこは慣れない仕事に大汗をかきましがた。でも、小さな頃から畑仕事に慣れている夫は、涼しい顔で、ドンドン畑を整えてくれました。どんな花材を植えようかと、今からワクワクしていますo(*^▽^*)o

 Dscn9836今日は、セッカヤナギ、キキョウ、テッポウユリの三種生けです。セッカヤナギを真と副に、テッポウユリとリンドウを体にしてみました。秋の花材は少し寂しげな感じのものが多いのですが、移り行く季節を感じることができるので、あえて、シンプルに仕上げました。セッカヤナギは以前も、根が出てきたので、植木鉢に移したのですが、枯れてしまいました。今回も根が出てきたので、畑に植えてみようかと思います。元気に成長してくれたらいいな(*^-^)

2017年8月30日 (水)

サオトメカズラ

 Dscn9960昨日は、いつもと違う場所に駐車しました。一日の仕事を終えて、愛車のドアを開けようとした時に「アラッ?」と、思わず笑顔になったのは、この可憐なサオトメカズラの花に気づいたからです!毎年、この花を発見した時は、どうしても、いろんな意味で笑顔になってしまいます。サオトメカズラという可愛らしいこの花にぴったりの名前はなぜか、普及せずに、一般的な名前は‟ヘクソカズラ”だからです。花に似合わない悪臭だけはどうしようもありませんね(^-^;

 Photo_2このヘクソカズラも野の花ですが、やはり、どうしても、生け花に使う気にはなりません!でも、秋の野山には生け花の材料になる草花が多くありますね。今日の花はセイバンモロコシとテッポウユリの生花です。このテッポウユリは花屋さんで買いましたが、我が家周辺の線路わきや土手にはたくさんのテッポウユリがたくさん咲いています(o^-^o)

2017年8月29日 (火)

夏祭り

 Dscn9921プラスチックの大型プールにブルーシートを敷いて、大量の水をたっぷり入れたら、山女魚(ヤマメ)を放流?しました。とても、涼し気な画像でしょう?実は、この大量の山女魚(ヤマメ)と鮎(画像には写っていませんが・・・)は、夏祭りのバザーで塩焼きにされる運命だったのです。炭火でじっくり焼き上げたヤマメやアユは最高に美味でした!「魚の食べ方が下手!」といつも夫から叱られるゆめこは、身だけを美味しくいただいて満足しますが、夫が食べた分は背骨と竹串しか残っていません!やっぱり、野生児ですね(*゚▽゚)ノ

 Dscn9950このピンク色の可愛らしいミニカーネーションを見ていたら、何となく、「流れるように生けてみたいな」と思いましたので、この銀色のさざ波のような花器に生けることにしました。それで、給水スポンジを詰めて、ミニカーネーションをイメージ通りに挿していきました。この緑色の植物は、カヤツリグサです。これもセイバンモロコシと同じ川原で採集しました。細い茎に似合わず、実が大きくて不安ですが、その動きが面白くて3本は塊りにして、1本はむこう向きに遊ばせました。なんと、カヤツリグサは8月30日の誕生花で、花言葉は‟伝統・歴史”だそうです(・_・)エッ....?

2017年8月28日 (月)

アップルミント

 Dscn9958一昨日、近くの土手で秋の雰囲気を演出してくれるセイバンモロコシを採集していたら、その横に、小さな丸い鮮やかな緑色の葉っぱが群生していました。「アッ、ミントがこんなにたくさんある!」とうれしくなって、数枚、葉をちぎってもんでみると、ミントのさわやかな香りがあたりに漂いました。これは、間違いなく、‟アップルミント”だと確信したので、根こそぎ引き抜いて持って帰りました。半分は、フラワーアレンジメントのグリーン材として使うために、そして、あと半分は、プランターで栽培するためです。昨日の夕方、プランターに植えてみたのですが、シャキッと立っているので、このまま育てばいいな!と思いますo(*^▽^*)o

 Dscn9953白いキキョウ、白いカスミソウ、とアップルミントのフラワーアレンジメントです。我が家の玄関には、今、濃い紫色のデンファレのフラワーアレンジメントを飾っているので、色がけんかをしないように、白とグリーンだけのシンプルなフラワーアレンジメントを作ってみました。カスミソウは半分以上蕾なので、少し、寂しげに見えますが、これから、花が咲くと存在感が増してくるのでは・・・?と楽しみにしています(*^-^)

2017年8月27日 (日)

クーリングハット!

 Dscn9937_2今日も、快晴の一日でした!風は、はっきりと秋を感じさせてくれますが、日差しの強さと気温の高さはまだまだ、真夏並みですね。「昨日、やり残した生け花の稽古と家の掃除を今日は時間をかけてやってしまおう!」と決めていたのですが、夫の執拗な誘いに折れた形で、またまた、河原にやって来ました。久しぶりにマスカットを下さった‟越後屋さん”や山口県防府市から来られた‟田んぼの田さん”やF4日本選手権で2連覇中のIさんに会うことができました。何気なくIさんの頭上を見て大爆笑!お手製のクーリングハットのファンがクルクル回っていました「気分だけ、涼しいかな?」とは、Iさんのクールなコメントでした(*^.^*)

 Dscn9947今日の花は、河原で採集したセイバンモロコシと白の桔梗(キキョウ)を投げ入れにしてみました。ススキはまだ、ほとんど見かけませんが、このセイバンモロコシは、どこの河原や土手でもたくさん茂っています。成長すると2m近くになるのですが、今回は、ほころび始めの新芽だけを使いました。キキョウも白を選んで、より涼やかな初秋の雰囲気を味わってください(*^-^)

2017年8月26日 (土)

鬼凧

 Dscn9935夫の店にたまに来るKさんは、長崎県壱岐の出身で、店に来るたびに、壱岐のお土産を持って来てくれます。今日は、壱岐の「鬼焼煎餅」です。これは、昔ながらの硬焼きせんべいに、ピーナッツが入ったお菓子だそうす。あとから、美味しくいただくとして、その前にこの包み紙のイラストが気になりましたので、早速調べました。これは、1200年前の平安時代のお話です。その頃、壱岐には5万匹ともいわれるたくさんの鬼が住んでいて、作物を荒らしたりして住民を困らせていました。鬼の首領は「悪毒王」(あくどくおう)といいますが、豊後の国の百合若大臣から退治されました。その鬼が百合若大臣の兜にかみついている構図の凧を空高く上げることで、鬼が二度と壱岐に舞い降りてこないようにするという風習があるのだそうです。

 Dscn9842_3民話というかこの話を書いていて思い出したのが神話の‟因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)”です。夫について、大きな池に行く途中に、それほど大きくない川を2つ渡ります。その2つ目の川にたくさんのガマの穂があるので、いつも「花材にしたいなぁ」と思いながら横目で見ていましたが、川の中ほどなのであきらめていました。そんな時に花屋さんで、見つけたので、早速、生花や盛花に挑戦してみました。ガマの穂と因幡の白兎がどう結びつくのかな?と思った方は、‟因幡の白兎”を検索してみて下さいね(*^-^)

2017年8月25日 (金)

マスカット

 Dscn9904昨日、久しぶりに越後屋さんこと宗像市の飯野銘木店社長さんが、夫の経営する添田模型センターに来られました。来月2~3日に宮崎県都城市で開催されるF4日本選手権大会に出場するための準備の相談です。詳しいことは、このブログとリンクしているSFWかSMCのホームページをご覧くださいませ。その時に、おみやげで持って来て下さったのが、このきれいなエメラルドグリーンのマスカットです。とても、美味しくて、このブログをアップしながら食べ続けています。夫の食べる分が無くならないようにしないと!(*´v゚*)ゞ

 Dscn9367昨日と同じ青竹で作った花器に、ミニカーネーションとイヌワラビを生けてみました。このミニカーネーションは生花を生けた残りです。そして、イヌワラビは、夫の実家の裏山で採集したのもです。このイヌワラビは、きれいな黄緑色で、レースのように繊細な上に、水揚げが良くて、結構長持ちするのでとても重宝します。野草にイヌやキツネという枕詞(まくらことば)?がつくものは‟何の役にも立たない”という意味だそうですが、このイヌワラビはとても重宝しています(*^.^*)

2017年8月24日 (木)

わが母校

 Dscn9885勤務先の3年生が、夏休みの今日、進学希望の高校に体験入学しました。そこは、ゆめこの母校です。数年前に回って来た同窓会の当番期の時には、20年前に完成した記念講堂しか使わなかったので、何の感慨もありませんでした。ところが、今日は生徒たちの体験授業などで、卒業以来40年ぶりに校舎内を移動することができました。青春時代の3年間を過ごした学び舎を教師として再び訪れることが来るなんて夢にも思っていなかったので、今日は感慨無量でした(*^-^)

 Dscn9465この花器は、夫のお手製です。青竹を斜めにくりぬいて、底を安定が良いように削り、くりぬいた部分を下敷きにしました。中にはオアシスを詰めて固定させています。そこに、真っ赤な久留米ケイトウと黄緑色の手毬草(テマリグサ)、白のリンドウを仲良く生けてみました。今日の思い出に、高校生たちが教室に集まって、仲良く相談しあっているようなイメージを思い浮かべて、この画像を選んでみました(*゚▽゚)ノ

2017年8月23日 (水)

囲炉裏(いろり)

 Dscn9866永沼家住宅は、天保12(1841)年、江戸時代後期に建築されたそうですので、夫の愛車の古いカーナビにもちゃんとデータがあったはずです(笑)この住宅の持ち主である永沼家は、地域の大庄屋をつとめたこともある、この地域でも有数の旧家です。この部屋は広間で、囲炉裏や糸車が展示されています。左奥には中の間、前座敷、奥座敷、仏間、奥の部屋などがあり、右手は大きな竃(かまど)がある庭(土間)台所、おなご部屋などに続きます。庭(土間)には五右衛門風呂や大きな釜などがあって、興味深いです。見学は3月中旬~12月中旬の日曜日10:00~16:00にできます。ひと時のタイムスリップを楽しんでみませんか(o^-^o)

 Dscn9441昨日と同じ竹かごの花器に、今度は洋花ばかりを生けてみました。真っ赤なグロリオサ、薄紫色のルリタマアザミ、グリーンはアレヤカシです。それぞれが個性を主張するので、花数を少なくしてスッキリと仕上げてみました(*゚▽゚)ノ

2017年8月22日 (火)

永沼家住宅

 Photo伊良原(いらはら)ダムの大きさに圧倒されて「ダムが完成して、水がたまったら、また、見に来ようね!」などと話しながら、カーナビに従って、自宅方面に向かっていると、カーナビに‟永沼家住宅”という文字が出てきました。夫の車は購入してから10年以上経っていて、カーナビ情報はそれ以前のものなので、時々、現状と一致しません。その時も、ダム建設で、作られた新しい道なのでカーナビ上は空を飛んでいました!でも、旧道に入ると、立派な茅葺屋根が見えました。ここは、国指定重要文化財の‟永沼家住宅”です(*゚▽゚)ノ

 Dscn9355秋の色が濃くなってきましたので、竹を編んだ、秋の風情を醸し出すこの花器に和風の花を生けた画像を選びました。濃いピンク色の久留米ケイトウ、紫色のリンドウ、薄緑色のアワ、それと、スターチス・ミスティブルーです。画像のアップは今日ですが、生けたのは7月の終りです。でも、今日の永沼家住宅の画像とマッチしていませんか(*^-^)

2017年8月21日 (月)

ダム建設中

 Dscn9861_2日曜日は、天気予報に反して❓朝から快晴だったので、夫が「大きな池の草刈りに行く!」と言い出しました。ゆめこには、特別な用事が入っていなかったので、夫に付き合うことにしました。この大きな池には、一年を通して、おもしろい画像や珍しい花材があるので、ひそかに‟ゆめこお気に入りポイント”に登録して居る場所だからです!帰り道は、これもお気に入りの‟メタセの杜物産館”で昼食と買い物をして、いつもと違う道をミニドライブしたのですが、ここでもまた、新しい発見をしました!建設中の伊良原ダム(いらはらダム)です。ダンプカーや重機類がまるで、ミニカーのように見えるくらい大きな大きなダムです!!(゚ロ゚屮)屮

画像の中にダンプトラックやショベルカー、乗用車などが数台あるのですが、わかりますか?本当に巨大なダムですね!

 Dscn9839_2今日の花は、デンファレと自然薯(じねんじょ)のツルを使った水中花です。今シーズン最後の水中花になるかもしれません。ピンセットや菜箸を使って、何とか思う方向にデンファレを3つ水中に沈めてみました。涼し気で明るい雰囲気に仕上がっていますか?この頃は、朝夕には涼しい風が吹き始め、日が暮れると、とこからともなく秋の虫たちの合唱が始まります。暦の上でも立秋が過ぎたので、秋になりましたね(*^-^)

 

 

2017年8月20日 (日)

パステルカラー

 Dscn9812佐々木盛弘先生宅のBBQでは、やはり、自家製のトウモロコシも登場しました。これは、もぎたてではなくて、お盆に佐々木家のご先祖様にお供えしたものです。畑のトウモロコシが、まだ、食べごろではなかったので、先生が、お供えを下したのですが、皮を一気にはがした時に現れたこのパステルカラーが美しいので、焼く前に撮影しました。でも、ちょっと、水分が・・・焼き上がりは「ポップコーンが弾ける直前の食感かな?」とは、この日、焼き方を一手に引き受けてくれたKちゃんの感想です。ちなみに、ゆめこが持って行ったオクラも生のまま炭火で焼くと固くなってBBQ向きではありませんでした(^-^;

 Dscn9844パステルカラーのともろこしとカラーコーディネートというわけではありませんが、今日の花はクルクマの生花です。店に入って、最初に目についたのが、この勢いの良い薄桃色のクルクマでした。華やかな花姿ではないのですが、とても、生き生きとしたエネルギーを感じます。自由花にも使ってみましたが、最後は、シンプルな生花に落ち着きました。このピンク色の部分は苞(ほう)で、よく見ると、苞の間に小さな花が見えます(゚▽゚*)

2017年8月19日 (土)

恒例BBQ

 Dscn9829毎年、佐々木盛弘先生宅の裏庭で野外バーベキューをするのが恒例になっています。開催日はゴールデンウィークやホタル観賞ができる時期や夏休みなど、その時々で変化します。また、メンバーも変わっていきます。不動のレギュラーは佐々木盛弘先生、ゆめこ&アンディ(夫)です(笑)。今回は、特に賑やかしくて総勢11人でした!若くて可愛らしい女性軍に囲まれて、おじさんたちは、とっても上機嫌でしたよ。でも、今回の一番の贅沢は、ナスビ、カボチャとデザートのスイカは、なんと、佐々木盛弘先生が丹精込めて今日のために育てたものです!それらを畑から採って来ては、すぐにみんなのお腹に収まってしまいましたo(*^▽^*)o

 Dscn9850賑やかな、BBQの画像に合わせる花は・・・?と、探して、この画像に決めました!マレーシア旅行、お盆と続いて、なかなか、花を生けることが無かったので、今日は、どんな花にしようかな?と考えながら花屋さんをのぞきました。そして、、カラフルなデンファレ、トルコキキョウ、ケイトウ、テッポウユリなどを買って帰って来ました。まず、生花を生けて、残った花材を見ながら「そうだ、久しぶりに、フラワーアレンジメントにしよう!」と思い立ちました。その予定で、買って来た花材ではなかったのですが、シックな感じに完成したので、気に入って玄関に飾っています。グリーンは、生花で使ったマキの木です。ちょっと見はローズマリーに見えませんか(*^-^)

2017年8月18日 (金)

シンボル

 Dscn1145_2なんといっても、マレーシア・クアラルンプールのシンボルは、このペトロナスツインタワーですね!日本と韓国の建築会社が一棟ずつ建造した88階建て、452mの世界で一番高いツインタワーです。市内のどこからでも見つけることができます。というのは、少し、大げさかもしれませんが・・・。でも、ゆめこたちが宿泊したホテルはもちろん、市内見学をして、あちこち動き回っている間もどこからか見えていました。昼間も素敵ですが、やはり、あたりが暗くなって、ライトアップされたツインタワーはまるで、宝石で作られたかのように、キラキラと光り輝いていましたので、こちらの画像をアップしました(o^-^o)

 Dscn0928もう一つのシンボルはKLタワーです。東南アジアで最も高い通信塔で、高さは421メートルです。このタワーの人気ナンバー1が展望デッキで、すぐ目の前のツインタワーをはじめKL市内が一望できるそうです。また、家族連れに人気があるのが動物園&水族館だそうです。今回の熟年夫婦のKL旅行では、どちらにも中に入っていないので、内部については、ガイドブックからの情報です(笑)

それでは、まだまだ、たくさんの画像がありますが、今回のKL旅行レポートは今日で、ひとまず終了します o(_ _)oペコッ

2017年8月17日 (木)

錫鉱山

 PhotoKL中心部からKRT(高架鉄道)に乗ってサンウェイに行きました。30分くらいの鉄道の旅でしたが、車窓から見える景色が次々と変わるのが楽しくて、子どものように夢中で見ていました。電車に乗って20分くらい経つと、あたり一面に同じ形をした住宅が何百、何千と延々と、はるか向こうまで続いています。その時に、「ここは、かつての錫鉱山(すずこうざん)跡で、これらの住宅はその時に働いていた人たちの住宅じゃないのかな?」と思いました。このおびただしい数の住宅を見た時に、この地域のかつての繁栄を見た気がしました。帰国後に、調べてみると、推測が正しかったことがわかりました!約25年前に、ここに‟サンウェイ・ラグーン”というテーマパークができてからは、次々と周囲が再開発されて今は、高層ビルや大きなイオン・ショッピングモールなどもある大きな町に発展しています。テーマパーク以外にも大学やホテルなどもあり、一大観光地になっていますヽ(´▽`)/

 Photo_2この機械は、クアラルンプール国立博物館で見つけました。採掘した錫を選別する機械の模型だと思います(説明書きが読めなかったので・・・)、ゆめこが生まれ育った町は、かつて石炭産業が盛んだった頃の機械や鉱山跡が残っていたのを小さな頃に観た記憶が蘇ってきたので、そんな風にかんじましたが・・・。

2017年8月16日 (水)

テ・タリ

 Dscn9796KLにもリトル・インディアというインド系の人たちの町があります。むせかえるようなお香や花の甘い香りと、香辛料の刺激的な香り。それと、町中に流れる独特のメロディーの音楽で、ゆめこはいつも以上にワクワクします。また、見たことが無い!使い方もわからない!そんな商品が所狭しと並んでいる地元のお客様御用達のスーパーマーケットも大好きです!ショッピングを楽しみながらランチタイムになったので、テ・タリを店頭で作っているらしいおじさんの人形があるこのお店に入ることにしました。画像をアップしてよく見るとおじさんの後ろにチョリ(サリーのアンダーウェア)が並んでいるのかと思いましたが、ちょっとセクシーなデザインですねo(*^▽^*)o

