フォト
無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月に作成された投稿

2023年4月30日 (日)

キラキラ

 Img_4416 友達のKさんから、石鹸をいただきました。実は数か月前におみやげで頂いたのですが、ゆめこはいい香りのする石鹸は下着やハンカチなどを入れている引き出しに入れておき、香り付けをして楽しんでいます。このせっけんも、薄いピンク色の柔らかくてきれいな紙でラッピングされていたので、香りと一緒に楽しんでいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

それでも数か月経ったので「そろそろ、バスタイムを楽しんでみようかな?」と思い立ち、今朝、ラッピングペーパーをはがしてみてビックリ😲

ラッピングペーパーから石鹸は【淡いピンク色の花の形】とゆめこは勝手に思い込んでいたのですが・・・。

このキラキラは、どうなるのでしょうか?もしも、身体を洗ったら全身キラキラになるのでしょうか??

そういえば、以前に彼女が韓国旅行のお土産にゆめこにくれたのは、キラキラ入りの?粉白粉でした。きっと、彼女はキラキラが大好きなのでしょうね(*´艸`*)

ー追記ー

 ゆめこは、このキラキラの部分が、どんな風になるのかワクワクして入浴したのですが…Σ(゚д゚lll)ガーン

何と!夫が先に使って、見事にキラキラの部分はきれいさっぱり無くなっていたのでした😞

2023年4月29日 (土)

やり直し

 Img_4406 前期高齢者夫婦(ゆめこも今月65歳になりました😨)の食卓を預かる身といたしましては、夫の病を機に、ますます、食生活の質を向上させるべく、勉強のやり直しをしております!

もちろん、質の向上といっても高価な食材を使うのではなくて、身体によい食材を美味しく調理する方法を勉強しているのです。

ゆめこは中学校の家庭科の先生だったので、それなりの知識や技術は持っているつもりです(`・∀・´)エッヘン!!

でも、現職のころは、忙しさにかまけて、だいぶ手抜き料理をしていましたので・・・。

それでも今は、自由に使える時間がたっぷりあるので、しっかり勉強をや直して、安全安心な食材で、免疫力アップ体質改善を目標にした美味しい食事作りを心掛けていきます(^O^)/

2023年4月28日 (金)

フキの葉っぱ

 Img_4372 フキは茎の部分しか食べられないものだとばかり思っていました。茎の部分はアク抜きをして佃煮や煮物にします。

夫が、イチジクの木の下に毎年生えてくるわずかばかりのフキを採ってきて「これだけ生えてたから何か作ったらいいよ」・・・「これっぽっちで?」とは思ったのですが、「夫婦二人分くらいなら佃煮くらいできるかもね」と思い直して、葉っぱを切り取り、茎の部分のあく抜きをすることにしました。

 ずいぶん久しぶりにフキのアク抜きをするので、もう一度復習の意味で、クックパッドで調べていたら、なんと!フキの葉っぱも食べることができることが判明しました!!

早速、それぞれを、それぞれのあく抜きをして、翌日、2種類の料理を作りました。茎はいつもの通りに佃煮に、そして、フキの葉っぱは細かく切って、こんにゃくと一緒に炒め煮にしてみました。どちらもとても美味しかったですよ(*^-^*)

=フキの葉っぱの炒め煮の作り方=

1、アク抜きをした葉っぱをざく切りにして固く絞る。

2、アク抜きしたこんにゃくは細かい拍子切りにする。

3、フライパンにごま油を入れて熱し、1と2を入れ、中火で水分がなくなるまで炒める。

4、3に砂糖、みりん、料理酒、白だしを入れて水分がなくなるまでかき混ぜながら炒める。

5、醤油をかけてかき混ぜたら、火を止め、するゴマをかける。

 

 

2023年4月27日 (木)

アクセント

 Img_4335_20230427193001 Img_4400 Img_4340  Img_4398

 数日前に川辺にいっぱい咲いているキンポウゲ(ウマノアシガタ)をご紹介しましたが、今日はやっぱり黄色のミヤコグサのご紹介です。

今の川辺には黄色のミヤコグサが咲き誇っています。まさに黄色のじゅうたんです。キンポウゲよりも背は低いのですが、ちょっと黄色が濃くてかわいい花ですよ。

なぜか気が付いたら、菜の花に始まって、タンポポ、キンポウゲ、そしてミヤコグサと黄色の野花がこのあたりの春を彩っています。そして、そんな黄色一色の川辺に紫色のアザミがポツポツと咲き、アクセントになっています。

そんなアザミの写真を撮ろうとした時、1頭のアゲハチョウがアザミの蜜を吸うために飛んできました。我ながらベストショットだと思いますがいかがでしょうか?(*´艸`*)

2023年4月26日 (水)

さあ、大変!

Img_4252

Img_4363 Img_4344

 由あんどファームに4種類の豆類の種を植えたのは去年の11月中旬です。サヤインゲン、スナップエンドウ、グリーンピースとそら豆です。そら豆は別の場所に植えましたし、一見してすぐに判別がつきますが、サヤインゲン、スナップエンドウ、グリーンピースは全く判別がつかないのに、隣り合わせで植えてしまったのでさあ大変!

ツルが絡み合って、同じ大きさで伸びていくので、全くどれがどれだか分からなくなりました!

夫が入院中にゆめこがネットで調べて、紫色の花が咲くのがサヤインゲンだとわかりました。そして、周辺の草むしりをしていたら、真ん中あたりの土にスナップエンドウの札が刺さっていたので、真ん中がスナップエンドウだとわかりました。残るは一番手前がグリーンピースなのでしょう!

 それで、時々、確認しては、食べごろの豆たちを採ってきて、煮物や炒め物の彩りに使ったり、スナップエンドウはサッとゆでて、シンプルにマヨネーズで頂いております。ちなみに3種類の豆類の中で一番最初に食べごろに育ったのはスナップエンドウで、左上の画像はそのスナップエンドウ第一号ですww

グリーンピースの収穫はまだまだ先になりそうです(*^▽^*)

2023年4月25日 (火)

ひとり舞台

 Img_4324 Img_4325

 数週間前までは、ゆめこ専用花畑ではチューリップやスイセン、ムスカリ、クリスマスローズが所狭しと咲き誇っていました。でも、今は花が終わってしまって緑一色になりました。

チューリップとスイセン、ムスカリは花が終わって、球根を育てるために葉っぱを残しています。これらは葉っぱが枯れてしまってから掘り起こして保管します。

それから、グラジオラス、キショウブ、ジャーマンアイリス、アマリリス、ギボウシは新芽をグングン伸ばしています。また、バラ、ヒペリカム、タイタンビカスやハーブたちも春が来て息を吹き返しました。そんなわけで、ただ今、ゆめこ専用花畑で花が咲いているのはオレンジ色のラナンキュラスだけです。だから、今のゆめこ専用花畑はラナンキュラスのひとり舞台です(^O^)/

2023年4月24日 (月)

すずらん

 Img_4358 Img_4376

 我が家の玄関には今、すずらんを飾っています。それで、玄関を出入りするたびにジーッと眺めて「可愛いねー❤まるで、オーダーメイドしたみたい❤」と独り言を言っています。アッ、夫が横にいる時は「ねっ。そう思うよね」と強制的に同意させていますww

 ところで、すずらんといえば、英国のキャサリン妃のブライダルブーケもすずらんでした!

英国のプリンセスならバラやカサブランカ、カトレアなどの豪華な花を使うのでは?と思っていたのに、可憐なすずらんのブーケだったので、少し驚きましたが、すずらんは「聖母マリアの花」といわれていて、花ことばは「純潔」「純粋」。また、寒い冬を乗り越えた春先に咲き始めるために「再び幸せが訪れる」といういう花ことばもあります。

そういえば、我が家の庭にもすずらんが少しずつ開き始めています。今日はとても寒いですが、もうすぐ、本格的な春が訪れそうですね(*^-^*)

2023年4月23日 (日)

ママコノシリヌグイ

 Img_4367 今日は寒くなるという予報でしたが、スッキリとした青空が広がっていたので、今日ゆめこ専用花畑の草むしりをしました。夫は無理にならない程度に由あんどファームのゆめこが植えた夏野菜の手入れなどをしました。

雑草は肥料もやっていないのに、なぜこのように堂々とはびこるのでしょうか?っていうか、きっと花や野菜の肥料を横取りしているのでしょう!ますます憎たらしくなります!ということで、ゆめこ専用花畑に伸びている雑草の中でも一番インパクトのある名前の草をご紹介します。

その草の名前は“ママコノシリヌグイ”といいます。漢字で書くと”継子の尻拭い”と書きます。「継子=血のつながらない子供は憎たらしいので、こんなトゲトゲのある草でお尻を拭いたらいい」という意味だそうです!そこから思い出すのはシンデレラの継母やヘンデルとグレーテルの継母のことでした。でも、これらの童話は最後は主人公が幸せになる。というハッピーエンドで終わるからホッとしますが、この草の名前だけはインパクトがあり過ぎますね。でも、この草の花はピンク色のコメツブが集まったような可愛らしい花が付きます。それでハッピーエンド!ということにしましょう(*´艸`*)

2023年4月22日 (土)

物理的作用

 Img_4353_20230422203201 ウォーキング中に何気なく隣家の庭先を見たら、”ストロベリーキャンドル”が可愛らしい花を咲かせていました。この花はセンニチコウによく似ていますが、センニチコウよりも少し大きめで、”キャンドル”という名前の通りに炎のような形の花です。また、葉っぱは鮮やかな緑色で中心は白くなっていて、葉っぱも魅力的です。

ゆめこは数年前に夫のアシスタントで宮崎県都城市に行った時に川土手で”ストロベリーキャンドル”が群生していたのを発見して、数株持って帰ってゆめこ専用花畑に植えました。そして翌年にはきれいに咲いたので、とても嬉しかったのですが・・・。その後の記憶があいまいなのです・・・

そして3年ぶりに日本の春を満喫している毎日ですが、今日、よく見るとゆめこ専用花畑の外側のフェンス沿いに”ストロベリーキャンドル”が咲いているではありませんか!!

「???」・・・「きっとこれは何かの物理的作用によってこのような現象が起きたのだ」とゆめこは結論付けました。もちろん、花が終わるころImg_e4369 にちゃんとゆめこ専用花畑に植え替える予定です(*^▽^*)

ー追記ー

 上の画像では、この花の形が分かりにくいので、後日、摘んできた花の画像をアップすることにしました!

2023年4月21日 (金)

この花の名前は?

 Img_4319 Img_4313 Dscn0011_20230421175401

 ゆめこのウォーキングコースには、春の野花がたくさん咲いていてとても楽しいです。

ゆめこは園芸種の華やかな花たちが大好きですが、野に咲く名もない花(名の無い花はないそうですがww)も好きです。だから、名前の解らない野花や野草は図鑑やネットで調べることにしています。でも!それは由あんどファームやゆめこ専用花畑、我が家の庭以外に咲いている野花のことであって、ゆめこのテリトリーに生えると即効、処分させて頂いております!

ところで、野花にはいろいろな名前がありますが、左上の黄色い小さな花の名前は何だと思いますか?真ん中と右側の花はとてもポピュラーなのですぐにわかると思いますが、念のために白い花は“シロツメクサ”、赤い花は”アカツメクサ”です。”ツメクサ”というのは”詰草”と書くのでしょうか?昔、ヨーロッパからガラス製品や陶器を日本に輸出する時に、製品が壊れないように詰め物として使われたので、”ツメクサ”というのだそうです。今なら、日本の植物の生態系を壊す!ということで考えられないのですが、おおらかな?時代だったのでしょうか?

ところで、質問の回答ですが、”キイロツメクサ”ではなくて“コメツブツメクサ”でした(*^▽^*)

 

2023年4月20日 (木)

ご利益

 Img_3779_20230420180901 昨年10月に、技能実習生のT君、Tさん、Eさんと大阪・奈良での楽しいミニ旅行の様子をお伝えしました。もちろん、3人とは今もLINEで近況を報告しあっています。みんな元気で仕事やレジャーを楽しんでいるようです!

