フォト
無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月に作成された投稿

2021年7月31日 (土)

松は・・・。

Img_6122  Img_6127 我が家の庭にはたくさんの植木があります。それで、ゆめこたちがホーチミンに滞在している留守中の剪定は義姉を通じてシルバー人材センターにお願いしました。ただ、松だけはとても手間がかかるため剪定料金もとても高くなります。義母がこの家に住んでいた時には、近所のOさんが毎年、剪定をしてくれていたのですが「高齢になったので」と断られてしまいました。それで、一昨日から2本の松の剪定は夫がしています。素人のゆめこから見ても、プロ並み!とはいきませんが、かなり上手だと思います!そして、剪定した時に出る、面白い枝をゆめこのアトリエのテーブルに載せてくれていたので、早速、生けてみることにしました(*'▽')

 Img_6143 右の画像は、池の上にある松の枝(右上の画像)を使った作品です。葉が1本も生えなくなった古木で、夫が触ったら?「ポキッ!」と折れてしまったそうです。苔がびっしりと生えていて、とても雰囲気が良いと思いませんか?松の横の赤く色づいていたナンテンの葉と道に生えていたノゲイトウと組み合わせてみました(^O^)/

2021年7月30日 (金)

わぁ、きれい!

 Img_6056 イチジクの木を剪定していた夫が「ものすごく成長し過ぎたフキがたくさん生えてるけど、どうする?」と聞いてきました。というのも毎年、春先にそのフキで煮物や佃煮を作っていたからです。「成長し過ぎた」というフレーズが引っかかったのですが・・・。本当に😲するくらい大きくなっていました。フキを採り終わって、ふと見ると、剪定が終わったイチジクの木の根元に、今まで観たことが無いきれいな黄色のカタツムリがビロ~ンと伸びながら移動していましたので、撮影しました。まるで磨いたような美しい黄色でしょ?(^O^)/

 Img_6108 ところで、『成長し過ぎたフキ』ですが、筋を取って、適度な長さに切りそろえて、一晩、水に浸けてあく抜きをしました。「今回は成長し過ぎているので、ちょっと歯ごたえがあり過ぎるかも?」と思ったので、圧力鍋に砂糖、みりん、料理酒、白だしを入れて強火で、約5分シュッ、シュッ、シュッとした後は、クルクル回転が止まるまで放置。その後、ふたを取って、中火でコトコト。こげないように箸でかき混ぜます。水分がなくなったら、照りが出て、とてもおいしいフキの佃煮の出来上がりです(*^^*)

 

2021年7月29日 (木)

大きくなったね

 Img_6038 Img_6036 今日のタイトルは「おおきくなったね」ですが、実はこのひまわりを植えた覚えがありません。というか、これは昨年咲いたひまわりが枯れた後にフェンスの外側に捨てたものが育ったみたいです(笑)というのも、昨年は”背の高い黄色ひまわり”と”黒ひまわり”それに”背の低い遅咲きのひまわり”の3種類をゆめこ専用花畑に植えました。ひまわりを育てた方は分かると思いますが、ひまわりを育てるのは、結構な手間がかかります!芽が出てきたら、間隔をあけて何度か間引きをし、成長に伴って添え木をします。そして、枯れると背が高くて花も大きいので、早いうちに取り除かないと花畑の景観が悪くなります。そんなわけで、ホーチミンに行く前にひまわりは全部根こそぎ引き抜いて処分したのですが・・・。1本の黒ひまわりがこんなに大きくなっていました😲

斜面に生えたのと、添え木が無いからでしょう、こんなに曲がっていましたが花はたくさん咲いていました。また、根元はImg_6114 ゆめこの腕くらいの太さがあります!【ど根性ひまわり】ですね(^O^)/

 今日は、次男がくれたアスターの首の部分が折れたのを集めて水に浮かべた作品です。もらったり、買ったりした花はもったいないので全部使い切るようにしていますが、夏の間は、こんな風に透明のガラス器に浮かべると涼し気な雰囲気になるので素敵ですね。これはキッチンに飾っていますが、小さなガラス器だとテーブルに飾っても良いですよ(*'▽')

2021年7月28日 (水)

大群というほどでは

 Img_6104 我が家周辺は、何度もご紹介しておりますが、霊峰英彦山のふもとです。当然自然豊かな地域です。ですので、当然のことですが高齢者の方がほとんどです。多分この集落の小、中、高校生は10人もいません!そのうちの3人は我が家の前の兄妹です(笑)そんなわけで、自宅コミュニティーのほとんどの方はコロナワクチン接種が終了しているわけですが、それでも、ゆめこたちの自宅隔離状態は続いております😨

 それでも、ゆめこ専用花畑や庭の手入れができるのはありがたいのですが・・・!そういえば昨日の夕方、たくさんの”盆トンボ”が飛んでいました!「すごい大量発生やね」とゆめこが言うと「これくらいは、たいしたことはない。昔は真っ黒い塊が飛んでいた」と《昔 野生児今 野生おやじの夫が言いました。ゆめこは夫と同世代で同じ町内に住んImg_6047 でいたとは思えませんでした(≧▽≦)

 今日の花も、ひまわりとヤハズガヤ、それとノゲイトウで生けた生花です。家の中に花や緑が無かったので、自宅周辺で花材を集め、最初に生けた作品です。今日の話題とぴったりの作品だと思いますが、いかがでしょうか(*^^*)

2021年7月27日 (火)

膨らみ具合が・・・

 Img_6092 Img_6089 帰国してからは、当然ですが、毎日三食を自宅で食べております。必要な食材は次男に頼んでまとめて購入してもらっています。今までも、朝食はご飯、昼食は麺類、夕食は夫の休肝日以外は主食を食べませんでしたので、帰国してからもそのパターンだったのですが、急に「サンドイッチが食べたい」と思いました。それで、7ヶ月ぶりに食パンを焼いたのですが・・・。なぜだか、膨らみ具合が・・・

 こんな焼き上がりは初めてだったので驚きました😲それでもなんとか、ハム&野菜サンドらしきものができました(笑)「う~ん。いまいちかな?」と思いつついただきましたので、次回はImg_6048 もっとふっくら焼けるように努力?してみましょう(≧▽≦)

 今日の花は、ゆめこ専用花畑のフェンスの外側に咲いていたひまわりと、ヤハズガヤの組み合わせです。夏のシンボルのひまわりとヤハズガヤを組み合わせて、涼やかな風が吹いているような雰囲気の作品に仕上げてみました(*'▽')

2021年7月26日 (月)

野菜栽培

 Img_5926Img_5924 帰国してから、毎日、ホーチミンのSちゃんやファーちゃんにその日の出来事なんかを連絡します。例えば、昼食や夕食のメニューのことや生け花の作品などです。今日のSちゃんからの報告で、ホーチミン市の規制がますます厳しくなっていることを知りました。「自由に買い物にも行けないので、たくさんの野菜の種を注文して、家で野菜を育てる」とのことでした。日本では種を植えて収穫できるまで少なくとも2か月くらいかかりますが、ホーチミンでは種まき後、すぐに収穫できそうな感じがします(笑)

左の画像は、ファーちゃんの料理によく登場していた”紫芋”の芽が出ている画像です。これも、テーブルで育てていたので、おいしい紫芋も間もなく収穫できる事でしょう(^O^)/

 Img_6073 今日はちょっと、”紫芋”のイメージと重なる薄紫色のマカロン(アスターの種類)を中心にした作品の画像をチョイスしました。小さくて、カラフルで可愛らしいアスターはボリュームいっぱいに生けると、一段と個性が引き立つような気がします。今日はポイントにノゲイトウとナルコユリを1本ずつ挿しています(*^^*)

 

2021年7月25日 (日)

こんなにたくさん💛

 Img_6050 昨日、次男が「『ゆめこ母が帰国しました』と社長に伝えたら、『これをお母さんに』とたくさんのアスターもらったよ」と持ってきてくれました。外出禁止令が出ているゆめこ母としては、大変うれしくありがたく頂戴いたしました。バケツいっぱいのアスターは、縁側(自宅のアトリエ)の縁石の上で撮影しました!

まずは、留守中は造花で我慢していただいていた?ご先祖様にお供えして、後はゆっくり考えながら、楽しみながら生けました(^O^)/

 Img_6066 今日の作品は、床の間に買った生花です。濃い紫色のマカロン(アスターの商品名)に菖蒲の葉と鳴子ユリを組み合わせてみました。ホーチミンでもそうですが、我が家でも、緑色の葉物はゆめこ専用花畑や庭で調達できるので助かっています(*^^*)

2021年7月24日 (土)

酸欠状態

 Img_6028 ゆめこは、家の中のあちこちに緑色の植物が無いと酸欠状態に陥ります😨

それでも、14日間は日本でのゆめこ御用達花屋さんには行けないし・・・。観葉植物の鉢は全部、次男に管理してもらうためにアトリエに持っていったし・・・。荷物の整理や片づけが忙しいし!ということで、昨日は、自宅入口の側溝に”群生”していたカラーの葉っぱと紫蘭の葉っぱを切ってきて、とりあえず、キッチンと浴室に飾りました。左の画像は浴室に置いた分です。

側溝に毎年、生えてくるカラーは去年はアゲハチョウの幼虫が大量に発生して絶滅状態だったのですが、なんと、今年は本当に”群生”という言葉がぴったりするくらい伸びきっていました。もちろん花は終わり、葉も終わりかけているのですが、それでも、しばらくは花材として使えそうなくらい生えています(@ ̄□ ̄@;)!!

 Img_6025 また、裏山から戻ってきた夫が「今年も栗がたくさん実っているよ」と報告してくれたので、早速、見物?に行ったところ、青々とした実が鈴なりになっていました。今年は、栗の収穫は仲良しのお菓子屋さんご夫婦にお願いしてありますので、シカやイノシシよりも先に収穫してくれることでしょう。足元に1個だけ青い栗のイガが落ちていたので、自然薯の葉っぱと組み合わせてガラスの花器に生けてみました。ちょっと涼しげでしょ?(*´艸`*)

2021年7月23日 (金)

いつものように

 Img_6022 Img_6020 帰国第一日目の夕食メニューは、肉じゃが、刺身、焼き魚にブロッコリーとミニトマトの付け合わせです。帰国前から決めていたメニューです。数日前から肉じゃがが食べたくなっていたので、次男に頼んで材料を買ってきてもらいました。ホーチミンでは毎日三食、ファーちゃんが美味しい食事を準備してくれていたので、ゆめこにとっては約半年ぶりの調理です。

 車の運転と調理にちょっと不安を感じていたのですが、どちらもスムーズにできたので、ほっと一安心のゆめこです。

 もちろん?夕食の片づけはいつものように夫がしてくれました(^O^)/

 Img_6027 いつものようにといえば、夫は今日も庭の掃き掃除をしています。ホーチミンでも朝夕に「エクササイズ」といいながら庭から通路まで掃き掃除をしていたので、我が家の庭だけではちょっと物足りなかったのか、掃除終了後は「ちょっと歩いてくる」といって、ウォーキングに出かけました(*^^*)

2021年7月22日 (木)

無事帰国

 Img_6012 福岡空港に到着してからが大変な作業が待ち受けておりました。チェック、チェック、検査、説明、アプリ入力・・・・・・・・・!

9時半に到着して、出国したのが11時半でした┐(´∀`)┌ヤレヤレ

でも、福岡空港の職員の方たちはとても親切で、丁寧に教えていただくことが出来たのでありがたかったです。それと、「これだけ厳重にチェックされるのだから水際対策は万全よね!」と、ひそかに福岡県民として鼻が高かったです(*´艸`*)

これから2週間は、自宅でしっかり自己管理をします(`・∀・´)エッヘン!!

2021年7月21日 (水)

シンガポールなのに・・・

 Img_5987 Img_5989 想像以上に人がいないタンソンニャット空港での出来事です!出国手荷物検査場で、荷物が『ピンポ~ン!』って鳴ったらしく(本人は全く気付きませんでした)係員から「マダ~ム。プリーズ」と反対側の台のところに案内されて「&%$#"マネー。マネー」というので「マネー?」と聞き返したところ、どうやら大金や貴金属を大量に持っていると疑われたようで、リュックとポシェットと財布の中身まで検査されました!そんなに金持ちに見えたのでしょうか(爆笑)
  一つ思い当たるとしたら、イミテーションも含めてというか、ほとんどバッタもんのアクセサリーをなぜか、今回だけはリュックに詰めて持ち歩いていたので、勘違いされたのでしょうね。ポーチに入っていたアクセサリーはトータルでも1万円もしなかったと思いますよ(≧▽≦)

もうひとつ!左の画像をごらんくださいませ!夫がビジネスクラスのカウンターでチェックインをしております(笑)これは、よくあることですが、エコノミーの客でもカウンターが開いているときはビジネスカウンターで、チェックインする時があるのです。係員はここを見ていたのかしら・・・?まあ、そんなはずはありませんが。

 Img_6003_20210721173501 Img_5999 それからシンガポール航空機には40人くらいの乗客が乗ったくらいで、とても快適でしたが、ちょっとウトウトしたらもうチャンギ空港に到着です。大好きなシンガポールで、10時間近く乗り継ぎ時間があるのに、ガラ~ンとしたロビーで、過ごしています。😨

以前は、毎年訪れていたシンガポールですが、今回は3年ぶりです。「やっぱり、またゆっくり来たいね。シンガポール💛」とまるで昔の恋人に出会ったような気分に浸っている前期高齢者と高齢者予備軍の夫婦です(⋈◍>◡<◍)。✧♡

2021年7月20日 (火)

陰性証明書

 Img_5974 昨日、夫婦でコロナの陰性証明書を取得するために、住まいから一番近くにあるメディカルセンターに行きました。夫が事前に予約をしていたのでとてもスムーズでした。また、ベトナム人スタッフも日本人スタッフもとても親切にしてくれたので安心して検査をすることが出来ました。そして、今日は、帰国の際に必要な「陰性証明書」を受け取りに行きました。昨日、メディカルセンターに行くときには、あちこちの路地が封鎖されていて、思いがけず時間がかかってしまったので、今日はその道を避けてスムーズにたどり着くことが出来ました(笑)左の画像は、スタッフに書類を手渡している夫です。Img_5906

 ベトナム政府はとても適切に徹底した対策をとっているので、きっと、もうすぐロックダウンが解除になると思います(*^^*)

 Img_5906 多分、明日のブログはシンガポールのチャンギ空港で書くと思います。それ以降は日本の話題が多くなるはずなので、とりあえずベトナムエリア内散歩の画像を一枚アップします。見事なバナナの花です。バナナは本当に驚くくらい次々と実を付けます。この横の木にも2房大きく実が育ったバナナの木があります。そして、食べごろになったバナナはいつの間にか消えてなくなっているのです(≧▽≦)

2021年7月19日 (月)

椰子の実

 Img_5888
昨日は背の高いヤシの木のご紹介をしましたが、今日は、他の椰子の木というか実というか・・・この画像の椰子は、ココナッツジュースココナッツパウダーがとれる椰子Img_5933の木です。この椰子の木が生えている庭がある家にはアメリカ人男性が数人で暮らしています。女性や子供たちを見かけたことが無いので、多分、会社か政府の寮なのでしょう。ちなみにここのペットは2匹いて白い犬(犬種はわかりません)はロージー、ダルメシアンはブラクシーという名前です(*´艸`*)

右の画像はやはり背が高いヤシですが、こんな風に小さな実が鈴なりになっています。こんなに大きな塊になっているのは珍しかったので撮影しました。

左下の椰子はあまり背が高くなるタイプではありませんが、頻繁に新芽が出てくるとても元気な椰子の木です。高さは3mにもならないと思います。数日前、『伐採』されていた実のついた古い枝を持って帰ったばかりですが、もうこんなImg_5933 に新芽が出てきていますImg_5936 。その時に持って帰った枝は、洗面所のガラス棚の上にブルドッグと一緒に飾っています(^O^)/Img_5940

 

2021年7月18日 (日)

落とし物

 Img_5910 ある日のエリア内散歩で、大きな落とし物を発見しました(左の画像)!といってもここでは決して珍しいものではありませんが(笑) 以前も記事にしたことがありますが、ヤシの木の種類は100種類以上あって、このエリア内だけでも10種類以上のヤシ科の植物があります。その中で一番背が高くて大きな葉っぱが密集しているのがこの種類だと思います。高さは隣接している4階建てのヴィラの高さ以上あり、夫の目測では14~15mだということです。だから、ゆめこはいつもこんな大きな葉っぱが道路に落ちているのを発見した時に「この葉っぱがImg_5911 落ちる時にこの真下に、居なくてよかった!」と心から思います。どれだけの大きさかはゆめこの身長157㎝Img_5909 と比べていただいたらわかるのではないでしょうか?

 右の画像がこの葉っぱの落とし主です(^O^)/

2021年7月17日 (土)

ワンポイント

 Img_5893 運動不足にならないように【一日一万歩以上歩こう】と夫婦で決めて、毎日3回、夫婦でエリア内散歩をしています。昨日ご紹介した公園もゆめこが伐採したものをいただいた翌日からロープが張られて入園禁止になりました!まさか、ゆめこが刈り取ったものを拾っていったからだとは思いませんが…(笑)

 公園周辺を歩きながらそんな話をしていたら、夫が急に立ち止まって、「待って、そのまま動かないで!珍しい虫が帽子に止まったから!」というので、じっとしていたら、こんな虫が止まっていました。昆虫に詳しくないし調べる気力もないので名前はわかりませんが、赤くて小さくて、ちょうど麦わら帽子のワンポイントImg_5892  なってくれていますね(*'▽')

 Img_5897 Img_5896 ちなみに、右の画像は2か所の入口にロープが張られた公園の画像です。ここは運動器具なども設置されているので、早朝はやや高齢の方たちが、そして、夕方には近所の子どもたちがママやシッターさんたちと一緒に遊んでとても賑やかなのですが・・・。今は、それぞれエリア内の友達の家のプールではしゃいでいる声が良く聞こえています。ここは、外国人の家庭も多いので、小さなころから自然に国際交流ができているようです(^O^)/

2021年7月16日 (金)

伐採というか

 Img_5872 Img_5871 Img_5874 再度のロックダウンが始まってから、ゲートの外に出たのは1度しかありません(14日の記事)それで、今回は「60歳以上は外出禁止」という御触れが無かったので、ゲート内の早朝ウォーキングは継続しています。それと、午前と午後に1回ずつ夫婦でゲート内散歩で運動不足を解消しています。ゆめこは早朝ウォーキングで顔なじみができましたが、夫も朝夕のエクササイズ掃き掃除で顔見知りができた様です。それで、二人で歩いているとたくさんの人たちから声がかかります!それも、ゲート内散歩の楽しみの一つです!

 数日前に、公園の植物が剪定というか伐採というか・・・?とにかくバッサバッサ切り倒した花がきれいな花のヘリコニア鮮やかな色のクロトン緑色の実が付いた椰子の枝などが捨ててあります。刈り取って放置したものはゴミなので遠慮なくいImg_5883 Img_5876 ただいて帰りました(^O^)/

 これらを使った作品の画像をアップします。右の作品は拾ってきたヘリコニアと真っ赤なアンスリウムを組み合わせて、2階の飾り棚にかざりました。左の作品は階段の棚の上にドライフラワーやオブジェと組み合わせています(*^^*)

2021年7月15日 (木)

今日付けで!

 Img_5921 もうすぐお盆だし、我が町でも64歳以下のコロナワクチン接種が始まるし(住民票は日本に置いていますし、国民健康保険税も納めております)ということで、一時帰国することにしました。夫があちこちがんばって調べてくれた結果、今月21日のシンガポール航空で福岡空港に帰れることになりました!その手続きをしていた夫が、「15日(本日)付けで、ベトナムからの入国者は3日間の宿泊待機をしなくて済むことになったよ」と教えてくれました。もちろん、2週間の自宅待機は必要ですが、それにしても一安心です。きっとご先祖様が、「早く帰って、ゆっくりお盆の準備をしてちょうだい」といってくれているのでしょうね(*^^*)

 

 

2021年7月14日 (水)

ロックダウン

 Img_5915 Img_5914_20210714173502 今日は、不要不急ではなく、大切な用事があるので夫婦で一番近くのサコムバンクのATMに行きました。もちろん、オーナーにも連絡して了解を得ていたのです。ところが、もう一人の重要人物であるメイドのファーちゃんが、買い物に行っていたので伝えることが出来ませんでした。ちょうどゲートの近くで帰宅途中のファーちゃんを見かけたので、ザロ(日本のLINEのようなコミュニケーション媒体です)で「銀行に行きます」と送ったところ「早く帰ってください。地域の警察に許可はもらいましたか?」と返事がきました!別に生活上で必要な場合は、警察に外出の許可を取る必要はないのですが・・・。ファーちゃんのチェックの方が厳しいです(笑)

 ATMの帰りに町の様子を撮影しました。どこもこんな感じです。そして、スーパーマーケットの前には長~い行列ができていました。本当に、早く収束して欲しいと思います!

2021年7月13日 (火)

スパイダーマン3

 Img_5837 最初は、マレーシアの【クアラルンプール・セントラル駅】のバス停で発見しました!2回目は、ホーチミンの【イビスホテル・エアポート】で2週間の隔離生活をしているときでした。そして、今回は、ほぼ一ヶ月のステイホーム期間がおわり、やっと近所散歩ができるようになった時でした。夫とのんびり外の空気を満喫しながらビルの工事現場近くを通っていました。

以前も書いたことがありますが、ホーチミンの街を歩くときは上下・前後・左右を確認しながら歩かないと、大変なことが待ち受けている場合があります(笑)それと、もう一つはゆめこの好奇心を満たすためもありますが(爆笑)

 それで、今回は工事現場のシートがナイフで切ったような穴だらけなので「これじゃ意味ないね。ほこりが全部穴から出て来てる」とゆめこが言うと、「暑いから、風を通すために必要なんじゃない?そっちの方が優先だと思うよ」と夫が答えるので「なるほど」と感心しながら隣のビルを見上げた時に、この3人のスパイダーマンが目に留まりました!本人たちも風を受けて涼しそうでしたが、高所恐怖症のゆめこは現場の高さを見上げてゾーッと寒くなりました。本当にお仕事お疲れ様です('◇')ゞ

2021年7月12日 (月)

なんかちょっと・・・

 Img_5839 近所散歩を楽しむときは、夫が時々、スマホで位置確認をしながら歩きます。せっかくなので、できるだけ通ったことのない道を選んで歩いてみたいからです。日中なら2区のこの地域は路地に入り込んでも心配ないくらい安全です。というか、ゆめこたちは夜間に出歩いたことが無いのでわかりませんが…(笑)

 そして、また、面白いものを発見したので画像をアップしましょう。コロナ禍ですので、ソーシャルディスタンスを守り、ハグや握手は厳禁!なご時世ですが、このお宅に伺う時は、握手だけは避けられそうもありません!

だって、こちらのお宅の門の取っ手はすべてこのようになっていたからです。「危険を冒してでも、この美しい白魚のような指に触れてみたい」といった気分で扉を開けるのでしょうか?なんともミステリアスで誘惑に満ちた罪なドアノブですね(*´艸`*)

2021年7月11日 (日)

ここは・・・?

 Img_5831 再びロックダウンになる前の、わずか1週間くらの間に夫と近所散歩で見つけた画像がまだありましたので、ご紹介します。

 ゆめこたちが住んでいる2区のタオディエン地区はちょうどサイゴン川の中州になっているようなところです。それで、閑静な住宅街なので外国人の居住者が多く、外国人向けの幼稚園や学校もたくさんあります。ゆめこが確認しただけでも、フランス・イギリス・オーストラリアとアジアインターナショナルスクールがあります。ところが、夫が「川べりの方を見てみたい」というので、大通りから住宅街の中に入っていったところ、「ここはどこ?」というくらい、がらりと雰囲気が変わってしまいました。公園には“象”と”ラクダ”の銅像?があり、そこにあるライトもなんだかアラビアンナイト風でした。ふと、ラクダの正面をみたら、セキュリティボックスがあり、たくさんの監視カメラと照明で照らされた(時間は午後3時ごろですよ)どっしりとした玄関と奥には、アラビア風?の大邸宅がそびえていました!本当は画像が欲しかったのですが、怒られそうなので、撮影はしませんでした。きっと、中東の国の領事館か何かだと思います(^O^)/

2021年7月10日 (土)

子育て中?

 Img_5828 いつものコースを散歩していたら、いつも見かける鶏がブロックの上で、まったりとしていました。ゆめこは気づかなかったのですが、このブロックの下の砂の上で、もう一羽いたそうです。「まさか、こんなところで、卵を温めているわけじゃないよね?まして雄鶏が!」などとおしゃべりしながら、いつもの風景も、いつもの鶏の様子も、その日その日で変化していて面白いなぁと感心しました。ちなみに後ろの看板はこの鶏さんとは全く無関係ですよ。

意味を調べたら「廃棄物」だそうです(≧▽≦)

 Img_5826 そして、今日の花は、ヒヨコちゃん親子です。一昨日の朝、隣の隣のブラジル人のママさんと早朝ウォーキングで会った時に、彼女がとても疲れているように見えました。いつもとても明るい彼女なので、ちょっと心配で、夫に伝えたところ「それは、慣れない環境の中で、子育てしているんだから疲れると思うよ」との返事です。そういわれてみて、初めて「そうかぁ」と気づいたので、早速、2個のピンポンマムを使ってヒヨコちゃん親子のアレンジとハーブティーを少しだけプレゼントしました。と~っても喜んでくれたので、ゆめこもうれしくなったのですが・・・。それにしてもわが夫ながら「よく気が付くなあ」と感心した次第です(*'▽')

 

2021年7月 9日 (金)

足場?

 Img_5818 およそ8年前(笑)に初めて香港に行きました。その当時はとても平和で美しい香港でした。

その時に夫から「香港や中国は高層ビルでも足場は竹で作るんだよ」と聞いてびっくりしました。でも、その時に香港の高層ビルが竹製の足場を組み立てて工事をしていたので、しっかり写真を撮りました。そして、その画像は中学校の授業で使ったので「画像があるかも?」と思って探しましたが、日本に置いてきたハードディスクの中に納まっているようで、残念ながらここには持ってきていませんでした😞

 まあ、そういう予備知識を持っていただいたうえで、左の画像をごらんくださいませ。近所散歩を一人でしていた時に発見したので「えっ?足場?」と思って撮影したのです。ところが、よくよく見ると、店舗か社屋かわかりませんが、とにかくこの建物の外装だということが判明いたしました。とても、おしゃれな仕上がりなのですが、ゆめこの「足場?」という先入観で撮影したので、やっぱり足場にしか見えないような画像になってしまいました(^O^)/

2021年7月 8日 (木)

外出自粛

 Img_5821 また、ホーチミン市は9日から「不要不急の外出禁止」となりました。やっと、人目を気にせずエリアのゲートを過ぎて、近所散歩が楽しめるようになっただけにとても残念です。早朝ウォーキングも明日で一区切りつけないといけません!それと来週から再開予定だったDG NOZOMIの授業再開も延期になりました😞

 でも、コロナの蔓延防止、感染防止のためにはしっかりと決まりを守ります!おかげさまで、ゆめこはハノイの中学生たちとのオンライン授業が月に8回もあるので、その教案づくりと授業が忙しく、自宅軟禁状態?でも退屈することはありません!

ただ、一日も早く、今まで通りに外出ができる日がくることを祈るばかりです。今日の画像は一昨日の近所散歩で見つけたポスターです。今日の話題にぴったりですね(^O^)/

2021年7月 7日 (水)

似合うかな?

 Img_5823 ご近所散歩のときに、お買い物をするときがあります。時には必要に迫られて、そして時には気が向いた時に…(笑)

まず、必要に迫られて買ったものは2個のプラかごです。以前はベトナムに来るたびにチョロン地区にあるプラかご屋さんによって、大小さまざまなプラかごを自分用やお土産として大量に買っていました。そのたびに夫から「これをどうやって日本に持って帰るの?」とよく𠮟られていましたが、カラフルで、可愛くて、とっても安価なプラかごたちを前にするとその誘惑に勝てませんでした。でも今回は、実習用の教材を持っていくのにどうしても大きめのプラかごが必要なので、「どうしよう?」と思っていたら、近くにとてもお洒落なお店があって、2つ買うことが出来ました。チョロンで買うよりもちょっと割高でしたが、グラブ代と今の市内の状況を考えると、これが一番良い選択でした!ゆめことしてはもっと明るい色の方が良いと思ったのですが、夫が「こっちのほうが良い!」と勧めるのでそれを2個買いました。ところが、家に帰って鏡に映すととてもシックで、今のゆめこにとてImg_5809も似あうので嬉しくなりました(^O^)/

 そして、もう一つは、”小鳥のピアス”です。これは【シーガルウェアハウス】で買いました!そうです、ここのオーナーが経営しているショップです。ホーチミンに来て初めて店に行った時に、リンさん(オーナーのお姉さん)からピアスを勧められたのですが、当時はまだ、ピアスホールを開けていなかったので買えませんでした。でも、今はしっかり落ち着いていろんなデザインのピアスが楽しめるのでちょっと立ち寄ったら、店番のブンちゃんが1人でした。ブンちゃんとちょっとおしゃべりをしてこれに決めました。とってもリーズナブルなお値段でした(*´艸`*)

2021年7月 6日 (火)

さすが!

 Img_5795 一部、ロックダウンが解除されたとはいえ、ゆめこ御用達美容院も夫がお気に入りのバーバーショップも、まだまだ、いつ再開できるのかめどが立たないようです。ゆめこ御用達美容院のI氏(佐賀県出身)は最近、パパになったので、この機会にイクメンに徹しているようです(笑)

そして夫のお気に入りのバーバーショップの英語が上手なフィリピン人(たぶん)の奥さんは、店の前にかわいい屋台を出してフレッシュジュースを販売しています。さすが!ベトナムに住んでいる女性は働き者です!と、夫と感心しきりです。それで、二日に一回は、夫婦でジュースを買いに来ます。とても愛想がよくてかわいい女性です。先週の金曜日に花屋さんに行った帰りに、花をたくさん買い過ぎたので、少しだけ花瓶を借りて花を生けImg_5798 たら、”ビッグサイズのミックスジュースを「お返し」といってくれました。もちろん、ゆめこにはそんな下心はなかったのですよ!でも、彼女の気持ちが嬉しくて・・・!昨日立ち寄ったら「マダム!まだ花がきれいよ」といいながら、ゆめこが生けた花を見せてくれました。画面の左側です。もちろん、今回のパイナップルジュースは代金をしっかり払いましたよ。そして、写真を撮ったのですが、なんか、ゆめこのスタイルがいまいちなので…(*´艸`*)

ちなみに、昨日花屋さんに行った帰りによって、花を生け替えてお喋りしたのですが、彼女は「アイム ベトナミン」だそうです。そして、夫とゆめこに美味しいスイカジュースをプレゼントしてくれました!訂正とご報告まで('◇')ゞ

2021年7月 5日 (月)

近所散歩

 Img_5792 ここ数日、外出できるようにはなったけどファクトリーにはまだ行くことが出来ず、パソコン相手の仕事ばかりで運動不足気味の夫は、ゆめこを誘って、近所散歩をします。ゆめこも買いたいものがあったりするのでついていきます。今までの海外旅行ではどこに行っても、結構、歩き回ることが多かったのですが、今回の住まいはグラブかタクシーを使わないと中心街などへの移動が難しいので、歩くことがあまりなくなっていたので、ゆめことしては、近所散歩が楽しいです!もちろん、日焼け止めクリームを塗って、帽子とマスクで感染防御して出かけます。今日は、住まいエリアのゲートをセキュリティのお兄さんに手を振って左折したとたん、「サルノコシカケ」を発見!早速、撮影いたしました(^O^)/

 Img_5804 あちこちで、小さな買い物をして、のんびり歩いていたら小雨がパラついてきました。近くにあったスーパーの駐車場で、しばらく雨宿りをして、小雨になったので歩きだしたら、またまた降り出しました。でも、大きな葉の生い茂った街路樹がたくさんあるので、この街路樹で雨宿りができました。今日まで、ベトナムの街路樹は日よけのために植えられていると思っていましたが、雨宿り用でもあるんですね。地域の環境に根差した知恵と工夫に感心しきりのゆめこです(*^-^*)

2021年7月 4日 (日)

日本に帰ったら

Img_5779Img_5781 以前は、それほど気にもしていませんでしたが、久しぶりに早朝ウォーキングに出ると、すべてが新鮮に見えてくるから不思議です。いつもの住宅街を不審者のようにキョロキョロしながらあるいていて、「あっ!」と新発見したように感じたのが、道や塀の外の草の上に落ちている南国フルーツたちです。昨日はスターフルーツ(左)、今日は熟したマンゴー(右)を発見しました。バナナはあちこちにあるし、ヤシの実も普通になっているこの風景を見慣れてしまったら、「日本に戻ってからのウォーキングでは、どんなことを感じるのかなぁ?」などとぼんやり思ってしまいました(*^^*)

 「日本に帰ったら・・・?」と思ったのは、こちらで仲良しになったNOZOMI日本語アカデミーのK校長先生が、急遽、ご家庭の事情で帰国してしまったからだったのかもしれません。別にゆめこがホームシックになったからではありませんので、ご心配なく!先ほど、1週間のホテル隔離を終えて、これから1週間は自宅隔離だと連絡がありました。7月1日からは3日間のホテル待機に変更になったので「一番悪いときに帰国しました」と書いていましたが、Img_5786 何より無事に自宅に戻れたことでめでたしめでたしですよね。K校長先生とは年齢も近いので、話がはずみます!だから、コロナが落ち着けば、また、ホーチミンでお会い出来るのを楽しみにしているゆめこです。

 「日本に帰ったら・・・」というたいとるなので、今日、生けたヘリコニアの葉のみの作品の画像をアップします。これは、一昨日、夫が刈り取ったヘリコニアの葉っぱから拝借したものです!ちょうど巻き葉があったので「面白い」と思って取っていましたが、今朝、急にイメージがわいて大きな葉の方を繊維に沿ってカットしてみたら、まるで「破魔矢」のようになりました。「このまま5月人形と一緒に床の間に飾ったらよいかも!」と思ったゆめこ母です(*´艸`*)

2021年7月 3日 (土)

お洒落かも

 Img_5758
今、窓の外は小雨が降っていますが、ここ数日は真夏の太陽が照り付けているような暑い日が続きました。ちょっと、一息ついたところでしょうか?それで、日中の強い日差しを避けて、午前中に用事を片付けるつもりで、夫婦で出かけました。ところが、まだまだ、ロックダウンというか、店舗などの対応は厳しく、お目当ての店が閉まっていたので、熟年夫婦は仕方なく遠くまで足を延ばしました。今は、グラブやタクシーもほとんど営業しておりませんし、乗る時にはベトナム語の健康状態報告アプリ?に申告しないといけないので、全く、対応できない熟年夫婦は、歩くしかないのです。それで、天候と体調に考慮しながら、のんびりペースで用事を済ませました。その帰り道に素敵な壁画というか壁のペイントを発見したので、撮影しました。多分、ここは休業中のカフェだと思います。オレンジ色のブーゲンビリアとぴったりの雰囲気で、「ちょっと、お洒落かも?」と思いました。お客さんでImg_5653 にぎわっていたら、もっと、雰囲気が盛り上がるでしょうね(*^-^*)

そこで、今日はオレンジ色つながりの作品があったので、その画像をアップします。オレンジ色のガーベラと鮮やかな緑色の里芋の葉っぱの組み合わせです。半透明の一輪挿しなので、きっちりと茎を切りそろえて、スッキリと、ちょっとお洒落に仕上げたつもりですが、いかがでしょうか(*´艸`*)

2021年7月 2日 (金)

パイナップル

 Img_5557 庭にパイナップルの鉢植えが1つあります。前に咲いていたというのか実がなっていたというのかわかりませんが、確か、前回は2月ごろにこのパイナップルを記事にしたように記憶しています。そして、その後に数か月間はアロエのような葉っぱだけだったので、「もう、実はならないのかな?」と思っていたら、6月の終わりにこんな風に育っていました。このパイナップルはもちろん観賞用で、食べ物ではありませんが、パイナップルのみや葉のとげとげしさはしっかり引き継いでいて?この葉っぱの棘はとても硬くてうっかり触るとけがをします。だから、そーっと写真を撮りました(*´艸`*)

 Img_5764 そこで、今日の花は、庭のヘリコニアの新芽と葉を使った作品です。ファーちゃんのバイクの後ろに乗って、花屋さんに行きました。ベトナムの花屋さんは束で売っているので、なかなか、必要な分だけが買えません。それと、葉が売られている店も在りません。今日もヘリコニアが5本の束になっていたので・・・。でも、ちょうど、帰宅した時に夫が種類は違いますが、ヘリコニアの株をバッサリとカットしていたので、葉と組み合わせることができました!よく見ると赤い新芽も入っていたので、面白いアクセントになったと思います(^O^)/

2021年7月 1日 (木)

爽やか♡

 Img_5754 早朝ウォーキングを再開して気づいたことは、毎朝、顔を合わせていたベトナム人の常連さん以外は、隣の隣に住む英国人とブラジル人のカップルだけで、他のアメリカ人やスェーデン人は見かけません!まだ、用心しているのかな・・・?まあ、そのうちに会えるようになるでしょう。

 ところで、その常連さんの中でも一番輝いているのが30代1児のパパのFさんです。彼と言葉を交わすようになったきっかけは、彼が住宅エリア内に設置している鉄棒で懸垂をしているところを見た時に思わずゆめこが拍手をしたことです。それまでも、何度か顔は合わせていたのですが、挨拶をしたことはありませんでした。でも、その日から、毎朝、顔を合わすたびにニッコリ笑って手を振ってくれます。とっても爽やかなハンサムスポーツマンです。そして、画像は、準備体操の後に腕立て伏せをしているFさんです。偶然見かけたので、邪魔にならない位置から撮影して、ご本人の了解を取りましたので画像をアップします。本当は爽やかなImg_5678 笑顔の画像もアップしたいのですが、それはまた次の機会にしましょう(*^-^*)

 今日は爽やかなハンサムスポーツマンのFさんの話題に似合う作品が見当たりません。が、バラとユーカリの生花の画像をアップすることのしました。このバラはファーちゃんが買ってきてくれた黄色のバラに埋もれて1本だけ入っていました。とても貴重な一本なので、生花にしました。スッとまっすぐに立っている姿がとてもスマートなので、Fさんにコラボできますか(*'▽')

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »