フォト
無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年1月22日 (月)

ORIGAMI

 Dscn18572014年にフランスのマルマンドでF4世界選手権大会が開催されました。チームマネージャーの夫のアシスタントとしてゆめこも参加して10日間滞在しました。その間に、夫たちが出場している時間はチーム総出で応援をしますが、それ以外の時間は、ゆめこ達女性陣は(とは言っても2人でしたが)日本チームのブースで‟ORIGAMI”教室をしていました。色々準備したのですが、訪れる方たちはみんな、ORIDURU(折鶴)をリクエストするので、約700羽のORIDURUが世界中に羽ばたきました。そして、今年はスイスのマイリンゲンで世界選手権大会が開催されるので、今回は動きがあるものが良いのでは?と思いKOMA(駒)の折り方を折り紙名人の3年生女子Mちゃんに図書室で教えてもらっていますo(*^▽^*)o

 Dscn2052今日はグラジオラスとコデマリの生花です。どちらもまだ、固いつぼみですが、窓から差し込む小春日和のおひさまの暖かさで生けている間に少しずつほころんできました。コデマリは流線を描くこの枝の形が気に入って購入しました。真っすぐに上に伸びていくグラジオラスと緩やかな弧を描くコデマリの組み合わせがシンプルですが面白い動きを見せてくれていると思いますがいかがですか(*^-^)

2018年1月21日 (日)

今夜は鍋です♡

 Dscn1849三男のガールフレンドSちゃんが、春休みにクアラルンプールに旅行に行くとの事で、昨夜、夫にチケットやホテルの手配をお願いしてきました。「航空券の予約は一日でも早い方が良いよ!」というゆめこのアドバイスを素直に聞いて、今夜、パスポートを持って我が家にやって来ました。夫は喜んで、昨日から一生懸命探していましたが、本当に時間との戦いのように価格が上がっています。やっと、航空券とホテルの予約と支払いが完了したので、3人で鍋を食べました。本当に女の子が来てくれると我が家は一気に華やかになります。Sちゃん、また、遊びに来てねヽ(´▽`)/

 Dscn2080今日は、Sちゃんが来てくれたので、華やかで楽しい夕食になりました。そこで、そんな楽しいディナータイムのイメージの花の画像を選んでみました。このピンク色のカーネーションは、カーネーション・プードルの練習用に買ったのですが、その前に、モンステラと合わせて楽しい雰囲気の自由花を生けてみました。アクセントに真っ赤なミニカーネーションを3本入れたことで、全体を引き締めてくれました(*゚▽゚)ノ

2018年1月20日 (土)

冬の赤

 Dscn1848冬場は、どうしても切り花の種類が限られてきます(輸入品は別ですが)。このブログでも以前、記事にしたように、赤い実がつくものを冬の花の彩として使うことが多いようです。そんな園芸種はもちろんですが、冬の野山も、ほとんどが茶系統になってしまっています!その中で、真冬でも濃い緑色の葉と真っ赤な実がなる‟フユイチゴ”はとても、目を引きます。ところが、ゆめこは昨年の冬に、その赤さと可愛らしさに惹かれてたくさん採取してイチゴジャムを作ったのですが、あまりの酸っぱさに閉口しました!あまりジャムには向いていないように感じました(=´Д`=)ゞ

 Photo_2♫咲いた 咲いた チューリップの花が 並んだ~  並んだ~ 赤  白  黄色♪と歌うけど、一般的にはピンク色がたくさん流通しているように感じます(あくまで、ゆめこ目線なので、つっこまないように!)そこで、今日は、歌のように赤いチューリップを3本並べて生けました。そして、グリーン材はルスカスをつかいました。チューリップは横に並んだので、ルスカスは太陽に向かって新芽が伸びているようなイメージで生けてみました(*^.^*)

2018年1月19日 (金)

おせち

 Dscn1841今月の図書室のディスプレイです。先月のクリスマス・ディスプレイも心がほんわり温かくなりましたが、今月の‟おせち”は思わず「ワ~! ステキ♡」と歓声をあげました。重箱の中には大きな伊勢海老がドーンと真ん中に陣取って、周りに黒豆やかまぼこ、昆布巻きなどおせち料理の定番がぎっしりと詰まっています。これらがすべて、折り紙でできているなんて信じられませんね!お箸袋や折り鶴、繭花飾りも雰囲気を盛り上げています。もちろん、図書室なので、お勧めの絵本もお正月にふさわしい本を選ばれていますね(*^-^)

 Dscn1964_2おせち料理が、とてもカラフルなので、今日はモノトーンの自由花の画像を選びました。裏山で採集したカズラを無造作に束ねて横に広げ、背の高い木の枝をまっすぐに立て、その中心を斜めに区切るように杉の皮を配置しました。無機質な組み合わせに開き始めたカサブランカを無造作に置くことで、命が吹き込まれたようになりました(*^-^)

2018年1月18日 (木)

大きくなったね!

 Photoこれは、昨年12月のセイロンベンケイソウです。昨日の画像でアップした葉っぱから出た一株が、こんなに丈夫に大きく育ちました!この葉は、宮崎県の道の駅で買った時の大きさとほぼ同じか、もう一回り大きいかもしれません。これを袋詰めにして5枚350円で販売したら売れるでしょうか(笑)これは3年生男子の植木鉢ですが、教室には、あと、5鉢あるんですよ!教室には、他にもポトス・ライム、サンスベリアとなぜか花が咲かないカランコエなどが、所狭しと並んでいます。彼らが卒業する時には、記念にプレゼントする予定です(o^-^o)

 Dscn2030今日の花は、チューリップの生花です。ゆめこ御用達の花屋さんの長いお正月休みが終わったのは、大雪の日でした。「こんな日に、お店を開けるかな~?」と思いながら「閉まっていたら、他の店に行けばいいよ!」という、夫の言葉に背中を押されて行ったところ、大勢のお客さんで、おばさんはてんてこ舞いしていました。この真っ赤なチューリップが可愛かったので5本買いました(*゚▽゚)ノ

2018年1月17日 (水)

葉っぱから!

 Dscn9478これは、昨年8月の画像です。その一ヶ月月前に、ラジコン飛行機の勉強会で宮崎県都城市に行った帰り道に寄った道の駅で「葉っぱから芽が出ます」という不思議な植物を発見しました!「どんな風に芽が出るのだろう?」とあれこれ想像しながら、5枚で350円くらいだったので買って帰りました。説明書に書いていた通りにこの葉っぱを水に浮かべていたら、こんな風に芽が出てきました!この植物の名前は‟セイロンベンケイソウ”またの名を‟ハカラメ(葉から芽)”ストレートなネーミングですね!ちなみにこの画像は、勤務先の教室で子どもたちがそれぞれ育てているセイロンベンケイソウです。これは、3年男子の葉っぱです(*゚▽゚)ノ

 Dscn2017_2今日の花は、花の女王とも呼ばれるカトレアです。一輪でも素晴らしい存在感がありますね。主役を支えるグリーンは大きな一枚葉を2枚、表と裏を重ねて生けました。これはモンステラの種類でしょうか?そして、仕上げに、白く着色した、細めのカズラをからませています。ちょうど大雪の日だったので、雪の中に花を生けるイメージで、ガラス製の白い花瓶を選び、剣山が見えないように、万年青の葉で包みましたが、剣山を安定させるのに、一番時間がかかりました(*´v゚*)ゞ

2018年1月16日 (火)

危険です⁉

 Dscn1813JRの線路が、夫の実家近くを通っています。この画像は、そのガード下から撮影したものです。この氷柱は今にも突き刺さって来そうな勢いがありますね。このとげとげしさで思い出したのが、今朝の3年生男子A君との会話です。彼は世界的ミュージシャンを目指して音楽系の高校への進路が決定しているのですが、朝から暗い顔をして渡り廊下を歩いていたので「どうしたの?」と聞くと「学校が嫌いなんです!来たくないんです!」と暗い声で答えました。そこで「アハハ!私も一緒!学校大嫌い!でも、もう少しの我慢じゃないの。第一志望の学校に進学が決まったし、明るい未来が待ってるよ!がんばれ!」と答えました。驚いた顔の彼に「嫌な事やたくさん悩むことが、いい音楽を生み出す原動力になると思うよ。がんばれ!」と心の中で応援しました。このストレートなとげとげしさが青春ですね(*^-^)

 Dscn1793雪景色の最後は、さわやかな青空をバックにして梅の木に真っ白な梅の花が満開かと錯覚するような画像を選びました。本当の梅の花はまだ固くて青いつぼみの中で、花開く日を待っていますが、一足早く、この日の大雪がどっさり白い花を咲かせてくれました。大雪の中でも、時々は青空が顔をのぞかせる不思議な一日でしたので、こんな風に見事な青と白のコントラストの瞬間が撮影できたのはラッキーだったと思いますo(*^▽^*)o

2018年1月15日 (月)

雪景色(英彦山川)

 Dscn1820夫の実家の近くを流れる英彦山川の雪景色です。川に転がっている大小の石の上にまるでベレー帽のように純白の雪が乗っています。川向うにあるのは雪の重みでしだれ柳のようになっていまった川淡竹(ハチク)の林です。ここは、ホタルの鑑賞地で、あと数か月もすれば、この辺りは、蛍が飛び交い始めます。しだれ柳のような川淡竹の林は蛍のお宿になります。この雪も、川の水を美しく保つために一役買ってくれているような気がしますヽ(´▽`)/

 Dscn1803この画像は、去年の暮れから度々、登場している夫の実家の庭にある万両(マンリョウ)です。赤と緑に雪と揃えばクリスマスカラーですが、もう、年が明けて二週間経ちました。早いですね。昔から1月は行く。2月は逃げる。三月は去る。といわれていますが、本当に、日々の流れは早いですね。ところで、お正月の生け花には万両よりも千両の方がよく使われます。ゆめこも玄関に飾った松竹梅には千両を使いました。万両の実は数も多く粒も大きいので縁起も倍以上良さそうなのですが、画像のように下向きに実がなるので、使いにくいのが原因かもしれませんね(*^.^*)

2018年1月13日 (土)

雪景色(田んぼ)

 Dscn1815金曜日は、義母の通院日です。普段は夫が病院まで送り届け、帰りは義姉が迎えに行き、昼食や買い物などを一緒にして、家まで送って帰るという日程ですが、この日は、大雪で、義姉が車を出せない事と、ゆめこが振替休日だったので、夫と一緒にほぼ一日、義母と過ごしました。病院の送迎や三人そろってファミリーレストランでのランチタイム、スーパーマーケットでの買い物など、義母は結構楽しそうでした!義母を送り届けた後に、ふと見ると、稲刈りが終わった田んぼが一面の雪景色だったので、いつもと違う風景に夢中でシャッターを切りました。この日の移動は、もちろん、チェーンを巻いた夫のモビリオでした(o^-^o)

 Dscn1781今日も、寒さは厳しいのですが、雪はほとんど溶けてしまいました。来週からは、温かくなるそうですので、せっかく写した雪景色の中の花の画像をアップしようと思います。今日は、我が家の外階段にあるプランターのガーデンシクラメンです。毎年、夏場は水やりもしないのに冬になると花を咲かせる根性ものですが、夏の暑さだけでなく、冬の大雪の下でも元気にがんばっています!シクラメンの下で、雪に埋もれながら頑張っているのは、魔除けのシーサーです。沖縄生まれなのに、雪にも負けずに頑張ってくれています(*゚▽゚)ノ

2018年1月12日 (金)

蛇口から・・・

 Dscn1833「こちらは町役場水道課です。この冬最大の寒波がきます。そこで、大雪と厳しい寒さが予想されますので、水道管の破裂などに備えてください」との町内放送が昨日の夕方に流れてきました。数年前に、水道の蛇口を緩め忘れて、水道管が凍り、朝から水が出なくて大騒ぎだった苦い経験から、昨夜もしっかり台所も洗面所もお風呂も蛇口を緩めて少量の水を流していました。そして、花育教室の蛇口も!とちゃんと備えをしていたつもりだったのですが、さっき、花育教室に行ってみたら、こんな風に蛇口から氷柱(つらら)がぶら下がっていました。初めての体験です!!(゚ロ゚屮)

 Dscn1916今日の花は、欅(けやき)の板にカサブランカの花とつぼみをあしらっただけのとてもシンプルな作品です。この欅はもともとテーブルができるくらいの大きさがある一枚板だったのですが、コンクールに出展する作品の規定サイズよりオーバーした部分を切ったものです。何年間も風雨にさらされて、とても味のある素材になりました。とても、表現力のある花材なので、清楚なカサブランカを花とつぼみに分けて2か所に配置しました。大地から新芽が伸びて花開いたような、春の訪れを予感させる雰囲気の作品にしあがりました(◎´∀`)ノ

より以前の記事一覧