フォト
無料ブログはココログ

« 犯人は・・・! | トップページ | ユトレヒト »

2020年4月16日 (木)

アンネの家


Dscn1919Dscn1919Dscn1919_20200416214501 コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が発令されてから、以前にも増して、先行き不安感だったり外出することが怖くなったりと気分が重くなるようなニュースが流れますね。そこで、ゆめことしても、「何か明るい気分になれるお手伝いができないものかな?」と考えていましたが、今日からシリーズで、今までに訪れた国々をゆめこ目線の画像や感想をお伝えして、「行ってみようかな?」とか「調べてみようかな」とか思っていただける材料になれば良いな!ということで、ご紹介することにしました。

 先週の入学式で副校長のK先生があいさつの中で「アンネ・フランク」のことを話しました。そこで、ゆめこもフランクフルトにある「アンネの家」を訪れた時の画像から始めることにしました。

 アンネ・フランクは第2次世界大戦でナチスドイツからユダヤ人であるために迫害を受け、約2年間、家族たちと一緒に屋根裏部屋で生活をしました。会話も、物音を立てることも制限されて!でも、その中で希望を失わず思春期の少女の色々な思いを小さな日記帳に書き綴っていました。それが世界中で今も愛され続けDscn1927_20200416214301『アンネの日記』です。この機会に、一度読まれてみてはどうですか?左上の画像は、「アンネの家」の近くにある、アンネの銅像です

 右の画像は世界中から「アンネの家」を見学するために訪れた観光客の行列です。ゆめこたちも2時間待ちました!

 日記を書くこと以外にはほとんど自由のない2年間の隠れ家生活を送り、わずか15歳でこの世を去ったアンネが残した美しい言葉を2つだけご紹介します。

『なんと素晴らしいことでしょう!世界をよくすることを始めるのに 誰も一瞬ですら待つ必要なんてないんです』

『あなたのまわりに今まだ残されている すべての美しいもののことを考えて楽しい気持ちでいましょう

 

« 犯人は・・・! | トップページ | ユトレヒト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犯人は・・・! | トップページ | ユトレヒト »