フォト
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2021年10月20日 (水)

おでん

 Img_7442 夫が今年初の”おでん”を作ってくれました。次男や三男にも持たせるので(長男は食事付きの寮生活です)直径約40㎝の大きな鍋にいっぱいの具です。夫は、とてもきれいに並べていたのですが、ゆめこが夫婦専用小鍋に具材を移した後なので、ちょっと見た目が悪いので、大鍋の画像はちょっと小さめに右下にアップしました(笑)

Img_7441 一昼夜コトコト煮込んだアンディ特製おでんは絶品です!

 もちろん、わがやの夕食もおでんです。熟年夫婦には小さな小鍋に小分け?しましたが、もちろん完食でした(*^^)v

2021年10月19日 (火)

真っ赤っか😝

 Img_7419 緊急事態宣言が解除されて、飲食店でのアルコール提供が再開したので、夫が「は●寿司に行こう!」とゆめこを誘ってきました。もちろん、夫の目的は生ビールです!仕方がないので(笑)夫の専属ハンドルキーパーのゆめこはお付き合いすることにしました。お寿司を食べに行っているはずですが、いつも、2人合わせてもお寿司のお皿が10枚を超えることはありません。それでも夫が注文するアルコールとサイドメニュー(おつまみ)で店の売り上げには貢献できているとは思います(`・∀・´)エッヘン!!

 ところで、本日の話題ですが・・・珍しくゆめこが頼んだサイドメニューの”串カツ・紅ショウガ”を一口噛んで「熱っ!」と串カツを引っ張った直後の画像が左の画像です。ゆめこの予想では、串カツの衣に刻んだ紅ショウガを混ぜている程度だと思っていたので、こんなに大きな紅ショウガが出てきたのでビックリでした😲

 Img_7072_20211019203401 今日の花は、”真っ赤っか”つながりということで、小ぶりで真っ赤なポンポンダリアを使った作品を選びました。ブルーベリーの枝の下で、おしゃべりしている仲良し姉妹のような楽しい作品でしょ❓(*´艸`*)

 

2021年10月18日 (月)

ごはんのおとも

 Img_7392 Photo_20211018202101 新米が美味しい季節ですね。ゆめこ宅の朝食は”ご飯と味噌おつゆ・納豆”が定番で、それにもう一品加えて完結です。もう一品は、前夜の夕食の残りものだったり、いただき物の焼きのりだったりします。そこで、中学校の家庭科の先生だったゆめこ先生といたしましては「せっかく、香ばしく甘い新米の季節が到来したので、”ごはんのおとも”を開発しよう」と思い立ちました!それで、野菜でできる保存食作りに挑戦しています。

左はキュウリのピリ辛漬、右はゴーヤの佃煮です。ゴーヤの佃煮は去年も何度か作ってみていたので、おいしく出来上がり、すぐになくなりましたが、初挑戦のキュウリのピリ辛漬は、キュウリの大きさや味付けに課題が残りました(ちょっとしょっぱかったのです😞)それで再度、挑戦しようと思います!(^^)!

 Img_7189 今日の花は、新米との組み合わせの話題だったので、自宅から約1時間かけて行ってみた面白い花材がたくさんある花屋さんで買ってきたダークレッドのユリの花と、ゆめこ専用花畑で採ってきた鮮やかな緑色のヒペリカムの葉を組み合わせた作品を選びました。画像のユリは、まだ半分程度しか咲いていませんが、全開したユリも香りも強くてとても華やかで素敵でしたよ(*^^*)

2021年10月10日 (日)

ワイン3本

 
Img_7364 Img_7365 我が家に初めての宿泊客が訪れました。東京に出向中のT教頭先生と3人で新橋の居酒屋で飲んで以来、3年ぶりの再会です。現在はK市に住んでいる彼女が、我が家に(以前の家です)遊びに来るときは、実家に一旦,帰省してお母さんの運転で我が家を訪問していました。ところが今回は「お泊りしても良いですか?」との連絡です。ゆめこ夫婦には異存はあるはずもなく、それから、毎日夫婦で「あーでもない、こーでもない」と相談しながら楽しくお迎え準備を進めました。「夕食は何がいいですか?」と聞くと速攻で「アンディ・スパゲティ」との返事です。夫のスパゲティ・ミートソースは人気メニューの一つです。スパークリングワインが大好きな彼女のために準備したボトルと彼女の手土産のボルドーの赤ワイン1本。それとミートソースに使うために夫が買ってきたボルドーの赤ワイン合計3本夫と彼女で空けてしまいました。とても楽しい時間でした。Img_7081 また、お泊りに来てくださいませ。T教頭先生(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 今日の花は、真っ赤なポンポンダリアとゆめこ専用花畑で採ってきたヒペリカムの葉っぱをティーポットに生けた楽しい作品です。昨日の楽しかった時間を代弁してくれているような作品です(*^▽^*)

続きを読む "ワイン3本" »

2021年9月24日 (金)

あま~い栗ご飯

 Img_7004 Img_7005 昨日はお彼岸のお中日だったので、実家の菩提寺にお参りに行きました。そして、帰りに”夫特製のお好み焼き”と”焼きたて食パン”を届けるために次男宅に寄りました。すると、隣のおばちゃんが「お彼岸だから帰ってきたよ。金曜日に娘宅に戻る」とのことだったので、「じゃあ、明日は栗ご飯を持ってくるから」と約束をして帰りました。ちょうど栗ご飯&栗の渋皮煮を作るために2日前から栗を水に浸していたので、昨日の夜は栗の皮むきです。渋皮がきれいに残ったものは渋皮煮用、渋皮が破れたものは栗ご飯。そして、今朝は美味しい栗ご飯が炊きあがりました!栗が甘くておいしかったので、安心して(笑)実家の隣のおばちゃんに届けました。とても喜んでくれました(*^▽^*)

 Img_7008 今日はまず、素焼きの花器に初秋の香りがする白の小菊と夏の名残を残す濃いピンク色のケイトウを挿しましたが、ちょっと物足りなさを感じたので、そこに大きな池周辺で見つけた真っ赤な実のついた野バラの枯れ枝を挿したらとても秋が深まりつつある今の季節に似合う作品に仕上がりました(^O^)/

2021年8月31日 (火)

ブルーベリージャム

 Img_6581 ゆめこ専用花畑には3本のブルーベリーの木があります。義母が植えていたので樹齢?何年かはわかりませんが・・・。ゆめこがこの畑の管理を義母から譲り受けて、今日でちょうど4年です(2017年8月31日の記事に詳しく書いていますよ)

Img_6575 その時から、毎年ほとんど収穫するほどの実はつきませんでした。ところが、なぜか、今年はたくさんの大きな実が付くので、熟したものを夫が収穫してくれていました。それで、そのたびに冷凍していたものが結構な量になったので、ジャムにしました。とても、おいしいジャムになってくれましたので、ヨーグルトにかけて早速いただきました。おいしかったですよ(*´艸`*)

酸味は裏山で採れた酢ミカンを使いました(*^▽^*)

 Img_6534 今日は、ゆめこ専用花畑で数少ない花材を使った作品です。ヤハズガヤに穂が出てきたので、道の駅で買った久留米ケイトウと組み合わせました。いつもなら、ゆめこ専用花畑には秋桜や久留米ケイトウなどが花盛りなのですが・・・。「また、数年後には今まで以上にたくさんの花が咲くように!」との思いをこめて、また明日からせっせと草むしりをしようと思います!(^^)!

2021年8月15日 (日)

栗ご飯

 Img_6370 今日はお盆の最後の日で、ご先祖様をお見送りする日です。今日は4日間続いた大雨が小休止したので、夫が裏山の様子を見に行ったついでにまだ小さな白っぽい栗を数個拾ってきました。「わあ、もうちょっとあれば、ご先祖様に栗ご飯が供Img_6375 えられる」というと、「じゃあ、もっと拾って来よう」といって拾ってきてくれました。これらは、小さいのに皮はとても分厚いので、渋皮まで剥くと、ゆめこの手のひらに乗る程度の量になりました!それでも、ご先祖様にお供えするくらいは焚けましたので、お膳と一緒にお供えしました。きっと喜んでいただけたと思います(*'▽')

 2020年11月23日『暖かくなったらね』に書いた、隣家のおじさんの初盆で、おばちゃんが自宅に帰ってきたので、お参りに行きました。1年ぶりの再会でしたが、90歳になったおばちゃんは相変わらずお洒落できれいでした!「あんな風に年を重ねたい!」と心から思ったゆめこです。

Img_6333 ところで今日の花は、おじさんの初盆なので白い花を中心にしたフラワーアレンジメントです。おばちゃんは「わぁ、きれいねえ。お父さんが喜びようやろ💛」といって、おじさんの遺影の横に飾らせてくれました。また、いつか元気でおしゃれなおばちゃんに会える日を楽しみにしています(*^^*)

 

 

2021年8月 9日 (月)

隠し味

 Img_6216 Img_6230 帰国して数日たったら、夫の作る【アンディ特製カレー】が食べたくなりました!それで早速、夫にお願いして作ってもらいました。【アンディ特製カレー】はスープカレーなので、少しのご飯にたっぷりかけて食べるのが一番おいしいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

口に入れた瞬間は甘いのですが、後からジワジワ~ッと辛さがしみてくるのです。とてもおいしいので、ファンが多いのですが、今回のお客様はゆめこひとりということで(*´艸`*)

この甘さの秘密は、”いちごジャム”です。今回は二人で食べる分くらいしか作らなかったのですが、いちごジャムを一瓶使ってしまいました(*'▽')

Img_6237いっただきま~す💛

2021年8月 2日 (月)

だし巻き卵サンド

 Img_6173 昨日のブログで、予告しましたように、今日のランチは”だし巻き卵サンド”でした。片づけが楽なので、ワンディッシュにしようとしたところ、生野菜の水分がジワジワと”だし巻き卵サンド”に迫ってきたので、慌てて野菜をアルミ箔で包みました(笑)と~ってもおいしかったですよ!せっかくなので、レシピをご紹介しましょう。高齢者夫婦2人分です(笑)

1、食パン2枚に薄くバターを塗って軽くトースターで焼きます。

2、ボウルに卵2個、マヨネーズ小さじ山盛り1、砂糖大さじ1/2、白だし小さじ1を入れてよく混ぜ合わせます。

3、薄くオリーブオイルを引いて熱した卵焼き機に2を適量流し込み、少し固まったら端から折り曲げていき、2がなくなるまで、焦がさないように焼きます。

Img_6067 4、1にマヨネーズとお好みでからしを薄く塗る。

5、3をパンにはさみやすい大きさに切る。

6、4に5をはさんで、軽く押し、半分にカットする。

7,お皿に盛り付けて出来上がり(^O^)/

 カラフルなランチの画像には、カラフルなアスターの作品が似合います(*^^*)

2021年8月 1日 (日)

ふっくら

 Img_6153 数日前に、なぜかうまく焼けなかった食パンの画像をアップしましたが、今回は、ちゃんとふっくらした食パンが焼きあがりました!ゆめこは、もちもち感のある食パンが好きなので、いつも”ご飯食パン”を焼くのですが、前回は多分、冷ご飯の分量が少なかったのが、ふっくら焼きあがらなかった原因だと思います!そして、この分は次男に持たせて、うまく焼けたのが嬉しかったので、もう一個焼きました!それは、明日のランチに使う予定でございます(*´艸`*)

ゆめこは”だし巻き卵サンドイッチ”にはまっているので、多分、明日のランチは”だし巻き卵サンドイッチ”になることでしょう(*'▽')

 Img_6146 今日はふっくら焼きあがったご飯食パンの話題だったので、再来年はジャムが作れるかも?という期待を込めて、ワイルドベリーの葉と実を使った小さな作品の画像をアップします。まだまだ、自宅待機期間が終了していないので、家中に飾る作品の材料を庭やゆめこ専用花畑で採集します。裏山で拾った青い栗のイガを花留めに使い、ワイルドベリーの葉と実はゆめこ専用花畑でから採ってきました。このワイルドベリーの繁殖力はすさまじく、たった一株が、かなりの面積を占めていたので、むしりとったのですがよくよく見ると小さな小さな実がなっていました。帰国してから、本格的に育てればきっとジャムが作れるくらいの大きな実が育つと思います!(^^)!

より以前の記事一覧