 Dscn1220この店は、地元の人で賑わっていたのですが、観光客の姿は見えません。そのせいか、英語のメニューがありません!だから、写真を見て、味を想像しながら二人分の注文をしました。飲み物はミルクティーとテ・タリです。少しだけ、泡が残っている方がテタリですが、ジンジャー入りのミルクティーの方が美味しかったです。ランチはチャパティやパロタと呼ばれる、小麦粉に香菜などを練り込んだものを薄く伸ばして、フライパンで焼いたものらしいです。ナンのフワフワ・モチモチ食感とは違い、パリパリ・サクサクといった感じです。手でちぎって、カレーをつけて食べるのですが、かなり個性的な味ですので、好みは分かれるでしょうね(*^.^*)

2017年8月15日 (火)

いただきます!

  Dscn1083熱帯の女王」といわれるハイビスカスを堪能したのですが、気がつけばのどがカラカラです。このハイビスカスガーデンは、ウィークディは入場料無料というありがたいサービスがありますが、その代わりに売店などがすべてクローズ状態なので、飲み物を購入できません。そこで、ホップオンバスの1つ先にあるバードパークまで歩くことにしました。ここは18時閉園なので入場をあきらめ、入口ゲート近くのカフェに入りました。小腹も空いたので、サンドウィッチもオーダーしました。すると、どこからともなく、バードパークのこの鳥が飛んできて「いただきます!」と私たちのサンドウィッチをつまみました。しかも、驚くことに彼?はハムやチーズを先に食べて、無くなると、仕方なく❓パンをつつき始めました(・_・)エッ....?

 Dscn9723これだけ近くに飛んでくるのは、このくらいの大きさが限界ですね。気が付くと、一回り大きくて真っ黒な羽に、かなりインパクトのある嘴(くちばし)を持ったホーンビル(和名:サイチョウ)という鳥が、こちらに近づいてきました。「どうしよう」と思っていると店のスタッフがスライスしたトマトを二つ向こうのテーブルに置いたので彼?は、そちらに行ってくれました。でも、トマトの食べ方もダイナミックでしたよ!嘴のオレンジの部分がサイの角のように見えるのでサイチョウといわれるのだそうです。ちなみにこのホーンビル(サイチョウはマレーシアの国鳥だそうです(◎´∀`)ノ

2017年8月14日 (月)

どーこだ?

 Dscn9699ハイビスカスガーデンには蘭やブーゲンビリアの珍しい種類もたくさんありますが、今日は2種類のハイビスカスをご紹介します。でもその前に、ハイビスカスはマレーシアの国花なのです。だから、市内の照明灯はハイビスカスをかたどったおしゃれなものDscn0830
が多くありますよ。このオレンジ色の小ぶりのハイビスカスは ヒビスクス・コキオ(Hibiscus kokio)という種類です。コキオとはハワイの言葉で「ハイビスカスの原種」という意味だそうです。ところで、この花のどこかに小さなバッタがいますけどわかりますか?

 Dscn9685もう1種類は、繊細な赤いレース糸で編み上げたような. フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華/Hibiscus schizopetalus)という、種類です。色や形が赤珊瑚(サンゴ)に似ていることから「コーラル・ハイビスカス」という別名もあります。また、花は垂れ下がって、下向きに咲き、長いめしべの先のおしべが筒状になっています。花が風にゆらゆらと涼し気に揺れている姿は、まるで、風鈴のように見えるところから、この名前がついたのでしょうね(*^-^)

2017年8月13日 (日)

BIG!

Dscn1054南国の植物と言えば、原色とかカラフル!というイメージが強いのですが、合わせて、BIG!大きい。でかい。ともいえます。日本の植物は国土の大きさに合わせているわけではないでしょうが、全体的に小ぶりなものが多いように感じます。もちろん、東南アジアでも細やかで繊細な花々も多くありますが、今日はゆめこの独断で、大きな葉を2つご紹介します。2つとも、ハイビスカスガーデンで発見しました。このハイビスカスガーデンには600種類以上のハイビスカスが栽培されているそうですが、なぜか、左側はタニワタリの画像ですo(*^▽^*)o

 Dscn1056右側はシダです。レーザーファンの種類だと思いますが、あまりの大きさにびっくりしてしまいました。右手で指さしているのが、新芽です。中指くらいの長さでしたが、これが、こんな風に大きく成長します。タニワタリにしてもこのシダにしても、生け花にするとしたら巨大な花器が必要になりそうです(・_・)エッ....?

2017年8月12日 (土)

南国フルーツ

 Dscn9583初めて、シンガポールに行った時に、道を歩いていると、どこからともなく異様な悪臭が漂ってきます。その先にあるのは、‟フルーツの王様と言われるドリアン”売りのワゴンです。近付くと耐えられない悪臭なので、スカーフで鼻をふさいで通り過ぎていました。それで、その辺にいるシンガポーリアンからよく笑われていました。でも、毎年のように旅行する東南アジア大好きゆめこは段々、ドリアン臭?にも慣れてきました。この画像は、ゆめこが食べられるフルーツが揃った屋台とドリアンオンリー屋台が並んでいたので撮影しました。実は、今回初めて「ドリアンを食べてみたい!」と何度も思いましたが、やっぱり、しり込みしてしまいました。でも、次回はKLかシンガポールでドリアンに挑戦するつもりです\(;゚∇゚)/

 Dscn9555KLでは道を歩いていると、道路わきや人家の庭のヤシの木に普通にヤシの実がなっています。お店でヤシの実をくりぬいた‟ココナッツジュース”は160円くらいで、とても美味しいですが、あんな風に道で生っているヤシの実のジュースも美味しいのかなぁ・・・?などと考えていたら、道端のバナナの木に親指くらいのバナナがびっしりと生っていました。日本ではよく似たバショウの葉はよく見かけますが、これは本物のバナナの木です。このバナナの実も成長したら、美味しく食べられるのかなぁ?などと、美味しそうな南国フルーツに色々考えてしまいました(*´v゚*)ゞ

 

2017年8月11日 (金)

アラベスク

 Dscn9568アラベスクと言えばゆめこ世代の方々は、子ども用のピアノ教則本‟バイエル”や‟ブルグミュラー”を思い出すのではないでしょうか?‟バイエル”を卒業して‟ブルグミュラー”になり、この「アラベスク」の軽快なピアノ曲が弾けるようになったら、ちょっと大人になったような気分を味わったことを思い出します。でも、今日はピアノ曲ではなく、模様の話です。イスラム教美術館の屋根はこんな模様になっていました。ここでも、鮮やかなターコイズブルーが基調になっていますね。このアラベスク模様は、植物や動物の形をもとにした幾何学模様を反復して作られていて、無限に広がる世界を表現しているそうです。色と柄の組み合わせも無限大にあるのでしょうね(゚▽゚*)

 Dscn9564裏側というか中から天井をのぞいた時の画像です。こちらは、オフホワイトを基調にして淡い水色の面とゴールドのラインで表したアラベスク模様です。天井を見上げてこれを発見した時は、思わずため息が出ました。本当に息をのむほどの美しさでした(*v.v)。

2017年8月10日 (木)

帰り着きました!

 8日間のマレーシア・クアラルンプールの旅行を終えて、先ほど、自宅に帰り着きました!

ただ今の時刻は8月10日午後11時56分ですw(゚o゚)w

まだまだ、たくさんの話題がありますので、明日から少しずつご報告しますヽ(´▽`)/

2017年8月 9日 (水)

涙壺(なみだつぼ)

 

Dscn9567  以前、渡辺淳一の短編小説「涙壺」を読んでいたので、イスラム教美術館に展示されているこの美しい青色のガラスの壺を見つけた時にすぐに‟涙壺”だとわかりました。夫に「これは何だと思う?」と聞きましたが、聞いたことが間違いだったとすぐに気づきましたので、正しい答えを教えてあげました!これは、古代ローマ時代、愛する夫や恋人が戦いに行っている間に、女性が愛する夫や恋人の事を思って流した涙をためておくものだというロマンチックな言い伝えがあります。名前も色もこの言い伝えにぴったりで素敵ですね(*^-^)

 Dscn9557_2これも、展示されていた「コーラン」です。残念ながら、説明書きが読めないので、いつの時代のものかはわかりませんが、かなり昔のもので、手書きであることは間違いないと思います(ゆめこの見た感じですが・・・)でも、何千年も前から、こうして伝え続けられている教えに従って、21世紀のイスラム教徒の方々が教えを守っているということは素晴らしいことだと思いました(*^.^*)

2017年8月 8日 (火)

食え?

Dscn9601 「人はおらん、魚はいかん、ご飯はなし、お菓子はくえ」これは、マレーシア語を覚えるために誰かが言い出したフレーズだそうです。マレーシア語人はオラン魚はイカンご飯はナシ、そして、お菓子はクエといいます。マレーシアにはたくさんの色とりどりの伝統的なお菓子があります。もちろん、ケーキやドーナッツ、クッキーなども美味しいのでしょうが、今回はゆめこが特に気に入ったクエをご紹介します。これはクエ・タラムというお菓子で紫色も緑色も自然素材を使っているのに、こんなに鮮やかな色です。下の白い部分はもち米です。日本のお菓子で言うと外郎(ういろう)によく似ています。モチモチしてほんのり甘く優しく懐かしい味のお菓子です。もう一つはカレーパフというお菓子で、カレーをパイ生地で包んで焼いた素朴だけど美味しいお菓子です(o^-^o)

 Dscn9491この花たちは、マレーシアに到着した翌日、のんびり、チャイナタウンまで歩いていた時にクアラルンプール駅の近くで見つけました。どちらもつる草のようですが、特に紫色の花は、ダッチアイリスと同じ配色なので驚きました親指くらいの長さの小さな花ですが、とてもインパクトがありました。また、ピンク色の小花もとても可愛らしかったです。線路わきのフェンスに競い合うように絡み合って咲いているのがとても印象的でした。珍しがって、日本人の熟年夫婦が雑草の写真を撮っているので道行く人たちが不思議そうな顔をして通り過ぎて行きました(*´v゚*)ゞ

2017年8月 7日 (月)

スパイダーマン?

  Dscn9613今回の旅行は、毎朝、ホテルの最寄り駅であるKLセントラル駅からスタートします。今日はップオンバスに乗って、市内の主要な観光地を回ることにしました。ップオンバスというのは、1日乗車券を買えば、どのバス停で降りて、どのバス停から乗ろうと24時間OKの便利なバスです。料金は一人55リンギット(約1500円)です。それで、KLセントラル駅前のホップオンバス停で、夫とおしゃべりをしてバスを待っていた時です。夫が「あれ見てごらん」と指さした方を見て「あっ、スパイダーマンだ!」と思い、すぐに写真を撮りました(*´v゚*)ゞ

Dscn9655_2  現在はKLセントラル駅が交通の中心になりましたが、それまでは、このクアラルンプール駅がKLのターミナル駅でした。1911年(明治44年)にイギリス人設計家ハボックの設計によって建設されたムーア式の駅舎です。そばで見ると、やはり年月の流れを感じますが、それでも、細部まで装飾が施された贅沢な作りになっています。まるで、お城のように見えますね(*^-^)

2017年8月 6日 (日)

KLドナルド

 Dscn9579宿泊しているホテルの最寄りの駅がKLセントラル駅です。ここで、KLドナルドを発見しましたので、早速、撮影しました。ゆめこは、世界中どこに行っても必ずマクドナルドの写真を撮ってきます。なぜか、世界中(とは言いながら、それほど多くの国を訪問したわけではありませんが・・・)どこに行ってもあるのがキティちゃんの店マクドナルドです。今は、スターバックスもありますね!それで、勤務先の渡り廊下には「世界のマクドナルドクイズ」という、コーナーを作っています。今回のKLドナルド君も新しく掲示しようと思いますo(*^▽^*)o 

 Dscn9581今日はKLセントラル駅からブキッ・ビンタン駅までをモノレールに乗って往復しました。ここは、KLで最も賑やかな地域です。世界中の有名ブランドはもちろん、日本の伊勢丹デパート、ユニクロ、無印良品などが軒を連ねていました。今日は日曜日だったので、特に人出が多かったのかもしれませんが、大勢の人で賑わっていました。KLモノレールに乗る時はこのコイン式のトークンが切符の役目を果たします。ちなみに運賃は大人一人片道1リンギット20セン(約40円)です(*゚▽゚)ノ

2017年8月 5日 (土)

ありがとう♡

 Dscn9575三男が中学一年生の夏休みに行ったタイの首都バンコクで、サンダルを買いました。デザインが気に入ったのですが、結構、高値だったと記憶しています。おばさんは「これは、ビーズの飾りも靴底も全部手縫いだから、ノーディスカウント!」と強気でした。ゆめこが、とても気に入ったので、おばさんの言い値で買ったのですが、それから、6年間、日本の夏には毎日履きましたし、海外旅行にはほとんど持って行きました。もちろん、今回の旅行にも持って来ましたが、ついに、靴底がダメになったので「ありがとう」と感謝しつつ、廃棄にしました。代わりに、チャイナタウンの靴屋さんで一目ぼれしたナイキの真っ赤なスニーカーを買いました。おじさんはこちらが何も言わないのに「ノー、ディスカウント!」と言いました(笑)このスニーカーとも6年くらいおつきあいできるような予感がします(◎´∀`)ノ

 Dscn9528_4チャイナタウンでのどが渇いたので水分補給と、軽い食事をとることにして、店を探しました。ゆめこはどこでも良いのですが、夫はビールでのどを潤したいらしく、ビールのある所を一生懸命探しました。スイス・インというホテルのレストランはどうやらビールがあるらしいと判明したのでシーフード・サンドウィッチと一緒に注文しました。ゆめこは一口だけビールをお付き合いしましたが、後はこの、きれいなカラーの‟スペシャル・ジュース”をオーダーしました。ちなみに上からスイカの赤マンゴーの黄色キウィフDscn9523_2
ルーツのグリーンです。きれいな色でしょ?左側はタイガービールを片手に上機嫌の夫の画像です(*゚▽゚)ノ

