フォト
無料ブログはココログ

学校

2022年5月12日 (木)

国防教育

 Img_0143 今朝、ホーチミン師範大学の1階自習室で、案内役のダットさん(3年生)を待っていたら、夫が「あれはなにかな?」というので、そちらの方向を見ると迷彩色の上下を着た若者たちが50人くらいいました。「なぜ?大学にアーミーがいるのだろうね?」と話していたら、4年生のチュックさんが迎えに来てくれました。3階の教室に行くと、ナム先生が「今日は珍しいのものがあります」といいながら、教室の外廊下の下にいるアーミー?達の説明をしてくれました。彼らは全員、ホーチミン師範大学の国防教育学部の学生だそうです。

ベトナムでは、高校と大学での必修科目に「国防教育」という教科があるそうで、彼らはその教科の先生になる人たちだそうです。日本では、防衛大学校みたいなものでしょうか?やはり、その国ならではの教科があることを実感しました('◇')ゞ

2022年5月11日 (水)

はないちもんめ

 Img_0137 Img_0138 今日から、ホーチミン師範大学1年生の最後の授業が始まりました。今日はAクラスでした。1年生3クラスの中で、一番人数が多く男子学生が多いせいか、とてもパワフルなクラスです。

ナム先生から「1年生最後の授業なので、最後に記念撮影をします。それで、先生がベトナムに持って来ている着物の中で、一番格式の高いものを着てきてください」とのリクエストがありました。実はナム先生のお兄さんの結婚式に一昨年、参列した時に訪問着を着たことを覚えていたのでしょう。それで、今日は訪問着に袋帯を二重太鼓にして格調高く「福岡県の紹介」の授業をしました。授業の話題は次回にしまして・・・

今日の話題は、最後にみんなで「はないちもんめ」をしたときに、あまりにも盛り上がって、教室の外にたくさんの見学者がいたことです。最初は、「はないちもんめ」の歌や動作を覚えるために遠慮がちに動いていましたが、一旦覚えてしまうと、「ワー❣キャー❣」と大騒ぎでした。

2022年5月 7日 (土)

表彰式

 Img_9850 Img_9833 ホーチミン師範大学での対面授業がやっと始まったと思ったら、今月第3週で終わりです。ちょっと寂しい気もしますが・・・。

自己紹介を2回に分けてしました。2回目の授業が終わった後に、ふりかえりとして、クイズを出題しました。4~5人のグループに分かれて、クイズに答えます。先生のパソコンと自分たちのグループのスマホをつないで、回答します。正解ごとに点数が加算されていき、最高得点のグループにはゆめこ先生が準備した豪華景品をプレゼントしますww。

クイズの一問一問の解答をスマホで調べたり、正解の発表やクイズごとに表示される順位の発表に一喜一憂して、大盛り上がりの楽しい時間を過ごしました。ちなみに豪華商品の中身は、千代紙風折り紙30枚と森永ハイチュー一袋です(*^▽^*)

2022年4月27日 (水)

ブックセール

 Img_9826 Img_9831 ホーチミン師範大学では、時々、ブックセールをします。いつもは門を入ってすぐのフロアでしているのですが、そこはゆめこたちにとっては通路でしかないので、今まで、ゆっくりのぞいてみることはありませんでした。でも、今日はいつも、ナム先生や学生たちとの待ち合わせ場所にしている「自習室」で午前6時からブックセールをしていました。開催時間は午前7時から午後5時までです。なんと!10時間😲でも、学生たちは午前6時からの授業を受けているので、その対応なのでしょうね。日本では考えられない長時間営業です

幼児向けの本から、専門書。辞書など・・・。日本のものも数冊ありましたが、当たり前ですが、ベトナム語なので全く読めませんww。そしてどれも古本の様でした。(*^^*)

2022年4月26日 (火)

ベトナム名物?

 Img_9716 一昔前には【ベトナム名物の天井ファン】と言われていましたが、今は、ほとんどの建物がエアコンを完備しているので、カフェなどではインテリア兼用として使っているみたいです。

実は、ホーチミン師範大学の各教室にはエアコンがありません!あるのは天井ファンのみです!学生たちがよく利用している自習室も同様です。ところが、教室も自習室もいつも涼しい風が吹き抜けていくので、思うほどに暑さは感じません。どちらかというとエアコンの冷風が苦手なゆめこ先生にとっては、自然の風と教室備え付けの天井ファンの涼しさが大変ありがたいと思っています(^O^)/

2022年4月25日 (月)

年表

 Img_9811 ホーチミン師範大学の対面授業が始まってからは、ますます、勉強時間が多くなりました!特に専門分野ではない歴史や地理などは中学校の教科書やインターネットで検索していますので、机の前に座る時間の長いこと😲学生時代にこれだけ勉強していたら、人生はきっと違う展開をしていただろうと思いますw まぁ、今は幸せなので良いとしましょう❤

 ところで今回も、自己紹介の続きの授業なのですが、なぜかクイズを出して、場合によってはクイズの解説をすることになりました。なかでも、なぜか歴史問題が多数あるので、年表と首っ引きなのです。年表をこんなに詳しく調べるのは約半世紀ぶりのことですww

2022年4月13日 (水)

ラジオ体操第一

 Img_9635
やっと、1年ぶりにホーチミン師範大学の対面授業が再開しました!やっぱり、オンラインとは違って、直接、学生たちに接することが出来るのは本当に幸せです。

1年生は、昨年9月に入学しても、入学式もオリエンテーションも、もちろん授業もずっとオンラインだったので、今ま1年Img_9637 生の中で一番活気がありました!今日はAクラスで、明日がBクラス、来週がCクラスの授業になります。まだまだ、新Img_9637
しい出会いが続くので、ゆめこ先生はワクワクしています。左の画像は自習室の様子です。午前中の授業が終わった直後だったので、とても賑やかでした。また、右の画像は、授業の最後にみんなでラジオ体操第一をしました。和服のゆめこはできないので、夫がインストラクターになりました(*^▽^*)

 

2022年3月27日 (日)

いよいよです!

 Photo_20220327194801 日本は4月が新年度のスタート!でも、ホーチミンに住んでいたらその感覚も薄れつつあったのですが・・・。

シーガルモデル・ファクトリーでアルバイトをしながら、日本に行ける日を待っていた、NOZOMIの待機生たちがいよいよ出発します!やっと、日本政府が技能実習生を受け入れてくれるようになった。というニュースが流れ始めてから約1か月経った頃に彼女たちから連絡がありました。ゆめこ先生といたしましてはわずかな期間ではありましたが可愛い生徒たちなので「何か、お餞別をしなきゃ」と思いながらあれこれ考えて「軽くて、荷物にならなくて、毎日使えるもの」という厳しい条件をクリアしたグッズを3人にプレゼントしましたww

Img_9177 シーガルモデル・ファクトリーのミーティングルームで集合するのは、これが最後だと思うので、様子を見に来た夫に記念写真を撮ってもらいました。みんなとても良い笑顔です。彼女たちが日本で健康で充実した毎日を送れることを心から願っています。彼女たち3人へのエールの意味で、三本のカーネーションの花の画像をアップしました(*^▽^*)

 

2022年3月22日 (火)

教科書

 Img_9421 ハノイの中学生とのオンライン授業は、コロナの影響を全く受けないのでずっと続いています。ありがたいのですが、時には「次の話題は何にしよう」と頭を悩ますこともたびたびです!ほとんどは、大学の教案を中学生用に作り替えて使用していますが、今回は「中学校の教科」ということで、ベトナムと日本の教科について学習しています。ところが!家庭科の先生だったゆめこ先生にはとてもショックな事実が判明したのです!それは、ベトナムには「家庭科」という教科が無いということです😨😨

 以前、師範大学のナム先生やVan Hien大学のタン先生がそれらしきことをいってはいたのですが・・・。今回、ハノイの中学生たちとの授業の中ではっきりしました。技術はありますが、家庭科はないそうです。ゆめこ先生はいつも新1年生に「家庭科は1年365日、24時間営業で必要なことを教えてくれる教科です。オギャーと生まれた日から人生を終える日まで、家庭科で学んだことは役に立ちます!快適で豊かな人生を送るためのもしっかりと勉強しましょう!」と言い続けてきましたが・・・。でも、だからこそ、ベトナムで必要なことを伝えられるチャンスがあるのだとしっかり心において、ゆめこ先生は日々がんばって教案を作っております(`・∀・´)エッヘン!!

2022年3月20日 (日)

炭坑節

 Img_9413 Img_9410 昨日は、とっても疲れてしまったのですが、今日は、早朝から元気でした!夫が、いつもの日曜日と同じく5時に起きて、シーガルモデルのエンジニアたちとラジコンを飛ばしに行ったので、そのまま、昨日の浴衣の片づけを始めました。それからは、一日中、片付けに集中したので思ったよりも早く、全ての作業が終わったので、ゆとりでブログを書くことが出来ています。

 昨日は自己紹介からはじまって、着物の種類(格)の講義浴衣の着付け実習、それから、盆踊りの説明をして最後はみんなで一緒に「炭坑節」まで踊りました!とても疲れたけど、楽しかったです。聞くとImg_9393 Img_9408 ころによると、Van Hien大学の学生だけではなくて他の大学の学生たちも参加したそうです。教室の外にも入りきれない見学者がたくさんのぞいていました。ベトナムの大学生が、こんなに日本の文化に興味を持ってくれることに感動です!まだまだ、たくさんのことを伝えていきたいと思います(*^▽^*)

より以前の記事一覧