フォト
無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月に作成された投稿

2020年10月31日 (土)

霧島連山

 Photo_20201031215001 今朝、4時半起床で5半出発の予定が、途中でウィンドブレーカーを忘れたことを思い出して一度自宅に戻ったので、出発は6時になってしまいました!それでも、厳守しなければいけないような到着時間は決まっていないので、年齢に応じたペースで、あちこち寄りながら都城市に向かっていきました。今日は風が冷たかったのですが、青空が広がっていて空気が澄んでいたので、霧島連山がはっきり見えていました。それで急遽、九州自動車道下りの”霧島サービスエリア”で停車し、写真を撮ったのですが・・・。山々の固有名詞が全く分かりません!ここには山の名前を標記したプレートがありますが、それでも全く分かりません😨

 Photo_20201031215201 Img_3722 それで、そのプレートを見ながら話し合っているおじさん二人に「新燃岳はどれですか?」と聞くと顔を見合わせて「・・・」すると、観光バスから降りてきたおばさんが自信たっぷりに「あれ!あれが新燃岳じゃぁね。そして、あれが由布岳!」ときっぱりと断言しました。おばさんが、教えてくれた山をしっかり撮影して、先ほど、インターネットで確認したのですが「・・・?」おばさんが教えてくれた通りに紹介しますが、左上が”新燃岳”で右下の尖った山が”由布岳”でもう一つが、中岳だそうですが???なんか違っているような気がします。だって由布岳は大分県の山だったはずですし・・・。でも、しっかりした山口弁のおばさんが、「懐かしいなぁ」と感慨深く言っていたので、それでもいいか。とその時は思ってしまった、かなりいいかげんなゆめこです。ところで、なぜ、新燃岳に興味を持ったのかといいますと、ただ今、ホーチミン師範大学日本語学部で『防災』についての授業をする予定で教案作りをしているのですが、「火山噴火」の項目で新燃岳が出てくるのです。それで、偶然にもここで出会ったので(笑)ぜひ、確認しておきたかったのですが・・・。やっぱり、また調べ直してみようと思います!(^^)!

 

2020年10月30日 (金)

魔女の宅急便

 Dscn6282 由あんどファームの周辺や隣のおばちゃんの畑や庭にたくさん、たくさん自生している?セロシア(ノゲイトウ)を見て「魔女のとんがり帽子みたい!」と思いました。それで、ハロウィンをテーマにした今年の最初で最後の花育(フラワーアレンジメント)教室でこの花を使うためにたくさん収集して教室のバケツに浸けていました。楽しくにぎやかな時間が過ぎ、翌日の片づけが終わっても、ふと気づくと、まだ、たくさんのセロシア(ノゲイトウ)がバケツに残っていました。それで、なぜか、アトリエにあった自転車風の花瓶カバー?に「「セロシアを山盛りに挿してみよう!と思い立ち、同系色の器に吸水スポンジを詰めて、次々と紫色のアスターや名前が分からない木の実、白く着色したカズラなど野山で採集したものも挿しながらいつの間にか【魔女の宅急便】のメロディを口ずさんでいました。だから、この作品のタイトルは【魔女の宅急便】にしまし(^O^)/

 Img_3717 明日は、ハロウィンですが、ゆめこは宮崎県都城市に行っているので、多分、ハロウィンの話題は今日で最後です。そして、このスイーツは明日で終了になるのではないかな?などと勝手に推測していますが・・・(笑)某回転するお寿司屋さんチェーン店で食べたカボチャのモンブランですが、なんかちょっと、情けない顔したホワイトチョコレートでできたお化けがトッピングされていました(爆笑)このキャラクターにも名前があるのかどうかわかりませんが・・・。でも、ホワイトチョコレートは美味しかったです。もちろん、モンブランも(*´艸`*)

2020年10月29日 (木)

花瓶ですか・・・?

 Dscn6317_20201029210501
夫が、3Dプリンターで水上飛行機を作っているときに「次は、何でも好きなものを作ってあげるけど、何がいい?」と聞くので、「ユニークな形の花瓶がいいな」と答えていましたが、そのまま忘れていました。すると、ある日「こんなのができたよ」と本当にかなりユニークな色と形の花瓶らしきものを手渡してくれました。そして「もしかしたら少し水がにじむかもしれないけど、その時は、中に何か容器を入れるから大丈夫」と自信満々でいうので、「ありがとう!」と早速、その花瓶に水を入れようとしたのですが・・・!にじむどころか底の方からジャージャーと音を立てて全部そのまま流れ出ましたΣ(゚Д゚)夫は、すぐに「何かぴったりの容器を探すから!」とDscn6342
いいながら爆笑していました!それは、左上の画像の一番左の器です。その横のちょっと背の高いピンク色の容器のDscn6343 水漏れはポタポタくらいだったです(*^▽^*)

 それからもこりもせず(笑)次々と作ってくれますが、全部、そのままでは水がもれてしまいますので水漏れしDscn6338ないように穴の大きさにぴったりの容器を探すのに苦労?しているというか、楽しんでいます。ちなみに一番左の”ジャージャー1号”には3本100円の水糊(みずのり)の容器を、その次の”ポタポタ2号”にはなんと!水ひしゃくのプラスチックの柄(え)の部分をカットして差し込みました。柄がかなり短くなった水ひしゃくは「柄は短くなったけど、まだ使えるからね」と台所に置いていきました。横にある片手鍋の持ち手と比べたら水ひしゃくの柄の長さがよくわかると思います(≧▽≦)

2020年10月28日 (水)

世界でひとつの・・・

 Img_3696 先月に3Dプリンターを買って以来、毎日、プリンターを動かし続けている夫です!最初に作ったのは、もちろん大好きなラジコン水上飛行機ですが、その後も、「勉強のため!日々、勉強だからね」といいながら、昨日も小さなものを「1時間Img_3687 で完成するものを作っている」と言っていました。そして完成したのが左の画像です。なんと、ゆめこ用のイヤリング2種類でした!インターネットで、3Dプリンターの無料データを見ていて「これ、可愛いね」とゆめこが言っていたのが、”鳥かご”でした。ピンク色の”ハートアイ”は夫のチョイスです。3Dプリンターが製作中の画像は夫が撮影したものです。

 Img_3705Img_3716 早速、100円ショップに、アクセサリーパーツを買いに行き、どれがどのように組み合わせられるのか全く分からないゆめこをよそに、夫が二つとも素敵なイヤリングに仕上げてくれました!もちろん、世界中でたった一つだけのゆめこ専用アクセサリーたちなので、とても気に入りました。夫は、まだまだ、挑戦するらしいので、ゆめこは一気にアクセサリーが増えそうです(*^▽^*)

2020年10月27日 (火)

えっ?今ですか?

 Dscn6300 3年前に、以前の自宅フェンスで真夏にたくさん咲いて楽しませてくれた”サンパラソル”という蔓性の花ですが、翌年から花をつけなくなって、昨年は枯れた様になっていたので、ここに引っ越すときには処分するつもりでした。ところが、枯れた茎の横から新芽が出ていたので、ダメもとで、こちらに持ってきて新しい植木鉢に植え替え、日当たりの良い場所において、毎日水やりをしました。すると夏にグングンと茎が伸びてきたので、期待をDscn6206 していたのですが、葉が茂るだけでした。ところが先日、つぼみがつき、少し花が開きかけていました。でも寒い日が続いたので「多分このまましぼむだろうから」と思って記念に撮影していたのですが・・・(左下の画像)その後はポカポカ陽気だったので、3日後の夕方には見事に満開になりました!とても嬉しかったゆめこです(*^▽^*)

 Img_3581 Img_3581_20201027215101 そして、もう一つ、季節外れの花たちをご紹介します。先週、買い物帰りにいつもと違う道を走っていたら、一面の秋桜畑が現れました。そこは、春は菜の花、夏はひまわり、そして秋にはピンク色の秋桜が咲き乱れ、通る人の目を楽しませてくれるのですが、今年は残念ながらコロナ禍で菜の花もひまわりも見ることができませんでした。だから、一面の秋桜を発見した時はいつも以上に嬉しかったです。車を停めて近づいて二度ビックリ(゚д゚)!なんと、所々にひまわりが咲いているではありませんか!なんか得した気分になったゆめこでした(^O^)/

2020年10月26日 (月)

フワフワたまご

 Dscn6297_20201026210701 Dscn6292 先週の料理番組で、とてもおいしそうな”フワフワ卵のスープ”を作っていました。料理名はちゃんと覚えていないので、違うと思うますが…(笑)その時、「卵をフワフワに仕上げるために、卵をよく溶いて、火にかけたスープの入った鍋に網じゃくし(網状のお玉のような形のもの。おたまよりも平べったい感じ)を通して溶き卵を流し込むとフワフワの美味しい卵スープが出来上がります」とシェフ?が説明していましたが、ゆめこは20年近く前に、料理上手のおばさんから、「よく溶いた卵を鍋にかけて熱く熱したスープを円を描くようにかき混ぜながら高いところからゆっくり落とせばフワフワの卵スープになるよ」と教えてもらったことを思い出したので、今日の朝食で試したところ、フワフワ卵スープになりました!スープの湯気でカメラのレンPhoto_20201026212401 ズが曇ってうまく撮れませんでしたが、スープはとても美味しかったですよ。焼き立て食パンもおいしかったです(*^▽^*)

 今日のキーワードは”フワフワ”なので、今日の作品はフウセントウワタを使った作品にしました。風船のように丸い黄緑色の実がついたとても個性的な植物をメインにして、小さな赤い実がたくさんついたスグリ、くねくねとしたウンリュウヤナギなど面白い素材を集めました。でも、それだけではまとまりがなかったので、可愛らしいクジャクソウを根元に挿してまとめてみました(^O^)/

2020年10月25日 (日)

手作りエプロン

 Img_3681 ゆめこ夫婦は、ほぼ毎日、夫は添田模型センターへゆめこは花育教室兼?アトリエに通っています。それらは次男の自宅と同じ敷地にあるので、一日数回次男の自宅にもお邪魔します。もっとも次男は仕事でT市に通っているので、めったに会うことはありませんが・・・。でも、先週の金曜日は菩提寺の御院家がお参りに来られる日だったので、久ぶりに次男とゆっくり話しました。リビングでふと見ると、【手作り肉球アップリケのエプロン】がありました!次男が作ったらしいのですが、「どのようなシーンで使用するのかなぁ?」という素朴な質問もしないまま、すっかり忘れていたら、先ほど、ラインの画像が送られてきました。今日は日曜日なのに自宅にいなかった次男は趣味の【サバイバルゲーム】に参加していたそうですが、その画像が左の画像です。新作テレビドラマの主人公のイメージの格好だそうです。結構、サバイバルゲーム仲間に受けたらしいですよ(≧▽≦)

 Dscn6291 今日は、次男の話題だったので、次男の会社で一年中、栽培している”アスター(えぞぎく)”の作品をアップすることにしました!今日のアスターは、先週水曜日に実施した『花育(フラワーアレンジメント)教室』で余ったものです。もちろん、次男の会社から購入しました!バケツに入っているアスターたちを見ていたら、「ブーケのようにしよう」というイメージが浮かんできたので、ラッピングシートのようなデザインのシルバーの花器に斜めに挿して、オーガンジーとカーリングリボンでまとめてみました。素敵なブーケになったと思いますがいかがでしょうか(*^▽^*)

2020年10月24日 (土)

越冬会議

 Img_3593 今日のタイトルは「越冬会議(えっとうかいぎ)」と読みます。「えっ?どういう意味?」と思った方は正解です。この単語は夫が作った新語です(笑)初めて聞いた時は、本当にそんな言葉があるのかと思いましたが、広辞苑を引いても『該当なし』と出ます。当たり前ですが(爆笑)

Img_3606 Img_3587 先週、ゆめこ御用達花屋さんに行く途中で、川のあちこちで、鳥たちの集団が見られました。その時に夫が「今度は、みんなで集まって『越冬会議』をしているね!」と当たり前のように言うので「えっ?越冬会議ってなに?」と聞き返すと、「この前は台風の前に『災害対策会議』をしていたんだから(9月4日の記事です)今度は、『寒い冬をどのように乗り越えていくか』と話し合っているんだよ。」と、さも、本当のようにゆめこに説明するのです。それ以来、鳥たちが集まっているのを目撃すると「あっ!越冬会議をしてるね」といって夫婦で笑っています。

 川土手の上から望遠レンズをいっぱい伸ばして撮影しましたが、遠いので、ちょっとぼけてしまいましたが、左はカワウで右下がカモたちです。残念ながら、サギたちはゆめこがカメラを向けると飛び立ってしまいました。(*^▽^*)

2020年10月23日 (金)

調理実習

 1_20201023223501 今週月曜日に登場したT君の【就職祝い&誕生会】をしました!彼に「お祝いは何がいい?」と聞くと「中学校を卒業する時にSちゃんたちと一緒に作った煮込みハンバーグが食べたい」とのことだったので、「では、我が家で”調理実”をしよう。妹のRちゃんもつれておいで」ということになり、今夜、我が家のキッチンで調理実習をしました。左の画像は最初の打ち合わせ風景です。撮影は夫の役目です(笑)

 Photo_20201023223801 Photo_20201023223802

 

メニューは煮込みハンバーグとサラダと焼きたて食パンです。ハンバーグ作りはT君、サラダとハンバーグの付け合わせの盛り付けはRちゃんの役割です。

 

 5_20201023224001
すべての盛り付けが終わったのと同時に食パンも焼きあがりました!「わ~!アツアツ!美味しそう💛」とふたりとも大喜びでした。

 食パンをカットして、4人そろって「いただきまーす」とても美味しい煮込みハンバーグで、T君もRちゃんも大満足でした。食後には、ホールケーキを持って撮影しましたが、これは、家で待っているお母さんと一緒に食べるために持って帰って、ショートケーキを一つずつ食べました。若い二人につられて、ついついたくさん食べた6_20201023224801
7_20201023224801
ゆめこ先生は入浴前の体重測定でちょっと、体重が増えていることが判明😨また、明日からウォーキングでカロリー消費を頑張ります('◇')ゞ

 

2020年10月22日 (木)

楽しかったです💛

 Img_3637 Img_3634

 

何度もしつこく書きますが、コロナ禍でなかなか実施できなかった花育(フラワーアレンジメント)教室を昨日の夜に実施しました。今年の最初で最後の教室でしたので、心を込めて準備をしました。お手伝いに来てくれたM先生は、全部の机と椅子を消毒スプレーで丁寧に消毒してくれ、ハロウィンのお菓子の袋につけるカードには一人一人の名前を書いてくれました。F先生はたくさんの写真を撮って、後日、きれいにプリントしてみんなに配ってくれます。感謝申し上げます!画像は、製作中の様子です。作品が完成したので、みんなで記念撮影をしました。その後、子どもたちはM先生と一緒におやつを食べながら、ゲームやおしゃべりで大盛り上がりでした!お母さん方はゆめこと一緒におしゃべりタ1_20201022222701
2_20201022222801
イムです。こちらも負けずに盛り上がりました。楽しい時間を過ごしてお見送りタイムに・・・S君のお母さんが「先生、私は本当に毎日Sを怒っています。でも、”お花の日”だけは不思議なことにSを怒ったことがありません」そしてHちゃんのお母さんは「今日、仕事から帰ったらHは眠っていましたが、起こしてお花に行くよ。どうする?と聞くとおはなにいく!とパッチリ目を覚ましました」と教えてくれました。Mちゃん親子もNちゃん親子も「楽しかったぁ。また、お花をしたい」とニコニコして手を振ってくれました。でも、ゆめこ先生が一番幸せな時間を過ごさせていただいたと思います!みなさん、ありがとうございました(*^▽^*)

 

 

2020年10月21日 (水)

飾りつけ

 Dscn6187 Dscn6185 約1年ぶりに、花育(フラワーアレンジメント)教室を実施しました。コロナの影響で感染防止のために親子4組限定でしたが、子どもたちもお母さん方も楽しんでくれました。その様子は明日、ブログでご報告しますので、今日はアトリエの飾りつけの画像をアップしようと思います。まずは入口ですが、もちろん、手指の消毒のお願いです。左の画像は、消毒のお願いのコーナーと入口ドアです。

 Dscn6188 Dscn6192 入室してすぐ右横は靴置き場になっていますが、ジャック・オー・ランタンがお出迎えです。そして右手の図書コーナーには蜘蛛の巣のちょうちんやソーラー人形たちが待っていました!

 Dscn6197 Dscn6194 正面や壁にはお化けや蜘蛛の巣、松ぼっくりのリースなどが、みんなを出迎えてくれました。でも、子どもたちよりもお母さんたちの方がはしゃいでいたような・・・(*^▽^*)

2020年10月20日 (火)

ハロウィンバージョン

 Dscn6150 明日は今年初めてで、最後の(´Д⊂グスン フラワーアレンジメント教室です。何度もブログで書いてきましたが、やっと今日はサンプルが出来上がりました。ハロウィンには欠かせないジャック・オー・ランタンのピックを夫の協力で作ったのですが、やっぱり1個だけではハロウィンカラーが出てこないなぁ・・・。ということで、またまた100円ショップで、コウモリのライト?を発見しました!それを1個ずつにばらして、またまた夫に協力してもらって素敵なピックが出来上がりました。本当にいつも協力してくれる夫には感謝です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 Dscn6126 そして、自宅周辺を歩いていて勢いよく咲いているセロシア(ノゲイトウ)に惹かれました!もちろん、我が家の庭の真ん前にあるので毎日見ていたのですが、今回のハロウィンバージョンのフラワーアレンジメントのデザインを考えていた時に「これは魔女のとんがり帽子のように見えるから使おう!」と思いました。もちろん、そこにあるだけでは足りないので、隣のおばさんの畑や庭に生えているものも分けていただきました(*^-^*)