2017年8月 4日 (金)

オールドタウン

 Dscn9505_2自己啓発の散策一日目は、KL(クアラルンプール)駅周辺の‟オールドタウン”といわれるエリアです。朝が早かったせいか、チャイナタウンは開店しているお店がまばらでしたが、ショールを売っていたお兄さんが「朝だから」と言いながら、インド綿の大き目のストールをこちらの言い値で売ってくれました。昼過ぎに、再度、行った時は、チャイナタウンらしい活気にあふれていましたヽ(´▽`)/

 Dscn9507チャイナタウンの近くには、‟スリ・マハ・マリアマン寺院”という、ヒンドゥー教の大きな寺院があります。マレーシアは、イスラム教徒が60%、20%が仏教徒、そして、6%の人々がヒンドゥー教を信仰しているそうです。だから、町の、いたるところに、寺院やモスクがありますし、お香の煙や香料の香りが漂っていますし、お祈りや楽器の音が聞こえてきます。また、人懐こい人が多く、目が合うとニッコリ笑ってくれます。言葉は通じていなくても、心が通っていることを感じます(*^-^)

2017年8月 3日 (木)

KLレポート

 Dscn9483今日から、マレーシアの首都、クアラルンプールに来ています。ツインタワーやKLタワーのイルミメーションをタクシーの中で眺めてさっき、ホテルに落ち着きました!今朝、10時20分福岡空港発のキャセイパシフィック航空を利用したので、途中で、台湾と香港国際空港経由です。香港国際空港では、キャセイパシフィック航空の新人研修らしきものがあったので撮影いたしました。新入社員のみなさま、頑張ってくださいねo(*^▽^*)o

 Dscn9488_3ホテルに到着したのが午後10時前でした。おなかが空いたのですが、夫はビールが飲みたくてたまらない様子です。でも、ここは、マレーシア!こんな時間に開いているホテル近くの食べ物屋さんにはアルコールはありません!結局は、KLセントラル駅のコンビニで、タイガービールとおつまみを買い、ホテルの部屋で飲んでいます。空港も、駅も、日本語表示の掲示板が多数ありましたよ(゚▽゚*)

2017年8月 2日 (水)

ライブラリー

 Dscn9074_2久しぶりに勤務先の図書室に行った時に発見したのが、受付カウンターに飾ってあった手作り作品です。3年生Tちゃんのお母さんが、毎回、季節に合わせて作っていることも初めて知りました。Tちゃんのお母さん達は、図書館ボランティアとして、時々、図書の整理などで来校されるのですが、カウンターのディスプレイまでされているとは知りませんでした。今日も、ボランティアで来られているお母さんに「次回も楽しみです!」とプレッシャーをかけてDscn9078_2
しまいました「わー、それは大変!」と言いながらも「私も楽しんでいます」とニコニコ笑顔で答えて下さいました。すてきなお母さんですね(*^-^)

 Dscn9460今日は、カラフルなミニカーネーションの生花です。何度かミニカーネーションの生花に挑戦したことがありますが、今回は、ピンク、オレンジ、黄色、白に赤のふちどりなど、色々な種類を集めてみました。買って来た花たちを並べて、「あなたは真、あなたは副かな?」などと花たちと話しながら選ぶのも楽しみの一つです。仕上がりはどうでしょうか?ミニカーネーションたちが、自分たちの立ち位置を気に入っているように見えますか(゚▽゚*)

2017年8月 1日 (火)

温泉県?

 Dscn9477昨日の夕方に、「虹が出ていてきれいだよー!」と、近くのスーパーに買い物に行っていた夫が、玄関に入るなり教えてくれました。「ブログにアップしよう!」と、ワクワクしながら、マイ・カメラを持って二階に駆け上がったのですが、どの部屋の窓からも、虹は全く見えません!あっという間に消えてしまったようです。でも、その代わりに、おもしろいものを発見しました。見慣れたあちこちの山々から、うっすらと水蒸気が立ち昇っているのです。「まるで、別府温泉みたい!」とうれしくなりました。何枚も撮ったのですが、やっと、かろうじて、この1枚だけがアップできそうな画像だったのです(*´v゚*)ゞ

 Dscn9435昨日の、リンドウをクルクマ2本に替えて、タニワタリを1枚、体に持って来ました。ピンク色のクルクマと鮮やかな緑色のタニワタリの配色は、トロピカルなイメージとさわやかさを演出してくれました。クルクマにはピンク色の他にも白や黄緑などの種類がありますが、実は表面に出ている花びら状のものは苞で、よく見ると、隙間から、小さな可愛らしい花がのぞいています(*^.^*)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »