フォト
無料ブログはココログ

« 市バスの旅 | トップページ | カム オン(ありがとう) »

2019年1月12日 (土)

アオザイ博物館

 Dscn8811昨日は、またまた、市バスに乗ってかなり郊外のかなり辺鄙な場所にある【アオザイ博物館】に行ってきました!今回は、これが最後の観光になりましたが、それにしてもべトナビに『個人では行くのがかなり困難なのでツアーで行くことをお勧めします』と書いてあったことがよくわかりました!ベンタインのバス停から88番のかなり使い込まれたバスに乗って揺られること約1時間、バス停の周りと道路以外は、あまり、手を加えられていないような状態の中を看板とアプリを頼りに炎天下を歩いて約10ほどで到着しました。よく手入れされた庭と釘を一本も使わずに建てられたという建物は圧巻でした!左の画像はサイゴン時代にタイムスリップしたように感じられて素敵でしょ(*゚▽゚)ノ

 Dscn8693右の画像はアオザイの原型だそうです。素材はシルクです。当時の履物や被り物も一緒に展示していました。

 Dscn8716_2時代の流れと共にアオザイも色々変化していきました。左の画像は、ベトナム戦争に反対するアメリカの若者たちがヒッピー文化を立ち上げましたが、その影響を受けて生まれたアオザイです。色はかなりカラフルでサイケデリック調の模様です。そして、下のパンツは何とブルージーンズでしたw(゚o゚)w

 Dscn8719右の画像は、日本をイメージしたデザインのアオザイだそうです。他にも韓国や中国、フィリピンなどをイメージしたアオザイも展示されていました。ベトナムの人達にとって、日本はこんなイメージなのでしょうね(*^-^)

 ずっと、ベトナム語と英語で、ガイドをしてくれたのがティンちゃんです。ここの入場料は大人一人10万ドンで、ティチャーは5万ドンになっていたので、「アイムジャパニーズ ジュニアハイスクール ティーチャー」といったら、5万ドンを返金してくれそうになったので「そのままでいいです」と慌てて日本語で断りました(笑)ティンちゃんはとても明るくて元気な可愛らしい女性でした。彼女の英語に首をかしげると「モバイル。Dscn8689
モバイル!」と言って、ゆめこのiPhoneを取ってはベトナム語を日本語に変換してゆめこたちがうなずくとニッコリ笑って次に進みました。ティンちゃんの明るさで楽しい時間をすごしました!ガイドが終了するとのどが渇いたのでしょう、レセプションの前に山積みされた椰子の実を鉈(なた)で割って、ココナッツジュースを一口飲んではこちらを向いて「ベリーグッ」と親指を立ててニッコリ笑っていました(≧∇≦)

« 市バスの旅 | トップページ | カム オン(ありがとう) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アオザイ博物館:

« 市バスの旅 | トップページ | カム オン(ありがとう) »