 話は戻りますが、昨年のミニ旅行の時にみんなで奈良の東大寺を参拝しました。その時に、お土産コーナーで何やら三人で真剣に話し合いをしています。ゆめこも手助けしようかと思ったのですが、声がかかるまで黙って様子を見ていました。しばらくして三人がニコニコしながら私たちに画像のお守りを手渡してくれたのです。とても、ありがたくて、ゆめこも夫Img_4328 も肌身離さず持ち歩きました。そのご利益で、予定より1週間早く退院でき、昨日よりも今日と少しずつ元気になっています!だから、今日は夫の顔出しOK!ということで(*´艸`*)

2023年4月19日 (水)

父帰る

 Img_4311 夫が5週間の入院生活を終えて、今日の午前中に退院しました。当初は6~8週間の入院期間が必要とのことだったので、予定よりも早く退院できてとても嬉しかったです。

数日前から、「夫が退院した日のタイトルは『父帰る』にしよう!」と決めていました。実はこの菊池寛の名作父帰る』はタイトルしか知りませんでしたので、あらすじを先ほど確認しましたが、結構、重い内容でした・・・。

でも、ゆめこは単純に夫が帰ってくることを楽しみにして考えたタイトルなので、この際、菊池寛の小説とは別次元でお考え下さいませww

 病院では、ちゃんと栄養とカロリー計算をした食事をいただいていたのですが、帰ってきて最初の食事は「家庭的なもので消化の良いもの」と考えて、山かけそばとだし巻き卵、新じゃがとこんにゃくの煮物にしました。「おいしい美味しい♡」と喜んで食べてくれましたが、なんせ、退院直後なので、今日は夫の顔出しは止めにしました(*´艸`*)

2023年4月18日 (火)

あいたっ(>_<)

 Img_4300 4月になってから、天気が良い日は由あんどファーム、ゆめこ専用花畑、それと庭の手入れと忙しく動き回っています。

もちろん、炊事・洗濯・掃除などの家事も手抜きせずに?頑張っていますww

そのせいでしょうか?ちょっと注意力散漫になっていたようで、やっと見つけたオクラの苗を植え付けた時に使ったスコップを洗って、定位置に片付けようとかがんだ時に「あいたっ(>_<)

ちょうどゆめこのおでこの位置に、雑草取り専用の片面が鍬、片面が三つ又になった道具の先端があって、それにゴン!・・・

Img_4290 すぐに、カットした”熱さまシート”で冷やしたので、小さなコブができましたが、翌日にはすっかり治りました。夫からは「おっちょこちょいなんだから、気つけなきゃ!」と叱られました(〃▽〃)

 ところで、目下、ゆめこは、ゆめこ専用花畑や庭で集めた花材だけで、家中の花を生けています。

ということで、ただ今玄関に飾っている花の画像をアップします。花材は紫蘭(シラン)、鳴子百合(ナルコユリ)、ツツジです(*^-^*)

2023年4月17日 (月)

ウマノアシガタ

 Img_4273 Img_e4275 3月には菜の花が川土手を黄色に染め上げていましたが、今は、黄色の可愛らしいキンポウゲがたくさん咲いています。直径3㎝くらいの小さな花ですが中心の雄しべはまん丸になっていて、花びらはまるでワックスを掛けた様に光沢があります。野の花にしてはぜいたくな作りです!

花言葉は「むじゃき」「こどもらしさ」など、花の可愛らしさを思わせるものから「栄誉」「富」など野草にしては輝かしいものもあります。また「中傷」という花ことばはこの花に毒性があるといわれているところからいわれているのでしょうか?ゆめこも小さなころは「この花には毒があるから摘んではいけません」と祖母からいわれていました。だから、今でも眺めるだけです(*´艸`*)

ところで、タイトルの”ウマノアシガタ”というのはこの花の別名です。落差がある別名ですねww

Img_4283 葉っぱの形が馬のひずめに似ているとか、花びらの形が馬の馬蹄に似ているからとかいう説があるそうですが・・・。

 ちなみに右の画像はゆめこのウォーキングコースに合ったシカのアシガタです(≧▽≦)