 Dscn6182 そして、完成したサンプルが右の画像です。いつもは、明るくて可愛らしいイメージのフラワーアレンジメントを作るのですが、今回はちょっとシックな色合いにしました。そして、もう一つゆめこがこだわったのは、ハロウィンのころ(10月31日)にはドライフラワー状態になっているであろうフラワーアレンジメントがそのまま、ハロウィンの飾りになるように花材を選びました。喜んでもらえるといいな!と思っています(*^▽^*)

2020年10月19日 (月)

合格しました!

 Dscn6164 今日、次男の自宅(以前のゆめこの自宅)の玄関に、たまたまいた時に誰かがドアをコンコンとノックしていました。よく聞くと「先生。先生」と懐かしい声です。ドアを開けると高校3年生のT君が立っていました。彼は中学校を卒業してからも時々、ゆめこのアトリエに遊びに来てくれますので、ブログにも何度か登場しています。数か月前に「高校卒業後は就職します」といっていたので、「どうなったかな?」と心配していたところ「就職決まりました!」という報告に来てくれたのです。とても嬉しかったですし、安心しました!彼については、また、詳しく記事にする機会がありそうです💛それから、ちょっとして、ゆめこの師匠から「初段に合格しました」と連絡がありました!なんだか今日は合格続きのおめでたい一日でした(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 Photo_20201019200501 今日の作品は「セカンドライフ」というタイトルです。実は、この作品に使用した花材はすべてほかの作品で使用したものばかりです。最近は、気温が下がって花の美しい期間が伸びてきましたので、次の作品を作る時に、まだ使えそうな花材を捨ててしまうのがかわいそうなものがたくさんあります。それで、今日はそれらを総動員して一つの作品に仕上げてみました。だから「セカンドライフ」なのですが、今日のゆめこの話題もセカンドライフを充実させるために始めた習い事の一つの目標を達成したので、ぴったりだと思ってこの作品を選びました('◇')ゞ

 

2020年10月18日 (日)

日光消毒

 Img_3528 昨年の秋に、銘木店の商売上手な番頭さん(笑)から「とても品質の良い割りばしを20本1パックで販売していますが、いかがですか?これは銘木の端材の良いところしか使わないので、いつもあるわけではありませんよ」と勧められたので、「ベトナムも箸文化だからお土産に良いかもね」とまとまった数を買いました。半分はお土産にして、残りは自宅用に取っておきました。その頃は、まさか、ずーっとお客様を招待できなくなる事態が来るなんて考えてもみませんでした。ゆめこの家は、毎月のように若いお客さん達が食事をしに来るし、夏場はバーベキューを大勢で楽しむのが恒例になっていたので、割りばしの消費量が多かったのです。ところが、コロナ禍で食事会は無くなって、その上、夏場は雨の日が続き、気がつくとパックに入っていた銘木の上質お箸が危険な?状態になりつつありました。それで、慌てて全部パックから出して、左の画像のように日光消毒をしました。危Img_3528機一髪で救われたお箸たちDscn6018 はゆめこがせっせと使っています。そして使用後は、我が家のお風呂を沸かすための燃料にしています!上質の高級割りばしは最後の最後まで役に立ってくれています(*'▽')

 今日は、サンゴミズキとヤツデ、クルクマの花と葉を使った生花です。サンゴミズキもクルクマもまっすぐに立っているので、今日の割りばしとイメージが重なり、この作品の画像を選びました。ヤツデは裏側を正面に向けて生けることで、サンゴミズキの赤い色を際立たせました。クルクマの花のピンク色と丸く曲げた葉で柔らかい雰囲気に仕上げました(*^-^*)

2020年10月17日 (土)

ごちそうさま

 Img_3518_20201017205501 ゆめこの家の田んぼは早場米だったので、9月初めには稲刈りが終わり新米が届きましたが、近所にはまだ、稲刈りが終わっていない田んぼもちらほらあります。この前、稲刈りをしている田んぼの横を通ていたら、今年も稲刈り機のそばに、餌を狙っている3羽のサギを発見しましたのでしっかり撮影しました。でも、どこの田んぼも今月中には稲刈りが終わりますが、これからサギたちはどこで餌を調達するのでしょうか?サギの生態に詳しくないゆめこはちょっと心配しています(*^^*)

 Dscn6122 今日はゆめこ御用達花屋さんで、ピンク色のきれいなガーベラを3本買いました。それと一緒にオンシジュームも2本買いました。ガーベラもオンシジュームも一年中花屋さんで見かけるので「季節感がないからね~」と、最近は敬遠していたのですが、今日は「季節に関係なく可愛らしい作品を生けたい!」と思い立ったので・・・!ちょっと、3羽のサギたちが楽しそうに餌を待っているように見えませんか?1枚だけ添えた緑色のドラセナが鳥の羽のようですね(*^▽^*)

2020年10月16日 (金)

ご自由に

 1_20201016214501 勝手口から出てすぐの場所に、小さな畑らしきスペースがあり、そこにはシートバジルやあいこトマト、ネギ、あしながブロッコリーなど、次々と植えては収穫してきました。特にあしながブロッコリーにはムクドリが茎にとまって葉っぱを食べてしまいましたので、現在は防御網を張って、「鈴なりブロッコリー」というものを植えています。スイートバジルも魚料理や肉料理に彩りを添えてくれました。そして、あいこトマトも毎日たくさんの実をつけてくれましたが、茎も全部枯れてしまったので、夕方に夫が片付けることになりました。その時「今度はここにいるよ2_20201016214801 ~」と声をかけてきたので、行ってみると、またまた神出鬼没のアマガエル君がいましたよ(左の画像)

 夫が次々にあいこトマトの枯れ枝やタイバンドを外しているのですが、「我関せず」といった3_20201016215401 感じで、びくともしません!右の画像です。そして、夫とゆめこが大爆笑したのは、枯れ枝が彼の頭の上に「ゴン!」と落ちた時です!それでも、彼はピクリともせずにそのままの姿勢をキープしていました!ここまできたら、もはや、我が家のペットみたいなものですね(笑)それにしても、アマガエルって、ここまで、何事にも動じないものでしょうか?とうとう、夫が全て片付け終わるまで、その場にい続けました。まるで、夫に「ご自由にどうぞ♡」といっているような感じでしょ(*´艸`*)

2020年10月15日 (木)

3人で

 Img_3572 今朝がたの夢の中で、ゆめこは大きな霜降り肉をほおばっていました。夢の中で「これには、岩塩だけでいいかもね」などと嬉しそうに食べていたのですが、悲しいことに夢の中の超高級な霜降り肉は全く味がしませんでした(´;ω;`)ウッ…

 Dscn6085 我が家は夫婦の年齢と健康を考慮して由あんどファームで収穫した無農薬有機野菜と魚が中心の食卓なのですが、今日、夫に夢の話をすると「じゃあ、今夜は久ぶりに焼き肉にしようか」ということになりました!でも、家の中での焼肉は煙とにおいが家中に充満するので、庭ですることにしました。せっかくなので次男も呼んで3人で、お腹いっぱい美味しいお肉を食べました。今度はちゃんとお肉の味がしましたよ(≧▽≦)

 今夜は風もなく星がきれいな夜だったので、庭でのミニ焼肉パーティーは大満足でしたが、これで風が強かったり、ましてや嵐だったらとてもできませんよね?などと考えていたので、今日はゆめこが「あらしのよるに」とDscn6070 名付けた作品の画像をアップすることにしました。大きなヤツデが風になびいて、その風をよけて小屋の中で肩を寄せ合っている「狼のガブとヤギのメイ」のように見えて、昨年、地元の小学校での読み聞かせをした歌舞伎絵本「あらしのよるに」を思い出したからです。今年は、コロナ禍で一度も小学校に読み聞かせに行くことができず、寂しい思いをしていたのですが、この作品を生けているときに、子どもたちの笑顔を思い出し、少しだけ気持ちが明るくなったゆめこです(*^-^*)

2020年10月14日 (水)

富貴寄

 Dscn6080 昨日は、上質の箱と缶に入っていた頂き物の江戸和菓子の最初に食べた一粒が「深い味わいの上品なお味でした」と締めくくっていましたが、あの後、夫とこの【富貴寄(ふきよせ)】を食べ始めると、美味しくて美味しくてとまらなくなりました。もちろん、今までに普通の?”吹き寄せ”というお菓子は食べたことが何度もありますが、どちらかというとあまり好んで食べるお菓子ではありませんでしたが・・・。この【富貴寄】は一つ一つが美味しいだけでなく、とても美しいです!それで、一種類ずつ並べてみました。まるで、宝石みたいでしょ(*´艸`*)

 Dscn6054 昨日は、お菓子の画像が賑やかなので、とてもシンプルな生花の画像をアップしましたが、今日は逆に、とっても賑やかなフラワーアレンジメントの画像をアップすることにしました(笑)これは来週のフラワーアレンジメント教室で作る予定のサンプルです。メインは次男の会社で生産されているアスター(えぞ菊)です。今回のテーマはもちろん『ハロウィン』なので、ドライフラワージャック・オー・ランタンのポップなどを使って楽しい作品にしてみました(*^▽^*)

2020年10月13日 (火)

江戸和菓子

 Dscn6056 インターネットで「江戸和菓子」と検索したら、すぐに店名が出てくるほど有名なお菓子屋さんの干菓子の詰め合わせをいただきました。夫の父方の親せきから贈られたものです。今までも、昔ながらの純和風の焼き菓子は食べたことがありますが、こんな風に色々な種類の干菓子が詰め込まれた菓子缶をいただいたのは初めてだったので、記念写真をDscn6058 撮りました(笑)

焼き菓子の他にも金平糖や和三盆の干菓子などなど・・・!【吹き寄せ】という種類のお菓子ですが、この店は【富貴寄】という商品名だそうです。1粒だけ焼き菓子をつまみましたが、とても深い味わいの上品なお味でしたよ(*´艸`*)

 Dscn5999 ということで、和風の高級な缶にいっぱい詰まった和菓子のとても賑やかな画像には、シンプルな生花の画像が合うと思いましたので、今日はウンリュウヤナギと渋い紫色のトルコキキョウのとてもシンプルな作品です(*^-^*)

2020年10月12日 (月)

野焼き?

 Img_3558
ウォーキングをしていたら、隣のおじさんがミニ野焼き?をしていました。おじさんは先週の土曜日に地域の脇道に背丈位伸びていた雑草を”ボランティア”で草刈りをしていました。今週は天気が良い日が続いて、その時に刈った草が完全に乾燥したので今日は、草を燃やしているそうです。都会では考えられないと思いますが、ゆめこの自宅コミュニティでは、当たり前のような風景です。夫も昨日は壮年会の草刈りに参加したので、来週の日曜日にはその草を燃やすそうです。今度はもっと盛大な野焼きが見られるかもしれないとワクワクしているゆめこです(*^▽^*)

 Dscn6045
今日は、菊の花を生けたい気分になりましたので、白菊の五本生けと黄色の菊とハランを組み合わせた二杯を生けました。画像は黄色の菊の作品です。菊を生けていたら、小さなころに【菊人形展】を見に連れて行ってもらったことを思い出しました。タイトルというかテーマが『忠臣蔵』だったこともあり、大人たちが「きれいね~」と感心しているそばで、「なんだかよくわからない」と思っていた幼女のゆめこでした。最近は、以前のように【菊人形展】もあまり話題になりませんが、今だったら心の底から「わ~!きれいね~」と言えるようになっているとは思います?(≧▽≦)

 ついでに・・・その時は菊人形の横にテープレコーダーが置いてあって、登場人物のセリフを流します。ちょうど大石内蔵助と妻のりくとの会話の中で、仇討の計画を立てながら世を欺くために女遊びを繰り返す内蔵助に対して、りくが「決して悋気(りんき)は致しませぬが・・・」といっていて・・・。その言葉の「りんきってなに?」と思いましたがしっかりその単語だけは幼心に刻まれました(笑)そして、言葉の意味や「忠臣蔵」の内容が分かったのはそれから10年以上も後のことですが、なぜか、とても印象に残っています(*^-^*)

2020年10月11日 (日)

「楽しみやねぇ💛」

 Img_3547 由あんどガーデンにはスイセンに始まって、チューリップやユリ、ラナンキュラスなどなど50種類以上の花々が次々と咲きましたが、今は、カラーリーフと、コキア、それとやっと黄色く色づきだしたフォックスフェイスくらいしか咲いて?いません。そして、10月も中盤に差し掛かったので、そろそろかな?ということで、今日は、買いためていたチューリップや八重咲スイセン、ラナンキュラスなどと去年に咲き終わって掘り起こしたスイセン、チューリップ、西洋カタクリ、フリージアなどの球根、合計100個くらいを植え付けました。今回は、2~3年は植えっぱなしになるので、ストレスを与えるつもりで、今までのように丁寧な植え付けはしませんでしたので、どのくらいの花が咲いてくれるでしょうか?球根を植え終わって、ウォーキングをしていると、近所の90歳のおばちゃんに会いました。彼女は、由あんどガーデンの八重咲スイセンのファンで、いつも会うたびに「あれはきれいやったね~」といってくれるので、「おばちゃん、さっき、八重咲スイセンの球根を一番よく見えるところに植えたよ。来年の春には咲くからね」というと「それは楽しみやねぇ💛それまでは元気でおらなねぇ(元気でいないとね)」とニコニコして言っていました。来年はゆめこの代わりに花たちを楽しんでほしいと思います(*^▽^*)

 Dscn6032 今日の花は、珍しい色だったので、ゆめこ御用達花屋さんで衝動買いした大輪のカーネーションを使った作品です。グリーンはドラセナ、つぼみはトルコキキョウのつぼみです。なぜこれを選んだかというと、今日は由あんどガーデンの話題だったので・・・。昨年に由あんどガーデンで育てたカーネーションのことを思い出したからです。その時のエピソードについては、もしも、興味がある方は、2019年5月29日の『あれ?』という記事をご覧ください(笑)

2020年10月10日 (土)

何度も何度も!

 Dscn6015 先月に夫が完成させたオリジナルの水上飛行機の記事が先月と今月の【ラジコン技術】というラジコン大好きおじさんたちのバイブルに掲載されました。夫がエンジンをかけているシーンや静かに水面に浮かんでいる写真を撮るのは、夫からの厳しい指導のおかげさまで(笑)だいぶ、上達したのですが、『フライトインプレッション』というかなりのスピードで水面を離着陸するシーンや上空を飛んでいる飛行機を撮影するのは至難の業です。3日連続で撮影に通い、最終日にやっと何とか撮影できた画像が今月号に掲載されました!本来ならプロのカメラマンが撮影に来るのですが、コロナ禍で来ることができず、ゆめこがやっとの思いで撮影したのです。まさか、コロナの影響がこんなところまで及ぶとは思ってもいませんでしたが、とても嬉しくて何度も何度も読み返しました(^O^)その後から、夫がゆっくり読んでいます(爆笑)

 Dscn6027 Dscn6027 今日の作品は、掛けるタイプの竹製の花器にツグミとウンリュウヤナギを投げ生けしたものです。この花器は3年前のちょうど今頃に”大きな池”(上の水上飛行機を撮影した場所です)で、仲間たちと水上飛行機を飛ばして楽しんだ夫と”大きな池”の周辺で、秋の花材集めを楽しんだゆめこが帰宅する途中に、どういう訳か道を間違えてドンドン山奥に入ってしまって、偶然、発見したお土産もの屋さんで買ったものです。花器を並べている棚の奥で、忘れかけていた花器を久しぶりに取り出して使ってみました。

Dscn6027 シンプルな作品ですが、花器はとても喜んでいるようなので、=喜びつながり=ということでしょうか(*'▽')

2020年10月 9日 (金)

お土産は(*´艸`*)

 Dscn6010 昨日から夫は義姉とふたり、きょうだい水入らずで東京に行っていました。GoToトラベルも解禁になったからではありません。親せきの用事で出かけたのです。東京には義姉の長男夫婦が住んでおり、みんなでワイワイガヤガヤと楽しい時間を過ごしたようです。もちろん、最小限の外出しかできないので、夕食は甥のオリジナル鍋だったそうです。そういえば、コロナなんかまったく関係なく自由に旅行ができていた時に、夫婦でお邪魔した時も甥の手料理をごちそうになりました。今回はコロナの影響もあり一泊であわただしく帰ってきましたが、お土産だけはしっかり買ってきてくれました!というのも、今月21日にフラワーアレンジメント教室を開催するので、ゆめこがティータイム用のおやつを頼んでいたのです。東京土産はやっぱり、大人も子どもも大好きな【東京ばな奈】で決まりです💛そして【ごまたまご】はゆめこ用のお土産だそうです(*´艸`*)

 Dscn5965 今日は、家族水入らずの楽しい夕食のことも話題にしたので、トルコキキョウの生花の画像をアップします。この頃は、なかなか花を生ける時間がなくて、作品の画像があまりないのですが、この作品は、とても楽しそうにみんなでおしゃべりをしているような雰囲気だったので、これを選んだのですが、いかがでしょうか(*^-^*)

2020年10月 8日 (木)

どっさり!

 Dscn5971 昨日は、我が家の栗林の栗の収穫が終了した記事をアップしましたが、昨日、自宅に戻る前に夫が遠方に住んでいる甥夫婦のところに行くので、その手土産を買うために【めんべい 添田工場】に行きました。買い物を終えて、駐車場に置いてあった車に乗り込んで前を見てΣ(゚Д゚)田舎育ちの野生児の夫も「こんなに実が生い茂っているのは初めて見た!」と驚くほどの黄色の実がたわわに実っています。なんだかわかりますか?これは銀杏(ギンナン)です。炒って食べたら香ばしくって・・・ビールのおつまみにぴったりなのですが、実は、あの白い実を覆っている黄色の皮の臭いは強烈なのです。だからDscn5972 でしょうか、昔は、近所の人が争って採っていたようですが、今では誰も振り向きません!もったいないですね。といいながら、ゆめこもあとの手入れを考えたら拾う気がしませんので、どこに落ちていても拾いませんけど(笑)左が枝に実っている画像で、右下が、落ちて異臭を放っている?画像です(≧▽≦)

 Dscn6001 今日は枝にたわわに実ったギンナンの実の話題だったので、枝にびっしり真っ赤な実をつけているスグリの枝を主役にした自由花の画像をアップします。タイトルは『アヤシノ森』花材は、スグリ、ウンリュウヤナギ、トルコキキョウです。今月はなぜか?どうしても、ハロウィンに行きついてしまいます(笑)そういえば、毎年、この時期になるとエノコログサやススキやコスモスなど秋の野草を主役にした作品をたくさん生けるのですが、田舎の家に引っ越してからは、毎日、野草に囲まれているので(笑)あんまり花材として使う気がしません(^O^)

2020年10月 7日 (水)

寂しいような・・・

 Dscn5948 夫の日課だった、朝と夕方のシカとの闘いというか栗の収穫が終了しました。一昨日は合計で5個、昨日の朝は2個しか収穫がなく、昨日の夕方には「栗ももう、もう終わったみたいだね」といっていましたが、やっぱり「もしかして?」という気持ちがあったのでしょうか、また、裏山に様子を見に行ったみたいです。ゆめこは日課のウォーキングに出かけていたのですが、その途中で、ひときわ甲高いシカの鳴き声を聞きました。「へ~、今日の鳴き声はいつもとちょっと違うね~」と思っていたのですが・・・!夕食に準備をしていたら、夫が「さっき、栗のようすを見に行ったら、栗は1個もなかったけど、シカが一匹、すぐ近くで大きな声で『クェーン!』って威嚇して逃げたよ。小さかったけど大きな声だったからあれは牡鹿(おじか)の子どもだね」と笑いながら話していました。ゆめこが聞いた声はそのシカの鳴き声だったのでしょうか(笑)夫が「でも、これからシカから威嚇されないと思うとちょっとさびしいね」とポツリと言っていました(笑)左の画像は、最後の1週間分Dscn5843 の収穫です(^O^)/

 これも、今回のセッカヤナギシリーズの最後の作品です。まぁ、「最後つながり」ということでしょうか(笑)このセッカヤナギは三部作?ということでシリーズで作品を三日続けてアップしましたが、最後に、ケイトウとハランの三種生けの作品も生けてみましたので、アップします。菊との組み合わせとはまた違うあきの雰囲気ですね(*^-^*)

2020年10月 6日 (火)

星野リゾートって?

 Img_3531 今朝のワイドショーを聴いていて(朝食の準備中だったので、画面は観ていません)「(。´・ω・)ん?」と思いました。というのも、「星野リゾート」とか「Go toトラベル」とかいう単語が流れてきたからです。そして、今日初めてゆめこは大きな勘違いをしていたことに気づきました!ゆめこは、今朝のワイドショーの話題を聴くまでは、【星野リゾート】というのは福岡県で一番星が美しい村”星野村”が運営している施設のことだとばかり思っていました。それなのに全国的なテレビ番組でも【星野リゾート】といフレーズがよく出てくるので、「星野村はがんばっているなぁ」といつも感心していたのですが・・・(笑)夫にこの発見を伝えようと思って「ねえ、星野リゾートって知ってた?」と聞くと「なに?お忍び旅行?だれが??」と聞き返していました。なんと!夫は”星野リゾート”も”星野村”も知りませんでした(≧▽≦)ということで、バレバレだと思いますが、夫もゆめこも星野村には行ったことがありませんので、この記事を書くにあたり秋の星野村の秋の風景をパソコンで見ることにしました。するとコスモス満開の画像があったので、由あんどファームのフェンス沿いに自生?している秋桜の画像をアップしました。「今頃の星野村はこんな感じかなぁ?」と雰囲気だけでも味わってくださいませ。そのことを確認するために、近いうちに星野村に行ってみようかな」と思っているゆめこです(*'▽')

2020年10月 5日 (月)

純和風家屋だけど

Dscn5945 何度もブログに書いていますが、我が家は純和風家屋です。玄関の引き戸を開けると、大きな靴箱の上は大きな一枚板になっていますし、靴箱と廊下の間仕切りは真竹を数本立てています。そして、上がり框も大きな一枚板で一段上は広めの廊下になっています。そんな造りの家なので、今月の飾りつけは、かなり悩んでしまいました。以前の家はシンプルな洋風玄
Img_3537
関だったので、玄関の飾りつけは年間行事に合わせて洋風だったり、和風だったり!とても合わせやすかったのです。ところが、今月はハロウィンの月ですので、どんな風にしようかと悩みましたが、やっぱりハロウィンの玄関にしました(笑)左の画像が正面の靴箱の上の部分、右の画像が、廊下の正面です。和洋折衷の不思議な仕上がりですが、結構、お客様の評判は良いのでちょっとうれしいゆめこです(*^-^*)

 もちろん、今日の花はハロウィンバージョンの自由花です。ウンリュウヤナギ、ハイビスカス・Dscn5919 ローゼル、スグリ、ハランを個性豊かに加工して【おばけの森】のイメージです。画像も、わざと暗めに仕上げました。よくよく見ると???と思うような花材も使っています。探してみてください(≧▽≦)

2020年10月 4日 (日)

あ~ぁ 見つかった!

 Dscn5878 数日前の朝、ゆめこが玄関を開けようとして・・・「??これは何?」

 ゆめこは、以前住んでいた家でも、今の自宅でも、朝、起きたら必ず家中の窓を開けて、空気の入れ替えをします。寒い日も暑い日も雨の日も欠かしたことはありません。さすがに台風の日はしませんが(笑)そして、玄関ドアを開けた時には必ず「福の神様。どうぞ我が家にお入りくださいませ!」と福の神様に声をおかけしてお招きします!「真似してみようかな?」と思ったあなた。福の神様が喜んで、おいで下さるようにお掃除だけはしておDscn5880 きましょうね!と話がそれましたので、元に戻しましょう。我が家の玄関は飾りガラスの引き戸になっています。ある日、玄関を開けようとしたら、何かが引っかかっているのが見えます。(右の画像です)表に出て確認すると、やっぱり、我が家周辺で神出鬼没のアマガエル君でした(笑)「あ~ぁ、見つかった」っていう表情をしていませんか(≧▽≦)

 Dscn5839_20201004204001 今日の花は、ハランとケイトウで生けた生花です。3枚のハランのどこかからアマガエル君が顔をのぞかせそうな雰囲気なので、この作品を選んでみました。いかがでしょうか(*^-^*)

 

 

2020年10月 3日 (土)

やっぱり

 Img_3504
夫は、毎日、朝と夕方に必ず、裏山に行って栗を採集してきます。収穫量はだいぶ少なくなってきたのですが、まだまだ採れると夫は言っております。そして、夫が裏山に行くたびに甲高い「クァン!クェン(# ゚Д゚)」というシカが威嚇しながらというか、捨て台詞を残して(笑)山奥に逃げていきます。その声は自宅にいるゆめこにもよく聞こえてきます。また夫はImg_3510 時々、蚊取り線香を忘れて裏山に行くので、いつもゆめこが届けに行くのですが…昨日の朝、夫の姿が見えないので、奥の方まで進んでいくと、なんと!木の上に登って枝をゆすって栗を落としていました(;゚Д゚)←やっぱり、夫は野生児でした(爆笑)右の画像は、その時に落ちた栗です。

 今日の作品は、秋の裏山のイメージです。ゆめこ御用達花屋さんで見つけたスグリの一枝を主に、稽古用にたくさん買っていて変色してしまったハランを副に、花よりも葉の多さの方が目立つクジャクソウを体Dscn5907
として、正風体の生花を生けました。日中はまだ、暑さが残っていますが、朝夕は気温が下がり肌寒さを感じる我が家周辺の秋の雰囲気です(*^-^*)

2020年10月 2日 (金)

中秋の名月

 Dscn5861 昨日は【中秋の名月】ということで、夫が一生懸命、お月様の写真を撮っていました。我が家には普通のデジカメしかないので、お月様の写真はなかなかうまく撮ることはできません。以前もゆめこはストロベリームーンやスーパームーンの時に挑戦しましたが、うまく撮影できませんでしたので、今回は、最初から夫にお願いしました。30枚くらい撮影したものの中でこれが一番、はっきりと映っていたので、アップしました!左の画像です。日付が入っているからかろうじて【中秋の名月】ということがわかりますね(笑)

 Dscn5890 「お月見といえば、ススキとおだんごでしょう」ということで、庭にテーブルを出して、お月様にお供えをしました。由あんどガーデンの”ヤハズガヤ”はほとんど枯れそうになっていましたが、なんとかお供えできそうな数本を採ってきて、リンドウと一緒に花器に生けてみました。こんな風にゆっくりとお月見をするのは本当に久しぶりです(*^-^*)

 Img_3514 今日の夕方、ウォーキングコースコースで発見したススキの画像も、今日の話題にぴったりなのでアップすることにします。あぜ道には真っ赤なヒガンバナが群生していますし、自宅周辺の秋はとてもカラフルですよ(^O^)/

2020年10月 1日 (木)

3パターンの3とスケジュールボード

 Dscn5472 今日は3パターンシリーズの最後の作品です。今日は、白と黄色の菊を着見合わせました。菊は生け花の材料の中でも高貴な花で、また色によっても位があります。今回は、一番高い位に当たる白菊を高く、黄色の菊を一段低く生けています。昨日の紫色一輪の華やかな作品とは違い、今日は高貴な雰囲気の作品になりました。

 日本の生け花は、空間を大切にします。西洋のフラワーアレンジメントは隙間なくびっしりと花で埋め尽くして美しく形作ります。どちらもそれぞれに美しいと思います。

Dscn5847 という、ちょっと格調高い話題と結びつけると、我ながら笑ってしまうのですが・・・(笑)右下の画像は、我が家のスケジュールボードです。8月までは、毎日、たくさんの予定が書き込まれていたのですが、9月からはこんな状態です!12月にホーチミンに出発する予定で、通信制高校を早期退職し、英会話教室と書道教室も一区切りつけて、出発準備に集中しているので、と~っても忙しい毎日なのですが対外的なことではないので、スケジュールボードに書き込むことはしていません。でも、真っ白な?スケジュールボードを見たら、「なんか、毎日が日曜日みたいでさびしいな~」などと思ったり「これから時間を気にせず、出発準備ができるぞ!」と思い直したりしているゆめこです(*'▽')

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »