フォト
無料ブログはココログ

« さくら日本語学校 | トップページ | クリスマス気分 »

2022年1月 6日 (木)

イヤサレマシタ(笑)

 Img_8486_20220106215001 Paru 次男は猫を2匹飼っています。どちらも瀕死の状態で次男が保護した猫です。最初は雌猫のパルパルを雨上がりの路上で見つけました。とても小さくて雨に濡れた状態でしたが、「もしかして近所の飼い猫かも?」と数件の家を回ったけれど、飼い主はいないようだったので、動物病院に直行して、注射や薬をもらって帰ったそうです。パルパルは長毛で、特に耳の毛が長いので、親子でネット検索の結果「メインクーンだろう」ということにしていました。ところが、数か月後にかかりつけの獣医さんから「サイベリアンかもしれません」といわれて、またまたネット検索し「やっぱり、サイベリアンかもね」で落ち着きました。ところが、数年後に誰かから「しっぽが短いからクリルアイランドボブテイルだと思う」といわれて、それ以来、クリルアイランドボブテイルで落ち着いています。小さい頃は夫にもゆめこにもとてもなついていましたが、今は、ゆめこの顔を見ると逃げるか、「シャー!」と威嚇してきます😨😨😨

 Img_8488 Img_8484 ナガトは生後数週間くらいの時(らしい)に仮死状態で次男が発見しました。純粋な野良猫の子どもで、前足が片方不自由だったので親猫に捨てられたのだろうと推測しています。次男はてっきり死んでいると思って埋めるための穴を掘って抱え上げたら仮死状態の子猫が「シャー」と威嚇したそうです。それで、すぐにかかりつけの動物病院に連れていきました。先住のパルパルがいるので、里親を探したのですが見つからず、結局、次男が育てています。引きずっていた前足もいつの間にか完治してわんぱくに成長しました。人懐っこい性格の上に、次男の好みで鬼滅の刃のコスチュームを着けて外出しますので、行く先々で人気者だそうです(*^▽^*)

ホーチミン師範大学の1回目の授業が自己紹介なので、家族写真を探していた時にふと思いついて、次男から2匹の写真を大量に送ってもらいました。その時の次男のメッセージが「これで、癒されてください」とあったので、今日のタイトルに使いました(≧▽≦)

« さくら日本語学校 | トップページ | クリスマス気分 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さくら日本語学校 | トップページ | クリスマス気分 »