2023年4月16日 (日)

お宮掃除

 Img_4264 Img_4266 Img_4269

 自宅から車で5分くらいの場所にある氏神様が祀られている「高木神社」の掃除に行きました。いつもは夫が行くのですが、今回は代理でゆめこが初めて行きました。ゆめこの実家(次男宅)の氏神様が祀られているのは「菅原神社」で御神体は菅原道真公ですが、「高木神社」は英彦山神宮の分院だそうです。

 夫曰く「秋は落ち葉の量がすごいから大変だけど、春は大したことなないと思うよ」とのことでしたが、行ってみてびっくりΣ(゚д゚lll)

大量のクスノキの落ち葉です!

ゆめこの自宅コミュニティで、実働できるのは5軒しかないので、当然、出席者は5名です。5人で一生懸命頑張って1時間半くらいで、きれいになりました!氏神様もきっと喜んでくださっていると思います(*´艸`*)

 

2023年4月15日 (土)

初物(はつもの)

 Img_4254 ゆめこは物心ついた時から、旬のタケノコを買ったことがありません。干しタケノコは夫の同級生夫婦が経営している”藤川椎茸”で時々買ったり、自分でも作ったりすることがありますが・・・。幼少期から独身時代はずっと、父と一緒に実家の所有する山に掘りに行っていましたし、その後は友だちからもらったり、夫とこちらに引越してからは、裏山に掘りに行ったりしていたので、タケノコを店で買うということがありませんでした。ところが、今年は、夫が体調不良のためにタケノコ掘りに行けません!

だから「今年は美味しいタケノコが食べらないけど仕方ないね」とあきらめていたところ、ゆめこが行きつけの美容室のMさんからアク抜きをした柔らかいタケノコをいただきました。彼女は「お客さんからたくさんもらうので、食べ飽きたけど、誰にあげようか?と悩んでいたところ」とのことで、逆に感謝されました!早速、大きいものは椎茸と一緒にシンプルな煮物にしました。あとは、ピーマンと牛肉と一緒に青椒肉絲(チンジャオロースー)にする予定です(*^-^*)

2023年4月14日 (金)

満開

 Img_e4213 桜前線は、今どのあたりでしょうか?日本は南北に長いから、長い間、桜の話題で盛り上がることができますね。

そういえば、ベトナム人の友達に聞いたのですが、ベトナムから日本にツアー旅行をする時は”桜のシーズンが一番料金が高い”とのことです。二番目は紅葉時期だそうで、そう聞いた時は「なるほど」と納得したのですが「南北に長い日本だからサクラの時期も紅葉の時期も長いよねー」・・・。などと考えるゆめこです(*´艸`*)

でも、満開は桜の花ばかりではありません。我が家の庭には色とりどりのツツジが次々と満開を迎えようとしていますし、由あんどファームでは、ブロッコリーの花が満開です!黄色の可愛らしい花が咲き誇って、その周りをモンシロチョウが飛び回っていますが、卵を産み付けるとアオムシがたくさん生まれて畑の野菜を荒らすので、すぐに撤去いたしました!

ブロッコリーの花の命は短いですね(≧▽≦)

2023年4月13日 (木)

Tちゃんちの庭

 Img_4244 Img_4240

 ゆめこにはTちゃんとKちゃんという2人の幼馴染がいます。2人とも実家はゆめこの実家=次男宅から徒歩2分ですww

幼稚園から高校まで三人一緒でした。Kちゃんとゆめこは地元に残り、Kちゃんだけは名古屋の大学に進学後、東京の男性と結婚してそのまま、横浜で暮らしています。ずいぶん前にゆめこも夫と関東に旅行をした時に横浜でKちゃんとあったのですが、それ以外は、もっぱら彼女が帰省した時に彼女の実家でおしゃべりを楽しんでいます。Kちゃんのお母さんは今年91歳になるのですが、お元気に一人暮らしをしています。それで、ゆめこも時々、Kちゃんのお母さん様子を見に行っていますが、今日は、Kちゃんが帰省しているとのことで遊びに行きました。

画像はTちゃんちの庭です。よくこの庭の芝生の上で遊んだのを懐かしく思い出したので、撮影しました。お母さんがひとりで、雑草をとったり花を育てたりしてとてもきれいにしています(^O^)/

2023年4月12日 (水)

黄砂

 Img_4221_20230412180601 三年ぶりに黄砂を見ました?黄砂は見ました。と表現するのかどうかはわかりませんが・・・。

数日前から「黄砂が来ますので、洗濯物は外に干さないように」とか「車の汚れは水で洗い流してください」とかTVで盛んに注意していましたが、本当に、いつも見えている山が黄砂の影響で全く見えません!

ホーチミンにいたので、季節の変わり目とか、四季の花々の咲く様子とかを久しぶりに肌で感じる毎日ですが、黄砂だけは肌で感じたくないです!というのも、ゆめこは幸い花粉症で悩まされることはないのですが、なぜか、黄砂には敏感に反応して肌荒れ、目のかゆみ、鼻水、鼻づまりに悩まされていました。だから「今年は、用心してなるべく外出をせずに家にこもっていよう!」と思っていますが、やっぱりお日様が顔を出すと、ゆめこ専用花畑や由あんどファームの世話を焼くために作業着に着替えて出てしまいます┐(´∀`)┌ヤレヤレ

2023年4月11日 (火)

期待してます!

 Img_e4215 Img_4216

 純日本家屋の我が家は、築50年近くなります。それで「どこもピッタリ隙間がありません!」というわけにはいきません。ここに引越してきたときはあちこち隙間だらけだったので、ゴキブリはもちろん、カメムシやムカデなどの害虫が自由に出入りしていました。

それで夫が、バルサンを焚いて家中の害虫を追い出した後に、隙間という隙間を全部パテで埋め尽くしてくれました。それでも、時々は網戸の隙間から部屋に入ってくる虫もいますが・・・。

実は、我が家のサンルーム的な縁側は庭に面していて、ゆめこの一番のお気に入りの場所なのです。ところが、ここは昔サイズ?の大きな一枚ガラス戸が4枚入っているので、網戸をつけることができないのですΣ(゚д゚lll)ガーン

 ところで、ゆめこは、毎朝必ず家中の窓や戸を開けて空気の入れ替えをします。寒い冬ももちろん20分近く開け放して空気を入れ替えます。でも、暖かくなってきた今は、招かれざる客が侵入してくるようになったのです😨😨

それで慌てて、今日、大きな”吊り下げ式の虫よけ”を買ってきて、早速、吊り下げました。きっと、虫の侵入を防いでくれると期待しています(≧▽≦)

 

2023年4月10日 (月)

最後かな?

 Img_4210_20230410163101 Img_4214

 由あんどファームのスティックブロッコリーが、「今日で最後かな?」と思います。もう、細くなってしまっていますが、我が家で消費するなら十分です。ということで、しっかり収穫しました。いつもは大きな鍋でサッとゆでて水分を切った後は、フリーザー用のパックに詰めて冷凍します。こうすれば、炒め物やサラダなどにすぐに使えます。ところで「今日のブロッコリーは何に使おうかな?」と今、考え中です(*´艸`*)

 

2023年4月 9日 (日)

今年はお米

 Img_3979 数日前の天気が良い日、川土手を歩いていたら、大きな赤いトラクターが我が家の田んぼを耕していました。「へ~~、もうすぐ作物を植えるために耕しているんだ~~」と思いながら眺めていました。が、すぐに「ブログにアップしよう!」と思って撮影しました。それから、そのトラクターに乗っている営農会社のお兄さんに「今年は何を作りますか?」と聞きたかったのですが、忙しそうなので止めました。

 そして昨日、また、営農会社お兄さんがトラクターを始動させる前にあったので、「今年は何を作りますか?」と聞いたところ「今年は米です」とのことでした。実は、夫が隣家の農業委員さんから「今年は米を作るらしい」と聞いていたそうですが、ゆめことしては「もしかしたら大豆を作るかもしれない」との淡い期待があったのです!

なぜなら、昨年末に落穂ひろいで集めた大豆がとーーーーーっても美味しいのです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

だから、ちょっと残念な気持ちもしたけど、もちろんお米も美味しいので!でも、お米の落穂ひろいは多分しないと思います(*´艸`*)

2023年4月 8日 (土)

やっぱり!

 Img_4205 Img_4207

 昨日は、近所の(たぶん)年配の方たちが、川土手や線路わきで何かを採っている。という記事を書きましたが。これはやっぱり、多分、間違いなく”わらび採り”です!

なぜなら、今日は数日ぶりの晴天だったので、ほんのちょっとの時間ですが、川土手に生えている雑草を観ながら歩いていて、わらびを数本発見したのです!

立派なものは、ほとんど採り尽くされたのか、小さな可愛らしいわらびしかなかったのですが、しかり持って帰りました。これくらいだったらアク抜きも必要ないと思うので、明日の味噌おつゆの具にしようかなと思っています(^O^)/

2023年4月 7日 (金)

山菜採り?

 Img_4162 Img_4158_20230407170601 Img_4157

 ゆめこが、つくしを我が家の田んぼのあぜ道で採り、”つくしの卵とじ”を作って食べたことは以前、お伝えしました。その時にゆめこが住んでいる地域から遠く離れたK市やF市ナンバーの車が川土手に駐車して、家族?でつくし採りをしている風景もお伝えしました。

 ところが、最近、どう見てもこの辺にお住まいの方だと思うのですが、やはり、川土手や廃止路線の旧JRの線路わきで、レジ袋を片手に何かを採っている方々をお見受けします。最初は「つくしかな?」と思っていたのですが、最近、ゆめこの自宅近くの道の駅には山菜の”わらび”が登場しています。その他にも”セリ”や”タケノコ”も並んでいます。もちろん、タケノコは川土手や線路わきには生えませんので、おそらく、わらびセリだろうとゆめこは推理しています。でも、よくよく観察していると、あちこち歩きまわってポツポツと採っている様子なので、やっぱり”わらび”だろうとにらんでいます!なぜなら、セリは密集して生えるので、あちこち歩きまわる必要が無いからです。ゆめこも、毎年、大きな池周辺で”わらび採り”をしていましたが、この辺の川土手には慣れていないので、挑戦しないことにしています(≧▽≦)

2023年4月 6日 (木)

わすれてた!

 Img_4201 昨日今日と雨が続くので、少しでも雨が上がると、庭や畑に行っております。

すると今日の午後、我が家の庭に山水を引いて洗い場にしている場所があるのですが、そこでサワガニを発見しました!本当に久しぶりなので、画像を夫に送ったところ「メダカが食べられるから、捕まえて川に流して」と返信がありました。そうです、ゆめこはしっかり忘れてしまっていたのですが、以前もサワガニからメダカが襲われてメダカの数が激減したことがあったのを思い出しましたΣ(゚д゚lll)ガーン

どのようにして、サワガニが我が家の池の場所を発見するのか不思議ですが、でも、確実に池に向かってかなりのスピードで横歩きをしているのを見たことを思い出しました。

これからは、餌やりだけではなくて、メダカの安全確保もゆめこの仕事になりました(`・ω・´)ゞ

2023年4月 5日 (水)

晴耕雨読(せいこううどく)

 Img_e4197 Img_e4196

 久しぶりに雨の一日になりました。こんな時は、家の中で過ごします。いつもの家事をちょっと丁寧にします。そして、残った時間は読書タイムです。

天気が良いと、由あんどファーム、ゆめこ専用花畑に庭の手入れなどで「あっ」というまに一日が過ぎてしまうのですが、雨の日は、ゆったりと時間が流れているように感じます。

ゆめこが、ただ今、町立図書館から借りているのは司馬遼太郎の「竜馬が行く」です。この前に借りた小手鞠るいの「ラストは初めから決まっていた」の中で、この本が登場したからです。古い本なので、図書館の倉庫にしまっていたこの本を職員の方が持って来てくれたのですが、中を見ると小さな文字がビッシリと二段になっているではありませんか!

本当に半世紀前の書式ですね。「試しに一冊だけ借ります」と持って帰ったのが4日前です。「2週間の期限までに読み終えるかな?」と思いつつ、引き込まれております。今日は、一日中雨なので、ゆっくり読書を楽しめました(*^-^*)

2023年4月 4日 (火)

麦畑

 Img_4183 Img_4185

 今日、K市の田舎道を車で走っていると、風になびきキラキラ光る緑色のウェーブが目に飛び込んできました!毎週2日往復で、週4回この道を通っているのに、今日初めて、鮮やかな緑色の麦畑が広がっていることに気が付きました!

ゆめこの自宅周辺の朝は、まだまだ寒くて温風ヒーターを入れた上に、モコモコのフリースのジャケットを着て家事をするような状態ですが、世間では?すっかり春なのですねww。アッ、もちろん、日中はそれなりに気温は上がりますが・・・。

ゆめこは、いつも麦畑を見ると昭和のアイドル伊丹幸男の歌を口ずさんでしまいます。

♬あーおいむぎーばたけー さーがしにーゆこうー ふーたりのこいにはー ひなーたがーにあうよー♪

可愛い歌詞ですね❤

 Img_e4186 麦畑を見ていて、イメージが浮かんできたので、庭にいっぱい生えているスギナをむしりとって一杯、生けてみました。ポイントに使ったツツジの一枝ももちろん、庭に咲いていたものです。

今日出かける前に、庭のスギナがうっとおしかったので、「明日、雨が降るので今日中にむしってしまおう」と決めていました。もちろん、むしったスギナは他の雑草と一緒に捨ててしまう予定だったのですが、ちょっとだけ、遊んでみました(*´艸`*)

 

 

2023年4月 3日 (月)

愛着💛

 Img_4169 Img_4168

 今までは、農作物に関してはゆめこの仕事はメインは収穫で、たまに肥料や水やりと夫の作業のアシスタント程度でした。でも、今回の夏野菜は、畑を耕して、苗を買い、植え付けをしたのです。だから、可愛いというか愛着がわくというか・・・!

夫が、天気が良い日には、何時間も由あんどファームであれこれ作業していた気持ちが分かりました!

今は、ゆめこが早朝から何度も由あんどファームの様子を見に行き、何かと作業をしています。

今回、買ったツルのある苗はゴーヤとキュウリです。ゴーヤは夫が決めていた場所に植えました。害獣防御用のネットの下で、ツルもしっかりネットに絡みつき始めました。ところが、キュウリの方は「どうしたらいいのかな?」と毎日考えて、画像のように作ってみました。夫にも「なかなかいいね」と褒めてもらったので、一安心というところです。あとはキュウリのツルがネットが絡みついてくれるのを祈るばかりです(*^-^*)

2023年4月 2日 (日)

夏野菜

 Img_4107 Photo_20230402181201

Img_4115 Img_4117   Img_4116

 先月28日に、次男と三男が耕してくれた畑に夏野菜を植えました。

次男は滋賀県にある”種のタキイの専門学校”を卒業しているので、苗を買うときは一緒に行って、丈夫に育つ苗を選んでもらいました。

ズッキーニ、ピーマン、パプリカ、キュウリ、ナス、ゴーヤ、アイコトマトの苗です。翌日、スコップを使ってゆめこが植えていきました。ここのところ連日晴天が続くので、水やりが大変ですが、収穫の日を楽しみに育てています(*'▽')

2023年4月 1日 (土)

おおきくなったね

  Img_4170 1週間くらい前に夫が、「そら豆が背が高くなっていると思うから、一段目の紐で囲っているのを参考にして、少し高いところをひもで囲って」と連絡がありました。それで、周囲を囲んだり、背が高くなって、花と葉っぱがたくさん増えてモジャモジャになっているのを所々、ひもで仕切りをしました。

 それ以来、晴天が続いているので、ゆめこが本格的に農作業を再起動して、毎日、由あんどファームの農作物をチェックしています。

するとまたまた、そら豆がグーンと伸びているではありませんか!それで、今度は自主的に三段目をひもで囲いました!多分これ以上は背が高くならないと思いますが、後は、たくさんの美味しいそら豆が収穫できる日を楽しみにしています(*^▽^*)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »