フォト
無料ブログはココログ

« 雪景色(火の用心) | トップページ | 危険です⁉ »

2018年1月15日 (月)

雪景色(英彦山川)

 Dscn1820夫の実家の近くを流れる英彦山川の雪景色です。川に転がっている大小の石の上にまるでベレー帽のように純白の雪が乗っています。川向うにあるのは雪の重みでしだれ柳のようになっていまった川淡竹(ハチク)の林です。ここは、ホタルの鑑賞地で、あと数か月もすれば、この辺りは、蛍が飛び交い始めます。しだれ柳のような川淡竹の林は蛍のお宿になります。この雪も、川の水を美しく保つために一役買ってくれているような気がしますヽ(´▽`)/

 Dscn1803この画像は、去年の暮れから度々、登場している夫の実家の庭にある万両(マンリョウ)です。赤と緑に雪と揃えばクリスマスカラーですが、もう、年が明けて二週間経ちました。早いですね。昔から1月は行く。2月は逃げる。三月は去る。といわれていますが、本当に、日々の流れは早いですね。ところで、お正月の生け花には万両よりも千両の方がよく使われます。ゆめこも玄関に飾った松竹梅には千両を使いました。万両の実は数も多く粒も大きいので縁起も倍以上良さそうなのですが、画像のように下向きに実がなるので、使いにくいのが原因かもしれませんね(*^.^*)

« 雪景色(火の用心) | トップページ | 危険です⁉ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪景色(英彦山川):

« 雪景色(火の用心) | トップページ | 危険です⁉ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter