フォト
無料ブログはココログ

« カットグラス | トップページ | ハッピーバースデー! »

2020年2月10日 (月)

近江聖人

 Img_0805
10数年前、次男が滋賀県の専門学校に行っていたので、生まれて初めて琵琶湖を見る機会がありました。その時に初めて『近江聖人 中江藤樹』のことを知りました。以前もブログに聖人のことを書いたと思いますが、ゆめこも自分なりの方法で、この聖人の生き方を倣いたいと心から思いました!(近江聖人 中江藤樹について興味がある方は、どうぞお調べください!きっと感動するエピソードがあると思いますよ)だから、夫の実家で”藤棚の模様”のこの茶器セットを発見したときは、あの時の感動がよみがえってきました!そのようなわけで、「初心忘るべからず」という気持ちをキープしておくためにこの茶器は大切にサイドボードの特等席に飾っておこうと思います(*^-^*)

 Img_0809 今日の花は、ラナンキュラスの生花です。昨日、近くの道の駅 歓遊舎(かんゆうしゃ)で買ったラナンキュラスが数本残っていたので、「う~ん、アレンジメントにしようか、自由花にしようか?」と悩んでいましたが、1本ずつ手に取って見つめていると、それぞれがとても個性的な形をしています。それで「これを生花にしたら面白いかも?」と思い、チャレンジしてみました。そのためには、きちんと落ち着いた花器ではなくて、ペイントがところどころはげ落ちて、面白い模様になっているものを選んでみました(*^^)v

« カットグラス | トップページ | ハッピーバースデー! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

 コメントありがとうございます。大町阿礼さんですか?
半世紀近く前は文学少女だった私は、もちろん歴史小説も大好きです。
「北円堂の秘密」は時間を作って、ゆっくり拝読させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カットグラス | トップページ | ハッピーバースデー! »