フォト
無料ブログはココログ

« やっと合格❕ | トップページ | 3パターンの2とアケビ »

2020年9月29日 (火)

3パターンの1とキアゲハのお話

 Dscn5462 ゆめこ御用達花屋さんで、石化柳(セッカヤナギ)を買いました。とても個性的な花材なので、何度も枝を手に取って見比べて面白い形のものを2本選びました。そして今回はそのセッカヤナギで3パターンの作品を生けてみましたので、今日から1つずつ生けた順番どおりにアップします。まず、初めはセッカヤナギだけの作品です。自然が生み出した曲線と直線の面白さが際立っていると思いますがいかがでしょうか(*´艸`*)

 今日はモノクロ?画像だったので、カラフルなキアゲハの羽化の画像を組み合わせてみました(笑)モンキアゲハがぶら下がっているのは、なぜか、自宅の勝手口の前にある小さな畑らしき場所に植えているネギです。以前もブログの記事に書きましたが、我が家の庭の側溝には毎年、たくさんのカラーの花が咲きます。ところが、今年はなぜかアゲハチョウの幼虫が大量発生してカラーの葉っぱと花を食べ尽くしてしまいましたΣ(゚Д゚)

 その代わりにお盆にはキアゲハ、アオスジアゲハ、モンキアゲハなどカラフルなチョウチョたちが我が家の周辺を飛び回っていました。それで終わったかと思ったら、ただ今、第二弾の繁殖期らしくて、せっかく出てきたカラーのDscn5380 新芽も青虫たちに食べ尽くされています。もしかしたら、その中の1匹がこのねぎまでやって来てここでサナギになったのでしょうか?夫が「ネギにアゲハチョウがぶら下がってて、元気がないから、もうダメかもね」とある朝、朝食準備中のゆめこに言うので見に行ってみると右の画像のような状態でした。チョウチョの生態には詳しくありませんが、「これはサナギが羽化した直後で、羽が乾燥するのを待ってるんだと思うよ。羽が乾いたら飛び立つと思うよ」となぜか、きっぱりと言い切ったゆめこです(`・∀・´)エッヘン

朝食後に行ってみるとキアゲハはいなくなっていたので、多分、ゆめこの推理は正しかったと思うのですが、もし、違っていたらごめんなさい❕

« やっと合格❕ | トップページ | 3パターンの2とアケビ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと合格❕ | トップページ | 3パターンの2とアケビ »