フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2020年9月26日 (土)

大きな池の秋

 Dscn5428 Dscn5442 久しぶりに”大きな池”に行きました。夫が作ったオリジナル水上飛行機の撮影のためです。停止状態のものであれば、何とか夫が気に入る程度の撮影ができるようになったのですが、ラジコン飛行機が空を飛んでいる場面や離水と着水の瞬間を普通のデジカメで撮影Dscn5432 するのは至難の業す!!!「あーして、こーして」と夫が説明する意味はちゃんと理解できるのですが、テクニックが全く追い付かず(´;ω;`)ウッ…早朝に起床して、約1時間かけて大きな池に到着し、撮影のために、立ったり座ったりしゃがんだり、草の上に座り込んだり、土手を下ったり上がったり・・・と普段使わない筋肉を使って、疲労困憊のゆめこです。でも、しっかり、大きな池Dscn5445 Dscn5438 の秋の風景は撮影してきたのでランダムにアップします(*'▽')

2020年9月 9日 (水)

キンデルダイク

 Dscn1789_20200909210801 Dscn1740 そういえば、一昨日にアップした”ルンゲン湖”の数日前にやはり、パソコンの待ち受け画面にオランダの”キンデルダイク”の画像が出ていたのを思い出しました。その時は、「あ~懐かしいなぁ」と思っただけでしたが、一昨日、昨日とスイスの思い出の画像をアップしたので、今日はキンデルダイクの記事をアップすることにしました。この時は7月だというのに大きな台風が過ぎ去った後だったらしく、とても寒かったのを覚えています。ここでは遊覧船に乗って観光したのですが、川紙から吹き付ける冷たい風に体が冷え切ったので、船を降りた後に岸辺のカフェで熱いトマトスープを飲んで一息ついたのを覚えています。左の画像は遊覧船の上から撮影した画像です。

 Dscn1772_20200909212301 Dscn1751 右の画像で水車小屋の下に座っているおじさんと比べると水車小屋の大きさがお分かりいただけると思います。ゆめこたちもここにきて実物の水車小屋を見るまではこんなに大きい建物だとは思っていなかったのでビックリしました。もう一枚は内部の様子です。1階から2階に上がっているところですが、この水車小屋は3階建てになっていました。とても大きな建物で、10人くらいの家族が暮らしていたようです。そして、キンデルダイクの水車小屋は今でも一部分をのぞいて個人の所有物なのですが、今は左上の画像のように水車小屋の横に住宅を建てていてそこで暮らしているようです。洗濯物などが干されていて、生活感があふれている水車小屋もありました(*^-^*)

2020年9月 8日 (火)

カペル橋

 Dscn6435 昨日は大変な間違いをいたしまして😨申し訳ありませんでした!ということで(笑)今日は、カペル橋の画像をアップすることにしました。カペル橋はルツェルンを流れるロイス川にかかる木造の橋で1333年に建造されたということで、ヨーロッパで最古の木造橋だそうです。毎回、夫のアシスタントで℉4世界選手権大会に参加する時には夫から「観光旅行じゃないんだからね」と、くぎを刺されるのですが、この橋だけは観てみたかったので、とても嬉しかったです。左側は美しい橋とは全く似つかわしくない(笑)世界選手権大会出場選手のおじさんたちが、コインパーキングの前で、使い方を「あーでもない。こーでもない」と話し合っている時の画像です。

 Dscn6445 Dscn6437 Dscn6446 その後、安心してゆっくりとルツェルンの街並みとカペル橋の観光を楽しみました。橋の中ほどにあるこの塔(左の画像)は、今はお土産などの売店になっていますが、当時は刑務所や拷問部屋として使用されていたそうです。今はこんな美しい橋なのですが、壮絶な歴史があるのですね。梁の上にはルツェルンの歴史画が展示されています。

 橋の両側にはプランターにあふれるほど咲き誇った花々が飾られてとても美Dsc00106 Dscn6445 しいです。花が大好きなゆめこといたしましては、スイスを訪れてこの風景を見ずには帰れません!橋の上から見える景色の向かって左側がルツェルンの古い街並みで、右側が新しい街並みです。

Dscn6449Dscn6452 左下の画像は古い街並みの一部分ですが、ゆめこが一番美しいと感じた建物です。また、カペル橋の下を流れるロイス川には、観光客から投げてもらえる餌を目当てにたくさんの水鳥たちが集まってきています。(*^▽^*)

2020年9月 7日 (月)

ルンゲン湖

 台風10号はたくさんの爪痕を残して過ぎ去りました。被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 Photo_20200907215501
昨日と今日は、一日中、家で過ごしていたので、パソコンを何度も見る機会がありました。そしてそのたびに待ち受け画面に見覚えのある風景が出てくるのです!3回目くらいに「アッ!ここはスイスだ!」と思って確認したらビンゴでした。確かここはベルンの帰り道に「きれいな場所だから写真を撮ろう!」と車を停めてラジコン大好きおじさんたちと一緒に写真撮影タイムを楽しんだ場所でした。左の画像の湖が”ルンゲン湖”という有名な観光地だということは、今日初めて知りました(*^▽^*)

 Dscn6286 Dscn6317

 

これは2018年7月にスイス・マイリンゲンで開催されたF4世界選手権大会にチームマネージャーの夫のアシスタントとして参加した時のスナップです。14日間の期間中に1日だけ空き時間ができたので、みんなで「有名なベルンの旧市街に行ってみよDscn6310
Dscn6284
う!
」ということで出かけた帰りに見つけた場所です。せっかくなので、ベルンの街並みの画像をアップします。

 

 ゆめこは以前もブログでお伝えしたことがありますが、訪れた国や地域の小さなクマのぬいぐるみを買って帰るのですが、ここでもDscn6328 A ベルンのマークが入ったクマのぬいぐるみを買いました。左下の画像でDscn5224
す。その時は、まだ中学校の家庭科の先生だったので、もちろん被服の授業で生徒たちに見せるための民族衣装の写真も撮りました。いつもなら、子供用の民族衣装を購入するのですが、とっても高価だったので・・・スイスは物価がとても高いです(´;ω;`)ウッ…でも、とってもかわいいでしょ。アルプスの少女ハイジみたいです(*´艸`*)

ところが!ゆめこはブログをアップした後に必ず夫からチェックをしてもらうのですが、なんと😨【ルンゲン湖】を見たのは、世界遺産のルツェルン・カペル橋を観光した帰りだったみたいです!ゆめこの勘違いでした。ごめんなさいm(__)ということで、明日はルツェルン・カペル橋の画像をアップします!あ楽しみに(^O^)/

2020年7月22日 (水)

一泊旅行

 Img_2863 昨日の続きです(笑)”ゆずミルクソフトクリーム”を食べながら、目的地である別府市の鉄輪温泉に向かってドライブを続けていたら、《由布院温泉》の文字が飛び込んできました。ゆめこは30年位前におばさんグループをお世話して2~3回訪れたことがありますが、夫は「全く行ったことがない」とのことだったので「では、ちょっと立ち寄って、ランチを食べよImg_2871 う!」ということになりました。由布院駅前の有料駐車場に愛車を留めて、駅周辺を散策しました。でも、びっくりするくらい観光客がいません!TVなどでは観て知っていましたが、本当にお土産屋さんにも食堂にも観光客がいないのです。と、いうよりもほとんどの店がお休みをしているので、静かでした。左の画像はやっと空いていた雑貨屋さんで買ったゆめこの帽子を旅館の部屋でかぶっている夫です(*^▽^*)

 Img_2874 今朝、旅館をチェックアウトして「なにか、別府の鉄輪温泉に来た!っていう感じの写真が欲しいね」といっていたら、なんと【地獄めぐりツアーバス】が駐車していたので、早速、撮影させていただきました('◇')ゞ

その後、我が家の気象予報士のナビゲーションで昨日とは違うコース(国道10号線)を一路、我が家に向かいました。途中でImg_2882 Img_2881 道の駅【なかつ】に寄りました。海産物や今夜頂く予定の総菜などを購入した後、隣接するレストランに入り、昨日から飲み過ぎ食べ過ぎの夫は ざるそばImg_2886_20200723105601 カルシウム不足気味のゆめこはシラス丼を注文しました。もち ろんシェアして、どちらもおいしくいただきました。我が家の気象予報士のおかげで、雨に邪魔されることもなく快適な一泊二日の旅行を目いっぱい楽しみました。本当に夫には感謝です(≧▽≦)

2020年7月21日 (火)

Go Toの前ですが

 Img_2850Img_2851 明日から、Go Toキャンペーンが実施されるそうですが・・・!1月にベトナムから帰国して以来、コロナ禍で、県外どころか近場のショッピングモールにすら行かずに巣ごもり生活を頑張ってきていたので、そろそろ限界が近づいていたゆめこは数日前から、夫に「近くの温泉でいいから行きたーい!」と愚痴っていました。すると、一昨日の夜にだまーってパソコン操作をしていた夫がImg_2859 Img_2855鉄輪温泉に予約を入れるけどいつが良い?」といいました。それで、善は急げ❣ということで、今朝から一泊で大分県別府市の《鉄輪温泉》に来ています。梅雨の真っ最中でしたが、夫が天気予報を見ながら、往路と復路のコースまで考えてくれたので、今日は天気に恵まれて、途中であちこちによって、ささやかな大分県観光を楽しみました。今日は彦山から国道500号線を利用して中津市~山国町~院内町までのスナップ写真をアップします!ゆめこが食べているのはこの橋の近くの道の駅で買った”ゆずミルクソフトクリーム”です。爽やかなゆず風味の美味しいソフトクリームでしたよ(*^▽^*)

2020年5月 2日 (土)

国境を越えて

 Dscn0613 島国の日本では体験ができない貴重な体験が、陸路の国境越えです!ゆめこは生まれて初めての体験でした。荷物のチェックなどはされませんでしたが、書類のチェック?のために事務所に連行?されたのですが、屈強な国境警備員たちが大きなライフルをポーンと軽く投げて笑いながら同僚に渡しているのを見て、「やっぱり大陸はスケールが違う!」と思ったゆめこでした。国境では夫が運転しましたが、アメリカに入ったら田舎道が続いたのでゆめこが運転したのですよ(*´艸`*)

 Dscn0761_20200502210301 Dscn0746Dscn0746_20200502210601シアトル航空博物館】には夫が日本航空に在職中にほかのスタッフと一緒に製作した《ボーイング747ー400の1/20ラジコンモデル》が展示されているということだったので行ったのですが、寄贈したのがかなり前だったので、もう展示していませんでした。残念!でも、たくさんの珍しい飛Dscn0697 行機や展示物を見学できたので満足でした。また、ボーイング社の《ファクトリーツアー》にも参加し、世界中の空を飛んでいる飛行機の製造過程を見ることができました。右の画像は日Dscn0755 Dscn0754 本(三菱重工)で製作されたボーイング787(ドリームライナー)の主翼を運んできた飛行機が到着したところでした(一番手前のズングリな飛行機です)その向こうの緑色のカバーがされている飛行機と鶴丸マークの日本航空の飛行機も完成途中のB787です(゚д゚)!親子三人の写真はボーイング本社前で、ボーイングのスタッフが撮ってくれました(*^-^*)

後の画像は、【シアトル航空博物館】でのスナップです!

Dscn0695 ここでは飛行操縦体験もできます。夫と三男がそのマシーンから出てきたところです→

2020年5月 1日 (金)

バンクーバーにて♡

 Dscn0860
「ここはどこですか?」と思わず聞いてしまいそうな画像を数枚アップしましょう(笑)ゆめこが薄紫色の紗の小紋を着ているのは、コロンビア大学敷地内にある【NITOBE メモリアルガーデン】です。そうです。一昔前の5000円札に印刷されていた『新渡戸稲造』の功績に対する記念の日本庭園です。ここは日本人の三本指に入る職人さんが作ったのだそうです。

Dscn0888Dscn0881

それと、夫も三男も甚平さんにスニーカーといった面白いいでたちですが、これもバンクDscn0894
ーバーですよ。日本の大企業《ホンダ》が主催する花火大会が3日間連続で開催されるのですが、この日は【イタリア花火】の日でした。湾内に停泊した大きな船の上で打ち上げるので、360度の海岸に観客が押し寄せていました。一度立ったら元の席には戻れないので、最後までこの場所で見学しました。

 Dscn0930_20200501213901
同じ場所から動けなかったのは、【プライドパレード】の時も同じでした。パレード前から、ホテルのこの場所に座り込Dscn1006 Dscn1106

 

み、パレードが終了するまでの約7時間、ここで大盛り上がりでした。このパレードが、とても楽しかったので、アムステルダムでもプライドパレードを見学したことは以前お伝えした通りです(*^-^*)

 

 Dscn0774
Dscn1143 最後は、買い物風景です。夫と三男が選んでいるのは【グランビルアイDscn0779 ランドの市場】にある果物売り場のアメリカンチェリーです。でも、画像が地味なので、カラフルな果物が山盛りになっている画像も合わせてアップしました。最後はホテル近くのマーケットで発見した❝バターの塊です。(゚д゚)!業務用ではありません!あくまでも一般家庭用なのです。ほかにもバケツに入ったポップコーンや巨大な容器に入った牛乳など!やっぱり、大陸はスケールが違います(笑)

2020年4月30日 (木)

カナディアンロッキー

 Dscn0374_20200430220501 2012年の夏休みに中学2年生の三男を連れて、カナダ・バンクーバーからカナディアンロッキーの拠点になるバンフ、アメリカのシアトルへと2週間の旅行をしました。三男に「大陸の大きさを体感させたい!」という夫の思いから実現したものです。そして、三男以上に大陸の広さを体感したのは、夫と交代しながらレンタカーを運転したゆめこかもしれません(笑)行く前までは勝手に「長い長い国道をのんびりはしるんだろうなぁ「」と思っていたのが、とんDscn0379 でもなく交通量の多いハイウェイを猛スピードで走る車に合わせて走るのですから、とてもスリル満点でした(*´Д`)交通量もびっくりですが、【コロンビア大氷原】ではこんなに大きな雪上車で移動したのですよ!また、左の画像では黒い岩の部分が見えますが10年前(当時から数えて)までは全部氷でDscn0437 覆われていたそうです。こんなところでも地球温暖化を実感しました!

 カナディアンロッキーといえば美しい湖と広大な自然、たくさんの野生動物たちとの遭遇!というイメージですよDscn0476 ね?本当にその通りでした。あくまでもゆめこの独断ですが「世界一美しい湖がここに集中している!」と感じました。ペイトー湖は本当にトルコブルーでした。エメラルド湖はエメラルDscn0399 ドグリーンでしたし、モレーン湖ルイーズ湖は透明で、時間によって七色?に変化しました(゚д゚)!右の画像はモレーン湖とエメラルド湖です。

 Dscn0412 そして、野生動物たちとの遭遇ですが、エルクの家族が横断歩道を横切りました。マウンテンゴートがゆめこたちの車の前に飛び出しました。ペイトー湖のシマリスはおやつを観光客にねだります。ブラックベアの子どもは、1mくらいの距離で観光客が写真を撮っても、平気で木の実を食べていました。そのなかで、ペイトー湖のシマリス君とブラックベアの子どもの画像をアップします(*^▽^*)

 Dscn0506 Dscn0551 おまけに馬に乗ってパトロールをしていたバンフ仕様のユニフォームを着たお巡りさんと開拓時代の衣装を着けた博物館のガイドさんの画像をアップします。バンフは町全部が国立公園になっているので、町に入る時に入場料を徴収されますが、こんな風に町全体がテーマパークになっていて、観光客を楽しませてくれます(≧▽≦)

2020年4月29日 (水)

This is KIMONO!

Imgp2595
ゆめこは親日的な国を訪れる時には必ず着物を持っていきます。着物は日本の伝統的な民族衣装で海外でもとても評価が高いのです。それで、初めてシンガポールを訪れた時にも2枚の着物を持っていきました。

 シンガポール博物館プラナカン博物館を見学する予定の日に初めて着物を着ました。この二つの博物館は徒歩で行けるくらいの距離です。夫と歩いていたら、レストランからマネージャーらしき黒服の男性が出てきたと思ったらすぐに女性スタッフを呼んで、ゆめこの方を見ながら彼女たちに「This is KIMONO」といいながら彼女たちに説明をしていました。そのあとに行ったチャイナタウンにある【ティーチャプター】という中国茶専門店は1983年にオープン以来、多Imgp2596
くの有名人が来店したそうです。中でもイギリスのエリザベス女王が来店したとのことだったので、ゆめこも日本代表として(笑)着物を着ていきました。その日の夜は、ホテルのバーで、「1ドリンクサービスです。」といってチケットをいただいたので有名なカクテル《シンガポールスリング》をいただきました(*´艸`*)

 Imgp2793 Imgp2793_20200429215801 その次は浴衣を着て、夜のシンガポールの一番の人気スポット【クラーク・キー】を歩いていたら、中国から観光にきた若い女性が「ワ~!キモノ、キモノ!」といって、一緒に写真を撮りました。その女性とのツーショットを撮影するのを忘れていたので、夫とのツーショットの画Dscn2656 像を右にアップしました。そのほかにもシンガポールで着物を着るたびに、オランダ人カップルの男性から「ビューティフル!」と声をかけられたり、トルコ人女性グループと一緒に写真を撮ったり・・・これもうっかりして画像がありません(´;ω;`)ウッ…仕方がないから(笑)クラークキーで夫とのツーショット画像をアップします(*^-^*)

 もう一つは高級ブランド店がひしめき合っているシンガポールの中心地【オーチャード】にある高級ホテル《フォーシーズンズ・ホテル》でアフタヌーンティーを楽しんだ時の画像です。スタッフが「ご一緒の写真を撮りましょうか?」と声をかけてきてくれた時には、ほとんDscn2652 ど三段式のお皿が空っぽ状態になっていたので、まだ、なにも食べていないときの画像も合わせて(ゆめこに電話があってバッグの中で探していた時なのでちょっと表情がいまいちですが・・・)アップしました。

どうぞ、皆様、日本が誇るKIMONOは世界で最も愛されている民族衣装ですので、ぜひ、正しい着付けを覚えて、海外で着物を着てくださいませ。

通算6回、シンガポールに行きましたので、まだまだ、たくさんの画像や思い出はありますが、今日でシンガポールのご紹介は一区切りにします(≧▽≦)

 

より以前の記事一覧