フォト
無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月に作成された投稿

2020年12月31日 (木)

ラジオ体操

Dscn7169 ホテルでの隔離生活に当たって、夫婦で一番気を付けていることは【運動不足にならない】ということです。それで、それぞれに一日の目標を決めて部屋でウォーキングや筋トレをしていますが、朝と夕方の1日2回だけは一緒に『ラジオ体操』をしています。左上はラジオ体操第一をしている夫で、右下はラジオ体操第二を撮影のために2回しているゆめこです(*´艸`*)

 Dscn7202
朝食前が第一で夕食前に第二をしています。数年前まで中学校の教師だったゆめこは何も見なくても体操できますが、夫は中学校卒業以来なので全く覚えていないらしく、しっかりPCにダウンロードをしてそれをみながらしています。ラジオ体操は侮れませんよ!真剣に取り組んだら、しっかり筋肉痛と大量の汗がおまけについてきますからね(*'▽')

 そういえば、ラジオ体操の作曲は古関裕而さんではありませんでしたね・・・。今日は昼食後にNHKを見ていたのですがっていうか、ここでは日本語をしゃべるテレビ局はNHKしかありませんので(笑)そうしたら、連続テレビ小説「エー」の総集編が始まりました。全く興味が無くて、本編は観ていませんが、総集編は見入ってしまって・・・。夫婦で大笑いしたり、涙を流したりと大感動でした!NHKさん、1年の締めくくりに感動をありがとうございましたm(__)m

それから、いつもおばさんの独り言にお付き合いくださっているみなさま、1年間、本当にありがとうございました💛コロナ禍できゅくつな年末年始になりますが、それでもよいお年をお迎えくださいませ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

2020年12月30日 (水)

年末大掃除?

 Dscn7186 先ほど、何気に窓の外に目をやると、二人の男性が画像のように窓の掃除をしていました。高所恐怖症のゆめこといたしましては、「絶対に職業として選ばないベスト3」に入る職業です!本当にお疲れさまでございます。

 なにせ、ゆめこはテレビの画面でも高いビルや山の上から下をのぞくシーンなんかが出てきたら、背中に冷たーい氷水を流されたような気になってしまうくらいに恐怖を感じるのです。もう一つの苦手は暗所閉所がダメなので”鍾乳洞のガイドさん”とかも絶対にできないですね(笑)

 ベトナムは旧正月(テット)が本当の❓お正月で1週間のテット・ホリデー(2021年は2月10日~16日)となり、お店も学校も休みになるそうです。それで、1月1日は普通の休日だそうですが、やっぱり、ある意味、年末大掃除なのでしょうか(^O^)/

 

2020年12月29日 (火)

セルフサービス

 Dscn7133_20201229190201 Dscn7138_20201229190201 ここは隔離施設なので、検温のスタッフも食事を運んでくれるスタッフも防護服にマスク、フェイスシールドにゴム手袋といった完全防備のいでたちです。だから、当然ながらまず、部屋に入ってくることはありません。それで、掃除はセルフサービスということになっています(笑)

 夫が、食事を運んでくれたスタッフにお願いして掃除機とモップを借りました。二人で役割分担をして、掃除に取り掛かるのですが、業務用の大きな掃除機を使うのはかなりの力が必要なので、夫が使い、ゆめこはモップで床磨きをしました。

Dscn7141_20201229190201 Dscn7135_20201229190201 掃除が終わって、きれいになった部屋はとても気持ちが良いですよ。いつもなら清掃スタッフがきれいにしてくれるのでしょうが・・・。これもまた、今しかできない貴重な体験ですね。

2020年12月28日 (月)

ボリュームたっぷり

 Dscn7132 このホテル(隔離施設)を予約してくれたのは、今回、私たちのために一生懸命準備してくれたシーガルモデルのCEOのデュエンさんです。ホテルに到着して、彼女に「とても素敵なホテルを準備してくれてありがとう。快適なホテル生活をスタートしました」とお礼のメールを送ったところ「そこは料理が美味しいから、食事も楽しんでね」と返信がありました。食事はアジアンタイプとウェスタンタイプの2種類あり、1週間分のメニューが決まっていますが、毎日、午後に次の日の食事タイプの確認コールが入ります。幸いなことに夫婦二人で滞在しているので、いつも2種類Dscn7129 Dscn7143 の食事を注文できるので、食事を楽しむことができています。ただ、日本では年齢のことを考えて、量や食材を選んできていた熟年夫婦にとってはとてもボリュームがあり過ぎるので、多少セーブしながらいただいております。左の画像は、ある日の朝食のアジアンタイプのフォー、右の画像は夕食メニューで、ウェスタンタイプのチキンソテーと揚げパン、アジアンタイプの白身魚のフライとマッシュポテトです。あれ?逆だったっけ?まあいいや!

これにサラダやフルーツがついてくるのでかなりの量になります(^O^)/

2020年12月27日 (日)

洗濯石鹸

 Dscn7126 おそらく【洗濯石鹸】と聞いて「あー、あの四角くて大きな白い石鹸のこと」と思い出す人は、昭和40年代前半生まれの人でしょう。もしかしたら、30年代末くらいまでの人でしょうか(笑)ゆめこが小さかった頃は、祖母が、洗濯ものに固くて白い大きな洗濯石鹸をこすりつけて、洗濯板で洗っていたことを思い出します。その後、小学生になったくらいの頃に我が家にも洗濯機がやって来たので、いつの間にか四角くて大きな白い洗濯石鹸は姿を消しました。

 今回、ベトナムに来るにあたり、14日間の籠城生活ではホテルのスタッフにも洗濯を頼めないので、というか、今までどこの国に旅行しても、自分たちで洗濯して部屋干ししていましたが・・・。出発準備の買い物リストに洗濯用の洗剤(粉)を入れていました。毎日のようにホームセンターに行っていたのにいつも買い忘れて、仕方がないので自宅近くのスーパーに行ったのですが、液体洗剤しかありません😨「どうしよう」と思っていたら、なんとこの美しいブルーの洗濯石鹸”ウタマロ石鹼”が目に留まりました。

 昨日初めて使ってみたら、泡立ちもよく、とてもいい香りです(*´艸`*)

ー追記ー

 夫はやっぱり野生児でした!この記事を書いていたら、「昔は、シャンプーが無いときは、洗濯石鹸で髪を洗っていたよなぁ」と懐かしそうにつぶやいていました。ゆめこは返す言葉がありませんでした(≧▽≦)

 

2020年12月26日 (土)

ワレワレハ・・・?

 Img_4035 やりました!またまた、初体験です!でも、今回の初体験はこれが最初で最後になってほしいと願っています。

タンソンニャット空港に到着して、無事にベトナム社会主義共和国に入国できたのが、午前0時を少し回った頃でした。その後、ロビーでは青い防護服を身にまとった人たちがウロウロ・・・。「これがうわさに聞く防護服か?やっぱり着ないといけないのね」と思っていたら、空港のホテルの受付担当者から大きな声で名前を呼ばれました。防護服を受け取って、着てみたら、結構、はまってしまって夫婦で記念撮影!(左の画像)その間、ホテルのドライバーさんはニコニコしながら(彼も防護服姿です)待っていてくれました。それから空港外に停めてあるホテルの車に乗る前にワレワレノ荷物にシューッと一振り消毒液をこれまた、空港職員に吹きかけてもらって(笑)無事、ホテルへ向かうことができました。とはいっても、徒歩でも行けDscn7117 るくらいの距離のホテルです。チェックインのときにも検温と荷物の消毒、問診?があり夜食を受け取って、やっと部屋に入れました。フ~っ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

全部で10分くらいの”防護服着用体験”です。せっかくなので、部屋に入ってもう一度あらためて、記念撮影した右の画像を見ていたら「ワレワレハ、ウチュウジンダ」というセリフが似合いそうですね。でも、ゆめこ的には疫病退散の妖怪アマビエ】に見えるのですが・・・(*´艸`*)

アマビエ様。どうぞ、一日も早くコロナ禍で苦しむ世界中の人々をお救い下さい!

 

 

2020年12月25日 (金)

ファーストクラス

 Dscn7110 Dscn7108 ゆめこはただ今、なんと成田空港にある日本航空の【ファーストクラス・ラウンジ】でブログをアップしております。今回のベトナムへのフライトにJALのファーストクラスのチケットを買ったからでも、夫がJAL・OBだからでもありません!今回のフライトは定期便ではなくてビジネス専用の特別便なので、今回だけは特別にこのラウンジを使用できるのです。多分、最初で最後の利用になると思うので、しっかりとくつろがせていただいております(笑)

 Dscn7111 そこで『証拠写真を撮っておこう』と思い立ち、インフォメーションのお嬢さんたちに撮影許可をいただいたところ、「では、ご一緒に♡」ということでクリスマスツリーの前で記念撮影いたしました。もう一人のお嬢さんともツーショットの予定だったのですが、お客様が見えたので、こちらのお嬢さんはおひとりでゆめこが撮影しました。「ぜひ、ラウンジの中も撮影なさってください」と言っていただけたので、他のお客様の迷惑にならないように夫だけ・・・。夫は一生懸命スマホで何かを調べているところです。しっかり、クリスマス限定の赤ワインをいただきながらですが(≧◇≦)

 Img_4026 右下の画像は、「今日の成田空港・国際線ロビーはお休みですか?」と言ってしまいそうになるくらい閑散としています。福岡空港も成田空港も国内線はそれなりににぎわっていましたが、国際線ロビーはこんな感じでした。

 Img_4028 成田空港だけでなく、JALのスタッフの皆さんはとても親切で丁寧な接客で、私たち旅行客を和ませてくれます。一日も早く、賑やかな空港の日常が戻ってきてほしいと心から願っております!がんばれ鶴丸マークの日本航空(^O^)/

 

 

 

2020年12月24日 (木)

まるで、パズル

 Dscn7097 Dscn7099 メリークリスマス!皆様はコロナ禍のクリスマスをいかがお過ごしですか?毎年、クリスマスの飾りつけは時間をかけて大きなツリーや小さなツリー、小さな子どもが乗れるくらいの大きなトナカイさんも飾っていました。ところが、今年は出国の予定があったので、「もう、飾りつけはしない」と決めていましたが、次男の会社の社長さんから素敵なブーケをいただいたので「これはちょっとだけでもブーケを使ったクリスマスの飾りつけをしなければ!」ということで…(笑)詳しくは11月19日「クリスマスバージョンで」をご覧くださいませ。

 例年は25日の夕方にクリスマスを片付けて、大急ぎでお正月の飾りつけをするので、片付けも準備もバタバタしていたので、今年初めて気づいたのですが、画像にある組み立て式の木製ツリーのオーナメントはちゃんと帰る場所が決まっているのです!画像をよくご覧ください。箱の中の白いプラスチックは大きさも形も違うでしょ?これを一つずつ納める作業は結構。時間がかかりますが、Dscn7098 心がほっこりしました(*^_^*)

 もう一つのミニツリーは小さいながらもしっかり光ファイバーが装着されていて、とてもきれいです。明るい場所で撮影したので全く分かりませんが…(笑)ちなみに、横にいるサンタさんとトナカイさんは夫が3Dプリンターで作ったものです(^O^)/

 

2020年12月23日 (水)

一足早く・・・?

 Img_4001 Dscn6972 今日は生花の作品を二つアップすることにしました。花材はアカメヤナギ、菊、マンリョウ、万年青なので、お正月の雰囲気です。

以前からお知らせしていますように明後日から夫婦でホーチミンに長期滞在の予定なので、クリスマスもお正月もホーチミンのホテルで過ごすことになりました。「わぁ!うらやましい!」なんていうのは大きな勘違いで、ただ今の世界状況はご存じの通りCOVID-19(新型コロナウイルス)のせいで、入出国がとても大変な状況です。一昨日にPCR検査を受けて陰性が判明しましたので出国はできますが、ホーチミンに到着後はそのまま、14日間のホテルでの隔離生活が待っているのです。その様子は時間がたっぷりありますので(笑)くわ~しく、またブログでご報告させていただきましょうね。

 そのようなわけで、お正月の生け花ができませんので、ちょっと雰囲気だけでも味わっていただこうかと思いまして、今日は二作品の画像をアップいたします(*'▽')

 

2020年12月22日 (火)

きょうふのみそ汁

 Photo_20201222144901 一昔もふた昔もまえに『きょうふのみそ汁』というフレーズがはやりました。きっかけは何だったのか思い出せませんが、「恐怖」と「今日、麩」のことばの面白さを表現したのが当たったのでしょうか?同じようなフレーズがたくさん登場しました。ところが、今日は全国的な広がりとは別にこの”きょうふのみそ汁”におびえた小学生のお話です。ゆめこの知り合いのUさんの長男J君が小学生のころの親子の会話です.

J「お母さん、今日は何のみそ汁?

U「今日は、麩のみそ汁よ。たくさん麩を入れたから美味しいよ

J「え~っ?フのみそ汁?そんなん、食べん!

Dscn6702 といいながらJ君(現在2児の父)は逃げ出したそうです。なぜでしょう。実はゆめこの自宅コミュニティや町内でも、それと同じくらいローカルな地域ではカメムシのことをと呼んでいるそうです。同じ町内に生まれ育ったゆめこは全く知りませんでしたが・・・。その話を聞いて以来、カメムシの別名を知りました。久しぶりに「きょうふのみそ汁」を作ったので、朝からその話題で盛り上がりました(≧▽≦)

 今日の作品は、今日の話題とは全くコラボできませんが、日本にいる時間が残り少なくなってきたので、まだ、アップしていない作品の中から選びました。2色のカンガルーポーと葉先が白いハランの組み合わせです。これはアトリエに飾っていましたが、一ヶ月以上も現状を保っていました。残念ながら、アトリエの片づけのために処分してしまいましたが、ゆめこのお気に入りの一つです(*^^*)

 

2020年12月21日 (月)

マイノリティ

 1_20201221181401 数日前に、自宅近くの道の駅に寄りました。お弁当と花を買うためです。夫がお弁当コーナーに行っている間にお花を選びました。その中でちょっと気になったのがラナンキュラスの束でした。8本で一束になって6~7束あったのですが、その中で1本だけ不思議な色をしたラナンキュラスを発見しました!それに手を伸ばすと隣で花を選んでいたおじさんが「わしも、それを買おうと思いよったけど、寸法が短いき、やめたんバイ」といっていました。なんと答えたらよいのか迷ったのですが「私はこの長さで十分だから・・・」などと小さな声でいいながら、あとはニッコリ笑顔でごまかしました!左の画像は面白いラナンキュラス・シストロンと1本だけの不思議ちゃんDscn1105 Dscn1043_20201221181401 です。おじさん曰く「それは染ちょんやろう」といっていましたが、買って帰ってよく見ると本当に葉っぱまで染められていました!その時、「マイノリテ(社会的少数者)」というワードが浮かんできて、数年前に初めてバンクーバーで観Dscn2215 た、プライドパレードを思い出しました。最初は「パレードがある」という情報だけで、何Dscn2175 も知らないまま、それでも炎天下で5時間くらい楽しい時間を過ごしました。右の画像はほんの一部です。その後、このパレードの意味や意義を勉強して、2年生の人権学習でも取り上げました。そして、2回目は、アムステルダムの運河で行われたプライドパレードも見学しました。左の画像です。これも、とても素晴らしく、楽しく、大いに盛り上がりました(^O^)/

2020年12月20日 (日)

春の食卓

  2_20201220115201 1_20201220115401 昨日は季節外れの『紅葉』の話題でしたが、今日は一足早く『春の食卓』の話題にしようと思います。というのも、先日、いつも行くスーパーで春の代名詞のような”菜の花”を見つけたからです!早速、買ってお浸しを作りました。ところが、写真を写す前に鰹節パックを1袋全部かけてしまったので、菜の花のつぼみが見えなくなってしまいました😨それで、少しだけお箸で鰹節を移動させて撮影したのですが、小さなつぼみが見えるでしょうか?もう一品の煮物は、今年の春に裏山で掘ってきたタケノコです。もちろん、干しタケノコです!5月8日「保存方法」というタイトルでアップしていましたが、その時のタケノコを使った煮物です。久しぶりに春を満喫いたしました!実は花材収集の時に裏山で”青々とした山椒の葉”を見つけたので、棘に挿されて痛い思いをしながらも一枝採ってきたのです。この煮物に1~2枚乗せるとよかったのですが、うっかり、この日の朝に捨ててしまったのです😨それで、たった1枚残っていた青じそをちぎってトッピングしました(*^^*)

 Dscn7052 今Dscn7045日の作品は、2つともフォックスフェイスの作品です。春になって、冬ごもりをしていた山の動物たちが少しずつ野山に戻ってきました。『キツネの子どもたちは、外に出たくても、冷たい雪が降り積もった真っ白な山の中で遊ぶことができません。暖かな巣の中で、お母さんたちと一緒にジーッと長い冬を過ごさなくてはいけないのです。そして、やっと、雪が溶けて草花が目を覚ます春がやって来たので嬉しくて外に飛び出しました!』ねぇ、何して遊ぶ?」「今日はどこに行こうか?」と楽しくおしゃべりをしているように見えませんか(^O^)/

 

2020年12月19日 (土)

紅葉

 2_20201219114901 「えっ?もうすぐクリスマスだというのに紅葉❓」と思われるでしょうが、記事の制作上(笑)ちょっと時期がずれてしまいました。とはいってもこの画像はほんの1週間前のものですよ。12月半ばだというのに、ゆめこのウォーキングコースにはこんなに真っ赤な楓の木と緑と黄色と赤が入り混じった楓の木がありました。残念ながら、今週、降り続いた雪ですっかり葉が落ちてしまいましたが・・・。もしも、昨年のように暖冬だったら、このままの姿で年を越したかも❓と思3_20201219114901 1_20201219114901 うくらい勢いの良い紅葉でした。だから、先月末の畑じまいの前に収穫して出番がなかった紅葉しつつあった(笑)ピーマンとパプリカの画像もコラボさせてみました。右の画像の色が変化しつつある楓の木と、とても雰囲気が合っていると思いますがいかかでしょか(^O^)/

2020年12月18日 (金)

判明いたしました。

 Photo_20201218104301 先週、裏山とイタバタ周辺で集めた花材を使った作品をアップしていましたが、ゆめこも初めて見る花材が多くその名前がなかなかわかりませんでした。春先や夏の花が咲いているときとか、葉が青々と茂っている場合は植物図鑑などで分かるのですけど・・・。と思っていたのですが、そこは探求心旺盛なゆめこのことです。手持ちの植物図鑑を駆使して、シダ以外の花材の名前が判明いたしました!もちろん、シダの図鑑も持っていますが、シダは青く茂っているものでさえ正確な名前はわかりにくいのに、さすがにこれだけのカリカリでドライフラワー状態のものは(11日の作品)名前Dscn6998 が分かりませんでした・・・残念。でも、他の木の実や花が終わっているものもわかってきたので、今日は残りの三作品の画像をアップすることにしました。左の画像は「裏山のクリスマスツリー」とタイトルを付けました。べースになっているのはギシギシの茎です。それにモールのようにミズスギを巻き付け、イルミネーションのようにサネカズラを取り付けました。カラスウリとイズセンリョウはオーナメントです(*'▽')

 Photo_20201218104302 右の画像はウツギをメインにした作品です。これも背の高い透明のガラス器なので、中もきれいに見えるように工夫しています。これらは全部自然にできたドライフラワーなので、水は必要ありません。ガラス器の中の曲線はサネカズラです。右側に配置したキシPhoto_20201218104303 ョウブの葉の後ろにイズセンリョウとウツギの茎を隠しています。イズセンリョウの虫食い葉も魅力的だと思うのはゆめこだけでしょうか(*´艸`*)

 最後はタカサゴユリ、シラン、サネカズラ、シソを使った作品です。これもすべてドライフラワーですね。そして、花材の名前を調べるのに一番時間がかかったのが、実はこのタカサゴユリだったのです。我が家コミュニティにはたくさんの種類のユリが咲きますので、どのユリの花殻なのかがなかなか判明しませんでした!だけど、多分、タカサゴユリであろうと思います。あくまでもゆめこの楽しみの範疇のことですので、野草に詳しい方が異議を申し立てることはご遠慮くださいませm(__)m

2020年12月17日 (木)

今度こそ!

 Photo_20201217165101 今年の4月5日に「ラベンダー畑が・・・」というタイトルで、とても残念で疲れたお話を書きましたが、今日の記事は「今度こそ!」という内容です。町役場から通知が来たので、先月末に夫が、我が家所有の農地や山林などの確認に行きました。その日の夕食中に「面白いことが分かったよ。イタバタに行く途中にあるひょろ長い小さな土地がうちの土地らしいよ」というのです。ゆめこはあまり興味がなかったので「ふ~ん」と生返事をしていました。ところが、先日、イタバタに花材を採りに行く途中に大きなヒノキが何本も植えられている土地を指さして「ここだよ。ベトナムから帰ったら木を切ってもらって更地にしImg_3985 たら、今度こそラベンダー畑ができるよ」という嬉しいことば💛今度こそは、確実にラベンダー畑を作れそうでワクワクしているゆめこです。だから、ゆめこ専用花畑に咲いているラベンダーたちに「あなた達を株分けして増やしていくので、しっかり頑張ってね」とはっぱをかけています(≧▽≦)

 Dscn6969 ということなので、今日はゆめこ専用花畑に咲いている季節外れのラベンダーとフォックスフェイスを使った作品の画像をアップします。この日、摘んだばかりのラベンダーが一本下を向いているので、「ラベンダーは水揚げが悪いのかなー?まぁ、これがダメなら新しいのを採って来よう」と思っていたら、次の日はピン!となっていました(笑)これは、透明ガラス器なので、水中も工夫が必要です。今回は、長いラベンダーの葉の中に短いラベンダーとおしゃべりをしている2頭のフォックスフェイスの茎を隠しています(^O^)/

 

 

2020年12月16日 (水)

目玉おやじ・・・❓

 Dscn7032 木酢(キズ)という酢ミカンをご存じですか?ゆめこも小さなころから寄せ鍋や水炊きなど鍋料理の時にはこの木酢を絞ったものに醤油を入れて『酢醤油(すじょうゆ)』を各自で作り、それに具材を浸して食べていました。大人はその中に柚子胡椒(ゆずごしょう)を入れていましたが、ゆめこは匂いからダメでした。ところが、大人になると不思議なもので鍋には柚子胡椒が必需品になっております(笑)画像のポン酢は、我が家の裏山から夫が柴刈のついでに収穫してきたものを絞って、”白だし”と醤油をブレンドしたものです。市販のつけダレにも美味しいものがたくさんありますが、ゆめこはこれが一番おいしいと思っています。キズやカボス、柚子などがたくさん手に入った時はお試しください。ということで、ポン酢の画像を編集していたら、なんと器の中に【目玉おやじ】がいたのでびっくりですΣ(゚Д゚)

 Dscn7037
今日は豆乳で生湯葉を作りながら食べるというちょっと変わった鍋料理なので、時間がかかるしボリュームもあまりありませんので、子育て世代や働き盛りの方たちには不向きかもしれませんが、とても美味しいので、機会があれば、一度お試しください。材料は無添加豆乳だけです。鍋に豆乳を入れて温めると薄い湯葉ができますので、一枚ずつ掬い上げてポン酢に浸して食べてください。とても器用な夫なのですがなぜか、これだけはあまりうまくできないので(笑)右の上手にお箸ですくっている画像はゆめこのお箸です(*´艸`*)

 Dscn7031
いくら前期高齢者の夫と、高齢者予備軍のゆめこ夫婦の夕食だとしてもこれだけでは、数時間後にはお腹がグー♪と鳴りますので、もう1品作りました。鶏肉をカンタン酢に一晩漬けたものを野菜と一緒に炒めるだけです。ゆめこは、今回冷凍室から発見した由あんどファームで採れ過ぎて冷凍していたオクラも一緒に入れてみました。野菜にもカンタン酢のダシがしみてとても美味しかったです(*'▽')

2020年12月15日 (火)

はつゆき

 Dscn7007 Dscn7021 今朝、朝食を終えて、何気なく窓の外を見てビックリ❣この冬初めての雪がひらひらと風に舞っていました。すぐにスマホとカメラを持って外に飛び出した熟年夫婦です(笑)「どんなふうに写せば雪が降っている様子がわかるかな?」と庭のあちこちをウロウロ360度回転しながら撮影しました。なぜ、そこまで熱心に、しかも、カメラとスマホを持ってまで撮影するのでしょうか?それは、カメラ撮影はブログにアップするためで、スマホ撮影分はベトナムの友達に画像をDscn7023 送付するためです。「やっと、なんとか撮影できた」と思ってほっとしていたら、夫はしっかり動画撮影をしてFacebookにアップしていました❕

 左の画像は夏の間はアゲハチョウに食べ尽くされたせいか、今頃になって青々と茂っているカラーの葉っぱと、常緑の針葉樹のはずなのになぜか先っぽが黄色く変色してきた松の葉に花を咲かせた?初雪です(*^^*)

 Dscn6979 この画像を送付したらオーストラリアに留学中の女の子から「メリークリスマス」とメッセージが届きました(笑)だから、今日の花は、クリスマスのイメージの作品です。花材はレースラベンダー、ミズスギ、マンリョウ、それと雪が積もった木の枝のイメージの造花です。(^O^)/

 

 

2020年12月14日 (月)

今年の漢字

 Dscn6996 今まで生きてきた中でもたくさんの経験をしましたが、今年は今までとは全く違った意味でたくさんの経験をしましたし、多分、これからもしばらくは初体験をすることが待ち受けていますので、そのたびにレポートさせていただく予定です(笑)そんなわけで、今年だけはとても『今年の漢字』が何になるかとても期待していました。ゆめこの予想は『疫』と『禍』だったのですが、見事に?外れました。ところで、『三密』という言葉はもちろんコロナ禍を防ぐための【密閉・密集・密接】を避ける。という意味で今年の流行語にもなりましたが、真言宗の修行の言葉で【密(しんみつ)・口密(くみつ)・意密(いみつ)】といい、身体と言葉と心を仏様に近づけるよう努力をすることだそうです。とても勉強になりました(*^^*)

 Dscn6989 今日の花は、ゆめこ御用達花屋さんで見つけた先端が白くなっているハラン、裏山で見つけたミズスギ、季節外れにゆめこ専用花畑でひっそりと咲いていた久留米ケイトウの三種生けです。色も形も大きさも違う三種類のいつもなら主役にはならない花材がそれぞれ存在感を持ちながら一つの作品に仕上がりました。いい意味での三密の表現になっているような気がしますが・・・いかがでしょうか?(*´艸`*)

 

 

 

2020年12月13日 (日)

TEBO

 Dscn6932 今日のタイトルは何と読むのでしょうか?そのままローマ字読みで【てぼ】と読みます。漢字なのかひらがななのかカタカナで表記するのか、わからないので、ちょっとお洒落にとローマ字にしてみました(笑)というのも、一昨日から裏山やイタバタで花材集めをしていた話題だったのですが、「花を摘みに行く」というとこじゃれた感じの籐で編んだかごを持って、リボンのついたつばの広い帽子をかぶって優雅に出かけるようなイメージがありますが、実際は長靴を履いて毛糸の帽子をかぶり、【てぼ】を抱えて出かけたのです。ついでに夫は背負いかごを担いで柴刈ですのImg_3971 で・・・(爆笑)それで、今日の画像は一昨日に【てぼ】にいっぱい集めた花材の画像です。縁側の下にある沓脱石(くつぬぎいし)の上に置いて、ここから色々と材料を探しては作品を作っていきました。右の画像は今日の作品に使っているカラスウリを夫が採ってきた時の写真です。(*^▽^*)

 Dscn6965 今日は、【てぼ】からはみ出すくらいに集めた花材の話題だったので、よく似た雰囲気の作品の画像をアップすることにしました。材料はカヤ、カラスウリ、ヘクソカズラ、シダ、ミズスギです。生きているのはミズスギだけなので、ミズスギだけには水が届くようにしています。透明のガラス器なので、水の分量や、他の材料をミズスギに絡ませるなどして面白く見えるように工夫しています(*^^*)

 

 

2020年12月12日 (土)

もう一ヶ所

 Img_3961 花材集めをした場所は、裏山ともう一ヶ所あります。その場所を地域の人たちは”イタバタ”と呼んでいます。川沿いの小さな道を通っていくと以前、田んぼだった土地が広がっていますが、夫はその道の途中から、JRの廃線になった線路を歩きだしました。ゆめこは歩きにくいので枕木の上を歩いてついていきました。横は斜面になっているので、裏山とはまた違う種類の花材を集めることができました。見たこともない大きさや色をしたカラスウリや真っ赤な粒が取れかかっているサネカズラ(美男カズラ)などもありました。また、夫は時々立ち止まっては、少年時代に探検したトンネルや、小さな田んぼがあった場所などを説明してくれました(*'▽')

 Dscn6943 上の記事にある。サネカズラとキカラスウリを使った作品です。サネカズラは以前勤務していた中学校で『秋の生け花教室』をしたときに学校の裏庭で発見したのが初めてでした。それ以降、真っ赤で大きなイチゴのようなサネカズラはクリスマスのフラワーアレンジメントによく使いました!カラスウリは保育園の園児さんの可愛らしい会話の思い出があります。息子たちが保育園児だった頃の園長先生が園児さんの会話を時々、通信で紹介していたのですがその中で「ねえ。しっちょった?カラスウリの中には納豆がはいっちょんばい。本当ばい」という会話でした。このことは毎年、ブロブに書いていますが、思い出してはほっこりします(*^^*)

 

2020年12月11日 (金)

ここですよ。

 Img_3966 裏山に花材集めに行きましたが、枝葉やつる草、実はたくさん発見するのですが、なかなか、咲いている花が見つかりません。そんな時に崖に絡みつくように小さな菊のような黄色い花が固まって生えている場所を発見しました。その時夫が「ほら、チョウチョが!黄色のモンシロチョウが!」というのですが、ゆめこは見つけることができません。やっと、黄色い花に止まっているのを発見したので撮影しました。どこに止まっているかわかりますか❓とても難しいので、矢印を付けましたが・・・。それと付け加えですが夫が発言した「黄色のモンシロチョウが!」というのは言い間違いではありません。詳しくは今年5月31日の『恋の季節』をお読みください。でも、多分、夫はそこまで深く考えずてはいなかったと思います。だって夫はチョウチョの種類というと【モンシロチョウとアゲハチョウ】の2種類にしか分類できませんので(*´艸`*)

 Dscn6942 そこで、今日は貴重な黄色の小さな花を使った作品の画像をアップします。花器は、以前にご紹介したと思いますが、夫が3Dプリンターで作ったものです。もちろん、そのままでは水が駄々洩れなので花器にはなりません。それで、夫がちょうどサイズがぴったりのヒシャクの柄をカットして中に入れていますので今では、立派に花器として使えます(笑)これにはからからに枯れてしまって原型をとどめていないシダ(だと思います)を縦向きに挿し、バランスよく小さめの烏瓜(カラスウリ)を垂らしました。小さな花器の口に黄色の小さな花を留めてシダとカラスウリをつなげました(^-^)

 

 

2020年12月10日 (木)

ゲート

 Img_3959 昨日は、柴刈りに行く夫についていったのか、花材収集に行くゆめこに夫が付き添ってくれたのかはわかりませんが、久しぶりに裏山に行きました。毎年、秋が深まると色づいた木の実や枯れかかった葉っぱを採っては作品作りに励んで?いたのですが、今年は忙しさのせいもあり、12月に入ってやっとその気になりました。ほとんどが茶色一色のように見えますが、よく目を凝らせば、面白い素材を発見することができました。左の画像はちょうど裏山の入り口あたりの竹が折れて、まるで、ゲートのようです。ここから先は山の獣たちの縄張りのようで、ゆめこたちが入っていくと一頭の子鹿が「ピーッ」と大きな声で一声叫んで山を駆け上っていったそうです。ゆめこは大きな声の鳥が鳴いたのかと思いましたが、さすがに野生児の夫はすぐに小鹿の鳴き声だとわかって「久しぶりに聞いたけど、元気がいいなあ」と笑っていました(*^▽^*)

 Dscn6934 それで、今日からは晩秋というか初冬の裏山で集めた花材で作った作品の画像をアップすることにします。今日は、自然にできた竹のゲートの話題だったので、竹の皮を使った作品にしました。名前が分からない白い実がたくさんついた枝と菖蒲の葉と竹の皮を組み合わせた素朴な作品です。花器の白い色と白い木の実をコラボさせています。この種類の木は裏山にたくさんありましたが、どれも葉っぱがかなりの虫食い状態でした。きっとおいしい葉っぱなのでしょうね(^O^)/

2020年12月 9日 (水)

ご機嫌です💛

 Dscn6930 今日はご機嫌な一日でした(*´艸`*)

久しぶりに、朝目が覚めた時からとてもハッピーなワクワクする気分だったのです。というのも、多分、数年ぶりだと思いますが「ノー・スケジュール・ディ」だったからです!こんな言葉があるかどうかわかりませんが、ゆめことしましては「全く予定が決まっていないまっさらな一日」という意味です。ゆったりと朝食をいただきながら「本当になんにも予定がない日だね~。何をしようか?」と話し合いました。その結果、夫は「家の周辺の修理をするからホームセンターに行こうかな」といい、ゆめこは「本屋さんの500円券をもらったから本屋さんに行きたい」ということで出かけました。そしてベトナムに持っていくために軽量の文庫本を数冊選びましたが、なんと、ゆめこが欲しかった本をすべて文庫本で発見したのです!お支払いは、もちろん500円券をありがたく使わせていただきました。だから今日はハッピーディでもありました\(^_^)/

 Dscn6893 今日の花は、「やった~!」と喜んでいるゆめこを表現しているような、大輪のダリアとずわえ(梅の新芽)とヒトツバの生花です。先日、義姉が我が家を訪問した時に玄関に置いているこの作品を見て「わ~!すごいきれいなダリアやね。このダリアの美しさはくすんだ色の梅の枝とこの葉っぱが引き立てているんやね~。いいね~!」ととても褒めてくれました。お義姉さん。おっしゃる通りです。ありがとうございます(*^▽^*)

 

2020年12月 8日 (火)

右にならえ

 Photo_20201208194401 冬になったというのに、アトリエの観葉植物はどんどん成長していきます。何も特別なことはしていないので不思議です。本当は植え替え時期ではないと思うのですが、あまりにも大きくなってしまうので、大きな植木鉢に植え替えることにしました。向かって右端が”テーブルヤシ”です。なぜか、また花が咲きそうな気配だったので、花が終わってからにしたかったのですが、葉先が枯れてきだしたので、2回りも大きな植木鉢に植え替えました。真ん中は”スターアイビー”です。これもなぜか先月から急にあちこちに手を伸ばしだしたので(笑)一回り大きなテーブルヤシの植木鉢に植え替えました。そして、空席になってしまった植木鉢には剪定したスターアイビーとポトスの枝を寄せ植えしてみました。どんな風に育っていくのかとても楽しみです。テーブルDscn6875 Dscn6875 ヤシの右横に置いているのはゆめこ愛用の500mlの水筒です。これでそれぞれの観葉植物の大きさが分かると思います。付け加えますが、これらは全部、数年前に近くのホームセンターで消費税込みで300円以下で購入した小さな小さな子たちだったのですよ!ちなみに右の画像がもうすぐ咲くはずのテーブルヤシの花というかつぼみです(^O^)/

 

 

 

2020年12月 7日 (月)

unfortunately

1_20201207182501 Norway2 今日、ノルウェーの友達一家(浴衣と甚平さんをプレゼント)とUSAの友達夫婦にクリスマスプレゼントを送るために郵便局に行きました。ノルウェーへのEMSはすぐに受け付けてもらえましたが、unfortunately(不運にも)USAは受け付けてもらえませんでした😞

コロナのせいなのか、テロ対策なのか、人手不足のためなのかはわかりませんが、「船便なら受け付けますが、おそらく2~3ヶ月か、それ以上かかります」といわれました。来週にはUSAの友達夫婦が喜んで受け取ってくれたはずのウサギの人形は仕方なく持って帰りました。そしてメールでウサギ人形の画像と事情説明をしました。「とても美しい人形だ」と喜んでくれましたが、彼も事情はよく理解していました。だからきっと、この美しい振袖ウサギ人形を彼らに手渡せる日が来ると信じて待つことにします(*^▽^*)

 

 

 

 

2020年12月 6日 (日)

USA

 Dscn6920 今日は、自宅から半径1㎞から大幅に離れた場所の話題です(笑)実は、この冬にホーチミンの長期滞在を計画しているので、お土産を準備していました。その中でも、特別に和風小物作家の先生にお願いをしていたものが完成したので、昨日F市まで受け取りに行きました。一つは、ホーチミンでお世話になる女性への贈り物ですが、もう一つはUSAのご夫婦です。コロナ禍でいつお会いできるかわからないので、郵便で送ることにしました。とても仲良しのご夫婦ですので、カップルのお人形を作っていただきました。「遠い昔、日本ではウサギは月に住Dscn6924 んでいるといわれていたこと。また、仏教ではウサギはとても尊いとされていること。それと人形が着ている着物の生地は貴重な古布で正絹であることなど」を英文でしたためました(`・∀・´)エッヘン!!そんなわけで、今日は日本から遥かかなたのUSAにいる友達へのクリスマスプレゼントの話でした(*´艸`*)

今日はクリスマスプレゼントの話題だったので、クリスマスカラーのリボンでクリスマスのDscn6712 雰囲気を演出した作品の画像をアップしました。小さな白い一輪挿しに、オレンジ色のミニバラと茶色と黄色のカンガルーポーを組み合わせました。グリーンはアイスブルーです。これも、生け花のお稽古で残った花材で作りました。これはゆめこのアトリエの棚に飾っています。これだけでも、クリスマス気分が味わえますので、余ったお花があったら、こんな風に小さな花器に挿してクリスマスカラーのリボンをあしらってみませんか(*^^*)

 

2020年12月 5日 (土)

気がつけば・・・

 Dscn6717 昨日、ふと気づいたのですが、最近のブログの記事は自宅から半径1㎞の話題のみでした!こんな時期なので、とにかく必要最低限の外出しかしていないからなんですが・・・。それにしても次から次から話題があるので、我ながら驚いています!それで、今日は、我が家の畑じまい(もう、とっくに終わったのですが)で収穫した野菜を使った料理の最後です。大きなキャベツがたくさん採れたので、ロールキャベツを作りました。作り方は、パン粉を牛乳に浸し、卵、みじん切りした玉ねぎ、鶏ミンチをしっかり混ぜて軽く塩コショウを振ります。それを分けDscn6722 て、一度茹でて柔らかくしたキャベツに包みます。深鍋に水を入れて顆粒スープの素を入れて沸騰したら、ロールキャベツや野菜を入れて、中火で20分くらい煮たら出来上がりです。お好みでケチャップとウスターソースを入れても美味しいですよ!野菜をたっぷり食べたいので、ひと口大に切ったニンジンや紫玉ねぎも入れました。右の画像は完成品です。この日は知り合いからもらった美味しい米粉パンと一緒にいただきました。とってもおいしかったです(^O^)/

 Dscn6912 今日の花は、彩りがとても似ていたので、この作品の画像を選びました。花材はトルコキキョウ、ダリア、ヒトツバ、ブルーアイスです。花器はこの前はよく見えなかった、アップルクッキーの空き缶です(*^^*)

 

 

 

2020年12月 4日 (金)

レア物かも

 Img_3924_20201204165601 数日前の夕方、食器を片付けていて「❓」と違和感を感じました。3枚のお皿があったのですが、なぜか1枚だけ違うように見えるのです。よく見ると、プリントが少しずれていました。こちらに引っ越してきて以来、9ヶ月以上もこの食器を使っていたのに全く気付きませんでした。これは、我が家の倉庫でほこりをかぶっていたのですが、使い勝手が良さそうなのできれいに洗って食器棚に移しました。多分、5枚セットだったと思うのですが・・・(笑)食器のことはよく知りませんが、やはり製品を世の中に送り出すときは、だいたい製品チェックをすると思います。それでも、こんな風にレアな製品が出回るのですね。ちょっと面白かったので記事にしてみました(*^▽^*)

 Dscn6905 左の画像の何色がレア物かわかりましたか?それではヒントといたしまして、本日の作品の画像をアップしましょう(笑)今日は先日も使った金魚鉢のような透明ガラスの器に、粉雪が降り積もった木の枝のような造花を巻き付けたものに、今回は薄紫色のトルコキキョウと同色のポンポン咲きのダリアを生けました。とても寒~い感じの作品です。今日もとても寒かったので、「寒いときには寒いイメージの花が面白いかも」と思ったのですが・・・。でも、クールビューティーな雰囲気で素敵だと思いませんか(*^^*)

 

2020年12月 3日 (木)

お高いから?

 Dscn6752 サンマがお高いですね~。と、主婦らしい感想をまず書きました。去年の倍以上の価格ではないでしょうか?手ごろな価格で栄養価が高くて、手軽に調理できるので、毎年、我が家の夕食に度々登場していましたが、今年はこれが初めてです。でも、二皿で1匹しか乗っていないのは、お高いからばかりではありません。夫もゆめこも高齢者の領域になってきているので、というか、ずっと前からですが食生活には気を付けております。魚中心とはいえ、食べる量が多ければやっぱりカロリー摂取が多くなるので、食べる量も徐々に減らしてきています。なので二人で1匹のサンマがちょうどよい摂取量なのです。ちなみに苦い内臓が大好きな夫は頭側、苦手なゆめこはしっぽの方です(*´艸`*)

 Dscn6770
 この日のメインディッシュをご紹介したので、ついでに副菜の画像もアップします。この日は、【茄子とパプリカの揚げ浸し】です。一口大に切った茄子とパプリカ(ピーマンでもよいです)を油で素揚げにし、熱が通ればそのままだし汁(ゆめこはストレートめんつゆを使います)の中にドボン!あれば<ちりめんじゃこ>を適量、サッと素揚げして振りかけます。ちりめんじゃこが無いときは鰹節でも美味しいですよ。暑い時期なら冷蔵庫で冷たくしたら、さらに美味しいです。一度お試しください(^O^)/

 

 

2020年12月 2日 (水)

飛行機雲

 Img_3912 ウォーキングの途中で、飛行機雲を発見しました。今までは、当たり前のように空を見上げたら毎日1回は飛行機雲を見つけていました。「どこに行く飛行機かなぁ?それとも帰ってきたのかなぁ?」などと思って見上げていましたが・・・。やはり、コロナの影響ですね。旅客機を見ること自体がまれになってしまいました。近くに?航空自衛隊の基地があるので、練習機は時々見かけますが。空がとても寂しくなった気がします。だから、久しぶりに飛行機雲を発見して、とても嬉しくなりました!早く、今まで通りに空が賑やかになってほしいと心から願っています(*'▽')

 Dscn6709 今日は、スーッと空のかなたに流れていった飛行機雲の話題だったので、シュッと流れるように葉を生けた作品をアップします。花材はグラジオラスの花と葉です。これも、生け花の稽古で残った材料のみの作品です。「洋風にしようかな?」と思いましたが、なぜか、この八海山の空瓶が目に入ったので、使いました。こうしてみてみると空瓶の青色も今日の話題の空の色とマッチしていますね。ちょっと不思議な偶然でした(*´艸`*)

 

 

 

2020年12月 1日 (火)

♬ば~らがさいた

 Img_3920 Img_3918 純和風家屋の純和風の庭になぜか1本の背が高いバラがあります。多分、花好きの義母が植えたものでしょう。毎年、黄色の中ぐらいの花を咲かせていましたが、今年は今頃になって大きな花を3つも咲かせてくれました。茎の長さは3mくらいはあると思います。実はこのバラは夫がゆめこ専用花畑に移動させる計画を立てていたのです。それで、色々調べたら移植をするのは、花が咲き終わった11月ごろが最適。とのことだったDscn6786 のですが・・・。12月に入った今頃に満開になっています。ちょっと、移植は無理なようですね(笑)そしてまた、庭の横には毎年今頃になると、たくさんの花をつける薄桃色の山茶花(サザンカ)が今年は三輪しか咲きませんでした。毎年同じようでいて、少しずつ変化していることに気づいて楽しんでいるゆめこです(*^^*)

 Dscn6730 今日の作品は、ピンク色のミニバラ三本のみの作品です。球形の透明ガラス製の中に、まるで雪が積もった枝のような花材をガラス器の内側に渦巻状に入れ、その中心に小さなスパイスの空瓶に水を入れ、それにミニバラを3本生けています。もちろん、雪の枝のような花材は花留めにもしています(^O^)/

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »