フォト
無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月に作成された投稿

2017年12月31日 (日)

門松作り

 Dscn169212月29日に英彦山神宮へ今年一年間の家内安全のお礼と、天照大神と英彦山神宮の新しいお札を買うために参拝しました。毎年、お札は英彦山神宮の神主である義兄にお願いするのですが、「今年は自分たちで行った方がご利益があるかもしれないから自分たちで行こう!」という、夫の提案に従うことにしました。途中の幸駅からはスロープカーに乗って、到着すると奉幣殿ではお正月準備の最中で、義兄も走り回っていました。向こうのテントでは、門松作りのピッチが上がっていました\(;゚∇゚)/

 Dscn1843今年最後の作品です。年末の買い物で、デンファレを3本買っていたのですが、大晦日の今日まで、そのまま手付かずの状態だったことを思い出して、、、生けることにしました。濃い赤紫の華やかなデンファレを3本と、小さめの葉ぼたん、それにシルバーにカラーリングした竹を使っています。花が重いので、上向きに生けることは難しいのですが、今回はあえて、シンプルな水盤に縦向きに挿していきました。粉雪が舞い散る中に、鮮やかな南国の花が咲き乱れているようなイメージです(゚▽゚*)

2017年12月30日 (土)

親子4代

 Dscn1717夫の姉の息子達、とはいっても、2人とも立派に家庭持ちですが(笑)「年末年始を夫の実家で過ごそう!」と家族連れで帰省したので、‟それでは、みんなで盛り上がりましょう”ということで、義姉夫婦が家族会に私たちも招待してくれました。もちろん、義母も一緒です。義母、義姉夫婦、息子たち夫婦に孫のハヤト君も一緒で総勢10人の賑やかな家族会になりました!飲んで食べて、あちこちで話の花が咲いていました。苦労の多かった義母の人生ですが、孫の可愛いお嫁さん達やひ孫に囲まれて本当に楽しそうでした!お義母さん、今まで頑張って来て良かったねヽ(´▽`)/

 Dscn1834今日の花も松竹梅のアレンジメントです。義姉の家に可愛いお客様が集合するので、作って持って行きました。義姉も息子二人ですが、可愛くてしっかり者のお嫁さん達が嫁いできて、とても華やかなお正月を毎年過ごしています。ゆめこも三人息子で、力強さはあっても、華やかさが全くありません!本当に義姉にあやかりたいと思っています。松竹梅に可愛らしさを添えてくれているのは、次男が育てているアスターです。アスターは秋の植物ですが、次男の会社では1年中、アスターが育っています。シックな松竹梅にアクセントを添えてくれました(*゚▽゚)ノ

2017年12月29日 (金)

外国為替

 Dscn1647さすがに、福岡国際空港の国際線ターミナルですね。福岡銀行外国為替の窓口がありました。しかも、これだけたくさんの国々の通貨が取り扱われているということに驚きましたが、一番驚いたのは三男の留学先の通貨が取り扱われていない事でした(笑)だから、三男の学資を送金する時は、一度アメリカドルに換算して、ドル建てで送金することになります。今日も、夫は、送金のために1時間半くらい自宅近くにある福岡銀行の窓口で手続きをしていました。夕食後の今、「目と右腕が疲れたぁ!」と言いながら、送金完了のメールを大学の担当者に送っています!本当にお疲れさまでしたm(_ _)m

 Dscn1812今日の花は、梅雨時期を代表するアジサイです。勤務先への通勤途中に車窓から、このアジサイを毎日みていました。春に新芽が出て、若葉の5月を過ぎた頃から、段々、花が色づいてきて、6月に濃いピンク色の大きな花を咲かせました。夏が過ぎ、盛りを過ぎて、少しずつ朽ちていったのですが、12月の終りになっても、かすかにピンク色の花びらと、枯れかかりながらも、落ちないこの葉がとても美しいと思いました。枝の曲がり具合もとても気に入ったので、持ち主の方にお断わりして、三枝頂きました。冬のアジサイも美しいと思います(*゚▽゚)ノ

2017年12月28日 (木)

博多人形

 Photo福岡国際空港ですから、もちろん、福岡県が世界に誇る博多人形が展示されていました!そこで、不思議なことに気づきませんか?空港は福岡国際空港なのに、JRは博多駅です。昔「お父さん、福岡と博多はどう違うの?」という、質問に「県庁のある所が福岡でにわか煎餅があるところが博多なんだよ!」というCMが流れていました。官公庁街と商業地区で分けているのでしょうか?ところで、この博多人形は‟天宇受賣命(あめのうずめのみこと)”です。神話によると天岩戸にお隠れになった天照大神をほとんど裸の状態で面白おかしく踊り、ついに、天岩戸を開けさせた神様です。今は、演芸の神様として崇められているそうです。なんともユーモラスな作品ですねo(*^▽^*)o

 Dscn1818この、博多人形をみていたら、この花の画像がイメージに合うように感じました。これは、白い小菊と、ツツジの小枝です。知人の家の中庭を歩いていたら、真っ赤やまっ黄色に色づいたツツジの小枝が目にとまりました。他のツツジは枯れたような茶色になってしまっているのに、ここだけはカラフルだったので、ちゃんと断って小枝を数本いただきました。小さな花器に小さな花ばかりを生けた、小さいけれどにぎやかに踊っているような作品に仕上がりました(*^.^*)

2017年12月27日 (水)

シリウス水上機

 Dscn1666_2『翼よ! あれが巴里の灯だ』の有名なセリフは、アメリカ人チャールズ・オーガスタス・リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行を成功させたときのものだといわれていますが、このロッキード社製のシリウス水上機は、その後、夫婦で太平洋横断飛行をした時のものだそうです。中国を経て福岡にも立ち寄ったとのことなので、福岡空港にこのシリウス水上機の模型が展示されているのでしょうね。これらの情報はすべて、ラジコン飛行機オタクの夫から教えてもらったものです(*^.^*)

 Dscn1815クリスマス前に生けた緑色のグロリオーサが少しずつ赤く色付いてきたので、新しく生けなおしました。この寒さで、どのくらいまで赤くなるのか楽しみです。銀色の波打つ花器を海に見立てたら、左のまだ緑の強い花が、大西洋横断、右の少し赤みがかってきた花が太平洋横断の飛行機と例えたらこじつけになりますか?中心のグロリオーサの葉先のクルリンが画面からはあまりよく見えないのがちょっと残念ですが・・・(*´v゚*)ゞ

2017年12月26日 (火)

行って来ます!

 Dscn16633週間の年末休暇を終えて、三男が留学先に戻りました。帰国する時に、途中の青島で、とても寒い思いをしたので、今回は、しっかりコートを着て帰りました。夏服しか必要が無い一年中暑い国で、来年の帰国時までクローゼットにしまっておくのでしょうか(笑)福岡空港は、ほとんどが自分たちの旅行でしか利用したことが無いので、今回は三男を見送りがてら、ゆっくりと見学して面白いものを発見したので、今日から少しだけご紹介したいと思います。初回は、三男の高校合格祈願に行った香港の文武廟(まんもうみゅう)にも、留学先にも祀られている関羽帝の像です。三男の旅立ちを見守ってくださっている様に感じましたヽ(´▽`)/

 Dscn1789_2今日は、お正月用に生けた万年青(おもと)です。三男の旅立ちの無事を祈って、縁起の良い万年青の画像をアップすることにしました。万年青は読んで字のごとく、一年中青々として若さと長寿のシンボルだそうです。また、金運にも恵まれる。という、言い伝えがあり、特にお正月の生け花にしたり、引っ越しなどのお祝いに鉢植えなどを贈ると喜ばれるそうです。今日は、特にお祝いの席に生ける縁起の良い八枚生けです(*^-^)

2017年12月25日 (月)

クリスマス・カラー

 Dscn1630_3これは、夫の実家の庭にある万両(まんりょう)です。庭や裏山に合わせて十数本植えられていますが、これが一番、がくっきりしていたので思わず写真をとりました。れっきとした日本原産の植物ですが、この赤色緑色はやっぱりクリスマス・カラーですね。クリスマスの今日に画像をアップするにあたって、万両を調べたところ、一両から億両まであったのでびっくりしました!一般的には、冬に赤い実をつける植物ということでお正月の縁起物として千両が生け花に使われるので、この千両と万両の二つは知っていましたが・・・。やはり、植物も奥が深いですね(*^.^*)

 Dscn1801夫の実家に飾る松竹梅のアレンジメントです。器は、裏山で切り出しました。若松とシルバーに色づけされた竹、梅の小枝に千両でアクセントをつけました。それに、淡いピンク色と白のトルコキキョウや白い小菊で華やかさも演出しました。上品な仕上がりになったので、花好きの義母がとても喜んでくれましたo(*^▽^*)o

2017年12月24日 (日)

美女と野獣

 Dscn1627留学中の三男が今月初めから帰省中ですが、ほとんど一緒に夕食を食べることはありません。この日も、夫婦だけで用事を済ませた後に外食をして帰ることにしました。ふと、思いついて、ちょっと回り道をして、有名な道の駅のイルミネーションを見に行きました。なぜか、地元にいる私達よりも三男の方が先にガールフレンドのSちゃんと見に行ったらしく「今年は美女と野獣だったよ」といっておりました。そういえば、このディズニー映画は、夏休みに三男の留学先を訪問した時に、飛行機の中で観ました!とても、感動的な映画でしたよ(*^-^)

 Dscn1808今日は、残念ながら雨のクリスマス・イブです。ホワイトクリスマスならもっとロマンティックな夜になったでしょうが・・・!でも、ここ2~3日は暖かくて、寒がりのゆめことしてはありがたいです。朝から、夫の実家にあるゆめこ専用花畑にスイセンとアマリリスの球根を植えに行く予定だったので、全身ヒートテックのアンダーウェアで完全防備していきました。ところが、裏山に神様に供えるカミシバを採りに行っただけで、汗だくで、花畑の手入れの時にはマフラーやコートを脱いだほどでした。今日の花は、お正月用に準備していた花の残りを使ったクリスマス・フラワーアレンジメントです。ガラスの内側を巻いているのは万年青です。少しだけ葉先を出してアクセントにしました(*゚▽゚)ノ

2017年12月23日 (土)

三発目の‟原爆”

 Dscn1603佐々木盛弘先生は「三発目の‟原爆”」というご自分の体験を書かれた絵本を出版されています。その英訳版がイギリスの日本人学校の教科書に載るということは、数か月前から先生が言われていました。そして、ゆめこ夫婦が、定例夕食会に佐々木盛弘先生宅に伺った日に、イギリスからその教科書が届いたばかりだったそうで、先生が見せて下さいました。タイトルは「二又トンネルの爆発」です。挿絵や文章は子どもたちが理解しやすいように少し手を加えられていましたが、内容はそのままでした。ついに佐々木盛弘先生の名前はイギリスまで渡って行きました。本当に偉大な師です(*゚▽゚)ノ

 Dscn1799花屋さんをのぞいたら、可愛らしいベビーピンク色のチューリップがありました。今日は、お正月準備のために、万年青(おもと)と松竹梅(しょうちくばい)だけを買う予定でしたが、このチューリップに惹かれたので、5本だけ買って帰って、早速、生花を生けてみました。体先に使った、クルンと巻いたこの葉っぱがチャームポイントです。小春日和の今日にふさわしい春の訪れのような仕上がりになりました(*^-^)

 

2017年12月22日 (金)

広瀬淡窓(ひろせたんそう)

 Dscn1591もうすぐ、還暦を迎えるというのに、相変わらず、パワー全開の毎日で疲れ切っているゆめこの勤務態度を心配した佐々木盛弘先生が、広瀬淡窓のこの漢詩の一節をプレゼントしてくれました。「君汲川流 我拾薪(君は川流を汲め 我は薪を拾わん)」これは、人とのつながりの大切さを教えてくれた詩だそうです。それぞれに役割分担があり、何もかも自分が抱えては、人間関係は上手く築けない!ということを教えて頂きました。いくつになっても、人生を解いて下さる師がいる。ということはありがたいことです。o(_ _)oちなみに広瀬淡窓は大分県日田市の儒学者であり、漢詩人です。

 Dscn1759今日の花は、昨日の作品に柳を加えたものです。今日も、本屋さんで、花図鑑や草図鑑を一生懸命見たのですが、この花の名前も、グリーンの名前もわかりませんでした。まあ、いつの日か判明するでしょう。そういえば10月頃に‟オオオナDscn0658
モミ”と紹介していた植物が、実は←‟ベニヒマ”という、全く別の植物だったことが、昨夜判明しました!大変、申し訳ありませんでした。お詫びして訂正いたします(*´v゚*)ゞ

オレンジ色の花はアロエの花、グリーン材はクズウコンと、たった今判明いたしましたのでご報告いたします↑

2017年12月21日 (木)

掛け軸

 Dscn1600今月も定例の佐々木盛弘先生宅での夕食会に行きました。この夜のメインディッシュは夫の作った‟おでん”です。飲むほどに酔うほどに上機嫌になっていった先生が、奥の部屋に行くたびに何かを持って来ては、披露してくれます。最初は、この掛け軸でした。以前にこのブログでもご紹介した、佐々木盛弘先生宅の庭に、たわわに実ったザクロの絵です。先生は、とても多趣味で、色々なことに興味を持たれては、素晴らしい作品を作られますが、水墨画もその一つです。美味しそうなザクロでしょ?(*^-^)

 Dscn1758この個性的な花の名前は、まだ、判明していませんが、アップします。オレンジ色の帽子のような花器にオレンジ色の花とこれもまだ、名前がわからない濃い緑色の大きな葉を組み合わせました。アクセントに細い葛を花器に巻き付けています。ついでにこの弾けた種の名前もいまだに不明です。今日の花はミステリアス・フラワーアレンジメントと命名しましょう(*´v゚*)ゞ

2017年12月20日 (水)

ちらし寿司

 Dscn1609今日は父の29回めの祥月命日でした。次男がお参りにきてくれたので、4人で‟美味しい処九ちゃん”で、おいしい夕食をいただきながら、楽しい会話が弾みましたきっと、天国の父も一緒に楽しんでくれたと思います。おなか一杯になって、若女将とおしゃべりをしていたら、生前の父をよく知っていた元の若女将((笑)も出てきて、昔話に花が咲きました。「今日は、父が好きだった巻き寿司と鰻のせいろ蒸しをみんなで食べました」といったら、元若女将が「先生は、ちらしずしも好きやったよ!」とすかさず一言!父の好みを30年近く経った今も、ちゃんと覚えてくれていたことに胸が熱くなりました(u_u。)

 Dscn1766今日の花も、グロリオーサがメインです。真っ赤に熟した花が一輪と、まだ、濃い緑のペアのつぼみが面白くて微妙なバランスを保っています。グリーン材のルスカスには自由に曲線をつけて、わざと少し、不安定な感じに仕上げてみました。グロリオーサの赤はクリスマスシーズンにぴったりですね(o^-^o)

2017年12月19日 (火)

ホワイトツリー

 Dscn1581これは、勤務先の図書館のカウンターです。12月になったので、クリスマス一色です。この可愛いホワイトツリーも図書館ボランティアをして下さっている3年生女子のお母さん作品です。ディスプレイには、その時にお勧めの図書も一緒に飾っています。いつも、学校図書館にある本だけでなく、自宅からもたびたび私物を持って来て下さいます。この「アンナの赤いオーバー」という絵本もお母さんが持って来て下さったものだと思います(ゆめこの記憶がただしければ!ですが・・・)生徒達への素敵なクリスマスプレゼントです(*^-^)

 Dscn1770今日の花は、ミニカーネーションと木製のクルクル(ゆめこが命名した花材)で作ってみました。背の高いガラスの一輪挿しをもみの木に、白いクルクルを雪に、そして、クリーム色のミニカーネーションを星のイメージでクリスマスツリーを作ってみました。可愛い作品に仕上がったので、気に入っています(*゚▽゚)ノ

2017年12月18日 (月)

バンフには

 Dscn1779バンフでは、ポリスオフィサーくまさんだけでなく、こんなマスコットも買いました。エルクとビーバーが同じボートに乗っています!いかにも自然豊かなカナディアンロッキーの雰囲気が満載ですね。ここは、昨日の記事にも書きましたが、町全体が国立公園ですので、入園料も必要ですし、物価も決して安くはありませんが、ゆったりとした時間の流れと豊かな大自然に包まれる安らかさはここでしか味わえないと思います!こんな風に書いていたら、たくさんの事を思い出して、また、行きたくなりました(*´v゚*)ゞ

 Dscn1764_3今日もグロリオーサの作品です。まだ緑の濃いつぼみを真にして、赤く色づいた花を前あしらいと後ろあしらいに見立てました。副に使ったグリーン材のルスカスは、柔らかで扱いやすい素材です。ただ、葉が密集しているので、様子を見ながら少しずつ落としていきました。そして、体はクリーム色のミニカーネーションを使ってみました。洋花ばかりの三種生けです(*^.^*)

2017年12月17日 (日)

バンフ・ポリスオフィサー

 Dscn1775今日のクマさんは、カナディアンロッキーの拠点であるバンフのおまわりさんのくまさんです。バンフは町が丸ごと国立公園なので、おまわりさんもこんなユニフォームを着て馬にまたがって、町をパトロールしています。そして、とても快く記念写真にも応じてくれますよ。もしも、バンフに行くことがあったら、ぜひ、お願いしてみて下さい。バンフでは世界一美しい湖と氷河期のままのコロンビア大氷原、雄大な山々とたくさんの動物たちに出会えました。早朝にエルク(鹿)が横断歩道を渡っていたし、ブラックベアもすぐ近くで見つけました。リスたちも人間に餌をねだりに来ます。また、行きたい町の一つです(*^-^)

 Dscn1769_2今日の花はグロリオーサとドラセナ、クリーム色のミニカーネーションのコラボレーションです。グロリオーサの真っ赤に熟した花も黄緑色のつぼみも好きですが、一番面白さを感じるのは、先が細くなってクルンとまるまっている緑色の葉です。ところが、花屋さんから持って帰る時に、よほど注意をしないと、葉がすぐにしわくちゃになって使えなくなってしまいます。やっと、一枚だけ無事だったこの大き目の葉が、この作品のポイントです(◎´∀`)ノ

2017年12月16日 (土)

ベルギーくまさん

 

Dscn1750オランダに到着した翌日に、レンタカーでベルギーに向かいました。のんびりと田園風景を楽しみながらのドライブでした。レンタカーを借りる時は、夫婦で国際免許証を申請していきます。いつも、2人で交代しながら運転をするのですが、この時は、ゆめこが日本の運転免許証を忘れたので、夫が一人で運転してくれました。台風が通過した直後のベルギーは、7月だというのに真冬並みに寒くて、すぐにコートを買いに商店街に行きました。その時に、一緒に買ったのがこのくまさんです!

Dscn1746今日の花は、とてもシンプルに柳と小菊の二種生けです。柳は、枝ごとに落として、まずは、まっすぐにします。その次に、ゆっくりと矯めて形をつけて行きます。何度も何度も矯めて、緩やかに腰(カーブ)をつけていくのですが、なかなかイメージ通りにはなってくれませんね(*´v゚*)ゞ

2017年12月13日 (水)

スキポール空港

 Dscn1752JALOBの夫が、「60歳までの期限付きのチケットが有効な間にどこかに旅行しよう!」としつこく誘うのですが、予約ができない!ということが不安だったので、なかなか決断ができませんでした。でも、最終期限ギリギリに思い切ってKLMオランダ航空を利用して、オランダとベルギーに行くことにしました。ところが、予感的中!!往路はエコノミーが満席ということで、ビジネスに乗せてもらえてラッキー♡と思っていたら、帰りも満席で予定の飛行機に乗れず、もう少しで空港難民?になるところでした。そんな不安な気持ちを癒してくれたのがこのKLMキャプテンくまさんでした。かっこいいくまさんでしょ(*゚▽゚)ノ

 Dscn1728


今日の花は、背の高い濃いピンク色のユリと、黄色のカンガルーポーとアレカヤシの生花です。生けてから、4~5日経って、やっと、少しだけつぼみがふくらみ始めました。平年を下回る寒さが続くので、この百合が満開になるには、まだ、少し時間がかかりそうです。画像はちょっと、物静かなイメージですが、ユリが咲くときっと、華やかな感じになると思います(*^-^)

2017年12月12日 (火)

教室

 Dscn1337_2ゆめこは10年前に2年間だけ某子供向け学習塾の先生をしていました。その後、空き教室になっていたのですが、今回、改装することにしました。とは言っても、電気工事も上下水道工事も夫と、ただ今帰省中の三男がしてくれました。来年4月には還暦を迎えるので、この教室でたくさんのこども達と楽しい時間を過ごせるようにしたいと夢が膨らんでいます。画像は、改装前の教室です。新しい教室が完成したら、また、アップしたいと思います(o^-^o)

 Dscn1735ゆめこは『五十の手習い』で、数年前から。習字を習いに行っています。わずか月に3回の稽古日しかないのですが、なかなか、3回とも行ける月はありません。それでも、一緒にお稽古をするおばさん達との会話が楽しいので通っています。当面の目標は有段者になる事ですが、いつになることやら・・・?このフラワーアレンジメントは師匠の奥様へのプレゼントで作ったものす。新築の素敵なご自宅のリビングに飾ってくださっているそうです(*^-^)

2017年12月11日 (月)

はみきり

 Photo夫が、子どもの頃に、家で飼っていた家畜のえさやりの話を良くしてくれます。ニワトリには糠(ぬか)、ひよこ草、砕いた貝殻を混ぜて与え、可愛がっていた農耕用の牛には‟はみきり”で藁を切り、それに野草と糠を混ぜたものを食べさせていたそうです。その牛が売られて行く時に大粒の涙を流したそうです。そんな自分の子どもの頃のエピソードを中2男子のT君に話していましたが、T君の感想は「まるで、トトロの世界ですね」との事でした(笑)夫の話によく出てくる‟はみきり”が花屋さんにあり、ゆめこは初めて実物を見たので、記念に写真を撮りました(*゚▽゚)ノ

 Dscn1725今日は、ミリオンバンブー(ドラセナ・サンデリアーナ)と小菊の生花です。ミリオンバンブーは、こんな風にクルクル巻いているものが切り花用にありますし、三つ編みのように編み込んだものが観葉植物としても売られていますね。我が家には、一昨年に、生け花で使っていたら根が生えてきたので植木鉢に植えているミリオンバンブーが一本あります。とても元気よく葉を茂らせていますよ(*^.^*)

2017年12月10日 (日)

ミニコンサート

 Dscn1575昨夜は、「プロに学ぶ調理実習」でお世話になった‟キッチンTAKASE”の高瀬シェフのディナーをいただきました。三男とガールフレンドのSちゃんを誘って4人で行きました。実は、昨日はキッチンTAKASEでピッコロ・フィオーレという女性三人組(ピアノ、アコーディオン、フルート)のミニコンサートを楽しみながらシェフのフレンチを楽しもう!というイベントがあったのです。4人でちょっと遅めの三男のバースデイとちょっと早めのクリスマス・ディナーを楽しみました。これはデザートです。昨夜のイベントにピッタリですねo(*^▽^*)o

 Dscn1704今日は、ミニカーネーションの生花です。ベビーピンクの花の色が、昨晩のベリーケーキの淡いピンク色とコラボしていませんか?青空のようなブルーの花器にベビーピンクのミニカーネーションを弾むように生けて、明るい小春日和のような雰囲気を出しました。外は、冷たい北風にコートの襟を立てて歩くくらい寒い日々ですが、花器の中では自由な四季を作ることができて楽しいですね(*゚▽゚)ノ

2017年12月 9日 (土)

収穫祭

 Dscn1712_3先週末に、夫のいとこから誘われて、いとこ所有のレンコン畑に行きました。夫婦で畑仕事の途中だったので、そのまま、長靴をはいて行きました。ドロドロのレンコン畑を想像していたのですが、一見するとただの荒れ地のような状態でした!いとこが、小型のトラクターで掘り返した所からレンコンの芽を見つけては掘り続けると立派な❓レンコンが出てきます。夫が掘ったレンコンと義母が畑から掘ってくれた里芋が、その日の夕食でした。レンコンは皮をむかずPhoto_2
に輪切りにしてオリーオイルで焼き、塩を振りかけただけ、里芋も茹でて塩を振りかけただけです!でも、素材が良いのでとても美味しかったですヽ(´▽`)/その数時間前に野生児の夫が、初めて収穫したレンコンです。オリーブオイル焼きの他は、きんぴらや煮物にします!
 Dscn1361
 今日の花は、ヘリコニア、アレカヤシ、ドラセナ、カンガルーポーの盛り花です。それぞれが強い個性を持っていますが、こんな風に一つの器に生けると、まとまった雰囲気になるので不思議です。金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」の‟みんなちがって、みんないい”のフレーズを思い出してしまいました(◎´∀`)ノ

2017年12月 8日 (金)

ほっこり

 Dscn1479火曜日から3日間1,2年生のフラワーアレンジメント教室を実施しました。そして、最終日の終了時間間際で、体力的にもお疲れモードになっていた時に、1年生男子の会話が耳に入ってきました。M君「これ、出来上がったらどうする?」S君「ばあちゃんちに持って行って、ばあちゃんにやる。ばあちゃんは、花が大好きなんよ」M君「そうか、そうやね、俺もばあちゃんにやろう」と話しながら、最後の仕上げをしていたのです。可愛らしくて優しい会話に疲れも吹き飛んで、つい、顔がほころんだゆめこです(*^-^)

 Dscn1432その日の帰りに、駐車場に向かっていると、今度は2年生男子の声が聞こえてきます。「せんせー!フラワーアレンジメントは素敵でした!とっても気に入ったのができたから、ばあちゃんにあげましたー!ばあちゃんがよろこんでくれましたー!!」と、テニスコートの中からテニス部員の男子3人が叫んでいました。みんな、おばあちゃんのことが大好きなんですね。そういえば、去年のフラワーアレンジメント教室を実施した後にも同じような感想を聞いたことを思い出しました。子どもたちの優しさと家族の笑顔を想像していたら、心がほっこりしました(o^-^o)

 

2017年12月 7日 (木)

花屋さんみたい

 Dscn1377_2勤務先の1,2年生のフラワーアレンジメント教室を3日間に分けて実施しました。約150人分の準備は思った以上にハードでしたが、楽しかったです。昨年までは、助っ人男子が1人いたのですが、今年は受験生なので、本人は希望したのですが、冷蔵庫のような調理室で冷水をジャブジャブ使う作業の手伝いは却下しました。ところが、別の女子が「お手伝いします」と立候補してくれて、150本以上の小菊の水揚げと吸水スポンジのカットを手伝ってくれました!Aちゃん、ありがとうございました o(_ _)oペコッ左の画像は2年生用の花材です。トルコキキョウ、ミニカーネーション、スターチス、レザーファン、そして、一番奥に見えるのがAちゃんが水揚を手伝ってくれた小菊です。

 Dscn1375_3右の画像は、1年生の花材です。一年生は、初めてなので、扱いやすく、色もカラフルなアスターだけのフラワーアレンジメントにしました。今回は、すべてJAを通して購入したのですが、このアスターは次男の会社から納入されたものだということが後でわかりました(*^-^)

2017年12月 6日 (水)

小春日和

 Photo昨日は、初雪の話題をアップしましたが、今週の日曜日はポカポカ陽気の農作業日和でした。そこで、2週間ぶりに花畑の草取りに行きました。義母が「大きい草はとっちょったバイ」との事でしたので「ありがとうございます!」と言って、小さい草を採りに行きました。夫婦で農作業をしていると、近くに住んでいる夫のいとこが「レンコンを採りにおいで!」と誘ってくれたので、レンコン畑について行きました。レンコン畑についてびっくり!なんと、土筆があちこちに顔を出していました(*゚▽゚)ノ

 Dscn1366今日の花は、カンガルーポー、ドラセナ、アレカヤシの三種生けです。カンガルーポーは、矯めがきくので、ゆっくり、ゆっくり腰をつけて行きました。アレカヤシも少し腰をつけて副にしました。ドラセナは葉だけをゆっくり矯めて体にしました。洋花ばかりの生花です(*^-^)

2017年12月 5日 (火)

初冠雪

 Dscn1415朝、勤務先に向かって走っていると小高い山が目の前に迫って来ます。その昔、岩石城(がんじゃくじょう)というお城があったらしいのですが・・・。その岩石山(がんじゃくさん)は、毎日見る身近な山なので、その風景を見ることで、季節の移り変わりを感じます!昨日までは、「だいぶ、色づいてきたなぁ」と思っていたのですが、今朝は、ビックリしました!山頂付近がうっすら白く雪化粧をしているのです。そして、その数時間後には、雪で、校庭も真っ白になりました。ゆめこの町にも一気に冬がやって来ましたw(゚o゚)w

 Dscn1707_2昨年の冬、夫の実家の裏山に、雪が30センチくらい積もった時に、急に思い立って雪の中に花を生けてみました。イメージとは程遠い出来上がりでしたが・・・。今日は、真っ白な一輪挿しを雪に見立てて、雪の中に南国の植物、デンファレとアレカヤシを生けてみました。中心に同系色のクジャクソウを一輪挿していますが、わかりますか?ちょっと面白い出来上がりになったので、今度は雪の中で活けてみようかな?と思いました(*^-^)

2017年12月 4日 (月)

ノンラー

 Dscn1715ベトナムを旅行すると、ちょっと年配の女性やおじさん達がかぶっているのがノンラーという、ラタニアという植物で作った帽子を町のあちこちで見かけます。前回はシンガポールに行った帰りに6時間だけハノイを探索しましたが、今回は、とは言っても一昨年のGWですが・・・!ホーチミンを旅行しました。耳をつんざくようなバイクの騒音は早朝から深夜まで途切れませんが、それもまた、旅を楽しませるBGMでした。活気があって、町の人たちが優しいホーチミンはまた行きたい町のナンバー1です!これは、ベトナム旅行の思い出にタンソンニャット国際空港で買った‟ベトナムくまさん”です。くまさんシリーズを始めたのですが、また、他にもたくさんの話題が集まって来たので、クマさんシリーズは一休みにします(o^-^o)

 Dscn1356_2‟ベトナムくまさん”に似合うのは、ヘリコニアとアレカヤシだけのシンプルな、ですが、ダイナミックなこの生花が似合うのではないでしょうか?買ったばかりの生き生きとした花材ではなく、少し、時間が経って、晩秋の雰囲気が漂うようになって撮影しました。これも味がある作品だと思いますが、いかがでしょうか?

2017年12月 3日 (日)

三つ編み

 Dscn1708日本が、暑い季節には暑い国へ、寒い時にはより寒い国へ行くのが、ゆめこ夫婦の定番旅行でした。理由は簡単です!その方がリーズナブル価格だからです!初めて上海を訪れたのは正月の3日でした。ちょうど上海万博の準備中で、町中が盛り上がっている時でした。初めての上海クルージング?は、2人で1元(当時のレートで15円)の地元の人しか乗っていない連絡船でした。人もバイクも自転車も一緒に乗ります。そのにぎやかしいこと!でも、ここでしか味わえない体験でしたので、とても楽しかったですが!その後に人民広場の大通りからちょっと入った店で食べた小籠包の味が忘れられず、3年後に三男を連れてシンガポールに行く途中にトランジットで訪れて、お腹一杯小籠包を食べた後に、上海国際空港で買ったパンダのぬいぐるみです。Dscn1710
 バックの辮髪(べんぱつ=三つ編み)もキュートでしょ(*^.^*)

 Dscn1369_4今日の花は、パンダではなくて(笑)、カンガルーポーという名前の黄色の可愛らしい花と濃い紫色のスターチス、ドラセナの盛り花です。ドラセナのボリュームに負けないように、スターチスを束ねて、カーブをつけてボリュームをアップしてみました。ちなみにカンガルーポーは、カンガルーの前足によく似た花の形とその花に産毛のような細かい毛が生えているところから、その名前が付いたそうです。もちろん、名前からわかる通りにオーストラリア原産の植物です(*^-^)

 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter