フォト
無料ブログはココログ

文化・芸術

2020年7月13日 (月)

第2ステージ

 Img_2681 おとといの昼頃、K先生から「アダム先生がお抹茶が好きなので、そちらで点てさせていただいてよいですか?」といった内容のラインが来ました。「BBQの後に格調高くティーセレモニーで締めくくるなんて、めったにないよね」とImg_2667 夫に言いながら、普段はサイドボードの奥深くに眠っている抹茶茶碗を引っ張り出して準備をしました。庭の鹿威しも初お披露目をの機会ができました!左の画像は、お抹茶の準備をしているK先生です。お茶菓子はK先生のお手製です!右の画像は我が家にある抹茶のお道具です(*^-^*)

 Img_2687 そして、みんなでおいしいお抹茶をいただきながらおしゃべりで盛り上がりました。ゆめこの後ろは愛猫家の次男です。その後ろはS中学校のM先生です。アダム先生と一緒にS中学校で生徒たちに英語を教えてくれています。

 Img_2690 最後は、I先生(ゆめこの英会話の先生&アダムの日本語の先生)の厳しいご指導のもと、とても日本語が堪能になったアダム先生の”スピーチ”で締めくくられました。今までのBBQパーティとは一味違った、格調高いお別れパーティーでした❣

 帰国後のアダム先生のこれからの活躍に期待していますよ(^^)v

2020年7月11日 (土)

ポーズをとって♡

 Img_2665 昨日、アップした集合写真を写した後に、バレエ生二人に「ちょっと、写真を撮りたいからポーズをとってくれる?」とお願いしたら、こんな風に素敵なポーズをとってくれました。ゆめこも20年以上前にボランティアで何度かバレエ公演をお手伝いしたことがありますが、その時は数十人の子どもたちのお世話で、ゆっくり話をする機会はありませんでしたが、今回は、本校の生徒なので、ちょっとだけおしゃべりをすることができました。Aさんとはロシアに留学中ですので、ゆめこが唯一知っているロシア語の「スパシーバ(ありがとう)」にまつわるエピソードを、Kさんとは4年前の美しい香港の話をして楽しかったです。二人とも世界の大舞台で活躍してほしいと願っています(*^-^*)

 Img_2634 今日の花は、つま先から手の指先まで、いつも気を付けて姿勢を整えているバレエ生たちのイメージの作品です。ガラスの花器の底に詰め込んだ真っ赤なヒペリカムが花留めの役割と花時の切り口を隠す役割をしています。シルバーのエリンジウムは葉の先端までピンと伸ばして、ピンク色のトルコキキョウを引き立てています。今日のバレエ生たちのイメージと重なりませんか(^^)v

2020年7月10日 (金)

できました!

 Img_2657 ゆめこ先生が勤務する通信制高校は6月から通常通りの学校生活が始まりました。そして同時に、スクール生(平日10時~15時に登校する生徒)とバレエ生(詳しくは後日説明いたします)を対象に”手縫いマスク作り”を始めました。最終的な締め切りはまだ先ですが、前期の授業が今日までだったので、完成した生徒たちは手作りマスクを着用して、製作途中の生徒は自前のマスクを着用して記念写真を撮りました❕みんなとImg_2028_20200710223401 ても良い笑顔ですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 昨夜、ブログを読んだ夫から「いい笑顔だろうけど、これだけマスクとハートで隠れていたら全然わからないね」とつっこまれてしまいました。なるほど、そうですね(笑)ちなみに右側がゆめこ先生が製作したサンプルです!

 Img_2444 今日の画像は生徒たちの集合写真なので、今日も花たちの集合写真の画像をアップすることにします。梅雨に入り、毎日が土砂降りで気温は高く湿度も高いので切り花はすぐにダメになってしまいます。由あんどガーデンの花ばかりでは、パターン化してしまうというより、どう変化を持たせるかが課題になってきていたのですが・・・。昨日、近所のスーパーに行ったら面白い花材が手に入ったので、色々な作品を生けました。その時に出てしまった短くカットした花材を黒いガラス器に挿し、ちょっと大人っぽいフラワーアレンジメントを作ってみました。花材は白とピンク色のトルコキキョウ、赤とピンク色のミニバラ、ルリタマアザミ、エリンジウムです(*^▽^*)

 

 

2020年7月 9日 (木)

ソーシャルディスタンス

 Img_2620 4月末から5月初めまでの【ステイホーム週間】の時に、夫と二人で毎日、ゆめこ専用花畑を改装したことはお伝えしました。その時に、夏から秋にかけて次々に花が咲くように計画を立てて球根や種や苗を買い、開花時期を確認して植えました。ところが、なんということでしょう❕今の由あんどガーデンにはユリグラジオラスひまわりケイトウ秋桜も一斉に咲いています。それで、ギガンチュームが終わって空いたスペースに、八重の小ぶりのひまわり(黄色の矢印)と普通の?秋に咲くらしい秋桜の種(ピンクの矢印)をまいたら3日目くらいから芽が出てきました。ちゃんとソーシャルディスタンスを保っていますよ(≧▽≦)

 Img_2504 今日の花は、しっかり密集して仲良く一つの作品に仕上がったフラワーアレンジメントです。もちろん全部、由あんどガーデンで採れた、ミニひまわり、八重咲秋桜、ヒペリカム、タカラズカ、アップルゼラニウムです。アッ!ピンクのミニバラは買ってきたものでした(笑)こんな風にみんなで集まって仲良くくっついて楽しい時間を過ごせる日が一日でも早く訪れますように(*'▽')

2020年7月 5日 (日)

新種じゃなかった😞

 Img_2548 数日前に”ハイゴケ”に花が咲いたのかな?といった内容の記事をアップしましたが、残念ながらハイゴケの花ではありませんでした。夫は「新種かもしれないよ!」と張り切っていましたが(笑)夫は、珍しい植物をゆめこが見つけるたびに「新種かもしれない」と張り切るのですが、今回も不発でした(爆笑)記事をアップした日から毎日、花?を観察していたら、翌々日にグーンと茎が伸びてきて、オレンジ色の傘の真中に赤いポッチが現れて、待ち針程度の大きさですが立派なキノコの様相を呈していたので、「これはキノコだ!」と判断を下しました。どうぞ、左の画像でご確認くださいませ(*^-^*)

 Dscn4755 今日は、小さなキノコの話題だったので、またまた小さな作品の画像をアップすることにしました。これは、”タカラズカ”の花びらだけを小さなデザートグラスに浮かべたものです。”タカラズカ”はほっておくと?とても茂って大きな木になってしまうのですが、花は小さくてすぐに花弁がとれてしまいます。だから《取り扱い注意》の花ですが、紫が鮮やかなので、やっぱり生花やアレンジメントなどに使ってしまいます。これは、多分、フラワーアレンジメントを作っていた時に落ちてしまったものだと思います。器に半分くらいの水を入れ、花と花弁を浮かべただけですが、気に入った位置に置くためにピンセットを使って、かなり時間をかけたのですよ!でも、一晩経ったら、花弁がだめになってしまうので、ほんの数時間しか鑑賞できません。とてもシンプルな作品なので、敷物は選びました!ベトナム刺繍の可愛いデザインでしょ(*'▽')

2020年7月 4日 (土)

赤ちゃんの…(笑)

 Img_2433 10日に来客の予定なので、夫婦で庭や裏山の草刈りや手入れを頑張っています。それは、仕事と雨の間にするのでなかなか思うように進みませんでしたが、何とか、9割くらいは完了しました。ゆめこは、庭の草取りが中心でしたが、夫は庭木の剪定と裏山の草刈りでした。そして、ほぼジャングルになりかけていた裏山もすっかりきれいになりました!お疲れ様です💛その時、「栗の花が枯れ落ちてしまったら、とても小さな栗の実がなっているよ!」とのことだったので、すぐに裏山に行って撮影しました。本当に栗の赤ちゃんがたくさん枝にくっついていました。実りの秋が楽しみです(*^▽^*)

 Img_2529 今日は、栗の赤ちゃん?の話題でした。もちろん、あかちゃんでも立派なイガイガに包まれています。そこで今日の作品は、夫が庭木の剪定をしたときに、大量に出てきた松の木の新芽とヒペリカムで生けた作品です。松といえば、おめでたい席やお正月の松竹梅で生けるくらいですが、青々とした新芽を捨ててしまうのはもったいなかったので、小さなガラスの器にびっしりと詰めて花止めにも使いました。濃い緑に真っ赤なヒペリカムの実を高さやボリュームに変化をつけて生けてみました(*^-^*)

2020年7月 3日 (金)

愛人

 Img_2475 毎週木曜日は英会話のレッスンのために片道1時間かけてI市にあるI先生のご自宅に通っています。その時に、とても気になる看板というか閉鎖した店舗があります。店舗名は【愛人堂薬局】です。初めて見た時には「え~っ!」と思わず、愛車を運転しながら大きな声を出してしまいました!それ以来、この旧薬局が気になって仕方がありませんでした。と、いうのもこの近くにはあの有名な明治の歌人『柳原白蓮』の元夫で、筑豊の炭鉱王『伊藤伝衛門』邸があるのです。林真理子氏の『白蓮れんれん』を読まれた方はお分かりになると思いますImg_2473 が・・・(笑)ところが、そのことをI先生に伝えると中国語にも詳しい先生が「あそこは漢方薬のお店で、中国語の”愛人というのは妻や夫、恋人のこと。一番愛する人のことを言うのよ。だから、あの店名は『愛する人の健康を守ります』っていう意味があるのよ」と教えてくれました。その話を聞いて「そうだったんだ!」と、とても感動したゆめこでした(#^^#)

 Dscn4738 今日の花は、ゆめこたちが前に住んでいた家の隣に住んでいる高齢ご夫婦のおじさんが貧血で数日間入院して、先日、無事に退院されたので、ゆめこが快気祝いに作ってプレゼントしたフラワーアレンジメントです。なんとおじさんは93歳、おばさんは89歳ですが、とても仲良く二人で暮らしています。花材はミニバラ以外は全部、由あんどガーデンで採集したものです。今日の話題は愛人=一番愛する人なので、この作品がぴったりだと思い、アップしました(*^-^*)

2020年7月 2日 (木)

花?

 Img_2493
昨日の話題は我が家の庭のスギゴケでしたが、今日はハイゴケの話題です。ハイゴケもゆめこの好きな苔の種類です。鮮やかな黄緑色で小さなデンファレ(シダの一種)のような形をしています。また、湿地を好むので当たり前ですがいつも湿った状態なので、光沢もあり艶やかです。今日は池の周辺の草取りを完了させ、夫が池にImg_2490 落ちる小さな人工の滝(笑)の修理をしている時に、池の横の平皿に自生しているハイゴケを見ると、なんと!オレンジ色の小さな点のようなものが3つ並んでいたのでこれはハイゴケの花だ!」と思って撮影しました。ところがハイゴケの特徴を調べても「花はありません」と記述されていました。ではこれは何でしょう❓❓(;^ω^)

右の画像はその中の1つをアップしたものです(*^-^*)

 では、今日は”オレンジ色の花”つながりということで、オレンジ色のミニバラの作品の画像をアップしましDscn4749
た。手順は以下の通りです。

①ワイングラスを一つ準備します。

②適量のビー玉をワイングラスに入れます。ビー玉は花の色や形に合わせて大きさやカラーを選びます。今回はブルー系の大小のビー玉です。

③グラスの中央にグラスの淵よりも少し短めにカットしたバラを一輪まっすぐに立てます。ビー玉でしっかりと固定させてください。

④最後にバラの茎が浸る程度の水を静かに注いで出来上がりです💛

 こんな風に書いたら、まるで料理のレシピですね(≧▽≦)

2020年7月 1日 (水)

杉苔(スギゴケ)

 Img_2432 我が家は、築40年以上の純日本家屋です。庭も純和風です。だから、庭にはたくさんの苔が生えています。そしてゆめこはこの苔むした庭が大好きなのです。苔にはたくさんの種類がありますが、その中でもゆめこが好きなスギゴケがたくさん生えているのが庭の池周辺です。このスギゴケを増やしていきたいと思って色々調べていますが、一番の敵は雑草とのことですので、草むしりを頑張ったところ少しずつ増えてきてImg_2451 るような気がします。また、スギナの親のような植物はトクサです。シダの一種ですが、これもゆめこの好きな植物ですので、このトクサも増えてほしいと思って、これからも庭の草むしりを頑張っていこうと思います。右の画像は、以前、池だったところに群生しているスギゴケです(*^^)v

 Photo_20200701223401 今日の花は、玄関前の梅の古木の根元に生えているオレンジ色のモントブレチアとゼラニウムの組み合わせです。スッと直線的なモントブレチアの葉と茎をゼラニウムの葉で包むようにして、透き通ったガラスの中がきれいに見えるようにしました(*^-^*)

 

2020年6月30日 (火)

ブレックファースト

 Img_2425 ゆめこは「サンドイッチが食べたいなぁ」と思ったら、まず、ホームベーカリーで食パンを焼きます。次男がおなかに入る前だから、30数年前には、自分で粉をこねて発酵させてオーブンで焼いては、幼い長男と「おいしいね~💛」といいながら、ほぼ毎日、焼き立てパンを優雅に食べていたのですが…(笑)それから、3人の男の子の母親になり、子育てや仕事で、多忙な数十年が経ちました。そして、「おいしい焼き立てパンが食べたいなぁ」と思っても、ゆめこ好みのパン屋さんは、はるか遠くの都市部にしかないので、夫のラジコン仲間の電気屋さんからホームベーカリーを買いました。以来、3年間、おいしいパンには不自由していません(*´艸`*)

今回のサンドイッチの具はスライスハムとだし巻き卵と由あんどガーデンで朝採りしたキュウリです。もちろん、つけ合わせのパセリとスイートバジルも朝採りしました。残念なのは真っ赤なアイコトマトを添えるのを忘れていたことです。でも、久しぶりにおしゃれなブレックファースト・タイムを楽しみました(*^-^*)

 Img_2441 今日はブレックファーストにお似合いのフラワーアレンジメントの画像です。これは、自宅前の奥さんが、ベゴニアやポーラチュカの苗を分けてくれたので、お礼に由あんどガーデンに咲いているミニひまわりやヒペリカム、ハーブなどを中心にピンクのミニバラと白に紫色の縁取りのシックなトルコキキョウで作ったフラワーアレンジメントをプレゼントしました。とっても喜んでいただいたので、ゆめこもうれしかったです(*^▽^*)

より以前の記事一覧