フォト
無料ブログはココログ

« 今度こそ! | トップページ | 紅葉 »

2020年12月18日 (金)

判明いたしました。

 Photo_20201218104301 先週、裏山とイタバタ周辺で集めた花材を使った作品をアップしていましたが、ゆめこも初めて見る花材が多くその名前がなかなかわかりませんでした。春先や夏の花が咲いているときとか、葉が青々と茂っている場合は植物図鑑などで分かるのですけど・・・。と思っていたのですが、そこは探求心旺盛なゆめこのことです。手持ちの植物図鑑を駆使して、シダ以外の花材の名前が判明いたしました!もちろん、シダの図鑑も持っていますが、シダは青く茂っているものでさえ正確な名前はわかりにくいのに、さすがにこれだけのカリカリでドライフラワー状態のものは(11日の作品)名前Dscn6998 が分かりませんでした・・・残念。でも、他の木の実や花が終わっているものもわかってきたので、今日は残りの三作品の画像をアップすることにしました。左の画像は「裏山のクリスマスツリー」とタイトルを付けました。べースになっているのはギシギシの茎です。それにモールのようにミズスギを巻き付け、イルミネーションのようにサネカズラを取り付けました。カラスウリとイズセンリョウはオーナメントです(*'▽')

 Photo_20201218104302 右の画像はウツギをメインにした作品です。これも背の高い透明のガラス器なので、中もきれいに見えるように工夫しています。これらは全部自然にできたドライフラワーなので、水は必要ありません。ガラス器の中の曲線はサネカズラです。右側に配置したキシPhoto_20201218104303 ョウブの葉の後ろにイズセンリョウとウツギの茎を隠しています。イズセンリョウの虫食い葉も魅力的だと思うのはゆめこだけでしょうか(*´艸`*)

 最後はタカサゴユリ、シラン、サネカズラ、シソを使った作品です。これもすべてドライフラワーですね。そして、花材の名前を調べるのに一番時間がかかったのが、実はこのタカサゴユリだったのです。我が家コミュニティにはたくさんの種類のユリが咲きますので、どのユリの花殻なのかがなかなか判明しませんでした!だけど、多分、タカサゴユリであろうと思います。あくまでもゆめこの楽しみの範疇のことですので、野草に詳しい方が異議を申し立てることはご遠慮くださいませm(__)m

« 今度こそ! | トップページ | 紅葉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度こそ! | トップページ | 紅葉 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter