フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2020年12月26日 (土)

ワレワレハ・・・?

 Img_4035 やりました!またまた、初体験です!でも、今回の初体験はこれが最初で最後になってほしいと願っています。

タンソンニャット空港に到着して、無事にベトナム社会主義共和国に入国できたのが、午前0時を少し回った頃でした。その後、ロビーでは青い防護服を身にまとった人たちがウロウロ・・・。「これがうわさに聞く防護服か?やっぱり着ないといけないのね」と思っていたら、空港のホテルの受付担当者から大きな声で名前を呼ばれました。防護服を受け取って、着てみたら、結構、はまってしまって夫婦で記念撮影!(左の画像)その間、ホテルのドライバーさんはニコニコしながら(彼も防護服姿です)待っていてくれました。それから空港外に停めてあるホテルの車に乗る前にワレワレノ荷物にシューッと一振り消毒液をこれまた、空港職員に吹きかけてもらって(笑)無事、ホテルへ向かうことができました。とはいっても、徒歩でも行けDscn7117 るくらいの距離のホテルです。チェックインのときにも検温と荷物の消毒、問診?があり夜食を受け取って、やっと部屋に入れました。フ~っ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。

全部で10分くらいの”防護服着用体験”です。せっかくなので、部屋に入ってもう一度あらためて、記念撮影した右の画像を見ていたら「ワレワレハ、ウチュウジンダ」というセリフが似合いそうですね。でも、ゆめこ的には疫病退散の妖怪アマビエ】に見えるのですが・・・(*´艸`*)

アマビエ様。どうぞ、一日も早くコロナ禍で苦しむ世界中の人々をお救い下さい!

 

 

2020年12月25日 (金)

ファーストクラス

 Dscn7110 Dscn7108 ゆめこはただ今、なんと成田空港にある日本航空の【ファーストクラス・ラウンジ】でブログをアップしております。今回のベトナムへのフライトにJALのファーストクラスのチケットを買ったからでも、夫がJAL・OBだからでもありません!今回のフライトは定期便ではなくてビジネス専用の特別便なので、今回だけは特別にこのラウンジを使用できるのです。多分、最初で最後の利用になると思うので、しっかりとくつろがせていただいております(笑)

 Dscn7111 そこで『証拠写真を撮っておこう』と思い立ち、インフォメーションのお嬢さんたちに撮影許可をいただいたところ、「では、ご一緒に♡」ということでクリスマスツリーの前で記念撮影いたしました。もう一人のお嬢さんともツーショットの予定だったのですが、お客様が見えたので、こちらのお嬢さんはおひとりでゆめこが撮影しました。「ぜひ、ラウンジの中も撮影なさってください」と言っていただけたので、他のお客様の迷惑にならないように夫だけ・・・。夫は一生懸命スマホで何かを調べているところです。しっかり、クリスマス限定の赤ワインをいただきながらですが(≧◇≦)

 Img_4026 右下の画像は、「今日の成田空港・国際線ロビーはお休みですか?」と言ってしまいそうになるくらい閑散としています。福岡空港も成田空港も国内線はそれなりににぎわっていましたが、国際線ロビーはこんな感じでした。

 Img_4028 成田空港だけでなく、JALのスタッフの皆さんはとても親切で丁寧な接客で、私たち旅行客を和ませてくれます。一日も早く、賑やかな空港の日常が戻ってきてほしいと心から願っております!がんばれ鶴丸マークの日本航空(^O^)/

 

 

 

2020年11月13日 (金)

紅葉狩り

 我が家から車で15分くらいの紅葉の名所に行ってみました。《英彦山権現》です。急に寒くなったので、今年はとても美しい景色でした。ただ、一週間前だったら最高の紅葉だったと思います。でも、今週末までは天気にも恵まれるので、ぜひ、美しい紅葉を見に英彦山においでくださいませ(^O^)/

 Img_3821Img_3801 Img_3779Img_3801_20201113212701Img_3815

Img_3783

Img_3799

2020年11月 3日 (火)

しずく茶

 Dscn6398 今日はゆめこ目線での【茶の文化館】のご紹介をします。午後4時ごろに入館したところ、ゆめこたち以外に1組のカップルしかお客さんはいませんでした。雨天で平日の閉館直前の時間帯とすれば当たり前のことかもしれませんが、ちょっとDscn6399 寂しい雰囲気でした。奥に進むと、さっきのカップルが”ほうじ茶作り”と石臼での”抹茶挽き”体験をしてDscn6389 いました。考えた末にゆめこは抹茶は買ったばかりの未開封が一缶あるので、”ほうじ茶作り”の体験をしました。そして香ばしいおいしそうなほうじ茶が完成しました。右の画像はビフォーアフター(左→右)です。ゆめこオリジナルのほうじ茶のタイトルは『はじめての星野村』です(^O^)/

 体験スタッフから「しずく茶は飲まれましたか?」と聞かれたので「それは何ですか?」と尋ねると星野村ブランドの玉露の最高級品で、ティーラウンジで提供しているのは100g4000円の分と6000円の分とのことでしたので、緑茶好きのゆめことしては「これはいただくしかないでしょう」ということで、4000円の方の和菓子セット(500円)をお願いしました。お盆に乗っているバニラアイスは夫が注文したもので、セットには含まれていませんよ。念のため(笑)

Dscn6413 しずく茶専用の茶器に入れられDscn6407 て、出てきた一煎目を一口含んで「えええ?」と思わず声が出ました!こんなにおいしいお茶は生まれて初めていただきました。甘くて上品な味と香りが感動を運んできてくれました!テーブルにある説明書に従って、四煎目まで楽しんだ後は、茶葉にポン酢をかけて美味しくいただきました。次回はもう1ランク上のティータイムを楽しもうと思います(*^▽^*)

2020年11月 2日 (月)

星野村に行きました!

Dscn6430 Dscn6436 10月6日に『近いうちに星野村に行ってみようと思います』と書きましたので、今日、八女市星野村に行ってきました!というか、実は今回の【スケール大好き集まれ】の日程が決まっていたので、「都城市からの帰り道に星野村に寄ってみよう」と決めていたのです。あいにくの雨天でしたが、のんびりとドライブを楽しみながら星野村に向かいました。そして、なんとここは”福岡県のマチュピチュ”だということを発見したのです!あれほどずーっと続く棚田を初めて見ました。もう少し早ければ真っ赤な彼岸花があぜ道を埋め尽くしていたでしょうし、春は田植え後の新緑が美しいと思います。でも、稲刈りの終わった棚田も壮観でした(^O^)/

 Dscn6425_20201102223301 Dscn6434 八女市はお茶所で有名ですが、もちろん八女市星野村にも”星野茶”があります。ということも、今回初めて知りました。本当に星野村と星野リゾートを同じものだと考えていた程度の知識しかなく、全くの勉強不足でしたが、今回、たくさんのことを学びました。夫によると「家から星野村までは50㎞くらいしかないから、思い立ったらすぐに行けるよ」とのことでしたので、今度は、天気の良い日に星野村を目指して行きたいと思います。そして、明日は”星野茶”のご紹介をしようと思います(*^▽^*)

2020年10月31日 (土)

霧島連山

 Photo_20201031215001 今朝、4時半起床で5半出発の予定が、途中でウィンドブレーカーを忘れたことを思い出して一度自宅に戻ったので、出発は6時になってしまいました!それでも、厳守しなければいけないような到着時間は決まっていないので、年齢に応じたペースで、あちこち寄りながら都城市に向かっていきました。今日は風が冷たかったのですが、青空が広がっていて空気が澄んでいたので、霧島連山がはっきり見えていました。それで急遽、九州自動車道下りの”霧島サービスエリア”で停車し、写真を撮ったのですが・・・。山々の固有名詞が全く分かりません!ここには山の名前を標記したプレートがありますが、それでも全く分かりません😨

 Photo_20201031215201 Img_3722 それで、そのプレートを見ながら話し合っているおじさん二人に「新燃岳はどれですか?」と聞くと顔を見合わせて「・・・」すると、観光バスから降りてきたおばさんが自信たっぷりに「あれ!あれが新燃岳じゃぁね。そして、あれが由布岳!」ときっぱりと断言しました。おばさんが、教えてくれた山をしっかり撮影して、先ほど、インターネットで確認したのですが「・・・?」おばさんが教えてくれた通りに紹介しますが、左上が”新燃岳”で右下の尖った山が”由布岳”でもう一つが、中岳だそうですが???なんか違っているような気がします。だって由布岳は大分県の山だったはずですし・・・。でも、しっかりした山口弁のおばさんが、「懐かしいなぁ」と感慨深く言っていたので、それでもいいか。とその時は思ってしまった、かなりいいかげんなゆめこです。ところで、なぜ、新燃岳に興味を持ったのかといいますと、ただ今、ホーチミン師範大学日本語学部で『防災』についての授業をする予定で教案作りをしているのですが、「火山噴火」の項目で新燃岳が出てくるのです。それで、偶然にもここで出会ったので(笑)ぜひ、確認しておきたかったのですが・・・。やっぱり、また調べ直してみようと思います!(^^)!

 

2020年9月26日 (土)

大きな池の秋

 Dscn5428 Dscn5442 久しぶりに”大きな池”に行きました。夫が作ったオリジナル水上飛行機の撮影のためです。停止状態のものであれば、何とか夫が気に入る程度の撮影ができるようになったのですが、ラジコン飛行機が空を飛んでいる場面や離水と着水の瞬間を普通のデジカメで撮影Dscn5432 するのは至難の業す!!!「あーして、こーして」と夫が説明する意味はちゃんと理解できるのですが、テクニックが全く追い付かず(´;ω;`)ウッ…早朝に起床して、約1時間かけて大きな池に到着し、撮影のために、立ったり座ったりしゃがんだり、草の上に座り込んだり、土手を下ったり上がったり・・・と普段使わない筋肉を使って、疲労困憊のゆめこです。でも、しっかり、大きな池Dscn5445 Dscn5438 の秋の風景は撮影してきたのでランダムにアップします(*'▽')

2020年9月 9日 (水)

キンデルダイク

 Dscn1789_20200909210801 Dscn1740 そういえば、一昨日にアップした”ルンゲン湖”の数日前にやはり、パソコンの待ち受け画面にオランダの”キンデルダイク”の画像が出ていたのを思い出しました。その時は、「あ~懐かしいなぁ」と思っただけでしたが、一昨日、昨日とスイスの思い出の画像をアップしたので、今日はキンデルダイクの記事をアップすることにしました。この時は7月だというのに大きな台風が過ぎ去った後だったらしく、とても寒かったのを覚えています。ここでは遊覧船に乗って観光したのですが、川紙から吹き付ける冷たい風に体が冷え切ったので、船を降りた後に岸辺のカフェで熱いトマトスープを飲んで一息ついたのを覚えています。左の画像は遊覧船の上から撮影した画像です。

 Dscn1772_20200909212301 Dscn1751 右の画像で水車小屋の下に座っているおじさんと比べると水車小屋の大きさがお分かりいただけると思います。ゆめこたちもここにきて実物の水車小屋を見るまではこんなに大きい建物だとは思っていなかったのでビックリしました。もう一枚は内部の様子です。1階から2階に上がっているところですが、この水車小屋は3階建てになっていました。とても大きな建物で、10人くらいの家族が暮らしていたようです。そして、キンデルダイクの水車小屋は今でも一部分をのぞいて個人の所有物なのですが、今は左上の画像のように水車小屋の横に住宅を建てていてそこで暮らしているようです。洗濯物などが干されていて、生活感があふれている水車小屋もありました(*^-^*)

2020年9月 8日 (火)

カペル橋

 Dscn6435 昨日は大変な間違いをいたしまして😨申し訳ありませんでした!ということで(笑)今日は、カペル橋の画像をアップすることにしました。カペル橋はルツェルンを流れるロイス川にかかる木造の橋で1333年に建造されたということで、ヨーロッパで最古の木造橋だそうです。毎回、夫のアシスタントで℉4世界選手権大会に参加する時には夫から「観光旅行じゃないんだからね」と、くぎを刺されるのですが、この橋だけは観てみたかったので、とても嬉しかったです。左側は美しい橋とは全く似つかわしくない(笑)世界選手権大会出場選手のおじさんたちが、コインパーキングの前で、使い方を「あーでもない。こーでもない」と話し合っている時の画像です。

 Dscn6445 Dscn6437 Dscn6446 その後、安心してゆっくりとルツェルンの街並みとカペル橋の観光を楽しみました。橋の中ほどにあるこの塔(左の画像)は、今はお土産などの売店になっていますが、当時は刑務所や拷問部屋として使用されていたそうです。今はこんな美しい橋なのですが、壮絶な歴史があるのですね。梁の上にはルツェルンの歴史画が展示されています。

 橋の両側にはプランターにあふれるほど咲き誇った花々が飾られてとても美Dsc00106 Dscn6445 しいです。花が大好きなゆめこといたしましては、スイスを訪れてこの風景を見ずには帰れません!橋の上から見える景色の向かって左側がルツェルンの古い街並みで、右側が新しい街並みです。

Dscn6449Dscn6452 左下の画像は古い街並みの一部分ですが、ゆめこが一番美しいと感じた建物です。また、カペル橋の下を流れるロイス川には、観光客から投げてもらえる餌を目当てにたくさんの水鳥たちが集まってきています。(*^▽^*)

2020年9月 7日 (月)

ルンゲン湖

 台風10号はたくさんの爪痕を残して過ぎ去りました。被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 Photo_20200907215501
昨日と今日は、一日中、家で過ごしていたので、パソコンを何度も見る機会がありました。そしてそのたびに待ち受け画面に見覚えのある風景が出てくるのです!3回目くらいに「アッ!ここはスイスだ!」と思って確認したらビンゴでした。確かここはベルンの帰り道に「きれいな場所だから写真を撮ろう!」と車を停めてラジコン大好きおじさんたちと一緒に写真撮影タイムを楽しんだ場所でした。左の画像の湖が”ルンゲン湖”という有名な観光地だということは、今日初めて知りました(*^▽^*)

 Dscn6286 Dscn6317

 

これは2018年7月にスイス・マイリンゲンで開催されたF4世界選手権大会にチームマネージャーの夫のアシスタントとして参加した時のスナップです。14日間の期間中に1日だけ空き時間ができたので、みんなで「有名なベルンの旧市街に行ってみよDscn6310
Dscn6284
う!
」ということで出かけた帰りに見つけた場所です。せっかくなので、ベルンの街並みの画像をアップします。

 

 ゆめこは以前もブログでお伝えしたことがありますが、訪れた国や地域の小さなクマのぬいぐるみを買って帰るのですが、ここでもDscn6328 A ベルンのマークが入ったクマのぬいぐるみを買いました。左下の画像でDscn5224
す。その時は、まだ中学校の家庭科の先生だったので、もちろん被服の授業で生徒たちに見せるための民族衣装の写真も撮りました。いつもなら、子供用の民族衣装を購入するのですが、とっても高価だったので・・・スイスは物価がとても高いです(´;ω;`)ウッ…でも、とってもかわいいでしょ。アルプスの少女ハイジみたいです(*´艸`*)

ところが!ゆめこはブログをアップした後に必ず夫からチェックをしてもらうのですが、なんと😨【ルンゲン湖】を見たのは、世界遺産のルツェルン・カペル橋を観光した帰りだったみたいです!ゆめこの勘違いでした。ごめんなさいm(__)ということで、明日はルツェルン・カペル橋の画像をアップします!あ楽しみに(^O^)/

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

  • ScaleFormationWest
  • SMC掲示板
  • SoedaModelCenter