フォト
無料ブログはココログ

« お子様カート | トップページ | 晩白柚(ばんぺいゆ) »

2018年1月 9日 (火)

どんど焼き

 Dscn13461ゆめこが幼かったころは毎年、この時期に近くの病院の庭で‟どんど焼き”をしていました。その時は、友達と誘い合って、使い終わったしめ飾りと神棚に供えた鏡餅を持って駆け付けました。すすで真っ黒になったお餅を食べると一年中健康に恵まれるといわれていたからです。いつの間にか、ゆめこのご近所ではなくなっていたのですが、夫の実家コミュニティでは、平成の今も毎年どんど焼きが行われていることを、数年前に知りました。ゆめこは成人式と重なったので行けませんでしたが、夫が準備の手伝いに駆り出されたのでこの写真を撮って来てくれました。もし、興味のある方はユーチューブで「下落合どんど焼き」と検索すると2014年に撮影したものが視聴できますよ(◎´∀`)ノ

 Dscn1978花育教室に改装しているゆめこのアトリエには、数多くの花材があります。有明海で拾った流木やあちこちの山々で拾って来た木の枝や皮、小石などなど。そこで、冬休みの間は、それらを使って思いつくままに自由花を組み立てています。それらの中から、今日のどんど焼きの画像とコラボできそうなのが、このシュロの枯れ枝です。5月末ごろから梅雨時期にはエメラルドのような緑色の実がびっしりと実っていてとても美しいのですが、この、実が落ちて枯れて力尽きたように地面に落ちているこの枯れ枝もとても魅力的でした。そこで、ま緑色の小菊の固いつぼみをこの枝に合わせて、5月のシュロのイメージで組み立ててみました(*^-^)

« お子様カート | トップページ | 晩白柚(ばんぺいゆ) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603483/66260137

この記事へのトラックバック一覧です: どんど焼き:

« お子様カート | トップページ | 晩白柚(ばんぺいゆ) »