フォト
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月に作成された投稿

2020年11月30日 (月)

寒い日は!

 Dscn6881 11月最後の日というのに、今日は12月のような寒い一日でした。寒がりのゆめことしましては、何もせずに暖かくした部屋の中でずーっと冬ごもり(笑)をしていたかったのですが・・・。そうもいかない事情が発生しておりました。というのも、我が家の縁側というかゆめこの第2アトリエとして使っているところの天井の一部分が雨漏りで、よれよれになっているのです。なぜか、ゆめこが一人で留守番?をしているときに限って雨がボタボタボタ❕(ポタポタではありません)と天井が揺れるくらい雨が漏ったり、ドドドド❕と小動物が走り回ったり。とトラブル続きのDscn6876 屋根でした。それで、何度か夫が屋根に上って修理をしていたのですが、なかなかうまくいかないので、今日はプロの屋根職人さん3人に来ていただきました。それで、タイミングを見計らった夫の指示があると、職人さんたちにお茶やお菓子を出すのがゆめこの係でした。こんな寒い日に屋根に上って作業をしている職人さんのことを思えば「さむいよ~」と部屋にこもってはいられませんよね。でも、今日は、寒冷アレルギーで朝から鼻水をすすっていた夫が、特製おでんを作ってくれました。熱々のおでんのおかげで身も心もホッカホカになりました(*^▽^*)

 Dscn6733 ということで、今日は、色々な花を盛り合わせたフラワーアレンジメントの画像をアップすることにしました。花材は赤のミニバラとピンク色と淡いグリーンのトルコキキョウ、グリーンはブルーアイスです。アップルクッキーの空き缶(とても素敵な缶だけどよく見えませんね)に生けて、ちょっとクリスマスの雰囲気です。この作品はただ今、我が家のリビングに飾っています(*'▽')

 

2020年11月29日 (日)

冷凍ゴーヤ

 Dscn6718 由あんどファームの今年最後の収穫で作った料理を時々、ご紹介しましたが残り少なくなってきました。そんなある日、冷凍室をのぞいていて、夏に採れ過ぎて冷凍保存していたゴーヤを発見しました。取れたてのゴーヤのわたを取り除き、スライスしてサッと熱湯にくぐらせて、キッチンペーパーで水けをふき取った後、冷凍保存用パックに入れていたものです。今回は、無限ゴーヤ佃煮ゴーヤチャンプルと佃煮を作りました。コツとしては、冷凍状態のまま鍋やフライパンに入れて、使うことだと思います。左の画像は、ゴーヤチャンプルの時のものです。凍ったままいきなりフライパン!ちょっとダイナミックだけど、その方が風味や味もそのままでおいしかったですよ(*^▽^*)

 Dscn6745 Photo_20201129130401 ゴーヤチャンプルはそれぞれのご家庭でいろいろなレシピがあるでしょうから、あえてゆめこレシピは書きません。というより、これに関してはその時々で材料が変わるので…(笑) 佃煮はみりん、砂糖、しょうゆ、酢、酒をゴーヤの量に応じて決めます。そして、全部を鍋に入れて中火にかけ、水分がなくなってきたら、鰹節、細かく切った唐辛子、胡麻を混ぜて、水分がなくなるまで煮詰めて完成です。画像の唐辛子はなぜ切っていないかというと、以前、煮物の中でかたまっていた細切れの唐辛子を夫が一度に食べてしまって口の中が火事状態になったことがあったので(爆笑)それ以来、我が家ではわかりやすいように大きなままの唐辛子を入れています。それと無限ゴーヤは凍ったままのゴーヤを熱湯に入れ、再び沸騰したら、ざるにとって冷水をかけ、よく水けを搾り取ります。それを器に入れカンタン酢とミニトマト、ツナ缶をオイルごと入れて混ぜ合わせます。仕上げにお好みで鰹節や胡麻をまぶして完成です。ゆめこはこれが大好きで、夏は毎日、作って食べていました(^O^)/

 

 

2020年11月28日 (土)

おじいさんは今日も・・・

 Dscn6663 天気の良い日には、ほぼ毎日、夫は裏山に柴刈りに行きます。その間にゆめこはウォーキングに出かけているので、あまりその時の様子を見たことがありませんでした。でも、ある日ウオーキングから帰ってきたら、夫が「写真撮らなくてもいい?」と声をかけてきたのです。よく見るとこんな格好だったので大爆笑でした!左の画像をご覧くDscn6664 Dscn6665 ださいませ。この日は特別に多く収穫?できたらしく、とても上機嫌でした。背負いかごの中には同じ長さにカットした木も入っています。これは、後から適当な太さに割るようです。また、手に持っている長~い枝も鋸で切って、長さをそろえるみたいです。田舎に住んでいると暇な時間など全くありません!でも、快適で楽しい毎日ですよ(≧▽≦)

 Dscn6456 今日の花は、無駄をしない田舎の生活の話題だったので、ゆめこも無駄をせずに生けた作品の画像をアップします(笑)いつものことですが、生け花の稽古をすると、必ず、数本の花や枝や葉っぱが残ってしまいます。それでそれらを無駄なく活用してこんな風に小さな作品を作ります。今回は花数が多くてさばいた短い茎の小菊とスターアイビーを背の高い一輪挿しに生けた作品です。これはアトリエの事務机の上に飾りました(^O^)/

 

 

 

2020年11月27日 (金)

どーこだ?

 Photo_20201127140501 ゆめこ専用花畑には黄色とオレンジ色の花や実がなっています。あっ!レースラベンダーの紫色の小さな花も遠慮がちに咲いていました!ところで、ゆめこの勝手な思い込みかもしれませんが、秋色というと茶系のイメージです。だから今のゆめこ専用花畑は秋色一色という感じでしょうか。主役はキバナコスモスたちです。彼女たちは秋のはじめというか夏の終わりに早くも咲き誇って・・・今確認したら、なんと7月中旬に開していました(゚д゚)!そのせいでしょうか、今咲いているのは、今年2回目の開花です!1度目よりも背丈は低いですが、その分とても力強いですよ。そして、その花たちの蜜を求めてキタテハ(チョウチョ)がやってきます。さて、ここで問題です(笑)この中に1頭だけキタテハがいますがわかりますか❓もうすぐ12月だというのに、まだまだ賑やかなゆめこ専用花畑のレポートでした(^O^)/

 Dscn6561 それと、もう一つの黄色はフォックスフェイスです。枯れかかって半額セールになっていたフォックスフェイスの苗を2本買って植えたら、どんどん大きくなって枝葉が伸びて、大変な状態になりつつあったので、何度も剪定しました。その時、切り取った緑色の小さな実と鋭い棘がある葉っぱは約一か月経った今でもキッチンのポットの中で元気いっぱいです!こんなに生命力旺盛なのに、ホームセンターで半額になるまでしおれ切っていたのはなぜか今も謎のままです!こんな風に顔を並べていたらとってもかわいく見えますが、枝葉を剪定する時にうっかり葉っぱの中央を触って棘が刺さった時の痛さといったら❕本当に全部引っこ抜いてやろうかと思うくらい痛かったです(´;ω;`)ウッ…

 Dscn6744 ところで、今日の花は、フォックスフェイスの黄色く熟した実がワンポイントの作品です。冬が来るというのに、まるで真夏の作品のようなアジアンテイストに仕上がりました。透明のガラス器にはスイスのスーパーマーケットで買ったクルクルまいた籐か竹で編んだ飾り物を逆向きに入れて花留めに使いました。花材はフォックスフェイス、茶色のカンガルーポーと同色のドラセナとこれも剪定したスターアイビーです。今年もまだ暖かな冬の入口なので、我が家の観葉植物たちもただ今成長期です(*^▽^*)

 

 

 

 

2020年11月26日 (木)

朝まで・・・

 2_20201126151101  ゆめこ先生が、以前勤務していた中学校の養護教諭のIちゃん先生は保健室に来た生徒たちに「いのちをいただく」という絵本の読み聞かせをするときには、毎回必ず泣いてしまって生徒から励まされたり、卒業生の文集に載せるメッセージに添えた自分の写真の欄には”天海祐希”さんの写真を張り付けたりする面白くてチャーミングな女性でした。彼女とは放課後になると事務室で「今日も濃い一日やったね~😌」といいながらお茶菓子をパクつくのが日課でした。そんな彼女が愛してやまないのが”柴犬””さだまさしさん”でした。どんなに疲れていても、さだまさしさんのコンサートに行けば元気になるそうです!ところで、夫のモビリオ(当時の愛車)のカーナビには時々可愛らしい女性が登場して手を振ってくれます。でも、なぜか夫は彼女のことを「サダコ」と呼んでいました。カーナビに逆らうたびに「ほら、そのうちサダコが怒って出てくるよ」などと話していました。そんなある月曜日の会話です。Iちゃん先生が「『朝まで生さだ』見てたからねむ~い」といったので、ゆめこはΣ(゚Д゚)「えええ?ひとりで?そんなもの見て怖くない❓」Iちゃん先生???」ゆめこ「だって、サダコがず~っと出てくるんよねぇ?」で、大爆笑!それは、さだまさしさんの番組のことだったからです。昨日の記事をアップしていて思い出した懐かしい会話です。残念ながら画像は柴犬のみです(≧▽≦)

 Dscn6696_20201126152501 今日の作品はグラジオラスの生花です。この花のイメージとちょっとふくよかなIちゃん先生のイメージは少々、重なりませんが…(笑)なぜ、この画像を選んだのかというと、このブルーの花器は、Iちゃん先生から頂いたものだからです。先生は当時、引越しの予定があって、色々なものを”断捨離”していたのです。それで、このほかにも華道に必要な道具や素敵なガラス器などもたくさんいただきました。ゆめこも当時は華道の稽古からは遠ざかっていましたが、今は、たびたびIちゃん先生から頂いたものを活用させていただいています。なかなか、会うこともできなくなりましたが、思い出はいつまでも鮮明ですね。やっぱり、人生は素敵な人との出会いが多いほど豊かになると改めて感じるゆめこです(*^-^*)

2020年11月25日 (水)

応援歌

 Img_3904 ゆめこが読んでいる新聞に最近、さだまさしさんの記事が連載されています。特別にファンというわけではありませんが、面白いので毎日読んでいます。今日の記事にもヒットした曲のタイトルがたくさん出ていて、思い出の曲名があったので朝から「無縁坂」を口ずさんでいました。実は夫がゆめこの前で初めて歌ったカラオケ曲が「無縁坂」でした。その時は、義母のことをよく知らなかったので、「この詩のようなイメージの女性を想像していましたが・・・(笑)そんな話をしていたら、夫がこの歌を歌う理由を教えてくれました。

 夫が幼稚園に入園する前に、義母が二人きりで近くにある英彦山(標高1200m)に登ったそうです。大人でもかなり過酷な登山コースなのですが、義母は夫が泣いても、決して手を出さずに下山までさせたそうです。夫は「きっと、曾祖母に甘やかされていた自分を鍛えるつもりだったと思う」といっていました。そして、地元の高校を卒業後、一人で上京し某鶴丸マークの航空会社に整備士として働いていた32年間は、「つらいときはいつもこの歌を歌って乗り越えてきた」といっていました。だから、この曲は夫にとっての人生の応援歌だったことを知りました!初めて聞いたエピソードにちょっと胸が熱くなったゆめこでした( ;∀;)

 Dscn6534 87歳の義母は、今は私よりも小さくなってしまいましたが、若いころはかなり大柄な女性だったそうです。洋画が好きで、オードリー・ヘプバーン風に装うかと思えば、和服も好きでよく着ていたそうです。幼くして両親を亡くし、祖父母にかなり厳しく育てられたので、人一倍頑張り屋さんで、農家や林業をしながら縫製工場で働いて子育てをし、子どもたちが巣立った後は、得意の料理の腕を生かして小料理屋を開店させたそうです。歯に衣着せぬ男勝りの性格で、お店は繁盛していたそうです。また、俳句が趣味で、かなりの数の作品があり、義姉が米寿のお祝いに本を作るとのことで、ただ今、編集中です。そんな義母のイメージにぴったりの作品は、アカメ柳とユリの生花です。どうにでも形がつきそうでいて、芯がしっかりしていて、どんなに曲げても絶対におれないヤナギと凛と一輪咲いているユリ。ゆめこから見た義母のイメージですが、夫は何というでしょうか(*´艸`*)

2020年11月24日 (火)

秋を満喫

 Img_3881 Img_3877ゆめこの好きな花の一つに皇帝ダリアがあります。毎年、秋も深まると、あちこちの家の庭先で見かける背の高い紫色の華やかな花です。ず~っと花の名前が分からなかったのですが、最近やっとわかりました(*´艸`*)

 毎日のウォーキングコースもきれいな皇帝ダリアが咲いているので、とても楽しみでImg_3888す。それと、素敵な紅葉も発見しました!季節の移り変わりを肌で感じることができるのもウォーキングの楽しみの一つです。もうすぐ、寒い師走がやってきますので、今は深まりゆくご近所の秋を満喫しているゆめこです(*^▽^*)

2020年11月23日 (月)

暖かくなったらね

 Img_1687 今日の午後、隣のおばちゃんが、長女さんの家に「暖かくなるまで」引っ越しました。夫の店とゆめこのアトリエと次男の自宅があるところは、ゆめこが物心ついた時から住んでいた場所です。ゆめこが小さかったころからずーっと隣は魚屋さんでした。だから、ゆめこはいつも新鮮でおいしい魚をたくさん食べて育ちました!ゆめこが幼稚園の時は近所の子どもたちがみんなこの店の居間でバスを待ちました。そしてゆめこの息子達もここから保育園バスに乗りました。それから時は流れて約20年前にお店を閉めて、おじちゃんとおばちゃんは仲良く暮らしていましたが、今年の9月に93歳のおじちゃんが天国に旅立ちました。それで、おばちゃんは今日から暖かくなるまで、しばらく長女さんのところに行くことになりました。ゆめこたちも来月からベトナムに行くので、しばらく会えません。半世紀以上も、毎日、顔を見ておしゃべりをしていたので、ちょっと寂しいですが、また、会える日を楽しみにして記念写真を夫が写してくれました。ちなみに後ろでニコニコしている二人はゆめこの幼馴染のK姉ちDscn6695 ゃんHさんです。おばちゃんは、とてもおしゃれでかわいい女性でしょ?ゆめこも見習いたいと思っています(*^▽^*)

 今日の花は、とてもおしゃれでかわいいおばちゃんのイメージの作品を選びました。花材は赤いグラジオラスと先が白い種類のハランと黄色のカンガルーポーです。凛としていて華やかで遊び心がある雰囲気が高齢になってもおしゃれでかわいいおばちゃんにぴったりだと思います(^O^)/

2020年11月22日 (日)

とろろ昆布で

 Dscn6661 数日前にテレビを見ていたら、とろろ昆布をまいたおにぎりの話題が出ていました。全く番組名も内容も覚えていないのですが、夫が「とろろ昆布のおにぎりなんて食べたことがない」といったので「じゃあ、明日のお昼ご飯はとろろ昆布のおにぎりにしようね」ということで、翌朝は久しぶりに大量のとはいっても2合のご飯を炊きました(笑)畑じまい作業をゆめこだけ早めに切り上げて、おにぎり作りです。熱々の白ご飯をボウルに入れて、塩を二つまみ入れてしゃもじで切るように混ぜ込みます。そのままでもおいしいのですが、今年は小粒の梅干しを漬けたので、それを入れました。白いおにぎりにとろろ昆布を巻き付けたら完成です。もう一つは、食べきれずに冷凍していた焼鮭をほぐしたものと、みじん切りにした青じそ、すりごまを混ぜ込んだおにぎりです。農作業中にぴったりの昼ごはんメニューですね(*^-^*)

 Dscn6667 そして、その日の夕食は,もちろん、畑じまい中の由あんどファームで収穫した野菜たちがメインです。この日は夫が好きな鶏肝のスライスとピーマンの炒め物です。薄く油を引いたフライパンで、スライスしたニンニクを1片炒め、香りがついたら、スライスした鶏肝を入れてよく熱を通します。塩コショウを軽く振って味を付けたら、細切りにしたピーマンを入れ、軽く炒めたらオイスターソースをかけて混ぜたら完成です。もう一品は、赤魚とゴボウ、ニンジンの煮物です。ゆめこはよく焦がすので(笑)魚の下に出汁こぶを敷き詰めます。それが焦げ付き防止&良い出汁が出るので一石二鳥ですね。あとは、砂糖・みりん・料理酒・塩・醤油で味付けをします。野菜と魚から水分が出るし、調味料は液体なので水は入れません。だから、絶対に強火にはしないでください!焦がしますよ(爆笑)あれ?もう一品あるけど?と思うでしょうが、これは焼きナスとプチトマトお浸しです。”カンタ酢”と”ストレート麺つゆ”を1:1の割合で混ぜ合わせたものに浸し、みじん切りした青じそと胡麻を振りかけたものです。夏には、毎日のように収穫できたナスとプチトマトですが、今はもう由あんどファームにはないので、これだけはスーパーで買ってきました(≧▽≦)

 

2020年11月21日 (土)

三代目

 Img_3886 三代目というと、還暦を過ぎたゆめこでも”ジェイソールブラザーズ”を思い浮かべますが、今日の話題の三代目は、我が家のペットだった金魚のことです。「だった」と過去形で表現するのには理由があります。実は、この金魚をホームセンターから買ってきて、大切に飼っていたのは夫だったのですが、この家に引っ越すときに置いてきたのです。それで、今は次男が引き継いで育ててくれています。左の画像には真っ白な魚が水槽の下に沈んでいるように見えますが、ホームセンターから買ってきて、2年くらいは真っ赤な金魚だったのですが、段々、白くなって・・・今では真っ白です!実は、我が家で最初に買った金魚もとても長生きして、真っ白になったことがあったので、今回は驚きませんでしたが(笑)でも、「やっぱり高齢化してきて疲れやすいのか下に沈んでいるね」と夫に言うと「水温が下がっているからだよ」と言い切っていました。そういえば、二代目金魚が産卵して、稚魚が数百匹生まれた時にも【水温計サーDscn6508 モスタット大事件】があったのですが・・・それは、また次の機会にお伝えしましょう(≧▽≦)

 今日は、我が家の三代目金魚の話題だったので、キンギョソウの作品の画像をアップすることにしました。近くの道の駅でキンギョソウの束を買ったら、とてもたくさんの本数がありました。ほかの作品を作っても、まだ、これだけ残っていたので、大きさと色のバランスを考えて生けていきました。そして、これも1枚だけ残っていたハランをくるりとキンギョソウの足を包むように巻き込んでみました(*^-^*)

2020年11月20日 (金)

誕生日おめでとう♡

 Dscn6486 22年前の今日、三男が元気の良い産声をあげました。母が40歳の高齢出産にもかかわらず無事に生まれてくれました。ちょうど、数十年ぶりに《しし座流星群》が日本に一番近づく頃でしたので、「我が家に11年ぶりにやって来た星の王子様」だと思って大切に育てました。お兄ちゃんたちからもとてもかわいがられました。その後、明るい性格で友達もたくさんできて、自由に伸び伸びと育ってくれました。小学校1年生から始めた剣道も高校2年生で三段を取得し、マレーシアの大学にも進学してIEPも取得しました。とても頑張り屋さんで、ほかの同級生よりは幅広い道を歩いてきたと思います。そして、22歳の誕生日は社会人として初めての誕生日でしたが、どんな風に過ごしているのでしょうか?今月初めの父の三十三回忌では、初めて自分で買った車に乗って帰りました。今までの人生よりもこれからの方が、はるかに困難なことがたくさん待っていると思いますが、着実に誠実に人生を歩いてほしいと心から願っています(*^-^*)

2020年11月19日 (木)

クリスマスバージョンで

 Dscn6639 何度も書きましたが、我が家は純和風住宅です。それで、以前の自宅のようにハロウィンやクリスマスデコレーションは似合わないとは思いますが、やっぱり、やってしまいました!というのも、来月から、しばらくホーチミンに滞在する予定なので、「今年はクリスマスの飾りつけはしない!」と決めていたのですが、昨日の記事に書いたように次男の会社の社長さんからとてもおしゃれな花束をいただいたので、「やっぱり、これはクリスマスバージョンでしょう♡」ということになったので、左の画像のように玄関の飾りつけをしました。花やミニ・クリスマスツリーの下にあるのは夫が3Dプリンターで作ったサンタさん、小人さん、トナカイさんでした。また、廊下の奥の画像は右側です。ハロウィンの時に使ったタピストリーにフェルト製のオーナメントとこれまた夫が3Dプリンターで作ったイヤリングやペンダントをオーナメント風に飾り付けてみました。ちょっとだけクリスマスバージョンの玄関になりました(*^▽^*)

Dscn6633

  Dscn6588 ということで、今日の作品は、おしゃれな花束からいただいた(笑)菊咲きローズブルーアイスと雪のイメージのトルコキキョウ、真っ赤なキャンドルのようなダリア、雪木立ちのような脱色したミツマタとサンゴミズキを組み合わせてみました。花器は、寸胴の花器を真っ赤なフェルトで包みました。サンタさんの衣装のイメージです。これで、純和風玄関もクリスマスっぽく見えますか

 

2020年11月18日 (水)

お洒落な花束♡

 Dscn6562 数日前に次男から「社長から花束をもらったから、明日、生け花教室(次男はゆめこのアトリエをこう呼びます)に来たときに持って帰って」というメッセージと画像のラインがありました。思い掛けないプレゼントで、とても、おしゃれな花束だったので嬉しかったです。何度もブログに書いていますが、次男の勤務している『グローテック』という会社は、アスター(えぞ菊)を1年中、栽培、出荷、新種のアスターも試験的に作っています。また、たくさんの種類のハーブも作っているようです。その花材を使った花束をプレゼントしてくださいました。社長さんはフラワーアレンジメントの勉強もしているらしいので、とてもおしゃれな花束だったので、ばらしてしまうのが惜しかったのですが、そのままの形で1日リビングに飾ったら、後はばらして、いくつかの作品を作ってみました。左の画像は、いただいたままの花束です。次男が今年の母の日に観葉植物のパキラをプレゼントしてくれましたが、その時の器を花Dscn6612 器に使っています。右の画像が、ゆめこの作品です。1つは3Dプリンターで作った花瓶にハーブのブルーアイスをベースにして、バジルの花Dscn6608 と淡いピンク色の菊咲きローズ(まん丸アスター)を挿しました。もう一つは、左と同じ花器にゆめこ専用花畑で育てたフォックスフェイス、レースラベンダー、マルバユーカリと菊咲きローズ濃い紫色のアスターを組み合わせた作品です。「んっ?ちょっと花数が少ないのでは?」と思われると思いますが(笑)ほとんどの花とハーブは、クリスマスツリーのイメージで生けましたので、また、明日ご披露させていただきます(*^▽^*)

2020年11月17日 (火)

あるもので

 Dscn6623 今日は、由あんどファームで収穫した野菜を使った夕食メニューのご紹介です。一つ目は、昨日の夕食のメインだった『乾物を使った煮物』です。乾物は今年の春に裏山で収穫し、食べきれずに干したタケノコ。もう一つは夫の同級生夫婦が経営する【藤川椎茸園】の干しシイタケです。干しシイタケは2~3日前に容器に水を入れて冷蔵庫で保存しておけば、出汁もよく出て使いやすいですが、干しタケノコは一度、水から入れて沸騰させ、丸一昼夜以上そのままにしておかないと柔らかくなりません。それと、干し栗も水に数日間浸して、鬼皮をむき、さらに一日水に浸して渋皮をむきます。結構な手間がかかるのですが…甘くておいしいです(笑)それで、乾物の準備が完了したDscn6620 Dscn6576 ら、ニンジンとちくわも入れて、煮込みます。出汁は椎茸の戻し汁などです。砂糖、みりん、酒、塩、醤油とこれまた、由あんどファームで収穫した唐辛子を2~3本入れて煮込みました。ちょっと、唐辛子の量が多くて、辛かったです。でも、夫は「おいしいよ」とゆめこの2倍の量をパクパク食べていました(*^-^*)

 Dscn6654 Dscn6648 もう一品は、今夜のおかずです。新鮮な鯵が手に入ったので、主菜は『鯵のあんかけ』を作りました。鯵は唐揚げにして、野菜たっぷり(ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、赤と緑のピーマン)のアンを掛けます。このジャガイモは春に収穫して保存していたものではなくて、畑じまいをしていた時に、春に掘り残した芋から育った、秋の新じゃがです!ホクホクして美味Dscn6646 しかったですよ(笑)そして、副菜には『キャベツのお浸し』を作りました。ざく切りにしたキャベツをサッと茹で、固く絞って、めんつゆと胡麻ドレッシングを混ぜ合わせた特製ドレッシングであえて、すりごまをトッピングしたら完成です。自然の恵みに感謝して美味しくいただきました('◇')ゞ

2020年11月16日 (月)

越冬ツバメ?

 Photo_20201116212801 今日の夕方、電線に1羽の小さめの鳥がとまっていました。遠目に見ていたら、なんだかツバメのような感じがしてきたので「越冬ツバメかなぁ?」と夫にいうと「本当だ。越冬ツバメだ」と断言しました。夫は時々自分流の言葉を作りますが(10月24日の記事のタイトル『越冬会議』も夫の造語です)「越冬ツバメ」というのは本当に存在するツバメのことですので!念のため(笑)それで、ゆめこカメラで最大限にズームして撮影し、画像をパソコンでアップしてみたら、全然、違う鳥でした!”ジョウタビキ”という野鳥です。『黒っぽい羽根に白い斑があり、胸の部分がオレンジ色で、1羽でとまっている』という特徴が一致したので間違いはないと思います。でも一番驚いたのは、この土地で生まれ育った野生児の夫が”ジョウタビキ"を知らなかったことです(≧▽≦)

  Dscn6524 今日は、久しぶりに生け花の画像をアップすることにしました。電線にとまっているジョウタビキの胸のオレンジ色を見ていたら、今日の話題にぴったりの作品があったので!今日の作品はネコヤナギとピンクッションの生花です。ヤナギは矯めがききやすいので(とはいっても、思うような形にするにはと~っても根気がいりますが・・・)シンプルな正風体の生花ですが、生けるのにとても時間がかかりました。まだまだ、修行途中ですので、これからもたくさん修行していかねば!と思うゆめこです(*´∀`*)

2020年11月15日 (日)

今年最後の

 Img_3844 由あんどファームで今年最後の収穫をいたしました。ニンジン、ネギ、ピーマン、パプリカ、キャベツです。ニンジンはちゃんとしたニンジンらしいもの?もありましたが、ちょっとユニークな形のものもたくさんあったので、並べてみました。形は面白いImg_3848 ですが、色も香りも強くて味も濃い美味しいニンジンたちです!ゆめこが持っているのは一番大きなニンジンと一番小さなニンジンです(*^▽^*)

 Img_3860 パプリカは、大きく大きく育ってくれたのですが、赤や黄色に熟すまでにとても時間がかかります。それで、熟すのを待っていたらとても、来月までに畑じまいができそうもないので、泣く泣く(笑)収穫しました。緑色でも、しっかりした美味しいパプリカですよ。ゆめこの顔と比べたらパプリカの大きさがわかるでしょ?(^O^)/

 Img_3852 そして左の画像が、本日の収穫です。他にも、今まで収穫した玉ねぎやサトイモ、ジャガイモなどもあるので、義姉や次男や友達におすそ分けしても、しばらくは野菜を買わずにすみそうです。というか、この野菜たちをふんだんに使う料理をしようと思います。そのレシピもアップしていこうと思いますので、どうぞ、お楽しみに(^O^)/

2020年11月14日 (土)

工夫次第

 Dscn6558 おととい、収穫した大根やニンジンは時期がずれているせいかもしれませんが、かなり個性的に育ってくれました。一昨日の画像ではわかりにくいと思いますが、大根はかなりトウがたっていて、固くて水分も少なくパサパサ状態でした。ニンジンも似たような感じだったので、「どうしようかなぁ?」と悩んだのですが、捨てるのはもったいないので、画像のように拍子木切り(ひょうしぎきり)にして、水から茹でて、沸騰したら、しばらく置き、水けをきった後に、ごま油で軽く炒めて、砂糖、しょうゆ、白だしで味を調え、一味唐辛Dscn6555 子とすりごまをまぶして出来上がりです。結構おいしくいただけましたよ。古くなった大根とかニンジンが冷蔵庫にあったら是非、お試しくださいませ(^O^)/

Img_3836 Img_3836 Img_3837 古くなった緑茶は、フライパンにクッキングシートを敷いて煎ることで美味しい《ほうじ茶》ができます。それをヒントにして、賞味期限がはるかに過ぎた紅茶を同じようにフライパンで煎ってみたら、これが、一味違う香ばしい紅茶に変身しました。もし、食器棚の奥から緑茶や紅茶の古くなったものを発見したら、ぜひお試しくださいませ(*^▽^*)

2020年11月13日 (金)

紅葉狩り

 我が家から車で15分くらいの紅葉の名所に行ってみました。《英彦山権現》です。急に寒くなったので、今年はとても美しい景色でした。ただ、一週間前だったら最高の紅葉だったと思います。でも、今週末までは天気にも恵まれるので、ぜひ、美しい紅葉を見に英彦山においでくださいませ(^O^)/

 Img_3821Img_3801 Img_3779Img_3801_20201113212701Img_3815

Img_3783

Img_3799

2020年11月12日 (木)

豊作だぁ!

 Img_3748 Img_3744 そろそろ、畑じまい(という言葉があるのかどうか知りませんが)を始めています。夏から秋にかけてまいた種や植えた苗が美味しい野菜たちになっているので、昨日から収穫しています。大根も人参もキャベツも「もうダメかもね」と何度も言っていたのですが、立派に育ってくれました⁉特にキャベツは新芽が出始めたころから、たくさんのアオムシたちに食べ尽くされたのであきらめていたのですが、こんなに立派に育ってくれました!まだ、しばらくはスーパーで買わなくてもよさそうですね。左の画像は昨日の収穫分です(*^▽^*)

 Img_3760 Img_3756 そして、今日は落花生を収穫しました。コロナウイルスなんかまったく関係がなかった昨年の今頃は、ゆめこ先生が以前勤務していたS中学校の女子生徒が2人「ワー!キャー!!」と騒ぎながら落花生や栗を収穫しに来たのを思い出しながら、今年は夫と二人で落花生の収穫をしました。思ったほど、大きくはなっていなかったのか、収穫時期が遅かったのかはわかりませんが、ちょっと小さめの粒が多かったようです。でも、我が家で食べるには充分過ぎるので、義姉や次男のところにも配ろうと思います(^O^)/

2020年11月11日 (水)

寒いですね~

 Dscn6364
Photo_20201111204501
日中は気 温が上がりますが、朝と夜はグーンと気温が下がってしまうので、とっても寒いです。でも夫は「涼しくなったね~」と涼しい顔で言っていますので「こんなのは寒いと表現します!」とゆめこが説明すると「真冬に比べたら、こんなものは涼しいっていうんだよー」とまたまた涼しい顔で言うので、「私にとっては寒いんです!」といって話を打ち切っていますが、我ながら「よく毎年同じようなことを言い合っているなぁ」と感心してしまいます(笑)

 今日も、予定外に夕方の寒い時間に戸外で過ごして体の芯まで冷え切ってしまいました。それで”温泉入浴剤”を入れてゆっくり湯船に浸かって、やっと体がポカポカしてきました。そのようなわけで(笑)今日は都城市かDscn6506 らの帰り道に通過しただけの霧島温泉の画像をアップして、見た目だけでも温まっていただこうと思います(*^-^*)

  湯船にゆったり浸かっているように見えるか、プールに浸って涼し気に遊んでいるように見えるのかは、見る方のご自由です(笑)

今日の作品は白のスナップドラゴン(金魚草)細くカットしたハランの葉の部分と茎を斜めにカットしたものを組み合わせました(^O^)/

 

2020年11月10日 (火)

えっ、バナナ?

 Dscn6373 宮崎県都城市からの帰りに福岡県八女市の星野村に立ち寄ったことは以前の記事で書きましたが、今日は、その途中の出来事のご報告です!ラジコン飛行機大好きおじさんたちと盛り上がった【スケール大好き集まれ】は天気に恵まれましたが、翌日はあいにくの雨模様の一日でした。それでも、「星野村に寄って、緑茶タイムを楽しむ♡」という目的があったのと、知らない道をカーナビに導かれるままにドライブしていたので、車窓から見える風景が面白くてたまりませんでした!もうすぐ、星野村に到着するという時です!河原に自生しているバナナの木に大きな花と実がついているのを発見しました(゚д゚)!

 ちょっと通り過ぎてから、Uターンして、写真を撮りながら「バナナがこんな所に生えるのかなぁ?」などとやや興奮気味のゆめこでしたが・・・。家に帰って調べたら、バショウにもこんなバナナそっくりの花や実がつくことが判明しました。ちょっとがっかりしたゆめこでした😞

 Dscn6529 Dscn6529 今日はバナナ&バショウの話題だったので、東南アジア風の作品の画像をアップすることにしました。先週の土曜日にゆめこ御用達花屋さんに行きましたが、なぜか、ストレリチア、ピンクッション、アレカヤシ、グロリオーサ、ドラセナなどの東南アジアに自生しているような花材が多くありました。それで、鳥が大きく羽を広げて羽ばたいていくような雰囲気の花を生けてみました。これは今、ハロウィンの飾りつけを片付けてちょっと寂しくなっていた自宅の玄関を賑やかにしてくれています(*^▽^*)

2020年11月 9日 (月)

1年ぶりです。

 Img_3740 1年ぶりに北九州市の井筒屋デパートに行きました。ベトナムのシスターズの(昨日の続きではありませんよ)お土産を買うためです。夫から「何を選んでもいいけど、《日本製 メイドインジャパン》がいいと思うよ」とのアドバイスがありましたので、《日本製 メイドインジャパン》を求めて新館から本館、4階から6階へと探し回って、「これぞ、メイドインジャパン!」という久留米絣(くるめがすり)のスマホケース和紙の年賀状宝船の置物などを買いました。気に入ってもらえると嬉しいですが・・・!そして、ついでにベトナムで普段使いにするためのゆめこ用のポシェットも買いました(*´艸`*)

 左の画像は井筒屋新館の入口のイルミネーションと小倉城のコラボです。イルミネーション点灯後だったら、きっと小倉城もライトアップされていると思うので、また違う素敵な情景になるでしょうね(*^-^*)

 Dscn6491Dscn6458 久しぶりに、デパートメントストア(笑)でショッピングができたので、ちょっと気分転換できたゆめこです。でも、人がたくさんいた”北海道物産展”はちょっと覗きましたが、あまりの人の多さにすぐにUターンしました。地下の食品売り場でも、必要なものを買ったらすぐに離れました。それよりも、デパートに行く前に昼食をとるためにファミリーレストランに寄ったのですが、窓の外から見ると、ほぼ満席状態だったので入るのをやめて、近くのコンビニでお弁当を買い店内で食べながら「こんな体験ができるのもコロナがだからね」と話しました。でも、一日も早く、ゆっくりレストランで食事をしたり、ショッピングが楽しめる日が来ることを願っています(^O^)/

 それで、今日はちょっと嬉しかったので、小さな作品を二つアップします。

2020年11月 8日 (日)

3Dシスターズ

 3d 夫が3Dプリンターにはまって(笑)1か月以上が経ちましたが、相変わらず、次々と色々なものが作られています。ゆめこのアクセサリーの画像は次の機会にして、今日は、花瓶?の画像をアップすることにしました。以前にも書きましたが、これらの花瓶に水を入れたら底だけでなく側面からも水がジャバジャバこぼれましたので、夫が水漏れしないように中に糊の空き容器や水ひしゃくの柄をカットしたものを差し込んで、完成させてくれたので、試しにDscn6309 スナップドラゴンとアルストロメリアを1本ずつ挿して、一晩様子を見ましたが水漏れはありませんでした(笑)その証拠?写真を撮ろうとして並べたら、まるで仲良しの姉妹に見えてきたので『3Dシスターズ』と命名しました。右の画像は休みなく頑張っている3Dプリンター君です(*^-^*)

 Dscn6542 今日の花は、3Dシスターズにも挿しているスナップドラゴンを使った作品を選びました。実は、近所にある道の駅でストックの束を買ったのですが、量が多くて、色々な作品に使って、最後の残った1本が3Dシスターズに挿したパープルのストックです。そして、右の作品が、スナップドラゴンを使った最後の作品でした。ストックをパフェのように盛り上げて、カットしたハランでラッピングし、そのままガラスの器に挿しました。スナップドラゴンの足が一本だけ見えるようにしたのは水中のワンポイント、ガラス器の淵からのぞくピンク色のカーネーションはパフェのワンポイントということで(*´艸`*)

 

2020年11月 7日 (土)

二度目の♡

 Dscn6516_20201107224701 ゆめこは、パンも好きですが、ご飯も大好きです。っていうか、炭水化物が好きなので年齢相応の皮下脂肪を蓄え続けております(´Д⊂グスン

それでもやっぱり「最高に美味しい!」と思うのは新米です!我が家のコミュニティにある田んぼはすべて早場米を作っているので、8月末から9月初めに稲刈りをします。それで、我が家でも9月中旬には今年の新米を堪能いたしました!(その様子は9月14日にアップしております)そして、そろそろ1か月経つので「もう、新米の香りがしなくなってきたね」などと夫と話していたところ、なんと!都城米(みやこのじょうまい)という銘柄があるかどうかは知りませんが、先週の日曜日の【スケール大好き集まれ】終了後に後片付けをしていたら、Iさんが「俺の代わりに連れて帰ってください!」と新米の袋をゆめこの愛車に乗せてくれました。そして、それを今朝、初めて焚きました。またまた、甘いふっくらとした香りとモチモチした食感の新米をしっかり味わうことができました。一年に二度も美味しい新米を味わうことができるなんて、最高に贅沢な体験をさせていただきました!Iさんありがとうございました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 Dscn6452_20201107224001 新米の話題に似合う花といえば、やっぱり秋を代表する菊の花でしょう。というゆめこの勝手な思い込みで、今日は小菊を竹籠に生けた作品をアップすることにしました。花材は三種類の色も大きさも微妙に違う小菊です。スッキリとした青空の下で野原に咲いている小菊たちが、秋風になびいているような雰囲気に生けてみましたがいかがでしょうか?

2020年11月 6日 (金)

集合しました!

 Dscn6483 今日は父の三十三回忌の法要を次男宅で執り行いました。施主は次男です。というのも、次男が生まれた時に「この子はうちの跡取りだ!」と父が大変喜んで名付け親になり、次男の成長をとても楽しみにしていたからです。でも、次男が2歳になる前に肝臓癌で60歳で天国に旅立ってしまいました。その後、成長した次男は祖父の遺志を継いで20歳の時にゆめこの実家の姓を継いでくれました。それで、ゆめこは今日は黒子に徹したわけですが、我が子の成長に頼もしさを感じました。次男と長男は同じ町内に住んでいるので、時々、顔を合わせますが、県外に住んでいる三男はなかなか会うことができDscn6481 Dscn6480 ないので、今日は元気そうな顔を見ることができて安心しました。法要の後は、家族そろって父も毎日のように通っていた(笑)【九ちゃん】で懐石料理をいただきました。父の席には生前に大好きだったちらし寿司と大ジョッキの生ビールも準備しました(^O^)/

 今日の花は、次男宅の床の間に今日のために生けた生花の画像です。花材は季節外れの新芽をDscn6479 伸ばしているセッカヤナギ、一部分が黄化したハラン、つぼみがほころんだDscn6479 ばかりのトルコキキョウです。古いものと新しいものを取り合わせることで世代交代を表現してみました(*^▽^*)

2020年11月 5日 (木)

やっぱり行きました!

 Dscn6440 宮崎県都城市に行く楽しみの一つは、【薩摩蒸気屋】で美味しい和菓子を買うことです。特に今年は、最初で最後の【薩摩蒸気屋】での買い物になるので、とても楽しみにしていました💛明日は父の三十三回忌の法要をしますが、美食家の父が愛した和菓子は《長崎県のカステラ》と《鹿児島県のかるかん饅頭》でした。それで、明日Img_3733 は”かるかん饅頭”や”かすたどん”などとゆめこの一押し”はるこま”をお供えします。きっと天国で楽しいお茶会を開くことでしょう!そして、右の画像は、店内でお茶をいただいているゆめこの画像です。開店直後にお店に入ったのですが、すぐにスタッフの方が美味しいほうじ茶を出してくださいました。ごちそうさまでした(*^▽^*)

 今日は、久しぶりに生け花の画像をアップします。右のゆめこが座っている薩摩蒸気屋・都城店の店内のこの一角に似合いそうな作品を選びました。竹で編んだ蓋つきのかごに小さめの器を入れて剣山を置き、短めにそろえたスプレータイプの小菊を色の濃Dscn6448 さで段差をつけて生けました。でも、小菊だけでは秋の雰囲気が濃くなってしまうので、菊よりもちょっと長めにしたアルストロメリアで軽やかさを出しました。

2020年11月 4日 (水)

スケール大好き集まれ!番外編

 Dscn6334 Dscn6327 ”スケール大好き集まれ!”の時に、夫とゆめこがつけていたマスクは、もちろんゆめこのオリジナルです。100円ショップで見つけたエンブレムやアクセサリーパーツをシンプルなデニム生地に付けました。ラジコン飛行機大好きな夫の分にはエアフォースのエンブレムを、ゆめこの分にはウィルスに見立てたアクセサリーパーツを縫い付けています。これには「マスクをつけていれば、絶対にウィルスは侵入しないぞ!」というメッセージが込められているのです(笑)夫のエアフォース・マスクはともかく、ゆめこのウィルス撃退マスクは普段使いするには、ちょっと勇気が必要そうですね(≧▽≦)

 そして、もう一つの番外編!”スケール大好き集まれ”の常連さん《3じーじ》のご紹介です。Dscn6362 Dscn6354 時々、ゆめこのブログに登場する越後屋さんこと銘木店の社長さんは、三人の中では最高齢ですが、競技会には一番乗りでやってきます。ただし、順番待ちの時などは「疲れた~」と言いながら、こんな風に座り込んで体力を温存しています→(笑)次は、山口県防府市から海を越えて年に数十回もラジコンイベントに参加するTさん。それほど練習熱心?なだけに2014年のフランス・マルマンドで開催された世界選手権大会のF4Hクラスで第5位に入賞しました。それと、この二人となぜ気が合うのかわからないほど、紳士のNさんです(笑)Nさんはとても優秀な審査員で、日本選手権大会の審査員も務めていますが、いくら仲良しだといっても越後屋さんやTさんの成績を甘くするような不正は絶対にしません!こんな不思議で面白い《3じーじ》のことをゆめこは大好きなのです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 上の画像で座っているのが越後屋さん。飛行機を持っているのがTさん、送信機を持っているのがNさんです。その奥で小さく映っているゆめこは、ラジコン雑誌に掲載するために出場者ひとりひとりと飛行機のツーショットを撮影しているところです('◇')ゞ

2020年11月 3日 (火)

しずく茶

 Dscn6398 今日はゆめこ目線での【茶の文化館】のご紹介をします。午後4時ごろに入館したところ、ゆめこたち以外に1組のカップルしかお客さんはいませんでした。雨天で平日の閉館直前の時間帯とすれば当たり前のことかもしれませんが、ちょっとDscn6399 寂しい雰囲気でした。奥に進むと、さっきのカップルが”ほうじ茶作り”と石臼での”抹茶挽き”体験をしてDscn6389 いました。考えた末にゆめこは抹茶は買ったばかりの未開封が一缶あるので、”ほうじ茶作り”の体験をしました。そして香ばしいおいしそうなほうじ茶が完成しました。右の画像はビフォーアフター(左→右)です。ゆめこオリジナルのほうじ茶のタイトルは『はじめての星野村』です(^O^)/

 体験スタッフから「しずく茶は飲まれましたか?」と聞かれたので「それは何ですか?」と尋ねると星野村ブランドの玉露の最高級品で、ティーラウンジで提供しているのは100g4000円の分と6000円の分とのことでしたので、緑茶好きのゆめことしては「これはいただくしかないでしょう」ということで、4000円の方の和菓子セット(500円)をお願いしました。お盆に乗っているバニラアイスは夫が注文したもので、セットには含まれていませんよ。念のため(笑)

Dscn6413 しずく茶専用の茶器に入れられDscn6407 て、出てきた一煎目を一口含んで「えええ?」と思わず声が出ました!こんなにおいしいお茶は生まれて初めていただきました。甘くて上品な味と香りが感動を運んできてくれました!テーブルにある説明書に従って、四煎目まで楽しんだ後は、茶葉にポン酢をかけて美味しくいただきました。次回はもう1ランク上のティータイムを楽しもうと思います(*^▽^*)

2020年11月 2日 (月)

星野村に行きました!

Dscn6430 Dscn6436 10月6日に『近いうちに星野村に行ってみようと思います』と書きましたので、今日、八女市星野村に行ってきました!というか、実は今回の【スケール大好き集まれ】の日程が決まっていたので、「都城市からの帰り道に星野村に寄ってみよう」と決めていたのです。あいにくの雨天でしたが、のんびりとドライブを楽しみながら星野村に向かいました。そして、なんとここは”福岡県のマチュピチュ”だということを発見したのです!あれほどずーっと続く棚田を初めて見ました。もう少し早ければ真っ赤な彼岸花があぜ道を埋め尽くしていたでしょうし、春は田植え後の新緑が美しいと思います。でも、稲刈りの終わった棚田も壮観でした(^O^)/

 Dscn6425_20201102223301 Dscn6434 八女市はお茶所で有名ですが、もちろん八女市星野村にも”星野茶”があります。ということも、今回初めて知りました。本当に星野村と星野リゾートを同じものだと考えていた程度の知識しかなく、全くの勉強不足でしたが、今回、たくさんのことを学びました。夫によると「家から星野村までは50㎞くらいしかないから、思い立ったらすぐに行けるよ」とのことでしたので、今度は、天気の良い日に星野村を目指して行きたいと思います。そして、明日は”星野茶”のご紹介をしようと思います(*^▽^*)

2020年11月 1日 (日)

スケール大好き集まれ!

 Dscn6833 Dscn6357 今日はスポーツのカテゴリーを選んだのには理由があります。というのも、今日は夫の仲間のラジコン大好きおじさんたちの年に一度のお祭り(笑)である『スケール大好き集まれ』を宮崎県都城市の【都城ラジコンクラブ専用飛行場】で開催したからです。コロナ禍で何もかも自粛ムードの中、クラブの皆さんのご好意で開催することができました。本当に感謝です。ですので、参加者にもクラブの皆さんにもご迷惑をお掛けしないように万全の準備をしました!3種類の消毒液と体温計測は受付でゆめこが行いました!左の画像です。ちなみにコロナ対策のスローガンは夫のオリジナルなのです(^O^)/

 Dscn6360 Dscn6361 もちろん、夫も1ラウンドだけ飛ばしましたので、以前のオリジナル水上飛行機撮影で腕を上げたゆめこが(?と思われる方は9月26~28日のブログをご覧くださいませ。)”タッチアンドゴー”という演技をしている夫の雄姿を激写しましたので、その画像を右側にアップしています。”タッチアンドゴー”というのは、飛行中の機体を一度、滑走路に着地させて5m以上滑走させてから再び離陸させるという演技です。着陸直前の機体と、操縦している夫の前を滑走している離陸直前の機体の画像です。「我ながら良く写せたなぁ」と思います(*´艸`*)

 Dscn7036 Dscn7038 すべての参加者のフライトが終了して各種の成績優秀者の表彰する閉会式が終了したら、おじさんたちのお楽しみタイム、おまちかねの抽選会です。たくさんのメーカーさんからの協賛品をくじ引きで平等に山分け(笑)した後に、大きな景品だけはじゃんけん大会で決めます。画像からも熱気が伝わってくるような大盛り上がりの時間です!そして、今回の勝者は福岡県から参加のSさん、Kさん、鹿児島県から参加のFさんの三名です。おめでとうございます(*^▽^*)

 

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »