フォト
無料ブログはココログ

« 花が咲きました | トップページ | 今年も! »

2018年6月 2日 (土)

絹糸

 Photo畑仕事の帰りにゆめこ御用達の花屋さんに行きました。夫もゆめこも作業着姿だったので、店のおばさんがちょっと驚いたような顔をしていましたが、畑仕事の帰りだと話すと納得していました(笑)その時、「自分が生けるための花を作っているのですが、近所のおばさん達が楽しんでくれるから、切ることができなくて花屋さんで買っています」とおしゃべりをしていたら、店のおばさんが「じゃあ、これを畑に植えたらいいですよ。珍しい白い花のねむの木です」と勧められたのがこのギンゴウカンまたはギンネムという名前のこの花です。まるで白い絹糸の先に小さな黄色の粒が付いているようなフワフワの花です。夕方になると花が開き、葉はねむの木のように閉じますよ(*^-^)

 Dscn2663金曜日につぼみのグラジオラスを5本買いました。そして、今朝、アトリエの窓開けに行くとなんと、こんな風に花が開ききっていました!『わ~、これじゃあ生花が生けられない!』と思いましたが、『アッ、盛花や自由花なら使える!』ということで、盛花にしてみました。オレンジ色の大きなグラジオラスを主と副に使い、客はカラーのつぼみを使いました。主のグラジオラスの先端がまっすぐ上に向くように、副のグラジオラスも先端が上向きになるように生けました。グラジオラスにとてもボリューム感があるので、他の花材はシンプルなものにしました。客のカラーと色合いと形の似たギボウシを3枚を挿すことで足元をまとめ、バランスを取っています(*^.^*)

« 花が咲きました | トップページ | 今年も! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絹糸:

« 花が咲きました | トップページ | 今年も! »