フォト
無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月に作成された投稿

2020年5月31日 (日)

恋の季節

 Img_2062 夫の実家が我が家になってから3か月近くたちますが、ここでは季節の移り変わりを肌で感じる機会がとても多いです。ここに引っ越してきたばかりのころ(3月初め)は、鶯の「ホーホケキョ」という鳴き声で目が覚めました。その頃はあまり上手に発声できていませんでしたが、先月ぐらいから、とてもよく通る声で朝早くからさえずっているので「恋の季節が来たのかな?」と思います。そして、先日は、ウォーキングコースで《禁断の恋?》を発見しました!ゆめこの目から見たら《モンシロチョウとモンキチョウ》が求愛行動をしていたので!「君たちはまるで、ロミオとジュリエットじゃないかい?」と独り言を言っていたのですが・・・。調べてみたら、モンシロチョウの雌は黄色タイプもいるとのことだったので、きっと、モンシロチョウ同士の求愛行動だったのですね。ちょっと安心しました(*^-^*)

 Img_2057 今日の話題はチョウチョたちの恋の季節だったので、チョウチョが大好きな花畑のような作品の画像をアップすることにしました。左から、ミニカーネーションとカスミソウ、レースフラワー、スターチスとコデマリの小枝、ガクアジサイ、アリウム・丹頂と紫蘭の葉。それぞれをスパイスが入っていた小瓶にビー玉を沈めて、1~2輪ずつ生けました。まるで、小さな花畑でしょ?そういえば、由あんどガーデンにも、チョウチョがたくさん飛んできていますよ(≧▽≦)

2020年5月30日 (土)

不思議発見!

 Photo_20200530215701 数日前から、夫が「玉ねぎにネギ坊主ができてしまったから、抜いてしまわなきゃ!」とか「ネットで調べたら、ネギ坊主ができるのは失敗作なんだって」などと言っていましたが、やっと、昨日”3本のネギ坊主ができた失敗作”を引き抜いたところ、なんと!!小さいながらも鮮やかな紫色の玉ねぎが出てきました(゚д゚)!「えっ?紫玉ねぎも植えたの?」と聞くと「多分、苗の中に混じっていたんだろう」とのことでした。まだ、試食はしていませんが、とても鮮やかな紫色なので、スライスしてサラダにしようと思います(´∀`*)ウフフ

 Img_2051 今日は、”ネギ坊主”というキーワードが出ましたので、ゆめこ御用達花屋さんのおばさんが”ネギ坊主”と呼んでいたアリウム・丹頂と紫蘭(シラン)の葉の二種生けの画像をアップしました。ただいま、由あんどガーデンにも6本の丹頂がつぼみをつけていますが、花が咲くのはまだ、しばらく先のことのようです(*^-^*)

2020年5月29日 (金)

ジャガイモ畑に

 Photo_20200529215701 今週は晴天が続いているので、毎日夕方になると一輪車にバケツ2個とプラスチックのジョウロに水を一杯入れて由あんどガーデンの花たちと由あんどファームの野菜たちに水やりをします。水を汲む側溝と由あんどファームまではわずかな距離とはいいながら、重い一輪車を押して二往復するのは結構重労働です( ´Д`)=3 フゥ

 Photo_20200529215701 2_20200529215801 でも、水やりをするときに植物たちを観察するのはとても楽しい時間なのでやめられません!そして、今日、無農薬のために葉っぱを虫たちから食べられているジャガイモコーナーに水まきをしていたら一か所だけグーンと伸びた茎の先に白い花が咲いています(左の画像)「アッ!」と思って根元を見ると立派な大根が土の上から顔をのぞかせています!ゆめこは全く気付かなかったのですが、夫は早くから気づいていたらしく、引き抜いてはフェンスのそばに置いていた大根を見て「へ~、大きくなったね~。これなら食べ応えがあるよね~」」と感心していました(*^▽^*)

2020年5月28日 (木)

今年は5つ

 Img_1915 昨年の5月31日の記事は、ゆめこ先生が勤務していたS中学校を退職する時に、s中学校のスーパーマンだったKさんから分けてもらった八重のアマリリスがやっと一つだけ咲いたので、『来年はもっと咲いてくれると思います』と締めくくっていました。そして、今日は、今年初めて咲いた八重のアマリリスの画像をアップしていますが、奥のほうにもう一つのつぼみが見えているでしょ?なんと今年は6個の球根から葉が伸びて、ただいま、5個の球根につぼみがついています!お約束通りの結果に大満足です(*^▽^*)

 Img_1938 今日の作品は、八重のアマリリスの話題とはちょっと違いますが・・・ピンク色つながりということで(笑)ハイブリットタイプのピンク色のユリ、紫色のリアトリス、緑色の大きな葉モンステラの三種生けの画像をアップしました。と、ここまで、書いてきて思ったのですが、ゆめこ専用花畑では、ピンク色のユリが咲き始めました。それとリアトリスもたくさんのつぼみをつけました。残念ながらモンステラはありませんが、八重のアマリリスもピンク色のユリも、紫色のリアトリスもゆめこ専用花畑の同級生?だったので、やっぱり今日の作品のチョイスは正解でしたね(*´艸`*)

2020年5月27日 (水)

楽しみは💛

Img_2026Img_2026_20200527215001 コロナ禍で世界中の人たちが家で過ごす時間が増えていますよね。ゆめこは、『ステイホーム週間前後から夫と二人でガーデニングを楽しみました』という内容の記事を書きました。そして、天気の良い日というか雨の日以外は、いつも植物の手入れを楽しんでいます!そして、雨の日は、マスクづくりを楽しんでいます。そこで、今日はゆめこオリジナルマスクの画像をアップすることにしました。白のレース生地をピンク色に染めたり、ハンカチやブラウスを利用したものもあります。これからは、梅雨の時期に入るのでまだまだ、マスクづくりが楽しめそうです。ちなみに夫のマスクは次の機会にご紹介する予定です(≧▽≦)

 Img_1895 もちろん、ステイホームでの自粛期間でなくても、ゆめこがアトリエや自宅で楽しんでいるのは生け花&フラワーアレンジメントです。なかなか大きな作品を作る機会がありませんが、身近な花材で小さな可愛らしい作品を作るのが、今はとても楽しいです。今日も、アルストロメリアだけのシンプルな作品ですが、見ていると元気が出てくるので大好きな作品です(*^▽^*)

 

2020年5月26日 (火)

あく抜きしたのは…(笑)

 Img_1966 左の画像は、去年の秋以来、約半年ぶりに行った《大きな池》で採った蕨(わらび)です。毎年、この池のほとりでは土筆(つくし)、蕨(わらび)、蕗(ふき)、野いちごなどの自然の恵みをたくさん収穫しては夕食のおかずやスイーツに使わせていただいております。ところが、今年はコロナ禍でなかなか行けず、「もう、何も収穫できないだろうな」とあきらめていたのですが、わずかながら遅く成長したらしい蕨を収穫することができました!早速、家に帰ってあく抜きをしたのですが、その時に、隣のおばちゃんが「たまがらかした蕨いる?」と言っていたことを思い出して笑ってしまいました。「たまがらかす」というのはゆめこの住んでいる地方の方言で「びっくりさせる」という意味です。蕨のあく抜きでは沸騰させた湯に蕨を入れ、再び沸騰した時に一つまみの“タンサン(重曹)”を入れますが、その時にジュワーっと泡が出て、蕨の色が鮮やかになりますので、その様子が「たまがらかした」といった表現になったのだと思いますが(笑)”そら豆のお歯黒”や”たまがらかした蕨”など、昔は魚屋さん&野菜屋さんだった隣のおばちゃんにとっては誰にでも通じる言葉だと思っているところがとても素敵だと思います。ちなみに”たまがらかした蕨”と一緒に写っている青梅は我が家の梅の木から落ちたものです(*^-^*)

 Img_1940 今日の話題は、春の野で収穫した蕨でしたので、今日の花は春の野山の風景を切り取ったような、爽やかな春風が吹き抜けるような作品をアップします。花材は黄緑色のトクサと明るい紫色のリアトリスです。どちらも由あんどファームでただ今成長中の植物ですので、これらはゆめこ御用達花屋さんで購入したものです。やはり、花屋さんに並ぶ花は花壇のものより一足早いですね(^O^)/

2020年5月25日 (月)

お歯黒

 Img_1956 お歯黒(おはぐろ)は奈良時代から明治時代までの約1000年近くも続いたらしい日本独特の文化です。初めは貴族の男性が、最後は庶民の既婚女性がお歯黒をするようになりました。そういえば、桶狭間の合戦で織田信長に負けた今川義元もお歯黒をしていたことは有名ですね。お歯黒というのは歯を黒く染めることです(興味のある方はどうそ、お調べください(笑))まあ、そういった文化とは全く関係なく、今日の話題はそら豆のことです!そら豆は熟れ始めたころはさやから出した豆はすべて緑色なのですが、段々、熟してくるとさやから外した時に上の部分が黒くなってきます。そうなると皮が固くなってくるので商品価値も下がってくるみたいです。そのことを実家の隣のおばちゃんは「そら豆はお歯黒になったら、固くなるきね~。年寄りは固いで食べられんごとなるき、いらんばい(そら豆はさやの上の部分が黒くなってきたら、熟れすぎていて皮が固いので、年寄りは食べることができないので、いらないよ)」と、表現しました。それで、この地方では?熟れたそら豆のことをお歯黒というのだということをゆめこは初めて知りました(≧▽≦)

 Img_1880 今日はお歯黒の話題でしたので、黒いダリアを使った作品をアップしました。《黒いダリア》と表現しましたが、正しくは《深紅のダリア》ですね。ゆめこはこのセクシーな花が大好きなのですが、個性が強いので、いつも組み合わせる花材を悩みます。そして、今回はくすんだ色のマルバユーカリと組み合わせましたが、そのままでは色が沈んでしまうので、明るい緑色とクリーム色が鮮やかなナルコユリを挿しました。すると同じような丸い形の葉だけになってしまうのでアクセントに大ぶりのシダを持ってきました(*^-^*)

 

2020年5月24日 (日)

5年ぶりに

 Img_1947 我が家の田んぼの田植えが5年ぶりに完了しました。多分、この部分だけを読まれた方は「⁇ どういう意味?」と思われていると思います。実は、ゆめこもコミュニティの農作事情がよくわかっていなかったのですが、やっとわかってきたのでご説明いたします。実はコミュニティは高齢者が多く、所有している田んぼは”営農組合”という会社が計画的に活用してくれています。だから、1年ごとに米、麦、大豆などをローテーションで作っているので、我が家の田んぼは実に5年ぶりに水が入ったのです。そして、なぜか、その田んぼにつがい?のカモが飛んできたのです。この辺でカモを見ることはめったにないので、本当に珍しい風景なのです!近づくと逃げてしまうので、遠くから目いっぱいズームにして撮影したのが左の画像です(^O^)/

 Img_1945 今日の花はミニカーネーションとモンステラを純白のレースでラッピングした作品です。真っ白な雲の上(純白レース)をミニカーネーションとモンステラの鳥が羽ばたいていくようなイメージに組み立てたので、今日の話題にぴったりだと思いますがいかがでしょうか(*^-^*)

2020年5月23日 (土)

花菖蒲

 Img_1934 昨日、久しぶりにゆめこ御用達花屋さんに行きました。最近はとても忙しくて、ゆめこ専用花畑で花を育てていながら仏様にお供えする花や家に飾る花を交換していなかったので、家じゅうの花の元気がなくなってきました。それで、なんとなく家やアトリエが殺風景になってきたからです(´;ω;`)ウッ…

 そして、今回は”花菖蒲”を発見しました!ゆめこ専用花畑には黄菖蒲はありますが、紫色の花菖蒲がないので、毎年、鎧を飾った時には紫色の花菖蒲を買って兜の横に飾っています。ところが今年はなかなか手に入らなくて・・・!やっと、ゆめこ御用達花屋さんで購入したので飾ってみました(*^-^*)

 Img_1861 今日は五月飾りの画像なので、こいのぼりの壁掛けの下に飾っていた”鯉のぼりのイメージ”で生けた作品の画像を選びました。花材はクリーム色のダリアと黄緑色のトクサです。細長い透明のガラス器に生けるので、花材の足元がきれいに見えるように生けています(^O^)/

2020年5月22日 (金)

ネーミング

 Img_1923 Img_1924 ゆめこ先生が勤務する通信制高校は来週から授業を再開します。それで来週からは忙しくなりそうなので「今のうちに目いっぱいプライベートなスケジュール(習字の練習マスク作りガーデニングなど)をこなしておこう!」と決めていたのですが、昨日の夕方に突然「明日は出勤できますか?」と副校長のK先生から連絡が入りました。「今年は希望者が1名しかいないので、農業実習は簡単にする」と決定していたのですが、急遽、教室の窓の日差しを避けるためにへちまとゴーヤでグリーンカーテンを作ることになったらしく、その作業をするために出勤することになりました。もちろんゆめこ先生だけでは出来ませんので、昨年同様、管理人のIさんとコンビを組んで農作業をしました。Iさんの軽トラックをのぞいてみると有機肥料のど根性』とイチゴ栽培用の培養土与作』の袋が乗っていました。いつもJAスタッフのネーミングのセンスの良さに感心しているゆめこです(≧▽≦)

 Img_1552 今日は、暑い暑い日本の夏に向けての準備の話題だったので、涼し気な作品の画像をアップすることにしました。小さなデザートグラスにビー玉を沈めて、バラの葉を敷き、その上にコデマリを載せてみました。どちらも生け花の稽古であまった材料です。小さな可愛らしい作品でしょ(*´艸`*)

2020年5月21日 (木)

はじめまして!

 2-1 2-2 今月初めに我が家に新しいメンバーが増えました。それは数百キロも離れた東南アジアからパスポートもビザも取得しない代わりに自力で渡ってきたつばめのカップルです❣ゆめこたちは毎回、東南アジアへは飛行機で往復しますので彼らのエネルギーには脱帽です(笑)義母が暮らしていた時にもここに巣を作っていた形跡が残っていましたが、今回のカップルはそれを再利用していました。”つばめは幸せを運んでくる”とよくいわれますが、ゆめこたちはつばめが来たこと自体が家族が増えたように幸せを感じています❣それに、もうすぐ可愛いヒナたちの賑やかな声が聞こえてくるのでそれも楽しみです(≧▽≦)

 Img_1549 花の画像を見ていましたが、この作品が一番今日の話題に似合っているのではないでしょうか?小さくて丸みを帯びた茶色の花器がつばめの巣のに似ていますし、白い小さなコデマリが巣から身を乗り出して親鳥に餌をせがんでいるヒナたちのようなイメージなので、今日の花はこれに決定しました(*^-^*)

 

2020年5月20日 (水)

肉球の(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 Img_1916 ただ今のゆめこのマイブームは【手作りマスク】作りです。夫や次男にゆめこオリジナルマスクを作っては渡しております。もちろん、自分用も作っているので、日替わり着せ替え?で楽しんでおります。次男に「マスクを作ってあげるね」と連Img_1910 絡したところ「肉球付きでお願いします」といわれました。それで、ストックしていた黒のフェルトを使Img_1571 い、”猫の肉球イラスト”をネットで検索して参考にしました。猫のアップリケは100円ショップで買いました。あとの2枚は、ゆめこの未使用ハンカチで作ったものです。やっぱり、肉球マスクがお気に入りのようですね(笑)そういえば、先月に購入した愛車にも肉球のシールを自分で作って張り付けていましたっけ!お月様の中に小さな肉球がありますがわかりますか(≧▽≦)→

 Img_1666 今日の花は、次男に敬意を表して?次男の会社で育てているアスターとハーブをそれぞれ試験管風の花器に挿した画像をアップしました。左からコロニラ、アスター、ギムノカルパです(*^-^*)

2020年5月19日 (火)

今日からは…(笑)

 Img_1911 今日は夫の65回目のバースデイです💛

そうです!今日から夫はれっきとした?前期高齢者となりました!!おめでとうございます(*^▽^*)パチパチパチパチ

朝からFacebook経由で、オーストラリアフランススイスベトナムノルウェー、もちろん日本国内の友達や息子たちからもバースデーメッセージが届いて、返信に大忙しでした。そして、先ほどは次男からプレゼントされた【大吟醸で晩酌】をし、上機嫌でした(≧▽≦)

 Img_1537 皆さん、温かいメッセージを本当にありがとうございましたm(__)m

 今日の花は、バラとミニカーネーションの生花です。主役のバラは今日の主役である夫、ミニカーネーションは♬ハッピーバースディ ツーユーと歌っているゆめこと息子たちというイメージで、この作品を選んでみました(^O^)/

2020年5月18日 (月)

ホタル発見!

 Photo_20200518221901コバンソウ》という植物を知っていますか?ゆめこが住んでいる町ではどちらかというと《ヒメコバンソウ》という、小ぶりの草の方が多く見かけられます。この草が生え始めると蛍が飛び始めるので、ゆめこは最近まで勝手に《ホタルグサ》と呼んでいました。植物図鑑をよく見るようになった数年前に正式な名前を知りましたが…(笑)そのヒメコバンソウが、ゆめこのウォーキングコースにもびっしりと生えています!そして、ゆめこ専用花畑でついに今年初めてのホタルを発見しました!ゆめこの自宅近くの河原は地元では有名な”ホタル観賞地”なのですが、3年前の水害以来あまり見かけなくなっています。「今年は少しは増えるのかな?」とちょっと期待しています(*^-^*)

 Img_1875 今日の話題は”ホタル”です。左の画像のどこにいるかわかりましたでしょうか(笑)ゆめこの自宅近くの河原にはたくさんの竹笹が映えています。夫の話によると「この竹藪の水辺に繁殖する植物に蛍は住み家を作るんだよ」とのこと!だから、今日の花は、竹藪の中で暮らしているホタルのイメージの作品を選びました。竹藪は短くカットしてまとめてひもで縛ったトクサ、固いダリアのつぼみはつがいのホタルです。そんな風に見えませんか(*^▽^*)

 

2020年5月17日 (日)

親ばか?

 Img_1849 数日前にゆめこ専用花畑にやっとジャーマンアイリスが咲いたことをご報告しました。濃い紫色の花びらに包まれた中心部は優しいクリーム色の花で、「他の株にもつぼみがついたので、どんな花色か楽しみです」といった内容でした(5月5日の記事でした)。そして、それから数日後に新しい株から咲いたのが左の画像の花です。花びらも中心部も同じく濃い紫色でした。紫&クリーム色も珍しかったのですが、今回の濃い紫&濃い紫は初めて見ました。ネットの画像でも見当たりません!今日もウォーキング中にあちこちでジャーマンアイリスを見かけましたが、ゆめこ専用花畑のような大輪で色合いの花はありませんでした!ってやっぱりこれも親ばかというのでしょうか(*^▽^*)

 Img_1887 では、親ばかついでということで(笑)今日の作品は次男が作ったフラワーアレンジメントです。彼の会社で育てているアスターとハーブを使って、会社の人たちとみんなで、作品つくりをしたそうです。それを自宅の玄関に飾っていたので撮影しました!さすがに花を育てる会社で10年以上勤務しているとから花心が分かっているな❣などと思って感心しているゆめこはやっぱり親ばかですね(≧▽≦)

2020年5月16日 (土)

雨の日は❣

 Img_1900 Img_1897 天気が良い日は、畑仕事が待っています!野菜や花の手入れ、草取り、水やりとキリがありません。それでは、雨の日は何をしているのでしょうか?今までは、習字教室と英会話教室がお休みだったので、自宅で習字の提出作品を書きあげたり、英会話の復習や宿題などを自主学習していました。それらがひと段落ついたので、以前から計画を進めていた【手作りマスク】製作に取り掛かりました。『今日は雨の予報』だったので、昨夜から材料をそろえたり、型紙を作ったり、手順を確認したりとワクワクしながら準備をしました(≧▽≦)

 そして、出来上がったのが左の画像です。夫のマスクはロベルタのハンカチが部分的に汚れてしまったのでそれを使用しました。ゆめこのマスクは以前に知り合いからロールでいただいImg_1896 たレースの生地を使用しています。ガーゼやゴム紐などが品不足なのですが、なぜか夫の店の倉庫から大量の未使用の医療用ガーゼが出てきたので、ゴム紐だけをネットで購入しました。明日もまだまだ、手作りマスクを作る予定です。どんなデザインにしようか考えるのはとても楽しい時間です(≧▽≦)

 Img_1881 今日の花は、上のゆめこの後ろに映っているピンク色のダリアの作品をアップしました。ダリアの鮮やかなピンク色が映えるように白磁の一輪挿しに生けてみました。そういえば、昨日の作品と同じ花器ですね。これは、焼酎の燗をつける時の器を作る過程で出来上がったとのことです。形も色もシンプルなので、色々な花に合うのでよく使っています(*^-^*)

 

2020年5月15日 (金)

SEE YOU❣

 Photo_20200515192301 昨日は午後から約2か月ぶりにI先生宅の英会話教室に行きました。いつもは午前中のレッスンなのですが、昨日の午前中にゆめこの自宅コミュニティで家庭訪問をしていた仲良しの美咲先生と偶然、会ってちょっと立ち話をしたので、午後からに変更してもらいました。その後、!先生宅に行きましたが、いつもは別室で静かにしている先生の愛犬の豆柴《あずきちゃん》がお出迎えをしてくれました。その後もしばらくそばを離れずに甘えてくれるのでとても可愛かったです💛久しぶりのレッスンなのでみっちり1時間、英会話レッスンを楽しみました(笑)そして、ふと気づいたのが、自宅コミュニティのおじさんとおばさん、夫と次男以外の人(I先生と美咲先生)との会話は2か月ぶりでしたなんかうれしい気分❣そして、I先生のご自宅を出ようとしたときに振り返ると《あずきちゃん》が網戸越しに見送ってくれていました。きっと「またね!」じゃなくて「SEE YOU!」といってくれたと思います(*´艸`*)

 Img_1249 あずきちゃんという古風な名前にちなんで、今日の花は薄い小豆色?の小菊の作品を選びました。白い個性的な一輪挿しに小菊とマルバユーカリを挿したシンプルな作品ですが、清楚な感じが好きです。4月の作品ですが、なかなかジョイントする話題がなかったので、やっと登場できてよかったです(*^-^*)

2020年5月14日 (木)

スケジュール

 1_20200514205901 2_20200514205901 今夜、ゆめこが暮らしている県も【緊急事態宣言】が解除されました。でも、本当に世の中が安定するまでは、今まで通りの買い物や外出はできそうもありませんね、画像は【ステイホーム週間】の前後の我が家のスケジュールボードです。青色のペンが夫赤いペンがゆめこ黒いペンが夫婦共通のスケジュールを書き込むようにしています。最近はコロナウイルス禍によって、「60歳以上の高齢者」というフレーズがよくTVで流れるようになりましたね。ということは、もちろん、ゆめこたちも立派な高齢者?なので、こんな風にスケジュールを書き込んでいないと忘れてしまうのです。でも、一日も早くこのスケジュールボードが埋まる日というか、みんなが安心して普通の生活ができる日が来ることを祈っています(*^-^*)

 Img_1417 今日の花は、盛りだくさんの花を使ったフラワーアレンジメントの画像にしました。母の日がある5月らしいカーネーション盛りだくさんの作品です。母の日定番の真っ赤な大輪のカーネーション、優しいサーモンピンクのミニカーネーション、アルストロメリアのつぼみと純白のカスミソウをアップルクッキーの空き缶に山盛り詰め込みました(笑)この花たちを見て、少しでも気持ちが明るくなってほしいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

2020年5月13日 (水)

雨上がりの朝に

 Img_1817 ただ今のゆめこ専用花畑では黄ショウブ、ストロベリーキャンドル、タピアンペチュニア、シランなどなどが花開いておりますが、主役は2種類のジャーマンアイリスとスイトピーだと思います。スイトピーも、昨年秋に種まきをした後、芽が出だした頃にベトナムに行き、帰国した時には、もう間引きや摘芯ができる状態ではなかったので、そのままにしていたら好き勝手に伸びてしまいました!でも、赤、白、ピンク、パープルときれいな花を咲かせ甘い香りを漂わせてくれています。Img_1808 そして、先週末の大雨が降った翌朝、水滴がきれいだったので撮影していたら、羽化したばかりのモンシロチョウが雨に濡Img_1813 れて飛べずにいるところを偶然撮影していました(゚д゚)!

さて、モンシロチョウは左上の画像のどこにいるのでしょうか?ほかにも水滴がきれいだったギボウシとヒペリカムの画像もアップしました(≧▽≦)

 Img_1813 Img_1547 Img_1813今日は、モンシロチョウの話題だったので、花や草の間を楽しそうにモンシロチョウがひらひらと飛び回っているようなイメージの花を選びました。花材は中心が濃いピンク色の白いガーベラと玉シダです。柔らかな春の日差しを感じさせる雰囲気に仕上がりました(*^-^*)

2020年5月12日 (火)

お宝発見!

 Photo_20200512211901 昔々あるところにお爺さんとばおあさんが暮らしていました。お爺さんは今日も山へ柴刈りに、おばあさんは新しい花の苗を植えるために、鍬で花畑を耕しておりました。すると、土の中から何やら丸くて固いものが1つ出てきました。おばあさんはそれを「⁇」と思いながら捨てずに花畑の横に置きました。しばらくして柴刈りを終えたおじいさんが畑にやってきたので、おばあさんはそれをおじいさんに見せました。泥を落としてこすると何やら文字が見えるではありませんか。それを水洗いすると【天保貨幣】という文字が見えてきました。でもまだ、錆びだらけです。それでおじいさんが「これは梅干しの酢に一晩浸すといいよ」というので、おばあさんがその通りにすると、次の日の朝にはこれだけきれいになっていました。めでたしめでたし(*^▽^*)

 Img_1320 今日はお宝の話題だったので、ゴージャスな花の作品にしました。ハイブリットタイプの大輪のユリと小さいながらも存在感のある深紅のベルベットのようなバラの組み合わせです。どちらも主役を張れる花ですが、あえてこの二種類の花だけで生花を生けてみましたが、いかがでしょう(*´艸`*)

2020年5月11日 (月)

美味しくて!

 Img_1840 夫は、毎日の晩酌の時には必ず❝枝豆❞を食べます。家だけではなくて、日本国内での旅行だったら❝枝豆❞を注文するのです。去年は由あんどファームでも枝豆を育てたのですが、ほとんどが虫の餌になってしまいましたΣ(゚д゚lll)ガーン それで、もっぱら冷凍の枝豆を食べています。

Img_1845  ところで、本日の由あんどファームでの収穫はエンドウ豆とそら豆でした。エンドウ豆(グリーンピース)は煮物やピースご飯で食べましたが、そら豆は塩ゆでして、枝豆代わりにビール(発泡酒)のおつまみにしました。ところが!美味しくて!美味しくて!結局、2回も茹でて本日に収穫したものは全部食べてしまいました。右側の画像は茹でる前の粒ぞろい?のそら豆たちです(*^▽^*)

 Img_1664 今日の花は、ゆめこ専用花畑で育てたフリージアの作品です。これは、花よりも(フリージアさんごめんなさい)ベトナムコーヒーのパックを花器に使ったことに注目してください!もちろん中にはガラスの器を入れていますが、コーヒー豆のパックは結構丈夫なので、こんな風につかってみるのも楽しいと思います。だから、今日は『豆つながり』ということで(≧▽≦)

2020年5月10日 (日)

観葉植物

 Img_1825 今日は『母の日』でしたので、次男が観葉植物の《パキラ》をプレゼントしてくれました。ゆめこは今日は夫の経営する添田模型センター横にあるアトリエに行かなかったので、プレゼントを夫に預けてくれました。長男と他県にいる三男からは自粛中なのでメッセージがきました!

 ゆめこは、動物も植物も大好きなのですが、毎年、長期の旅行をするので、動物を飼うのはあきらめています。その代わりに花や観葉植物をたくさん育てています。それも、小さな時から育てるのが好きで、今の家に引っ越してから100円ショップで3個とホームセンターで1個168円(税込み)のものを6個買って育てています。一番古い観葉植物は12年前にImg_1788 198円くらいで買った《ドラセナ・コンシンネ》です。当時の身長?10㎝くらいでしたが、今は157㎝のゆめことほぼ同じくらいになっています。ゆめこたちが旅行で不在の時Img_1834 は次男が水やり係をしてくれていますので、新しく仲間に加わった《パキラ》もまた、次男に水やりをお願いすることになりそうです(笑)大切に育てていきたいと思います(*^▽^*)

 Img_1762 今日の花は、『母の日』にちなんで、赤いカーネーションの生花です。去年はゆめこ専用花畑でたくさんのミニカーネーションを育てたのですが、今年はカーネーションを作らなかったので、これはゆめこ御用達花屋さんで2週間前に買いました。コロナの影響もあってか、とても花が少なくて・・・。でも、カーネーションはとても花持ちがよくて、華やかですね。特に真っ赤な大輪のカーネーションは存在感があるので、軽やかな鳴子ユリと組み合わせ、アクセントに大玉のビー玉を水際や剣山の上に飾りました。(^O^)/

2020年5月 9日 (土)

季節のスイーツ♡

 1_20200509213201 今年も野いちごジャムの季節がやってまいりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡毎年、ゆめこは以前勤務していたS中学校のスーパー用務員さんだったKさんのご協力で、生徒たちと野いちごジャムづくりを楽しんでいたのですが・・・。今年は、2_20200509213501 なんと4月からちゃーんと野いちごの花が咲き誇っている場所を把握していたのでした!なぜなら、ゆめこというか、夫は以前に住んでいた家(今は次男が住んでいます)コミュニティの隣組長さんだったのです。それで、ゆめこはいつも、回覧板を回したり高齢者のお宅を訪問したりしていて、その場所を発見し3_20200509213501 たのです!そして、昨日、行ってみると辺り一面に真っ赤な野いちごが実っていました❣左の画像です。夢中で、採っていたら、大きな木の枝で数回おでこを打ちましたが、そのかいあって?とてもきれいな粒がたくさん収穫できました。一晩塩水につけても、ほとんど虫が出てこないほどきれいな野いちごでしたよ。まだまだ、採りきれないほどたくさんありますが、後は小鳥や虫たちに譲ってあげましょう(笑)次の日には、ジャムを作ってヨーグルトにかけていただきました。今しか食べることができない季節のスイーツです(*´艸`*)

 Img_1660 今日は野いちごの話題だったので、野いちごのような赤くて丸い可愛らしいアスターの作品をアップすることにしました。実は、次男が勤務している会社は一年中アスター(えぞ菊)をハウスで栽培しています。だから、時々、試作品や珍しい品種のアスターを持って帰ってくれます。この赤いアスターやおなじみのピンク色のアスターと同じく会社で育てているハーブ(ギムノカルパ)をくれたので、花壇づくりをしていた時にとっていたギボウシの葉と組み合わせてみました。この頃は気温が高い日が続いていたので、涼し気なガラスの器に生けてみました(*^-^*)

2020年5月 8日 (金)

保存方法

 5_20200508220401
タケノコは、やっぱり堀りたてが一番おいしいです。特に自宅コミュニティの山に生えるタケノコは柔らかくてアクが少なく、とてもおいしいのです。ゆめこが小さかったころは、毎年、父と一緒にタケノコ掘りに行っていましたが、その時に食べていたタケノコはここで採れるタケノコよりも固かったように記憶しています。

 2_20200508220601 2_20200508220601

 それにしても、自宅コミュニティの人たちはみんな自分ちの山があるので、近所におすそ分けするわけにもいかず、「どうしてこの大量のタケノコを消化しようか?」と頭を悩ませます!もちろん、煮物、てんぷら、メンマ、たけのこご飯、春巻き、炒め物などなど考えつく限りの調理をしては食べています。左の画像は、てんぷらと煮物、たけのこご飯です。そして、ある日、前の家のおばさんがむしろにカットしたタケノコを干しているのを発見しました!「そうだ、干しタケノコにすれば、長期間保存できる!」と思って、早速「おばちゃん、干しタケノコの作り方教えて!」と尋ねるPhoto_20200508224401 と、「こんな風にしたら、一番手がかからんでいいよー!」と教えてくれたのが右の画像のように針金ハンガーにかける方法でした。

 

 早速、教えてもらった通りにしてみたのですが・・・。なんせ、茹でてアクぬきをしただけの生の状態なので、ぶわ~ッとコバエが寄ってたので、ゆめこは「うわ~っ!」と叫んでしまいました。そして考えついたのが、例の虫をよせつけなくするらしい《虫●ナー●》というぶら下げ式の虫よけを干しタケノコ用の針金ハンガーの横につるしました。さて、コバエたちはどうなったのでしょうか(*´艸`*)

2020年5月 7日 (木)

おじいさんは・・・

 1_20200507210901 昔話の始まりは「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは山へ柴刈りにおばあさんは川へ洗濯に」というフレーズで始まりますが、このしば刈りというのは草の芝ではなくて、焚きものにする小枝などを拾い集めることをい2_20200507210901うのです!だから漢字にすると”柴刈り”となります。と、前置きが長くなりましたが、うちのおじいさん(笑)じゃなくてゆめこの夫は、この頃、裏山でタケノコを掘ってくるついでに柴刈りをしてきます。そして、それを使ってお風呂を沸かしていますので一石二鳥なのです(*´艸`*)

 それで今日は、今年初めて裏山でタケノコ堀をしたときの画像をアップします。一緒に行ったのはこの時だけで後は、夫が一人で、タケノコ堀り&柴刈りを頑張ってくれています。その時間にゆめこはウォーキング健康アップを頑張っています(*^▽^*)

 3_20200507211001 右側の画像は、ゆめこの身長をはるかに超えるまで、成長したタケノコですが、こうなったらもう食べられません!このままほっておくと立派な孟宗竹(もうそうだけ)になってしまっ4_20200507211001て、植林したヒノキの成長の邪魔になるので、切り倒しておきます。そして、もう一枚の画像が、この位置から下でゆめこを撮影してくれた夫からスマホを受け取った直後に撮影した画像です。なんか面白いアングルなので、見るたびに笑ってしまいます(^O^)/

2020年5月 6日 (水)

昨日は・・・

 Img_1774 昨日は5月5日『こどもの日』でしたので、本当は昨日アップするつもりだったのが左の画像です。昨夜、ブログをアップした後で、「アッ、今日は粽(ちまき)の話題のつもりだったのに・・・」と、ゆめこがつぶやくと、夫が「我が家には『こどもの日』の行事をするような小さな子はいないからね」とひとこと。確かにその通りでした(笑)子どもたちが小さかったころは、こいのぼりを上げたり鎧を飾って、ちまきや柏餅を食べて、しょうぶ湯に入ったのですが。ゆめこ専用花畑にも、菖蒲(ショウブ)を育てているので、「菖蒲湯にしようかな?」と思ったのですが、おじさんおばさんが、今から健やかに成長するわけでもないので止めておきました!それとも健康な老後を迎えるために菖蒲湯を沸かした方がよかったのかしら(*´艸`*)

 Img_1557 Img_1668 さて、今日の花は《菖蒲の生花》が良かったのですが、今現在、ゆめこ専用花畑の菖蒲では生けることができません!なぜなら、花壇づくりを始める前に夫が草刈りをしたのですが、その時に新芽が出てきていた菖蒲もきれいに刈り取ってしまったのです(゚д゚)!それでも、一か月も経たないうちに生命力の強い菖蒲は葉を伸ばし、つぼみもついてきています!

 それで今日の花ですが、花材は山で見つけた名前の解らないとがった草、夫は「新種の植物かも?」といっていますが…(笑)と玉シダ、オンシジュームの生花です。ゆめことしてはツンと天に向けて伸びている草が竿、玉シダが吹き流し、そして黄色のシンビジュームが鯉のぼりに見えるのですがいかがでしょうか(*^-^*)

2020年5月 5日 (火)

やっと咲いた!

 Img_1729 ゴージャスでセクシーな(あくまでもゆめこの個人的な感想です)ジャーマンアイリスが大好きで、一昨年の春に球根を3個買いました。咲く日を楽しみにして、花畑を耕し、水を切らさないように与え、肥料もたっぷりまきました。すると、葉がどんどん伸びて量も増えました!

ところが全くつぼみがつきませんΣ(゚д゚lll)ガーン「まぁ、はじめての年だから仕方ないかな?」とあきらめて、翌年に期待を持って、また、水やりを欠かさず、肥料もたっぷり与えたところ、葉っぱがどんどん広がり、球根も巨大になったのですが・・・ツーシーズン目もやっぱり花がつきませんでした(´;ω;`)ウッ…さすがのゆめこも「これは何かが間違っている!」と思い、ネットで調べたところ、『よくある失敗は肥料の与えすぎです』とありました。それで、それ以来、ほとんど肥料は与えずにいたら、今年はこんなに大きな花がたくさん咲きました。これは一色目の濃い紫色ですが、他の株にも次々とつぼみをつけているので、とても楽しみです(*^▽^*)

 Img_1657 今日はゆめこ専用花畑のジャーマンアイリスの話題だったので、やっぱりゆめこ専用花畑で育てたフリージアの作品をアップします。このフリージアは昨年11月にベトナムに行く前に植えましたが、全く手入れができないままでした。何とか花が咲いたのですが、あまり良い出来とはいえませんでした。やっぱり、それぞれにふさわしい手入れをしないと思うように育ちませんね。茎が伸びず背の低い花ばかりだったので、庭の何かの葉っぱと組み合わせた小さな作品になりました(*^-^*)

2020年5月 4日 (月)

花壇を作ったよ!

 Img_1487 Img_1443 もともと、【ゆめこ専用花畑】はゆめこの生け花やフラワーアレンジメント、また、花育教室の時に使用するための花材を育てる目的で、義母が畑の一部を『生前贈与』(と夫が言っております(笑))してくれたものです。ところが、花が咲き始めると近所のおばさんたちが「きれいに咲いたねー!」「花を見るのが楽しみー!」と口々に褒めてくれるので切ることができなくなってしまいました。それで、畑にたくさんお花を植えていたのですが・・・。ある日その花たちを見ていて「なんか変??」と思いました。それが左の画像です。

 そのことを夫に伝えると「花の回りを囲ってないからね~」とのことです。それでやっと気づいたのでImg_1697Img_1673 が、野菜畑にまるで野菜の苗を植えるように花を植えていたのです。「これじゃあ、なんか花がかわいそうね。せっかく近所のおばちゃんたちが見てくれるならもっときれいにしたい❣」ということで本格的な花壇を作ることにしました。夫が経営する添田模型センターはただ今、電話予約のお客様が来店されるときだけしか店を開けませんし、非常勤のゆめこは休校中なので時間はたっぷりあったので、毎日、朝から夕方まで取り組むことができました。手入れがしやすいように小さなブロックに分けたのですが、なんと13個もできました‼

 Img_1706 たくさんの種類の苗や種や球根を植えました。ここ数日の夏日のような暑さと昨日の雨で、ひまわり、ケイトウ、コスモス、アスター、バジル、キンレンカが発芽し、グラジオラスの球根から芽が出てきました。左の画像はフォックスフェイスの苗を植えているところです。これから、毎日、花壇が変化していくのがとても楽しみです。花が咲いたら、また、画像をアップしますのでお楽しみに(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2020年5月 3日 (日)

閑話休題?

 Img_1644 今日のタイトルの使い方が正しいのかちょっと微妙ですが・・・。残念なことに、緊急事態宣言が今月末まで延期になってしましましたね。ゆめこの【海外旅行シリーズ】は5月7日で終了する予定だったのですが、今月末まで続けると、毎日の出来事や作品の時期がずれてしまいそうなので、今日からしばらくは、以前と同じようにゆめこの身近な話題と花の作品をアップしようと思います!

 4月の終わりから、ゆめこの自宅コミュニティでは《早場米》の田植えが始まりました。田植えの前にはトラクターを使って大掛かりに田んぼを耕します。すると、土の中で平和に暮らしている?ミミズやその他の虫たちが突然、地上に放り出されるのですが、それはシラサギ、アオサギの大好物なのです!それで、画像のようにトラクターの後ろからサギたちがくっついていくのです。でも、こんな風に行儀よく一列に並んでいるのは珍しいのでアップしました(*^▽^*)

 Img_1422 今日の花は、葉っぱの感じが鳥が羽ばたいているように見えるので、透明のガラス器に挿した2本のアルストロメリアのつぼみの画像を選びました。いつも説明していますが、透明の器は透けて見えるので茎の始末が重要になってきます。今回は、撮影時はつぼみでしたが3日後くらいからアルストロメリアが鮮やかに花が開いてくるので目立たない茶色のワイヤーを花器の底に沈めて、花止めにしました!(^^)!

2020年5月 2日 (土)

国境を越えて

 Dscn0613 島国の日本では体験ができない貴重な体験が、陸路の国境越えです!ゆめこは生まれて初めての体験でした。荷物のチェックなどはされませんでしたが、書類のチェック?のために事務所に連行?されたのですが、屈強な国境警備員たちが大きなライフルをポーンと軽く投げて笑いながら同僚に渡しているのを見て、「やっぱり大陸はスケールが違う!」と思ったゆめこでした。国境では夫が運転しましたが、アメリカに入ったら田舎道が続いたのでゆめこが運転したのですよ(*´艸`*)

 Dscn0761_20200502210301 Dscn0746Dscn0746_20200502210601シアトル航空博物館】には夫が日本航空に在職中にほかのスタッフと一緒に製作した《ボーイング747ー400の1/20ラジコンモデル》が展示されているということだったので行ったのですが、寄贈したのがかなり前だったので、もう展示していませんでした。残念!でも、たくさんの珍しい飛Dscn0697 行機や展示物を見学できたので満足でした。また、ボーイング社の《ファクトリーツアー》にも参加し、世界中の空を飛んでいる飛行機の製造過程を見ることができました。右の画像は日Dscn0755 Dscn0754 本(三菱重工)で製作されたボーイング787(ドリームライナー)の主翼を運んできた飛行機が到着したところでした(一番手前のズングリな飛行機です)その向こうの緑色のカバーがされている飛行機と鶴丸マークの日本航空の飛行機も完成途中のB787です(゚д゚)!親子三人の写真はボーイング本社前で、ボーイングのスタッフが撮ってくれました(*^-^*)

後の画像は、【シアトル航空博物館】でのスナップです!

Dscn0695 ここでは飛行操縦体験もできます。夫と三男がそのマシーンから出てきたところです→

2020年5月 1日 (金)

バンクーバーにて♡

 Dscn0860
「ここはどこですか?」と思わず聞いてしまいそうな画像を数枚アップしましょう(笑)ゆめこが薄紫色の紗の小紋を着ているのは、コロンビア大学敷地内にある【NITOBE メモリアルガーデン】です。そうです。一昔前の5000円札に印刷されていた『新渡戸稲造』の功績に対する記念の日本庭園です。ここは日本人の三本指に入る職人さんが作ったのだそうです。

Dscn0888Dscn0881

それと、夫も三男も甚平さんにスニーカーといった面白いいでたちですが、これもバンクDscn0894
ーバーですよ。日本の大企業《ホンダ》が主催する花火大会が3日間連続で開催されるのですが、この日は【イタリア花火】の日でした。湾内に停泊した大きな船の上で打ち上げるので、360度の海岸に観客が押し寄せていました。一度立ったら元の席には戻れないので、最後までこの場所で見学しました。

 Dscn0930_20200501213901
同じ場所から動けなかったのは、【プライドパレード】の時も同じでした。パレード前から、ホテルのこの場所に座り込Dscn1006 Dscn1106

 

み、パレードが終了するまでの約7時間、ここで大盛り上がりでした。このパレードが、とても楽しかったので、アムステルダムでもプライドパレードを見学したことは以前お伝えした通りです(*^-^*)

 

 Dscn0774
Dscn1143 最後は、買い物風景です。夫と三男が選んでいるのは【グランビルアイDscn0779 ランドの市場】にある果物売り場のアメリカンチェリーです。でも、画像が地味なので、カラフルな果物が山盛りになっている画像も合わせてアップしました。最後はホテル近くのマーケットで発見した❝バターの塊です。(゚д゚)!業務用ではありません!あくまでも一般家庭用なのです。ほかにもバケツに入ったポップコーンや巨大な容器に入った牛乳など!やっぱり、大陸はスケールが違います(笑)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »