フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2018年7月18日 (水)

無料ツアー

 Dscn3544チャンギ空港では、トランジット(乗り継ぎ)客へのサービスとして、2時間程度の無料バスツアーのサービスがあります。今回は往路に6時間半の乗り継ぎ時間があったので、このツアーを利用しました。マーライオンパークやガーデンズ・バイ・ザ・ベイなどお決まりのコースをバスで回りました。窓からはシンガポールフライヤーやマリーナベイサンズも見ることができましたが、なんといっても、その日の最終ツアーだったので、ライトアップされた観光地を堪能することができたので「あなたたちは、とてもラッキーだ!」とガイドさんが言っていたことも納得できました。画像は世界三大ガッカリの元祖マーライオンと大迫力のマーライオンのツーショットです(・_・)エッ....?

 Dscn3541マリーナベイサンズホテルもきれいにライトアップされていました。初めて、夫とシンガポールに旅行した時には、まだ、工事中でしたが、あれから毎年のようにシンガポールを訪れました。パスポートを確認したら、今回のトランジットを入れて5回めのシンガポールでした。まだ、まだ、進化を続けるシンガポールはとても魅力的な国ですね(*゚▽゚)ノ

2018年7月17日 (火)

シンガポール航空

 Dscn3517_3今回のスイス・マイリンゲンで開催されたF4世界選手権大会も無事、終了し、今日のご午前中にメンバー全員帰国しましたので、ゆめこ目線での振り返りをしようと思います。スイス大会の事は2年前から決まっており、夫はゆめこが当然同伴するものと決めていたようですが、ゆめことしては、4年前にフランス・マルマンド大会で、大きな荷物を抱えた(ラジコン飛行機です)集団なので出入国時に大変手間取り、お土産が何も買えなかったことがトラウマになっていて気が進んでいませんでした。ところが、今回は、シンガポール航空を利用し、往復時に大好きなシンガポールに出国できるとのことだったので、二つ返事でOKしました。今回は、福岡空港担当スタッフのMさんがとても親切にして下さったので、出入国共にスムーズに手続きができました。また、メンバーのおじさんと記念写真に応じてくださったり、心温まるメッセージカードとキャンディーをいただき、メンバーたちは大喜びでしたヽ(´▽`)/

 Dscn3518_3大きな荷物もスムーズに出国?が終了し、みんなで、機内に乗り込もうとしていたら、こんな手作り風のカラフルなA4サイズのメッセージが床にたくさん置いてあります。??と思っていた60歳のゆめこの横で、20代前半と思われる女子2人組が、「わ~!これいいね~♡」と言いながら、自分たちの旅行プランにぴったりのカードをピックアップしてスマホで自撮りをしていました。その間わずか数分間!ほかの人達もスタッフの方に声を掛けられて記念写真を撮っていました。ゆめこたちにぴったりの【ラジコン世界選手権大会に出場する平均年齢63歳のおじさんおばさん旅】みたいなカードが無かったので、諦めました(笑)でも、このアイデアもシンガポール航空スタッフの皆さんによるものですよね。もちろん、機内でも満点のサービスを提供して頂きました。本当に快適な旅行をさせて頂いたので感謝ですo(*^▽^*)o

 

2018年7月14日 (土)

お国自慢

 Dscn6250ある日、日本チームブースでMさんとプレゼント用の折り鶴や“さむらい・ヘルメット”(兜のことです)などを折っていると「スペインチームのブースに行ってごらん。カモシカの生ハムがあるよ」と夫が笑いながら帰ってきたので、直ぐに行って、生まれて初めて、カモシカの足の燻製をみました!薄く削った生ハムやソーセージ、チーズなどをたくさんごちそうになったので、お礼に日本製のチョコクッキーを持って行きました。一般的な牛肉・豚肉・鶏肉以外は苦手なゆめこですが、この生ハムは本当においしかったです(◎´∀`)ノ

 Dscn2585水曜日に簡単な夕食会がありました。日本チームも日本酒や焼酎におつまみのスルメや味のり、梅干しなどを持って行ったのですが、ドイツチームは男女ともドイツの民族衣装を身に着けて、地ビールや自家製のベーコン・自家製のレバーの燻製などをたくさん持ってきて皆にふるまってくれました!レバーの燻製にはレバーで作った甘めのソースをつけて食べますが、これが本当においしかったです。また、ベーコンも絶品でした。こんな風に国際交流ができるのも世界選手権大会の楽しみのひとつですヽ(´▽`)/

2018年7月13日 (金)

アルペンホルン

 Dscn6410水曜日の夕方に飛行場からホテルに向かって帰っていたところ、メインストリートが通行止めになっていました。ぐるっと迂回して無事ホテルには帰り着いたのですが、メンバーの頭の中は???がいっぱいでした。ホテルについてすぐにDscn6408
全員そろって夕食にでかけたところ、メインストリートにはいすやテーブル屋台などが所狭しと並んでおり、子どもたちが、顔にペイントをしてもらいはしゃぎまわっていました。そして、何やら音楽が聞こえてきたのでそちらに走っていくとスーパーマーケットの入り口付近でアルペンホルンの演奏をしていました(≧∇≦)

Dscn2728Mさんと夕食後のデザートにショートケーキを買いに行って席に戻ると、かわいいお客様がいました。生後4か月の男の赤ちゃんです!現地の男性と結婚されてここで暮らしている日本人女性の赤ちゃんでした。可愛らしくて、みんなで抱っこをしたり、撮影をしたりと楽しい時間を過ごしました。やっぱり、赤ちゃんは周囲を幸せにしてくれる天使ですね(*^-^)

 

 

2018年7月12日 (木)

♡ステキ♡

 Dscn2214彼は、F4世界選手権大会で何度もチャンピオンになっている、絶対王者・スイスの♡アンドレアス・ルティー選手♡です!F4選手たちの目標ですが、それ以上に?女性陣のあこがれの選手です。ゆめこは2014年の南仏マルマンドで開催されたF4世界選手権大会ではじめて、噂のルティー選手を見て「すてきだな」と思っている程度でしたが、今回の彼は日本チームメンバーにとても親切にしてくれて、気軽に声を掛けてくれます。この日は、朝、駐車場でばったり会ったので、早速、お願いしてMさんとゆめこで3ショットが実現しました!来月65歳になるそうですが、やっぱり、とても素敵でした(*v.v)。

 Dscn6181右の画像は、会場周辺の野花で作ったフラワーアレンジメント第2弾です。白いレースフラワーに似たこの花が可愛いので、メインにしたのが大間違いでした!この会場周辺はほとんどが酪農家で牛や馬を飼っているせいか、とても、ハエが多くて閉口しています。そして、この花の蜜を吸うためだと思うのですが、とてもたくさんのハエが集まってくるのです。だからこのフラワーアレンジメントは1日だけ飾って、処分しました(^-^;

2018年7月11日 (水)

ロープウェイ

 Dscn6359今日のフライトは午後からだったので、男性陣を会場に送り届けてけてから、ゆめこの運転で女性陣はホテルに帰り、マイリンゲン村を探索することにしました。ホテルの裏側にある山にはロープウェイがあるので二人で案内表を見たのですが、ドイツ語で書かれていて全く理解できませんでした。H選手の奥さんのMさんと「どうしようか?」と相談していたところへ日本語が聞こえてきました。見ると女性2人と女の子3人が登山用のスタイルでロープウェイ乗り場にやって来たので「おはようございます!」と声を掛けるとびっくりしていました。お話を伺うとチューリッヒの日本人学校のサマースクールで来ているとの事でした。下の公園にいた中学3年生女子と少しおしゃべりをしてお別れしました。楽しいサマースクールになる事を祈っています(*^-^)

 Dscn2594ドライバー姿のゆめこの画像は、昨日の“バウチャー・ネーション・ナイト”の帰りの車中で夫が写したものです。一生懸命、右側通行やロータリーに気を付けながら運転している横で、酔っ払いの夫が、パシャパシャ、フラッシュをたくし、「そっちはダメ、ロータリーに気を付けて!」など、気が散って仕方がなかったです。それが、ゆめこのスイスでのドライブデビューでした(*´v゚*)ゞ

 

2018年7月10日 (火)

ミニ観光

 Dscn6273今日は、午前中にK選手のフライトがあっただけでしたので、メンバー全員でスイスの首都ベルンに行きました。片道1時間くらいのミニ観光でしたが、スイスの風景や街並みを堪能しました。ベルンもドイツ語圏だそうです。それを教えてくれたのはスイスの国旗が編み込まれたセーターを着ているスイッツランドくまさんを買ったお店のおばさんが教えてくれました。「私はフランス語を話しますけど!」みたいなことを言っていました(*^.^*)

 Dscn6285これは、ベルンの大聖堂です。正確には調べていないのでわかりませんが、かなり古いものだと思います。そして、古い石畳の上をトロリーバスや連結バスが縦横無尽に走っていますが、カラフルな乗り物がしっくり似合う不思議な空間でした。日本人の観光客も多く、やはり、人気の観光スポットなんだと改めて知りました。詳しいレポートは、帰国して、ゆっくりお伝えしたいと思います(o^-^o)

 

2018年7月 9日 (月)

ORIGAMI

 Dscn6246_2今回の世界選手権大会でも、女性軍はとはいっても二人だけですが…(笑)折り紙教室講師を努めております。スイスでも数人の人が「ORIGAMI」を知っていました。折り鶴をメインにしていますが、子どもたちには“かみふうせん”の作り方をリクエストされることもありました。本当に小さな子どもから、かなり高齢の方たちまで、喜んでくださり、やりがいを感じております。画像は仲良し2人組のスイス人女性です。生まれて初めて折った“折り鶴”が完成して大喜びの、とても素敵な笑顔です(*^-^)

 Dscn6206右の画像は、日本ブースの正面にある、折り紙教室のスペースです。オーストラリアの帽子をかぶって折り鶴を折っているのは、今回の大会に出場する最年少選手ノルウェーのジュリアン選手ですo(*^▽^*)o

2018年7月 8日 (日)

開会式

 

Dscn61927月7日土曜日、日本では七夕の日ですが、日本中が大雨で、大変な被害にあわれた方もいらっしゃるとの情報がここスイス・マイリンゲンでもニュースで流れていました。被害にあわれた方々へ心からお見舞い申し上げます。実はマイリンゲンも連日の雨で、日本の4月初旬位の気温が続き、寒さに震えていましたが、今日は、すっかり晴れ上がり、さわやかな風と久しぶりの太陽にほっとしました。そんな晴天の中に開催されたかF4世界選手権大会は和気あいあいとした雰囲気に包まれていました(*^-^)

 Dscn6212開会式の日、朝食を終えてホテルに戻る途中にある花屋さんで、ヒマワリを1本買いました。この花屋さんは、マイリンゲンに来る前に、チェックしていたお店です。1本約300円だったので、世界一物価が高い!と言われているスイスにしては、そんなに高価には感じませんでした。このヒマワリでライオンを作り、日本ブースの正面カウンターに飾ることも日本を発つ前から計画していました!周囲の小花は、やはり会場周辺の野花たちです(*゚▽゚)ノ

2018年7月 7日 (土)

必勝だるま

 Dscn3584今回の世界選手権出場にあたり、アラスカでの。キングサーモン釣りを優先させたスケール委員長の元鶴丸印TSキャプテンが、自分の代わりに持たせてくれたのがこの必勝だるまです。TSキャプテンのご好意が無駄にならない様にメンバー全員で名前と片方の目玉を書き込みました!連日、早朝から最終時間ギリギリまで頑張っているメンバーを各国の選手たちはSAMURAIと呼んでいます。その名にふさわしい闘いを繰り広げる事でしょう(*^ー゚)bグッジョブ!!

 Dscn3583右の画像は、会場周辺に咲いている野花を使ったフラワーアレンジメントです。多分、タンポポとアカツメクサ以外は名前がわかりませんが・・・けっこう、可愛らしいアレンジメントができました(*゚▽゚)ノ

より以前の記事一覧