フォト
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月に作成された投稿

2018年1月31日 (水)

七福神

 Dscn1842今日で1月も終わりですので、今日で、お正月の話題も終了にします。とは、いいながら、結構たくさんのお正月画像があるので、「う~ん」と悩みながら?この七福神の絵本画像を選びました。とても可愛らしいし、おめでたいので!これも勤務先の図書室のカウンターのディスプレイです。文才が無いので、いつも「の」の連続になる事が多くて申し訳ありません!今年のディスプレイだとわかるように、カウンターの端っこにいたワンちゃんの飾りを横に置いています。明日から、また、新しいスタートを切って、心新たに頑張っていきます(*゚▽゚)ノ

 Dscn1901一月最後の花はおめでたい老松の足元に、おめでたい万両を生けました!っていう風に見えませんか?この松は一昨年の全日本生け花コンクールに出品した作品にほとんど丸ごと1本使った松です。先週の土曜日に生け花に使う蝋梅(ロウバイ)を夫の実家裏山に採りに行った帰りに、ふと見るとこの万両が松の根元から枝分かれして生えてきたように見えましたので、写真を撮っておくことにしました。松と万両の画像で1月を締めくくりますm(_ _)m

2018年1月30日 (火)

戌年

 Dscn1889ゆめこは今年、年女!4月には還暦を迎えます。夫は、自分が60歳になったとたんに3歳も年下のゆめこを同級生のように扱い「もう60歳なんだから」と事あるごとに言うので、「私はまだ、50代だから一緒にしないで!」と言っていたのですが、もうすぐ言えなくなります(泣)でも、まあ、この年まで夫婦ともに大病をすることもなく、元気で仲良く毎日を過ごせることが一番の幸せだと感じています。お正月の準備に買った干菓子のなかに今年の干支である戌のお菓子があったので、記念に撮影しました。今年もワンちゃんのように元気よく動き回る予定ですo(*^▽^*)o

 Dscn2003この器は、多分、植木鉢カバーだと思いますが、シンプルなデザインと明るい茶色系の色合いがとても気に入っています。そこで、この器を植木鉢に見立てて、寄せ植えのような自由花にしてみました。中心は大輪のカトレア。一輪だけでも存在感があるので、グリーンも小ぶりですがモンステラを裏と表を合わせて重ねたものと薄い緑色のドラセナをカトレアの後ろに挿すことで、カトレアをグッと際立たせました。仕上げに白くカラーリングした細めのカズラを少しだけからませて、全体をまとめてみました(*^-^)

2018年1月29日 (月)

おまけ?

 Dscn2065大雪が降る前の小春日和のある日、久しぶりに部活指導で町民体育館にやって来ました。とは言っても、学生時代から運動が大の苦手で大嫌いなゆめこが中学生の元気な少年少女にバドミントンの指導ができるはずもなく技術指導は外部コーチがしてくれます。ゆめこは礼儀や心構えを専門に指導しています!この時も、みんなが体育館の近くにあるグラウンドをランニングに行ったので、留守番がてら体育館周辺の植物観察及び採集をしました。持って帰ったフユイチゴの葉っぱにミノムシ君がおまけ❓についてきていましたw(゚o゚)w

Dscn2071この日は、フユイチゴと枯れて一味違った魅力を醸し出しているヘクソカズラを組み合わせてみました。ヘクソカズラの蔓が紡ぎ出す複雑な線、フユイチゴの葉による面、赤い小さなフユイチゴの実とゴールドに輝くヘクソカズラの実が表現するマッス(かたまり)と、自由花の三要素を備えた基本的な自由花です

2018年1月28日 (日)

おみやげ2

 Dscn1917_2次男が大分県へ研修旅行に行ったらしいです。「これ、おみやげ」と言いながら渡してくれたのは、‟庶民の味 謎のとり天せんべい”とても不思議なネーミングなので、早速、記録写真?を撮りました!どちらかというと、お茶うけというよりもお酒のおつまみにぴったりなので夫は大喜びで、ビールや日本酒のおつまみにいただいています。ゆめこも久しぶりに湯上りのカクテルを飲みながらいただいております。そういえば、大分といえば別府温泉、湯布院温泉、鉄輪温泉など有名な温泉町がたくさんあります!今、思い出したのですが、次男は小さな頃から温泉が大好きでした。花栽培の研修』の後は、ゆっくり温泉にでも浸かったのでしょうか?聞くのを忘れていました(*´v゚*)ゞ

 Dscn2085_2今日の花は蝋梅(ロウバイ)とアイリスの葉の生花です。この蝋梅は夫の実家の裏山から採ってきました。実家に顔を出すと義母が「今日は、なんをとりに来たん?」と聞くので「蝋梅を採りに来ました!」と答えると「あれはいい香りがするからいいね~」と、そんな会話を交わしたのですが、なんと、連日の寒波と大雪で、ほとんどがつぼみのままで枯れていました。やっと見つけたこの枝は横にボリュームがあるので、縦の線をアイリスの葉で強く表現しました。鮮やかな色彩はありませんが、落ち着いた色彩で、お気に入りの作品です(*^.^*)

2018年1月27日 (土)

おみやげ1

 Dscn1909真っ赤な可愛いイチゴは、遠くない春の訪れを告げてくれているようです。このイチゴは、昨夜、三男のガールフレンドSちゃんが「母からです!」と持って来てくれました。可愛いお客さんが持って来てくれた可愛いイチゴは、一番最初にご先祖様にお供えしました。祖母も父もイチゴが大好きでイチゴの季節にはほぼ、毎日のようにイチゴにコンデンスミルクをたっぷりかけて食べていましたので、とても喜んでくれたと思います。ゆめこもイチゴミルクが大好きでしたが、今は何もかけずにそのままの味を楽しんでいます。Sちゃんのお母さん!心のこもったお土産をありがとうございました o(_ _)oペコッ

 Dscn2088今日の花はハナモモとアイリスの二種生けです。桃は矯めが付けやすい花材ですので、真と副をゆっくり矯めて腰をつけました。それで、この作品を生けるのはとても時間がかかりました。桃の花といえば濃いピンク色の八重咲きが一般的ですが、今日のハナモモは白い花びらの先がほんのり薄いピンク色に染まって、まるで桜のようです。というのは店のおばさんに教えてもらったことです。実はゆめこは、つぼみの枝を買ったので、まだ、開いた花を見たことが無いのです!それで、この生花のつぼみがほころんで、薄桃色の花が開く日を楽しみにしています(*^-^)

 

2018年1月26日 (金)

今夜はおでん♡

 Dscn1898_2クアラルンプール往復航空券とホテルの宿泊予約チケットが届いたので、Sちゃんが、我が家に受け取りに来ました。学校から直行ということで、いかにも現役女子大生♡といったファッションがとても新鮮です。いつも言いますが、我が家はダンゴ三兄弟(懐かしいしい歌ですね)なので、女の子が遊びに来てくれるのがとてもうれしいのです。今は、三男のガールフレンドのSちゃんだけですが、そのうち次男のお嫁さんも紹介できるのでは・・・?と期待しています(笑)夫が仕事の片手間においしいおでんを作ってくれました。Sちゃんも「美味しいおいしい」と言いながら食べてくれたので、夫は大満足のようでしたo(*^▽^*)o

 Dscn2073今日は、赤いミニカーネーション、白のクジャクソウ、グラジオラスの葉とモンステラの自由花です。いつも、生け花の練習用には、失敗した時に備えて、必ず1~2本、花や葉を余分に買います。すると、毎回、花材のあまりが出ます。そこで、それらを組み合わせたり、単品で投げ入れにしたりして楽しみます。今回も残った材料がそれぞれにのびやかに放射状に生けてみました。まるで、太陽に向かって精一杯背伸びするような明るい感じにしあがりましたヽ(´▽`)/

2018年1月25日 (木)

ドアミラーに・・・

 Dscn1880_2今日も氷点下の朝でした。最近は寝る前にキッチン・洗面所・浴室の水道の蛇口を緩めることが習慣になっています。それは数日前の花育教室の蛇口のようにならないように用心しているのです(笑)ところが、昨日の夕方、教頭先生が「フロントガラスが凍り始めるくらいの気温ですので、対応して下さい」と言われたので、あわてて、愛車を見に行くとこんな風にドアミラーに氷柱がさがっていて、ドアミラーの上は10㎝くらい雪が積もっていました。その雪も凍り始めていたので、あわててぬるま湯をかけて溶かしました。こんなに気温の低い冬はここ数年はなかったような気がします。風邪やインフルエンザにならないようにお互いに気をつけましょうね(*^.^*)

 Dscn2063_2今日の花は氷柱のイメージからこの真っすぐなグラジオラスの生花を選びました。生けた時は、固いつぼみだったのですが、いまは、少しオレンジ色の花びらがほころび始めています。一番手前の体の葉を矯めて、好みの曲線を出すのに、とても時間がかかりました。グラジオラスの葉には縦向きに固い葉脈が何本も入っているので、柔らかな曲線をつけることはとても難しいことだと、今回、つくづく感じました。(*´v゚*)ゞ

2018年1月24日 (水)

桜吹雪?

 Dscn1874今日はというか、今日も大雪警報が出されましたが、本当に寒い一日でした。冬の始まりは暖かい晴天の日が続いたので「今年は暖冬かな?」と言っていたのですが、昨年末ごろから冬らしい寒さが訪れてきました。特に、今日は、風も強いので、時間帯によっては猛吹雪でした。ちょうど、明日の実習の準備で被服室に来た時は、窓の外にある桜の木が降りしきる雪が、まるで、桜吹雪のようにきれいだったので、あわてて、職員室まで戻ってカメラを取ってきました。春の桜吹雪は淡い桜色の花びらを撮影できなかったのですが、今日は舞い散る粉雪を撮影できましたヽ(´▽`)/

 Dscn2042春を彩る花たちはたくさんありますが、春の野山の主役はやはり桜ですね!そして、春の花畑の主役といえばチューリップでしょうか?この赤いチューリップは、なぜか、こちらを向いて自己主張していました。ゆめこ御用達の花屋さんで5本買って他の4本はそれぞれの花器に収まって、この1本だけがまだ、残っていたのです。そこで、この自己主張の強いチューリップをまだ、つぼみで緑一色のコデマリと組み合わせて生花にしました。こちらを向いているチューリップは半世紀前人形劇「チロリン村」の‟つぼみのリップちゃん”ご存知ですか(笑)を思い出して心がほんわりします(*^-^)

2018年1月23日 (火)

KOMA(独楽)

 Dscn1865昨日は製作者のMちゃんをご紹介したので、今日はMちゃんの作品のほんの一部をアップします。実は、「7月にスイスに持って行きたいし、向こうで折り紙教室をしたいから、独楽の折り方を教えて!」とお願いしていたら、大小さまざま、色も柄も様々な独楽を折って、持って来てくれました。数えていないのですが多分200個以上はあります。この独楽は2枚の折り紙を組み合わせて立体的にしているのですが、1枚ずつだと平面になるので、ペシャンコの状態で全部持って行きます。スイスで出会う人たちが、また、世界中にMちゃんの独楽を持って帰ってくれると思うとなんだかワクワクしますねo(*^▽^*)o

 Dscn2059今日は、グラジオラスとモンステラの自由花です。モンステラの大きな葉がまるで折り紙のように見えてきたので、この作品を選びました。グラジオラスは花も葉もまっすぐに上に伸びていく直線なので、合わせる花や葉は丸みを帯びた曲線が合うような気がします。このモンステラは少し黄色がかっているので、グラジオラスの葉と同じ緑色系でも微妙な変化があるので、色と形の面白さが表現できました(*^-^)

2018年1月22日 (月)

ORIGAMI

 Dscn18572014年にフランスのマルマンドでF4世界選手権大会が開催されました。チームマネージャーの夫のアシスタントとしてゆめこも参加して10日間滞在しました。その間に、夫たちが出場している時間はチーム総出で応援をしますが、それ以外の時間は、ゆめこ達女性陣は(とは言っても2人でしたが)日本チームのブースで‟ORIGAMI”教室をしていました。色々準備したのですが、訪れる方たちはみんな、ORIDURU(折り鶴)をリクエストするので、約700羽のORIDURUが世界中に羽ばたきました。そして、今年はスイスのマイリンゲンで世界選手権大会が開催されるので、今回は動きがあるものが良いのでは?と思いKOMA(独楽)の折り方を折り紙名人の3年生女子Mちゃんに図書室で教えてもらっていますo(*^▽^*)o

 Dscn2052今日はグラジオラスとコデマリの生花です。どちらもまだ、固いつぼみですが、窓から差し込む小春日和のおひさまの暖かさで生けている間に少しずつほころんできました。コデマリは流線を描くこの枝の形が気に入って購入しました。真っすぐに上に伸びていくグラジオラスと緩やかな弧を描くコデマリの組み合わせがシンプルですが面白い動きを見せてくれていると思いますがいかがですか?作品が正面からだとわかりにくいのでこの画像は少し左側から撮影したものです(*^-^)

2018年1月21日 (日)

今夜は鍋です♡

 Dscn1849三男のガールフレンドSちゃんが、春休みにクアラルンプールに旅行に行くとの事で、昨夜、夫にチケットやホテルの手配をお願いしてきました。「航空券の予約は一日でも早い方が良いよ!」というゆめこのアドバイスを素直に聞いて、今夜、パスポートを持って我が家にやって来ました。夫は喜んで、昨日から一生懸命探していましたが、本当に時間との戦いのように価格が上がっています。やっと、航空券とホテルの予約と支払いが完了したので、3人で鍋を食べました。本当に女の子が来てくれると我が家は一気に華やかになります。Sちゃん、また、遊びに来てねヽ(´▽`)/

 Dscn2080今日は、Sちゃんが来てくれたので、華やかで楽しい夕食になりました。そこで、そんな楽しいディナータイムのイメージの花の画像を選んでみました。このピンク色のカーネーションは、カーネーション・プードルの練習用に買ったのですが、その前に、モンステラと合わせて楽しい雰囲気の自由花を生けてみました。アクセントに真っ赤なミニカーネーションを3本入れたことで、全体を引き締めてくれました(*゚▽゚)ノ

2018年1月20日 (土)

冬の赤

 Dscn1848冬場は、どうしても切り花の種類が限られてきます(輸入品は別ですが)。このブログでも以前、記事にしたように、赤い実がつくものを冬の花の彩として使うことが多いようです。そんな園芸種はもちろんですが、冬の野山も、ほとんどが茶系統になってしまっています!その中で、真冬でも濃い緑色の葉と真っ赤な実がなる‟フユイチゴ”はとても、目を引きます。ところが、ゆめこは昨年の冬に、その赤さと可愛らしさに惹かれてたくさん採取してイチゴジャムを作ったのですが、あまりの酸っぱさに閉口しました!あまりジャムには向いていないように感じました(=´Д`=)ゞ

 Photo_2♫咲いた 咲いた チューリップの花が 並んだ~  並んだ~ 赤  白  黄色♪と歌うけど、一般的にはピンク色がたくさん流通しているように感じます(あくまで、ゆめこ目線なので、つっこまないように!)そこで、今日は、歌のように赤いチューリップを3本並べて生けました。そして、グリーン材はルスカスをつかいました。チューリップは横に並んだので、ルスカスは太陽に向かって新芽が伸びているようなイメージで生けてみました(*^.^*)

2018年1月19日 (金)

おせち

 Dscn1841今月の図書室のディスプレイです。先月のクリスマス・ディスプレイも心がほんわり温かくなりましたが、今月の‟おせち”は思わず「ワ~! ステキ♡」と歓声をあげました。重箱の中には大きな伊勢海老がドーンと真ん中に陣取って、周りに黒豆やかまぼこ、昆布巻きなどおせち料理の定番がぎっしりと詰まっています。これらがすべて、折り紙でできているなんて信じられませんね!お箸袋や折り鶴、繭花飾りも雰囲気を盛り上げています。もちろん、図書室なので、お勧めの絵本もお正月にふさわしい本を選ばれていますね(*^-^)

 Dscn1964_2おせち料理が、とてもカラフルなので、今日はモノトーンの自由花の画像を選びました。裏山で採集したカズラを無造作に束ねて横に広げ、背の高い木の枝をまっすぐに立て、その中心を斜めに区切るように杉の皮を配置しました。無機質な組み合わせに開き始めたカサブランカを無造作に置くことで、命が吹き込まれたようになりました(*^-^)

2018年1月18日 (木)

大きくなったね!

 Photoこれは、昨年12月のセイロンベンケイソウです。昨日の画像でアップした葉っぱから出た一株が、こんなに丈夫に大きく育ちました!この葉は、宮崎県の道の駅で買った時の大きさとほぼ同じか、もう一回り大きいかもしれません。これを袋詰めにして5枚350円で販売したら売れるでしょうか(笑)これは3年生男子の植木鉢ですが、教室には、あと、5鉢あるんですよ!教室には、他にもポトス・ライム、サンスベリアとなぜか花が咲かないカランコエなどが、所狭しと並んでいます。彼らが卒業する時には、記念にプレゼントする予定です(o^-^o)

 Dscn2030今日の花は、チューリップの生花です。ゆめこ御用達の花屋さんの長いお正月休みが終わったのは、大雪の日でした。「こんな日に、お店を開けるかな~?」と思いながら「閉まっていたら、他の店に行けばいいよ!」という、夫の言葉に背中を押されて行ったところ、大勢のお客さんで、おばさんはてんてこ舞いしていました。この真っ赤なチューリップが可愛かったので5本買いました(*゚▽゚)ノ

2018年1月17日 (水)

葉っぱから!

 Dscn9478これは、昨年8月の画像です。その一ヶ月月前に、ラジコン飛行機の勉強会で宮崎県都城市に行った帰り道に寄った道の駅で「葉っぱから芽が出ます」という不思議な植物を発見しました!「どんな風に芽が出るのだろう?」とあれこれ想像しながら、5枚で350円くらいだったので買って帰りました。説明書に書いていた通りにこの葉っぱを水に浮かべていたら、こんな風に芽が出てきました!この植物の名前は‟セイロンベンケイソウ”またの名を‟ハカラメ(葉から芽)”ストレートなネーミングですね!ちなみにこの画像は、勤務先の教室で子どもたちがそれぞれ育てているセイロンベンケイソウです。これは、3年男子の葉っぱです(*゚▽゚)ノ

 Dscn2017_2今日の花は、花の女王とも呼ばれるカトレアです。一輪でも素晴らしい存在感がありますね。主役を支えるグリーンは大きな一枚葉を2枚、表と裏を重ねて生けました。これはモンステラの種類でしょうか?そして、仕上げに、白く着色した、細めのカズラをからませています。ちょうど大雪の日だったので、雪の中に花を生けるイメージで、ガラス製の白い花瓶を選び、剣山が見えないように、万年青の葉で包みましたが、剣山を安定させるのに、一番時間がかかりました(*´v゚*)ゞ

2018年1月16日 (火)

危険です⁉

 Dscn1813JRの線路が、夫の実家近くを通っています。この画像は、そのガード下から撮影したものです。この氷柱は今にも突き刺さって来そうな勢いがありますね。このとげとげしさで思い出したのが、今朝の3年生男子A君との会話です。彼は世界的ミュージシャンを目指して音楽系の高校への進路が決定しているのですが、朝から暗い顔をして渡り廊下を歩いていたので「どうしたの?」と聞くと「学校が嫌いなんです!来たくないんです!」と暗い声で答えました。そこで「アハハ!私も一緒!学校大嫌い!でも、もう少しの我慢じゃないの。第一志望の学校に進学が決まったし、明るい未来が待ってるよ!がんばれ!」と答えました。驚いた顔の彼に「嫌な事やたくさん悩むことが、いい音楽を生み出す原動力になると思うよ。がんばれ!」と心の中で応援しました。このストレートなとげとげしさが青春ですね(*^-^)

 Dscn1793雪景色の最後は、さわやかな青空をバックにして梅の木に真っ白な梅の花が満開かと錯覚するような画像を選びました。本当の梅の花はまだ固くて青いつぼみの中で、花開く日を待っていますが、一足早く、この日の大雪がどっさり白い花を咲かせてくれました。大雪の中でも、時々は青空が顔をのぞかせる不思議な一日でしたので、こんな風に見事な青と白のコントラストの瞬間が撮影できたのはラッキーだったと思いますo(*^▽^*)o

2018年1月15日 (月)

雪景色(英彦山川)

 Dscn1820夫の実家の近くを流れる英彦山川の雪景色です。川に転がっている大小の石の上にまるでベレー帽のように純白の雪が乗っています。川向うにあるのは雪の重みでしだれ柳のようになっていまった川淡竹(ハチク)の林です。ここは、ホタルの鑑賞地で、あと数か月もすれば、この辺りは、蛍が飛び交い始めます。しだれ柳のような川淡竹の林は蛍のお宿になります。この雪も、川の水を美しく保つために一役買ってくれているような気がしますヽ(´▽`)/

 Dscn1803この画像は、去年の暮れから度々、登場している夫の実家の庭にある万両(マンリョウ)です。赤と緑に雪と揃えばクリスマスカラーですが、もう、年が明けて二週間経ちました。早いですね。昔から1月は行く。2月は逃げる。三月は去る。といわれていますが、本当に、日々の流れは早いですね。ところで、お正月の生け花には万両よりも千両の方がよく使われます。ゆめこも玄関に飾った松竹梅には千両を使いました。万両の実は数も多く粒も大きいので縁起も倍以上良さそうなのですが、画像のように下向きに実がなるので、使いにくいのが原因かもしれませんね(*^.^*)

2018年1月14日 (日)

雪景色(火の用心)

 Dscn1822義母を自宅に送り届けた帰りに、消防団の格納庫でこーんな氷柱(つらら)の行列?を発見しました!木琴のバチを持ってきたら、透明感のあるメロディを奏でられそうな感じです。残念ながら音楽の才能が無いので諦めましたが((笑)“火の用心”と書かれている上にぶら下がっているので、もし、下で焚火でもしたらスプリンクラーのように次々に落ちてきて消火するのかも?などと、あれこれ想像しながら帰路につきました(*´v゚*)ゞ

 Dscn1797今日は、雪の中に上品な香りを漂わせていた蠟梅(ロウバイ)です。雪が溶けたら、早速、生けてみたいと思います。花屋さんの店先や道の駅の生花コーナーでは、そろそろ顔を見せ始めていますが、夫の実家には、何本も蝋梅の木があるので、好きな枝を選ぶことができるなんてぜいたくでしょ?艶やかな黄色の花びらと上品な香りが魅力の蝋梅ですが、この時ばかりは、寒さに震えている様にみえました。でも、雪の中に咲く花たちには、やはり凛とした美しさを感じますね(*^.^*)

2018年1月13日 (土)

雪景色(田んぼ)

 Dscn1815金曜日は、義母の通院日です。普段は夫が病院まで送り届け、帰りは義姉が迎えに行き、昼食や買い物などを一緒にして、家まで送って帰るという日程ですが、この日は、大雪で、義姉が車を出せない事と、ゆめこが振替休日だったので、夫と一緒にほぼ一日、義母と過ごしました。病院の送迎や三人そろってファミリーレストランでのランチタイム、スーパーマーケットでの買い物など、義母は結構楽しそうでした!義母を送り届けた後に、ふと見ると、稲刈りが終わった田んぼが一面の雪景色だったので、いつもと違う風景に夢中でシャッターを切りました。この日の移動は、もちろん、チェーンを巻いた夫のモビリオでした(o^-^o)

 Dscn1781今日も、寒さは厳しいのですが、雪はほとんど溶けてしまいました。来週からは、温かくなるそうですので、せっかく写した雪景色の中の花の画像をアップしようと思います。今日は、我が家の外階段にあるプランターのガーデンシクラメンです。毎年、夏場は水やりもしないのに冬になると花を咲かせる根性ものですが、夏の暑さだけでなく、冬の大雪の下でも元気にがんばっています!シクラメンの下で、雪に埋もれながら頑張っているのは、魔除けのシーサーです。沖縄生まれなのに、雪にも負けずに頑張ってくれています(*゚▽゚)ノ

2018年1月12日 (金)

蛇口から・・・

 Dscn1833「こちらは町役場水道課です。この冬最大の寒波がきます。そこで、大雪と厳しい寒さが予想されますので、水道管の破裂などに備えてください」との町内放送が昨日の夕方に流れてきました。数年前に、水道の蛇口を緩め忘れて、水道管が凍り、朝から水が出なくて大騒ぎだった苦い経験から、昨夜もしっかり台所も洗面所もお風呂も蛇口を緩めて少量の水を流していました。そして、花育教室の蛇口も!とちゃんと備えをしていたつもりだったのですが、さっき、花育教室に行ってみたら、こんな風に蛇口から氷柱(つらら)がぶら下がっていました。初めての体験です!!(゚ロ゚屮)

 Dscn1916今日の花は、欅(けやき)の板にカサブランカの花とつぼみをあしらっただけのとてもシンプルな作品です。この欅はもともとテーブルができるくらいの大きさがある一枚板だったのですが、コンクールに出展する作品の規定サイズよりオーバーした部分を切ったものです。何年間も風雨にさらされて、とても味のある素材になりました。とても、表現力のある花材なので、清楚なカサブランカを花とつぼみに分けて2か所に配置しました。大地から新芽が伸びて花開いたような、春の訪れを予感させる雰囲気の作品にしあがりました(◎´∀`)ノ

2018年1月11日 (木)

負けるもんか!

 Dscn177820年以上前だったと思いますが、50歳を過ぎてもますます進化を続ける永遠のアイドル松田聖子さんが出演したシャンプーのコマーシャルのきめ台詞が「負けるもんか」でした。ちょうど、彼女のプライバシーをめぐってかなりバッシングされていた時だったと思います。そんな彼女を起用したスポンサーもすごい!と思いましたが、「負けるもんか」と言いながらニッコリ笑ってシャンプーをしている彼女はなんと強い女性だろう!と思いましたし、それ以来、大ファンになりました。大雪が降った今朝、勤務先の玄関の山茶花がボッコリと山盛りの雪をかぶりながらもしっかりと咲いている姿を見ていたらこの言葉がピッタリだと思いましたo(*^▽^*)o

 Dscn1921_2今日の花は、欅(けやき)の一枚板をカットしたものと、夫の実家の裏山で拾って来た、杉の皮の組み合わせです。欅は以前から、時々登場する、宗像市「飯野銘木社長」通称‟越後屋さん”からいただきました。画像では、わかりにくいのですが、かなりの厚みがあります。そして、裏山で拾った杉の皮は落ちていた枝から、きれいに取れたので、緩いカーブがついていてとてもリアリティーがあります。硬い直線と曲線の組み合わせに、柔らかなカサブランカを二輪置くことで、優しい雰囲気に仕上げました(*^-^)

2018年1月10日 (水)

晩白柚(ばんぺいゆ)

 Dscn1680夫の経営するラジコン飛行機専門店には、色々なお客様が、色々なところからお見えになります。そして、おもしろいことに、というか、ありがたいことに、地域の特産品や、畑で採れた野菜などをお土産に持って来られる方もいらっしゃいます。が、時々、「これは何?」と悩むおみやげもあります。この緑色の大きなミカンは調べた結果、どうも、晩白柚みたいです。普通によく見るのは、きれいなレモンイエローですが、これは緑色です。今から、だんだん色づいて、甘い香りが漂い出したら食べごろだそうです。右の黄色いミカンは八朔?でしょうか?これも、一緒に持って来て下さいました。食べごろになるのがとても楽しみですo(*^▽^*)o

 Dscn1986今日の自由花の材料は、有明海で拾って来た流木がメインになっています。♫名もしらーぬ遠き島より  流れ着いたる ヤシの実1つ~♪という島崎藤村の歌を口ずさみながらこの記事を書いています。一昨年の春休みに長崎県小浜温泉を目的地にして、海岸を見つけては流木を拾う!という旅行をしました。大小様々ありますが、今日は、小さなものだけを集めて組み立ててみました。遠い異国から流れてきたかもしれない流木を組み合わせたものを花器に見立てて、中心に黄色の小菊と水仙の葉という純和風の花材を合わせてみました。小さいけれどインターナショナルな作品ですヽ(´▽`)/  

2018年1月 9日 (火)

どんど焼き

 Dscn13461ゆめこが幼かったころは毎年、この時期に近くの病院の庭で‟どんど焼き”をしていました。その時は、友達と誘い合って、使い終わったしめ飾りと神棚に供えた鏡餅を持って駆け付けました。すすで真っ黒になったお餅を食べると一年中健康に恵まれるといわれていたからです。いつの間にか、ゆめこのご近所ではなくなっていたのですが、夫の実家コミュニティでは、平成の今も毎年どんど焼きが行われていることを、数年前に知りました。ゆめこは成人式と重なったので行けませんでしたが、夫が準備の手伝いに駆り出されたのでこの写真を撮って来てくれました。もし、興味のある方はユーチューブで「下落合どんど焼き」と検索すると2014年に撮影したものが視聴できますよ(◎´∀`)ノ

 Dscn1978花育教室に改装しているゆめこのアトリエには、数多くの花材があります。有明海で拾った流木やあちこちの山々で拾って来た木の枝や皮、小石などなど。そこで、冬休みの間は、それらを使って思いつくままに自由花を組み立てています。それらの中から、今日のどんど焼きの画像とコラボできそうなのが、このシュロの枯れ枝です。5月末ごろから梅雨時期にはエメラルドのような緑色の実がびっしりと実っていてとても美しいのですが、この、実が落ちて枯れて力尽きたように地面に落ちているこの枯れ枝もとても魅力的でした。そこで、ま緑色の小菊の固いつぼみをこの枝に合わせて、5月のシュロのイメージで組み立ててみました(*^-^)

2018年1月 8日 (月)

お子様カート

 Dscn1770_2今日で冬休みが終わります。明日からまた多忙な毎日が待っていることが予想されるので久しぶりに某市のスーパーマーケットへ食材のまとめ買いに行きました。比較的、店内が空いている事と、夫婦ともに時間にゆとりがあったので、店内をのんびりと見て回っていた時です。突然、目の前にいた5歳くらいの女の子が「ママーッ!」と大きな声で母親を呼んだかと思うとカートを押して走り出しました。「あれっ?」と思ってよく見るとそのカートには長いのぼり?がついていてその先にキリンさんのイラストが描いていました。「これは、ナイスアイデアだね!」と夫と話しながら、入口に待機しているカートの写真を撮りました。これなら店内で、小さなお客様が迷子になる事はないですね(o^-^o)

 Photo_2今日も、ウバカユリと杉とミニカーネーションの組み合わせです。今日はカーネーションと同じ真っ赤なナンバンアカアズキの実を合わせてみました。モノトーンの画像にミニカーネーションとナンバンアカアズキの赤だけが彩を添えていてちょっとおしゃれな画像になったので、気に入っています。このナンバンアカアズキは濃い緑色の長い豆が、クルクル巻きながら熟れていき、茶色になって、真っ赤な実が弾けます。日本では石垣島や沖縄本島など暑いところで植林されているようですが、原産地は東南アジアです。この真っ赤な実はアクセサリーなどにも使えそうですね(゚▽゚*)

2018年1月 7日 (日)

成人式

 Dscn1759今日は、5年前に某町立中学校を巣立った生徒たちの成人式でした。近くにいてしょっちゅう会える子もいますが、ほとんどが、卒業式以来の再会です。5年間の成長がうかがえるような素晴らしい青年たちに成長していてまぶしいほどでした。一緒に式典に出席したY先生とひとりひとりの名前を確認しあったり、思い出話をしたりと楽しい時間を過ごすことができました。今日の画像は、「世界中に発信するけど大丈夫?」と確認した上での掲載です(*^-^) 

 Dscn1756右は式典前の女子3人組です。現役大学生と専門学校を今春卒業し、4月からの就職が内定している前途洋々の3人です。新成人の彼らとは1年間だけの関わりでしたが、毎日毎日、一緒に泣いたり、笑ったり、怒ったりと中身の濃い1年間でした。これからの長い時間は色々な場面で選択をしなければならない事ばかりですが、その時は、自分の大切な人達に恥ずかしくない道を選んでください!還暦を迎えるゆめこもそうして人生の分岐点を選択してきました。そして、その大切な人達は家族とあなたたちです。これからも、あなたたちに恥ずかしくない生き方をしていきます!みんなの前途が希望に満ちたものであることを心から願っていますo(*^▽^*)o

2018年1月 6日 (土)

シンガポール航空

 P3230003_27月にスイスに行きます。とはいっても観光旅行ではありません。夫とそのラジコン仲間のおじさん達がメイリンゲンで開催されるF4スケール世界選手権大会に出場するので、チームマネージャーの夫のアシスタントで行きます。今回は、シンガポール航空を使うので、トランジットですが行き帰りに大好きなシンガポールに滞在できるのがとてもうれしいです。この画像は、2013年にチャンギ空港でシンガポール航空のCAに「生徒たちに民族衣装を見せたい」とお願いして撮影させてもらった時のものです。毎年、、授業に使っています。このことをシンガポール航空のオフィスに連絡するととても丁寧なお礼メールが届きましたヽ(´▽`)/

 Dscn1890この頃、通勤途中などに枯れたウバカユリの実をよく見かけます(自然がいっぱいの町に住んでいますので!)そこで、今日から、家の周辺や自然の中で採集した花材をメインにして自由花を組み立ててみようと思います。今日は、中心に杉の枝を直立させ、それにウバカユリを絡ませました。足元には透かし俵(クスサンの繭)や名前の分からない木の実などを散らしました。花は真っ赤なミニカーネーション1本です(*^-^)

2018年1月 5日 (金)

ぜんざい

 Dscn1851年末に義母が、収穫した小豆(アズキ)を「砂糖で煮たからおいしいよ」と言ってたくさんくれました。そこで早速、お正月のお雑煮を食べた後、食後のデザートとしてぜんざいをいただきました!我が家の男子たちは、おもちも和風スイーツもあんまり食べないので、ゆめこ一人でほぼ毎日、夕食後にぜんざいを食べています。ぜんざいが大好きなので我が家には小豆の缶詰を常備していますが、自家製小豆のスイーツなんて贅沢ですねo(*^▽^*)o

 Dscn1879花屋さんがお正月休みで、スーパーや道の駅でも、良い花が手に入らないので、今日の水仙も土手で採集したものです。今日は開花した花たちが水辺で楽し気におしゃべりしているイメージです。背の高い花たちを中心に集めていたら、とても甘い香りが漂ってきました。硬いつぼみたちは背を低くして花の周囲を取り巻き、さらにしごいて曲線をつけた葉で周りを囲んでみたら、明るくて楽し気な作品に仕上がりました(*^-^)

2018年1月 4日 (木)

スーパームーン

 Photo_2正月二日は月が最も地球に近づいていて、とても月が大きく見えるスーパームーンだったそうです。そう夫から聞いたとたんに、急いでベランダに行き写したのが左の画像です。Dscn17381_3でも、比べるものが無いのでどの程度大きいのかわかりませんね。だから、翌日、夫が「森の上に上っている月を写したらわかりやすいから」と、自信たっぷりに写してくれたのが右の写真です。ゆめこが一生懸命、画像編集をしてこの程度です。編集の腕が悪いのでしょうか(*´v゚*)ゞ

 Dscn1883今日は、スーパームーンのような形をした花器に、柳の小枝と水仙を生けました。真っすぐに上に伸びている小枝は自然のまま、手を加えずにスッとさしました。最初は、しごいて緩やかな曲線を描いた水仙の葉を2枚だけ挿したのですが、やはり、小粒でも白と黄色の彩りが、凛とした美しさを見せてくれる開花した水仙を短く切って、足元に挿しました。やはり、明るさが違います。早春を感じて頂けましたでしょうか(*^.^*)

2018年1月 3日 (水)

結氷

 Dscn1730今年初の結氷(けっぴょう)発見!1月2日に義母宅の庭に置いてあるバケツに氷が張っていました。義母宅の庭には山水が水道水のように流れてくる場所があります。そこに置いてあるバケツに氷が張っていたのです。「初氷(はつこおり)、初氷」と喜んで撮影するのですが、なかなかわかりやすい画像になりません。そこで、横にある花壇から万両の赤い実と濃い緑色の葉を氷に乗せてみました。氷が張っているのがわかりますか?ところで、これで湯気が出ていたら源泉かけ流しの温泉場のようにも見えるかな(*´Д`*)

 Dscn1878今日でお正月休みも終わり、長男も帰りましたので、夫婦だけの静かな?日常に戻りました。でも、今日はまだ、三が日なので、おめでたいひょうたん型のガラス器にデンファレとカスミソウでアレンジメントを作りました。甘い可愛らしい雰囲気なので最後に1枚のスイセンの葉を長く垂らすことで引き締めてみました。ところで、なぜ、ひょうたんが縁起が良いのか調べたらいろんな説がありました。そのなかでも、ゆめこが「西遊記金角銀角の巻を思い出して、なるほど!」と思ったのが次のような説です。

【日本では昔から、ひょうたんには神霊が宿るとされてきました。
強力な吸引力で邪気を吸い込んで空気を浄化する働きがあるとされ、
そのくびれた独特の形からいったん吸い込んだ邪気を逃さないと言われています。】

ちなみに、このガラス器の反対側には‟八海山”とロゴが印刷されています(*´v゚*)ゞ

2018年1月 2日 (火)

招き猫

 Dscn1862我が家の、というよりは、次男の愛猫パルパルです。数年前に迷子になっていたのを次男が拾って、それ以来ずーっと成長を続けています!その上、とっても気の強い女の子です。だから、次男の顔や手はよく傷だらけになっています!赤ちゃんの頃は、「メインクーンの血が入っているのでは?」と言っていましたが、今は「サイベリアン(プーチン大統領の愛猫)の血が混じっているかも?」というところで落ち着いています。我が家での決定なので、決して異議は唱えないでくださいね。この画像は夫が、まん丸になっていたパルパルが‟かわいいね♡”と連写したもののうちの1枚です。縁起の良い招き猫ですo(*^▽^*)o

 Dscn1872今日はお正月なので、おめでたい‟出舟”を水仙で生けてみました。実は、年末にそろえていた花材が、この暖かさで、少し元気がなくなっていたので、花を買いに行ったのです。ところが、目的の道の駅は閉まっていて(当たり前ですね)、近くのスーパーはびっくりするほど高値のままだったので、あきらめて帰る途中に、いつもの川土手でこの水仙を発見しました!!ちょっと、掘ればしっかりはかまがついて来たので、丁寧に切り取って持って帰りました。久しぶりに生ける水仙は、葉組から始まって、とても難しく時間がかかりました。まだまだ、練習不足ですがお正月だということで・・・(*´v゚*)ゞ

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます!

Dscn1841 あけましておめでとうございます!平成30年の幕開けですね。今年は年女。還暦を迎えるゆめこは、新しいことに挑戦していくつもりです。ブログも、無理せずポチポチ続けていきます。

 これは、我が家の玄関です。福の神様が気持ちよく訪問して下さるように、長男と一緒に大掃除をしてきれいに清めた後に、おめでたい松竹梅を生けました。ここにも次男が育てたアスターを挿しました。三男は留学先で頑張っていることでしょう!ちなみに夫は店舗の掃除と親戚中に配る?おでん作りを頑張ってくれました(笑)

家族みんなが協力して、新年を元気に笑顔で迎えることができました。感謝でいっぱいです!今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter